スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての子育て

箱入り子猫たちを回収してきたは良いが、さてどうするべ、と途方に暮れた。

確かに長年四つ脚とは生活しているが、生まれたばかりの子猫の世話なんてしたことはない。オハギはうちで生まれているが、そのときはウズラ母さんがしっかり子育てをしていたので、人間はたまに子猫を弄くって遊んでいただけのお気楽生活。

ところが、今回はそういうわけにはいかない。何せ世話する母さん猫がいないのだから。

同じ捨てるなら、母猫つきで捨てて欲しかった(-。-) ぼそっ

などと罰当たりなことを考えながらも連れてきた以上、何とか生きのびさせる手段を考えねばならない。そこではたと思いついた。そういえば数年前、同じような箱入り子猫を拾ったと騒いでいた人がいたような……。

ただでさえ超多忙な人の手を煩わせるのは申し訳ないが、いちおう状況は生きるか死ぬかの瀬戸際である。泣きついてもこの際、許してもらえるだろう。

ツルルルルル、ツルルルルル♪

「はい?」

「犬猫屋敷の管理人だが」

「おお、久しぶり。なにごと?」

「教えて欲しいの。子猫の育て方。箱入りのを……拾った」

うっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ

気のせいか、妙に嬉しそうじゃないアンタ(-_-)

まあ良い。ふだん色々たいへんなことも多い人に、一瞬でも笑顔を届けられたのなら管理人も本望じゃ。人の不幸は蜜の味。次回そっちがまた箱入り子猫に遭遇したときは、思いっきり笑ってやろうじゃないか( ̄‥ ̄)=3 フン

とはいえ、やはり経験者の話はためになる。何をやればいいか細かく色々教えてもらったお陰で、とりあえず何とかやれそうな気はしてきた。とにかく身体を温めて、食欲があるようならミルクを飲ませる。とうぜんのことながらさすがの我が家でも子猫用のミルクはなかったが、老犬老猫のためにと大人買いしたヤギミルクが大量にあったので、子猫用ミルクを調達するまではとりあえずこれでこと足りる。

幸い、子猫たちの状態は思っていたよりずっと良かった。これまた幸いなことに、今年突然冷え性になった管理人用に大量に購入してあったホッカイロの類を全て放出しねぐらをガンガンに温めてやると、やがて3匹ともフニャフニャ動きだした。ほ乳瓶もなかったが、これはクロさんの老猫介護用に買ってあったシュリンジで代用。最初は戸惑っていた子猫たちも、お腹は空いていたようで、やがてシュリンジからでも器用にヤギミルクを吸えるようになった。


ミルクを飲めば何とかなる。体力と生命力が残っていればこのコたちは明日もまだ生きているだろう。ダメならそれはそれで運命だ。

あとは運を天に任せるのみ……

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment

No title

うっひゃっひゃっひゃっひゃー(笑)
いやー
人の不幸は蜜の味。
猫にとっても不幸ではなく幸運なんだけどね。

ダン吉えらいぞ。もう1回ぐらいひろっちゃいなさい。

コメントありがとうございましたm(_ _)m

よけいなことは言わんでよろしい( ̄‥ ̄)=3 フン

もとい、その節は色々お世話になりましたm(_ _)m お陰様で何とか3匹とも元気にすくすく育っとります。絶対無理だと思ってたからねぇ~。いやはや、子猫の生命力には脱帽だわ。でも、もう一生拾いたくない(-_-) こんなたいへんなことしょっちゅうやってる貴女を心から尊敬いたします(←でも、また拾ったら思いきり笑ってやるけど)。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。