スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体感温度が違いすぎる

いきなり暑くなったせいで、すでにダン吉はバテている(-_-)

もともと、奴はすごく暑がりなのだよね。毛の密度が半端じゃないので、まあ暑がるのもわからないではないのだが。水を異常に怖がるし、どっかで一度北方系の犬種がかかってるのかもね。ともかく、この犬はたぶん東北や北海道あたりの冬でも外飼いで無事越せるかも……と思うほどのボーボーぶりなのである。

ただ、ここは夏の暑さの方が厳しい東京なのでね。んでもっておまけに室内飼いしていて、同居犬は超がつくほど寒がりの姫さんだし。体感温度が極端に違う2頭の犬たちにどちらも心地よく過ごしてもらうためには、やはり飼い主が工夫するしかない。

ついでに言えばダン吉は心臓にフィラリアの親虫が住んでいるので、まっ、簡単に言っちゃえば重度の心臓病と同じ状態になってるわけだ。ゆえに心臓に負担をかける状況はなるべく避けなければならない。

暑さは心臓に堪えるからさ。

というわけで早々と今年第1回目の毛刈り大会を催してみた。

20120413 014

そして今回もまた、非常に残念な結果に(-_-)

カッチョ悪くても良いんだよ、涼しきゃそれで良いんだから( ̄‥ ̄)=3 フン

ダン吉は人に構われるのがとにかく好きなので、ハサミでチョキチョキ首の回りの毛を切られても、始終ご機嫌で大人しくしていた。殺されるぅ~と大騒ぎして暴れるポセに比べると床屋さんごっこはとても楽だ。少しずつ慣らしてバリカンも使えるようになってきたら、ダンケは一気に全身スポーツ刈りにしちゃお~っと♪

また何の犬種かわからないような世界一珍しい犬ができあがるに違いない。

20120413 005

犬生初の棒ダラジャンボをもらって、ダンちゃんご機嫌♪

ダンケだけならもう扇風機を回しても良いくらいの暑さだが、未だ体調不良で体温がイマイチ上がらない飼い主のほうはあいかわらずヒートテックから脱皮できない。

体感温度が極端に違う生物が同居するのはやはり大変だ。

もしかしたら、ダンケの毛を刈りまくるより、管理人が全身毛皮の着ぐるみを着て暮らすべきなのかもしれない(-。-) ぼそっ

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。