スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前へのこだわり

あとはきんちゃくを残すのみ♪ って意味わからない人はここを見ておくれ。なんかとても嬉しかったので、朝方更新な管理人……なんだが(←寝てないので言ってることが意味不明)。

先日、初めての病院に行ったときに、ちょっと笑えることがあった。

ポセはすでに喧嘩騒動で一度受診していたのだがダンケはそのときがお初だったので、カルテのもとになるという書類を書かされることになった。

名前……犬猫屋敷ダンケ
年齢……8~9才くらい
去勢手術済み、マイクロチップ装着済み、室内飼いでふだん食べている餌はドライフード……と。

で、それを見ながら診療開始……したとたんに……

先生「それで、ダン吉くんはふだんは、……」

先生、ダン吉じゃなくてダンケです!

ハモる必要のないところで、妙に気が合うお気楽姉妹。ついでに言えば、それまで待合室でも、診察室に入っても、2人してふつうに、ダン吉、ダン吉と連呼していたくせに、他人が間違うととたんに指摘する、姉妹揃って嫌な性格(-_-)

気の毒に若い先生は顔を赤らめて恐縮していた。

「すっ、すみません……あっ、ダンケくんでしたね」

いや、別に良いんですが。

せっかく色々考えて、しゃれた名前をつけてはみたものの、結局変な名前で勝手に呼ぶのは我が家ではもう日常茶飯事。ダンケのことも、ふだんはダンちゃんとしか呼ばないし、実際、ダン吉のほうがさ、ぴったりだと飼い主としても思うのだがね。

20120127 004

ハチマキが妙に似合う農村系

なのに、何で毎回あそこまで考え抜いて四つ脚に名前をつけるのか? 時間の無駄だと自分でも思う。たとえアレキサンドリア・チェレンコフスキーみたいなご大層な名前をつけても、どうせアレちゃんとかアレ坊ってしか誰も呼ばないわけだから。

それでも、あれこれ考えて名前をつけたくなるのは飼い主バカの性なのだ。呼びやすい名前で、音節がはっきりしてて四つ脚にもわかりやすく、うちにいるメンバーとかぶらない名前。できれば、オリジナルでユニークな名前をとか色々と考えてしまうわけだ。

ある意味、ダン吉のほうが、今どき、まず誰ともかぶらないかもしれないが(-。-) ぼそっ

でもね、飼い主さまは一生懸命考えて、ダンちゃんの名前を決めたんだよ。思い入れがあるわけよ。ダンちゃんのことを良い子だって見初めて、こうして無事うちのコになるまでの間お世話してくれたたくさんの人に感謝の気持ちを忘れないように、そんな立派な家庭犬になって欲しいという願いを込めて。

と言ってるそばからその飼い主自身が、一番ダン吉、ダン吉と連呼しているという点は、突っ込まれる前に、自主突っ込みしておこう(-_-)

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。