スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まみれてしまった(-。-) ぼそっ

注意! 本日のネタは、お食事中のかた、繊細な神経のかたには向きません。大腸菌絡みの話に耐性がない人は、ボタンだけ押して、とっととお帰り( ̄‥ ̄)=3 フン

押してたもれ→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

イタ飯屋で堂々とウンPを連発できる恥知らずは、続きを読むを押してみそ♪
……と、わざわざ追記を使うほどのネタじゃないんだが、先日、立ち寄り先で、もう少し気を使わねば……みたいな話を読んだから、いちおうね。まっ、屋敷に日参してくる信者の皆さんにとっては、どーってことない話。

先日、管理人のお散歩靴がウンPに踏まれた。

ええ、タイポじゃありませんことよ。ウンPを踏んだんじゃなくて踏まれたの。

20110307 004

それは寒い朝で、管理人はいつものように姫とポセを庭に放して、お散歩前にトイレをさせていたのだ。すると姫が、ちょっと坂になった頂上の位置で、いきなりもよおして、ウンPポーズになった。ウンPが出たら、リードを背中にくくりつけて(それまでは管理人が持って、姫と一緒に歩いている)、姫を自由にしたあと、ウンPを拾うのが管理人の日課なのだ。

ゆえに、管理人はその瞬間、姫の真後ろに立っていた。

そして足場の悪い坂の上で一瞬バランスを崩した姫が、肛門から半分顔をだしたウンPと共に、管理人の足の上にみごとに尻餅をついたのである(-_-)

ウンPを踏むマヌケは、世界にごまんといるだろうが(←管理人も、年に一回は必ず踏む)、ウンPに踏まれるド阿呆は、そうそういるもんじゃないだろう。

この超レアな体験に、その場で卒倒しそうになったのだが、すぐに気を取りなおし、悲鳴すら上げずに、ハーネスを持ってとにかく姫を立たせて、ウンPを残らず出すことを優先させた管理人は、飼い主の鑑である。

ウンPまみれになった靴を嘆くより、姫ちゃんの朝のお通じがすっきり済むことの方が大切♪

20111009 048

自分のせいで、またブログネタが1つ増えたことなどどこ吹く風で、姫は、スッキリ出すもの出して、いつものように裏庭の臭いを嗅ぎに去っていった。

そして、ウンPでコーティングされた斬新すぎる靴を呆然と見つめる飼い主だけが、あとに残された(-_-)

20kgを越える姫の体重でしっかり押されたウンPは、みごとにぺっちゃんこになって、メッシュが入った運動靴のつま先部分をしっかりと覆っていた。まみれてる……っていうより文字通りこびりついている? 裏にちょっとウンPがついたくらいなら、ささっと洗って再生するが、前半分にべったりウンPが塗られている靴は、あまりにレアすぎて、散歩に履くにもはばかられる。

だが、斬新なウンP靴ができてしまったことより、あの程度の坂でバランスを崩して姫が尻餅をついてしまったという事実のほうが、管理人にとっては涙もん。

春先に調子が悪かったときには、平地でも後ろ肢の力が急に抜けて、自分の排泄物の上に尻餅をつくなんてことは日常茶飯事だったんだが、夏を無事越して、最近は散歩も通常どおり行けるようになって、そういう事件はこの数ヶ月ぜんぜん起こってなかったんだけどね。

20110102 054

「犬 後ろ肢 弱る」みたいなキーワードでググってみると、後ろ肢にガタが来るっていうのは、犬にとっても老化のはじまりだってことがよくわかる。後ろ肢が弱くなって、しょっちゅうよろけたり、転んだりを繰りかえして、やがて介護が必要になっていくのだ。ただ、同時に歳をとると、食が細くなったり、食べてもぜんぜん太れなくて、みるみる痩せていくなんて状況にもなるらしいが、姫の場合はしっかりお腹が空くようだし、あいかわらず止めろって言うまでいくらでも食べられるし、ついでに体重も順調に増えているので(←オイ!)、まだまだ元気ではいてくれるんだが。

老いってやっぱり哀しいな……と、以前に比べると格段にヨロヨロしている姫を見るとつくづく思う。だが裏を返せば、まだまだ生きられるはずだったのに、病気で逝ってしまうことを考えたら、身体の使用期限ギリギリまで使い切ってこの世から去っていくなら、それは、それで幸せなんだと思わずにはいられない。

人間も犬も猫も、生き物には必ず寿命がある。その寿命をまっとうさせられれば、飼い主としては、これ以上の幸せはないはずだし、本犬本猫にとっても、最期まで美味しいものを食べられて、痛いところがなくてっていうのが、一番の幸せだよね。

ダンケがうちにやってきた騒動で、すっかりスルーしてしまったが、今年の9月で、姫がうちに来て丸7年が経ったのだ。ディーは7歳7ヶ月で逝ってしまったから、あと数ヶ月で、姫と一緒にいる時間のほうが長くなってしまう。

5歳くらいということでもらった犬と、こんなに長く一緒にいられるとは正直期待していなかったし、ヨロヨロになっても、要介護になっても、それでも姫の寿命が尽きるまでちゃんと見届けてやれるなら、それは飼い主冥利につきる。

でも今後は……同じ尻餅つくんでも……管理人の靴目がけてだけは……できれば止めて欲しい(T_T)
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

No title

すごいエクスキューズだったけど、
はっきり申し上げて、まるっきり。
イタ飯屋だってリッツホテルのラウンジであって、
「今日のワンコのウン、最高によかった」とか
「今日は下痢だったから、ちょっと心配」とか
平気で吐ける自信ありだわ。
誇れるかどうかは別として。

で、年取ったら食が細くなるだって?うちの周りのシニアたち、
確かに食べても太れなくてぎすぎすしてきちゃっているけど
痴呆はいったかっていうほど、みんなバクバク食べてるよ。
ま、食べている間は全然大丈夫だよね。
入れて出しているうちは大丈夫。もちろん、出すものにもよるけどさ。

それにしても、悲鳴もださず、姫ちゃんの心配を優先させるあたり
鑑以上だわよ。尊敬

丸7年経ったのですね

でもさぁ~「まだ7年しか経ってないんだ・・・」って感じですよね。
まだまだ一緒にいたいから♪
推定年齢しかわからない中途採用犬とは、実際のところあと何年一緒に
過ごせるやら予想がつかないところがスリリングとも言えます。

そういえば先日ハンナは、ハウスから出てきてわざわざチチのベッドに
上がったと思ったらオシッコしました。
思考回路がまったく理解不能!


No title

ほんとに鑑以上だと思います。
私ならギャーとは言いそう。同時にみなみを支えるとは思うが。。。
うちのみなみも歩いていて突然コケッとなることがあるので、その度にびくびくします。
でもまだまだ食べるし、痩せてこないし、毎日”世界一のウンチ”だし!
(拾う度に”み~ちゃんのウンチは世界一♪”と歌います。)
姫ちゃんも、きっと寒さでちょっとガクッと来ただけじゃないでしょうか。
寒いと人間も急に足腰が弱りますよね(年にもよるけど)。

犬は、前輪駆動で前進しているときには後ろ足は意識されておらず
それが年をとってから後ろ足が弱ってしまう原因のひとつになるそうです。

後ろ足を意識させるためにバックで歩くのが有効だってトレーニングの先生がおっしゃってました。
おいしいものを持って目の前に立ってゆっくり迫っていくとご褒美を見たままバックできるんじゃないかな?
数歩でもいいって言ってたからときどき家の中でもやってみて。

コメントありがとうございましたm(_ _)m

★★ゆかさま江★★
もちろん、貴女には最初から言ってないわ。しょせん同じ穴のムッジーナですもの(笑)

>食べても太れなくてぎすぎすしてきちゃっている

だしょ? これ↑(食べるけど太れない)老化のポイントらしいんだけど、姫はおかげさまで順調に体重が増えてついに史上最高値に達したのよ、先日(-_-) まっ、うちのコときたら、末期癌なのに食い過ぎて、腹水かと思ったら脂肪だったって、そんな奴らばかりだから、さもありなんて感じだけど。クリスマスイブには、一回り大きくなった姫を見て、驚け(爆)。

★★ワハ母さま江★★
えっ? 7年? なんのこと? って感じだよね。でもいつの間にか古株。あの姫が、我が家の優等生。「姫を見習いなさい!」が飼い主の口癖……ありえねぇ(-。-) ぼそっ

>ハウスから出てきてわざわざチチのベッドに上がったと思ったらオシッコしました。

父もいいかげん、自分がハンナのトイレで寝かしてもらってることを認めるべきだと思ふ(-。-) ぼそっ

★★女系猫猫犬家族さま江★★
姫さん、バックはけっこうお得意。おやつがよく見えるように、ズリズリ下がっていく……みたいなことは、若いころからよくやってたわ。

じっさいもう歳なんだと思う。ここ1年くらいですごく脚が弱ったし、寝てる時間も長くなって嗚呼歳なんだなぁ~って飼い主が実感しちゃってて。でもまだまだ元気で散歩はもっと行くって率先して歩くし、気が向けば庭走ってることもあるし、だからまだまだ元気なんだけどね。

考えてみれば、チビ姐さんも後ろ肢が弱ってきて、高いところに登れなくなって「嗚呼、チビももう歳なんだ」とがっかりしたことがあるんだが、あれから、かれこれもう5年(笑)。だから姫も、ヨタヨタしながらも、きっとまだまだ粘るんだわよ。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。