スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っぱり癖のある……

先日のお出かけ動画を見てて、ものすご~く反省した(。_ _)

うちの犬には引っぱり癖がある! とかねがね思っていたのだが、じっさい引っぱり癖がついているのは飼い主のほうなんだな……と(-_-)

ふつう、他人の家のお出かけ動画なんて、1度見て可愛いぃ~……で終わりだろうから気づかないとは思うんだが、管理人の場合、編集するために何十回となく見たからさ。必要以上にリードを引いて、ただでさえビビリのポセの警戒心をかえって自分が煽ってるんだなと、つくづく身に染みてわかったのだ。

IMG_6003a.jpg

たとえば、相手が、見知らぬ他人の飼い犬で、たまたま公園ですれ違ったというのなら、まあ良しとしよう。うちの犬が、相手に向かって唸る……なんてぇのは、やっぱり相手に失礼だし、もしむこうの犬がいま流行の小型犬なら、怖い思いをさせてしまう。

だが、あのときそばにいたのはみんな犬友だったわけで、ポセがなかなか他の犬とうち解けられないタイプのコだってことは、ちゃんとわかってくれている。たとえば、限度以上に近づいてポセが唸ったとしても、唸るという行為じたいは、「それ以上近づくなよ!」という単なる意思表示であって、ポセ以外は、基本的に犬社会のルールがよくわかっているコたちばかりだったのだから、その意思表示に対して、とうぜん犬同士が適切な距離をとる。

ところが、それ以前に、管理人がリードを引いて、ポセを他の犬から遠ざけているのだ。

唸ったらどうしよう。喧嘩させちゃマズイ、という意識が働きすぎて、必要以上にリードを引いて、そのたびに飼い主が緊張するから、ポセはますます他の犬が怖いと思いこむ。

IMG_6016a.jpg

じっさい、唸るんじゃないか、ポセが相手に飛びかかってしまうんじゃないかと思っているのは飼い主だけで、犬同士は、もしかしたら恐る恐る近づいて、相手のようすを覗っているだけかもしれなかったのに……。

人なんて妙な生き物だから、他人の欠点はすぐに目につく。

たとえば妹のリードを引くタイミングが遅いとか逆に早すぎるというのは、見ててすぐにわかるんだよね。ところが、自分が何をやっているか、第三者の目で見る機会はめったにない。

動画という形で自分がふだん無意識に何をやっているかを見せつけられて、ああ、やんなっちゃうな……とつくづく思った。

ポセのような、社会化失敗のダメダメ犬でも、相手の犬の意志をその動作や行動から、ある程度は読みとることができる。犬づきあいは、やっぱりすごく下手だし、なんでもないことに過剰反応しちゃったりはするんだが、もっと過剰反応しているのは、たぶん飼い主のほうなのだ。

他犬に会うたびに踊り狂うポセの悪癖を、じっさいに増長しているのは飼い主の過剰な引っぱり癖だ(-。-) ぼそっ

犬のことは、基本犬に任せるべきで、おマヌケ飼い主が、よかれと思ってするよけいなお世話が、じつは事態を悪化させるのだと身に染みてわかったのは、ダンケが来て、2頭の関係を良くしようと、あれこれ試行錯誤しているせいだ。自分がどういう行動をとったとき、ポセがそれにどう反応するかを、ダンケはちゃんと学習したし、もめ事を起こさないように立ち回る術も身につけた。

それでも尚、騒ぎが起こる原因は、飼い主の自信のなさと、過剰反応のせいなのだよね。

IMG_6023a.jpg
そうよ、問題の原因はアンタの行動!

ああ、やんなっちゃうな、まったく(-。-) ため息。

ポセが相手の犬に対して過剰反応しないように、リードを引っぱって遠ざけるより、ポセが恐怖を感じないよう、さりげなく間にからだを入れるとか、他の物で気を引くとか、ちょっとした技術があれば(飼い主の)過剰な引っぱり癖は出ないのだよね。

やっぱりもっとお勉強しなくちゃ! 日々精進しろよ! と、スクリーン上で妙な動きをしている自分に対して、活を入れてやりたい管理人なのである(-_-)

押してたもれ→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

1枚目の写真のポセ、普通の顔してる(笑)。

私も「引っ張り癖のある」飼い主だね。
ギャン吠えする犬とすれ違う時など、ごんただが
反応するまえについ引っ張っちゃうもん。
いかんいかん。

ごんただも犬社会のルールがまだよく
わかってなかったりするよ。
そのうえ空気も読めない(涙)から、
ポセを驚かせちゃったよね。ごめんねぇ。


思い返すと・・・

ノリとハンナが初めて会ったとき、ガンガン吠えているノリを
「はいはい、わかったから家に入ろうね」となんの警戒心もなく招き入れて
ハンナとともにフリーにしていたのは、ワタシの中に「ノリは噛み付く犬」
という先入観が全くなかったからで、そのお陰で2匹はすんなり仲良くなりました。

その後土手に行ってよそのワンコと接近するような場面になって、
「よそさまの犬に何かしたらマズイ・・・」と、確かにワタシがリードを引っ張って
しまってました。
その警戒心がリードを介してノリに伝わり、チワワだろうがゴールデンだろうが
噛む仕草を見せるようになってしまったのですね・・・反省。
でもさぁ~、何かあったらマズイじゃん?
やっぱり警戒してしまうよねぇ~?
うまくかわせるコツを早く体得しないといけませんな、こりゃあ。

★★しおのすけさま江★★
もともとポセは、子犬が苦手でさ。派手な動きが怖いのだよね。ゆえにパピーのそばではどうしてもビクビクしちゃう。

で、うちに来たのがよりによって96ヶ月のパピーだったというオチになるわけだ(ため息)。

★★ワハ母さま江★★
ふだんの散歩のときはねぇ~。やっぱり引っぱり癖出まくりよ。ポセはじっさいの攻撃には出ないんだが、ほとんどがポセより小さな犬だから、怖がらせたら申し訳なくて。

でも、この前みたいな状況では、もう少しポセを信じて自由にしてやらねばとつくづく思ったわ。(飼い主の)悪癖はなかなか直らない(-_-)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。