スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちのベッキー

ダン吉に新たなニックネームがついた。ヤツは現在ベッキーと呼ばれている。なぜベッキーかと言うとだな……

飼い主さん、下に降りてきたならダンちゃんを撫でるベキベキベキベキベッキー!

とことあるごとに絶叫を繰りかえすからである(-_-)

他にも

シッコしたいから、ダンちゃんをトイレに連れてくベキベキベキベキベッキー!

とか

お腹空いたから、ご飯くれるベキベキベキベキベッキー!

などのバージョン豊かな雄叫びを日々上げているってわけだ。ウッセーよ、オメェ( ̄‥ ̄)=3 フン

言うまでもないが、これは一般的に言う要求吠えってやつだ。吠えることで飼い主に○○させてきた犬は、人に対して吠えることで要求を伝える以外の方法を知らない。ゆえに当たり前のように、新しい家に来てもやるわけね。

ちなみに、我が家ではいくらベキベキ言ってもただ無視されるだけ。ゆえに非常に無駄なエネルギーをヤツは使っているわけだが、そのことに本犬が気づくまでは我慢比べが続く。

20111023 028

ダンケはとても勘の良い犬なので、管理人に対してはベキベキ言っても無駄だということを1週間で学習した。だがいまだに妹に対してはやるのだよね。この辺りは、ダンケのいままでの生活環境に関係しているのだと思う。

あのサイズの犬だから、おそらくダンケは外飼いだったと思うのだよね。んでもって、吠えて騒ぐとご近所迷惑だからと飼い主が慌てて出てくる。結果、ダンケにとっては吠えること=嬉しいことが起こるという刷り込みがしっかりされてしまっているのだ。ダンケの知っている人間との暮らしかたでは、飼い主さんはダンちゃんのお家とは別のところにふだんはいる。その条件にぴったり当てはまるのが、我が家では妹なのだ。

ゆえに妹が2階から降りてくる足音がすると、ベキベキベッキーがはじまる。

じゃあ、いつもダンちゃんの犬小屋の隣にいる管理人はどういう位置づけなんだろう? もしかしたらダンケの頭の中では、飼い主さんというより姫にちかい存在なのかもしれない。吠えて騒いでも無視するだけ。でも、あんまり騒ぐと睨まれる。たぶん同じ犬ではないと思うが、でも飼い主さんとはちがう!

なのでダンケが大騒ぎする相手は、基本妹だけなのだ。な~んてわかりやすい、要求吠えのパターンなんざんしょ♪

基本お喋りな男なんで、そりゃ最初のころは管理人にもベキベキ言ってはいたのだ。管理人がトイレに行くと即絶叫。最初は、ただ無視していたんだが、諦めが悪かったので、姫で成功した方法を試してみた。部屋から出る前に、ちゃんと行き先とどれくらいで帰ってくるかを言っていく。んでもって、静かにしているようにと申し渡してから部屋を出る。

もし吠えずにいられたら、戻ってきたらケージのドアを開けて誉めてやる(一言でも吠えたら、無視ね)ということを繰りかえしたらこの手のギャン吠えはすぐにやらなくなった。

この辺は、やはり8歳の犬をもらったメリットなのだよね。人とずっと一緒に暮らしてきた犬は、巧く伝えれば一発で飼い主がこうして欲しいという意図を理解する。飼い主がいま怒っているか、機嫌が良いかをちゃんと見分けることができるのだ。

20111023 051

8年間かけて強化されてきた要求吠えは治せるか? まっ、そのうち治ると思うけどね。8年かけた分、それなりに時間はかかると思うが、それでもここまでわかりやすい要求吠えなら治せないはずはないのだよ。

要求吠えは100%飼い主が犬に教える悪癖だ。だから飼い主が100%の気概で止めさせようとすれば、ぜったいに治るものなのだ。

吠え癖がついている犬なんてもらっちゃって、管理人さん可哀想! たいへん! って思う? やっぱりセンターなんかに収容される犬は問題犬だから止めたほうがいいとか思っちゃう?

もしそう思うのなら、最初から犬を飼うのは止めておいたほうが良い。他人がつけた悪癖を治すのは、心のなかで前の飼い主を罵れるから気分は楽だが、自分がつけた悪癖治すほうがずっとたいへんだからね。まずある日を境に犬に対して、わたしは昨日までのわたしじゃないって教えるところから始めなきゃなんないわけだから。

それにダンケの場合要求吠えは、たしかに今後修正しなければならないポイントだが、それ以外は治すべきところはこれと言ってないからさ。何から何まで一からぜんぶ教えなきゃならない、ご意見無用のパピー飼うより、ぜったいに楽なのだ。

こういう小さな修正点を少しずつ治していって、何ヶ月後かにダンケが理想に近いうちのコになるまでの工程が管理人の楽しみだったりするのだよね。色々工夫して、頭を使って、成功したときの喜びは何ものにも代え難い。とくに問題犬度が高いときは、その犬を捨てた飼い主にざまー見ろって良いながら心のなかでガッツポーズ(笑)。

だから成犬譲渡は止められないのよ。ちょっと難ありのコ、ウェルカム♪

ちょっと異色の楽しみ方かもしれないが、こういう楽しみかたも、犬と一緒に暮らすひとつのパターンだと管理人は思ふ。

応援していただけると、幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。