スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫殺し

18日の日経新聞に載った、作家坂東 眞砂子のエッセイが波紋を呼んでいる。飼い猫に不妊手術をしたくないために、生まれてくる子猫を崖から投げ落として処分しているという内容だ(全文はこちら)。

動物を愛し、ペットを飼う人間としては、誰もが眉をひそめる内容だ。

不妊手術を否定することはべつに個人の自由だしかまわないと思うのだが、だからといって、自由に産ませて生まれたら殺すというのは、あまりにも乱暴なやりかただ。

彼女は、
避妊手術を、まず考えた。
しかし、どうも決心がつかない。
獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。
その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。

と書いているが、ここに根本的な勘違いがあるような気がする。

動物にとっての「生」は
盛りのついた時にセックスして、子供を産むこと

ではなく種の保存という本能、つまり自分の子孫を残すことだろう。

子孫を残したいと思うから、雌は辛い思いをしても出産するのだ。それを産まれたそばから殺すのでは何の意味もないはずだ。人間のセックスと動物の交尾は基本的な意味が違う。そこのところはき違えて妙な誤解をしているところが、彼女の根本的な愚かさだ。

ついでにいえば、ほんとうに自分の飼っている猫を愛しているのだとしたら、盛りがつくたびに出産させるのもおかしいのではないか。出産というのは動物だって母胎にそうとうの負荷がかかる。むろん、自然のままに生かすためには寿命が短くなってもかまわない、というのならそれは飼い主の自由だが、長く手元に置いて可愛がってやりたいと思うのなら、ペットの生殖をコントロールするのはとうぜんだろう。

彼女はまた、不妊手術について
社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。
私は、これに異を唱えるものではない。
ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。
子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。

とも書いているが、人道的な見地から見て子猫を崖から投げ落とすというのは、決して褒められた行為ではないだろう。同じ殺すのであれば、薬による安楽死という手段がある。生まれたばかりの子猫であれば、口と鼻を塞ぐだけでいとも簡単に命を絶つことはできるはずだし、一瞬で済ませるために首をひねるという方法をとる専門家もいる。それをなぜわざわざ崖から投げ落とすのか。そしてその行為を繰りかえすことに、異常さを感じるのはおそらく管理人だけではないだろう。

不妊手術と子猫殺しが同じかどうか、一見同じに見えるとしても、それは根本的にちがうと思う。望まれない子を残さないのは飼い主として社会的責任のとりかたかもしれないが、愛猫の身体に負担をかけ、出産させて子猫を殺すという行為を繰りかえすところにどんな意味があるのか説明して欲しい。けっきょく根本的な誤解に根ざしたまちがった行いとしか、管理人には見えないのだ。

猫はセックスを楽しんでいるわけでもなければ、出産したいわけでもない。自分の子孫を残したいだけなのだ。そういう動物の「生」を大切にしたいのなら、生まれた子猫をすべて飼い続けるのがほんらいだろう。それを次から次へと殺してしまうのでは本末転倒もいいところだ。

だが、彼女の言っていることにも一理ある。
飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。
しかし、それは飼い主の都合でもある。

<中略>

避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。

不妊手術が癌などの病気予防に役立つのは事実だが、基本的にペットに不妊手術を施すことは飼い主の都合に他ならない。だから、病気でもないのにペットの身体にメスを入れたくない、と考える飼い主がいてもとうぜんだし、必ずしも不妊手術をしなくてはならない、とは管理人も思っていない。

だが、以前の記事でも書いたように、ペットの生殖を不妊手術という形でコントロールしないのなら、そのぶん管理責任が重くのしかかってくる。生まれてきた子猫や子犬をすべて飼ってやれないのなら、またはきちんと面倒を見てくれる飼い主を見つけてやれないのなら、交尾させない、産ませないという選択をせざるを得ない。繁殖期の動物をコントロールするのは決してたやすいことではない。

うちの姫は心臓に疾患があるために、麻酔のリスクが非常に高くなる。だから不妊手術をしていない。犬猫屋敷ではヒートのたびに厳戒態勢がとられるのだ。万が一にもその時期姫が逃げだしたりしたら、望まれない子犬が産まれるだけではなく、出産の負担で姫自身の命も危なくなるからだ。

ヒートの時の緊張感を考えると、できることなら不妊手術をしてしまいたい、と管理人は思っている。姫は決してそれを望んでいるわけではないだろう。これは単なる飼い主の都合なのだ。

動物にも権利があると、管理人は思っている。そのなかの子孫を残す権利を飼い主の都合で奪ってしまっていいものなのか? それは議論が分かれるところだろう。ただ犬猫が、もはや自ら餌をとって生きていく野生動物ではなく家畜になってしまっている以上、飼い主である人間が何らかの形で数をコントロールするのはやむを得ない。

犬猫を殺すというと、それだけで「酷い」と思うかもしれないが、じっさいに自然界では、育たないと判断した弱い子どもを親が自分の手で殺すこともある。たとえば、生まれてきた中で一番弱くて小さなコに親が餌をやらないなどということもあたりまえなのだ。弱い個体を犠牲にしても、自分の子孫を残すのは、厳しい自然の中で生きていかねばならない野生動物のサバイバル本能だ。自然界では生と死はいつも隣り合わせにあるものだ。家畜である犬や猫を自然のままに飼っていきたいというのなら、そういう厳しい一面からも目を背けてはいけないのだ。

(あしたに続く)
関連記事

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。