スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のネットワークを活用すべし

バリバリのやる気が見える、今日2度目の更新だぜよ(笑)

せっかく署名お願いのメールを書いて出したので、ここでも公開しとくので、気に入ったらどうぞ、ご自由に転載、拡散してくださいませ。著作権は放棄。クレジットはいりませぬ。これは管理人なりのボランティアだから。できること、得意なことで社会貢献♪

ちなみに内容は、犬猫、それが何か?っていう一般ピープル向けなので、ワンコちゃん、ニャンコちゃんが可哀想ぉ~ってスタンスの人には、もしかすると気にくわない内容になっているかもしれない。でも今回はほんと、ペットを飼ってる人だけの問題じゃないと思うんだよね。責任逃れをすることで、状況が悪くなるのがわかっていても見て見ぬ振りをしてきた今までのこの国のあり方自体に、やっぱり、この際はっきりもの申す時期だと思う。という前提で、親類縁者知人友人にメールを出しまくりたい方、サイトで呼びかけたい方、どうぞご自由にコピペしてお使いください。

=======================
ニュースなどではめったに報道されないことですが、福島の原発周辺の立ち入り禁止区域に取り残された動物がまだたくさんいます。

立ち入り禁止区域になる前は、民間ボランティアが飼い主の依頼を受けて現地に入り、残されたペットの保護と餌やりをしていましたが、現在、民間人は一切入ることができません。一部の行政が動いてはいますが、被災地である福島では被災者救援に尽力を注ぐべきであり、動物の保護に割ける人員の余裕はありません。そのため、まったく成果は上がりませんし、どんどん無駄に時間だけが過ぎていく状態です。

そこで、県外の獣医師、民間ボランティアなどの動物の扱いに慣れている専門家によるチームを編成し、20キロ圏内に入って、残されている動物を捕獲、搬送する許可を求める署名を集めています。

Free Pets緊急提言→http://freepets.jp/

単に、放置されて餓死する動物が可哀想という話ではなく、今の段階で、何らかの措置をとっておかないと、状況は悪くなる一方で、今後後処理により莫大な時間と税金を使うことになります。いまは動物の繁殖期ですから、とうぜん飼い主に管理されずに徘徊する動物が増えれば、子犬子猫がどんどん生まれるでしょう。犬猫は一度に複数頭の子孫を残しますし、年に数回繁殖期があるので、全部は生き残れないにせよ、とうぜん数は増えてしまいます。それに立ち入り禁止区域はあくまでも人間のためのものですから、餌やより暮らしやすい環境を求めて禁止区域外に出てくる動物たちを止めることは不可能です。

結果、周辺地域も含め、一帯で増えすぎてしまった野犬、野良猫の処理に将来膨大なコストと人員を費やさねばならなくなるでしょう。これはすべて税金です。

さらに、家族どうように可愛がってきたペットを置いてきてしまった飼い主さんの心情を思えば、この時点でまだ生きている動物をできる限り回収し、飼い主のもとに返してあげるのか一番良い選択肢であることは明らかです。万が一、避難所や新しい住居でペットを飼うことができない場合でも、そういうペットを一時的に預かったり、新しい飼い主さんを見つけてくれるボランティアが、すでにかなりの数名乗りを上げていますので、立ち入り禁止区域から連れ出すことさえできれば、あとはどうにでもなるのです。

ですが、いかんせん立ち入り許可が出ないために、いまは何も打つ手がありません。

決断を先送りして、何もしないことで責任逃れをして、状況をどんどん悪くするのは、この国の政治や行政のほんとうに悪いところだと思います。でも明らかに放っておいたら悪化するとわかっている状況を黙って見過ごすことはできません。

ペットを飼っている方、動物好きなら、現地に取り残された動物を見捨てるという行為自体にいたたまれない思いを抱くでしょう。ですがこれは、ペット飼い、動物好きだけの問題ではありません。いま決断をして、許可を出しさえすれば、将来の税金の無駄づかいを防げるだけではなく、原発事故でふだんの生活を奪われた被災者の方たちに、これ以上精神的、金銭的苦痛を与えないための、これが最善の処置なのです。

動物が可哀想だから、とにかく助けろと言っているわけではありません。東北一帯に、まだまだ救援が必要な人間がたくさんいるのに、それを差し置いて税金や人員を使って動物の命を先に助けるべきだと言っているわけでもありません。

ただ、立ち入り許可を出してもらえれば良いのです。あとは動物を専門とする民間人が、ボランティアで今すべきことをやっていくだけなのですから。

もしご賛同いただけるようでしたら、一部民間人の立ち入り許可を求める署名(http://freepets.jp/)に御協力ください。

また、今回のペットの救出活動には飼い主自身からの行政に対する直接の救助要請が不可欠ですので、お知り合いに、原発20キロ圏内にペットを残してきてしまった被災者の方がいらっしゃるようでしたら、早急に福島県に申請を出すよう呼びかけて頂ければ幸いですm(_ _)m

チラシ→http://dear-paws.com/download/fukusima-2011apr29_mono.pdf
申請書→http://dear-paws.com/download/2011apr29_hogo_iraisyo.pdf

=======================

じゃっ、管理人はまた仕事に戻っから(^_^)v

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment

多少なりとも動きがあるかもしれませんよ。

新庄動物病院ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/archive/2011/5/2?m=lc

まさに私が今後のことを考えて・・・と思っていたことをまとめていただいてありがとうございます。
何か動くのかどうかわかりませんが、次の為にもここでやらないといけないことだと思います。
そして平素からの運動に繋げるためにもここでやらないといけないことだと。

昨日から福島へ戻っている会社の同僚(実家が被災)に、
申請書を配ってこいとコピー等を持たせました。
「犬猫を気遣ってくれて本当にありがとうございます」とのことです。
彼のご両親もビーグルを連れての避難生活です。


コメントありがとうございましたm(_ _)m

★★とおりすがり さま江★★
情報ありがとうございました。日々、色々な情報がネット上に出てきますが、なんかけっきょくは時間稼ぎしてるようにしか見えないんですよね。霞ヶ関と永田町周辺のいつもの手かよって気分。でも進捗状況には、今後も目を光らせていきたいと思っています。

★★mi-goro さま江★★
イライラしすぎて、お肌にブツブツできちゃいそうですよね! まったくもって国という大所帯は動きが鈍すぎる。とりあえずいま一般ピープルにできることは、ちゃんと騒いで、その結果を注視して、誰が何をどうやったか、次の選挙までしっかり覚えていることだと思います。

何も言わずにあとになって、批判だけする人にはなりたくないからね。とりあえず、言いたいことは言っておく。だって、この国は間借りなりにも自由な民主主義国家ですから♪

★★しおのすけさま江★★
被災者のご家族に、命令するか?(笑) うんうん、でも一番情報拡散に役立つのは現地での情報伝達ですわな。ネットの世界とそれ以外のメディアしかない人々のあいだの情報格差が今回はあまりに大きすぎる。結果、肝心の被災者が一番の情報弱者になってるんだよね(ため息)。

ちなみに管理人は「犬猫を気づかってる」わけじゃないと思う。そりゃ、うちにもいるから四つ脚は大事だが、単に犬猫が可哀想なだけなら、ここまで騒がないわな。それは一部の人たちの趣味の世界だから。ただ、今回はちょっと違うんだよね。この国のシステムとか道徳観とか価値観とか、そこまで含んだ問題だと思うからさ。ゆえに、やっぱり吠えずにはいられない。

ほら、管理人、遠吠え趣味だから(爆)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。