スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電マニア

ついにコンセントを抜くのが趣味になってしまった管理人である。

屋敷の近所は、強制的な停電こそまだないものの、薄暗い生活にも慣れたし、寒くてもモコモコに着こむのが当たり前だと思うようになった。人間、こういうもんだって思っちまえば、なんだって無いなら無いで生きていけるものだ。それどころが、節電が趣味になると電気を使わないのが快感になる。

いまディズニーランドに行って、エレクトリカル・パレードなんか見たら、もったいなくて卒倒しちゃうと思うもの(-。-) ぼそっ 我慢ができなくなって、コンセントを抜きまくる節電テロを起こしちゃうかもしれない。

やり始めると、とことんやらずにはいられない性格なので、いまや我が家では節電ナチと呼ばれている。なんとかして震災前の生活を続けようとするジィジバァバがつけっぱなしにしている電気やテレビのスイッチを、問答無用で切りまくって歩くからだ。「ああ、もったいない、もったいない」はいまや管理人の口癖になっている。

だが節電生活が身につくのは、良いことだと思うんだよね。だって、しばらくしたらまた震災前と同じようなキラキラした生活が戻ってくるなんてことはあり得ないんだから。どう考えたって電気の供給量は減るのだから。福島の第1は、もうとうぜん使えないじゃん? 第1と違っていまはクリティカルなトラブルはないけど、第2原発は使えるかっていうとそれも怪しいもんだと思う。

被災地の復興には、今後電気が必要だし、東北電力だけで賄えない分は、とうぜん東京電力が融通するしかないわけで、ところが出力の大きい原発が2箇所も稼働できない状態じゃ、どう考えたって電気は足りなくなるのだよ。

じゃあ足りない分、また新しい原発を建てる? それも非現実的だと思うのだよね。今回の騒ぎのせいで、今後は、いくらお金を積んでも原発を建てさせてくれる所なんてどこにもないと思うから。薄暗い東京は嫌! また元のキラキラした生活に戻りたい! と言うのなら、都心のど真ん中に原発建てるしかないと、管理人は思うのだよね。たとえば霞ヶ関とか永田町辺りに巣くってる方々に、ちょっとどいていただいてね。その空いたスペースに原発建てて、また元通りのキラキラ生活♪

政府もようやくオドオドと言いだしたが、「国民の生活様式にまで踏み込んだ抜本的な対策が必要」なのは目に見えてるじゃん? 文句が出るのが怖いから「産業活動や生活の質を落とさずに電力需要をいかに抑え得るのか」とか言っちゃってるが、もし震災前のキラキラした生活を「質」と呼ぶのなら、それをどう落とさずに暮らしていくのか、お訊きしたいと管理人は思う。って言うか、文句が出るのは覚悟の上で、はっきり言っちゃえば良いのだよ。

「東京では、もう以前のようなキラキラ生活はできません。それが嫌なら、まだ電気が使える西の方か、どっか外国にでも行ってくれ!」って。

計画停電が23区には及ばないとかなり文句も出ているが、23区だけズルい!っていう小学生レベルの議論じゃなくて、なぜ23区の電気は切れないのかという構造的な問題を議論すべきだと思うのだ。なぜ23区は電気がまだ点いているのか? それはね、この国が極端な一極集中のシステムをとっているからなのだよ。誰も彼もが23区に集まってくる。この狭い地域に国の中枢がすべて詰まっている。あまりに人が多すぎて、大事なものが全部ここに集約しているせいで、この地域の電気を切ることがとてつもない混乱を呼ぶのがわかっているから、23区だけは特別扱いされるのだ。

まあじっさいはさ、屋敷がある住宅地の電気なんかは切っちゃってもぜんぜんOKだとは思うし、毎日停電してるなんて人の話を聞くと、ほんと申し訳なくてこっちも肩身がせまいから、お願い、たまには停電させてって住んでる人の一部は思ってるんだけどね。ただ、計画停電するために配線してるわけじゃないからさ。というより、こんな事態が起こるなんて誰も予想もしていなかった。

けっきょく、それが問題なのだ。

地方は仕事がなくてどんどん衰退する一方だとずっと問題視されていたが、これまでの政治家がやってきたことは一過性の補助金を出すなんていう何の役にも立たないことで、それを何十年も続けていたせいで、こんな状況になってしまったのだ。飛行機を使えば1~2時間でどこにでも行ける狭い国土なのだから、政治の中枢は鳥取で、教育都市は秋田で、経済の中心は山梨なんてことだって、やろうと思えばできたはずだ。だがその代わりに金を渡して箱物建てて、道路作ってなんてことをやり続けてきたツケが、いま回ってきたのだと思うのだよね。

狭い地域にすべてが集約されている東京という街は確かに便利ではあるけれど、その便利さは電気に依存した非常に危ういものだということが、今回身に染みてわかったはずだ。その電気を供給してくれる地方の人々に多大なリスクを負わせてきたことも。さらに、帰宅難民が数万という事態や、買い占め騒動でわかったように狭い地域に許容量以上の人間が集まっていることの危険性もよくわかった。

だからここから立ちなおって、被災地をちゃんと復興させて、さらに日本という国が世界で生き残っていくためには、色んな意味でこれからすべてが変わっていかねばならないのだよ。

さよなら、キラキラ生活(T_T) はまずその第一歩。節電が趣味と言い切ってしまう人間が、増えていかねばならないのだ。

いらんもんを買い漁ってる場合じゃないよぉ~。ほんと、これから色々と大変なんだから。震災前の暮らしを思って遠い目をしちゃうような人間は、これからの日本にはもういらない。既得権益? キラキラ生活? そういうものにしがみついてる奴らは、とっととどっかに行ってくれ。被災地を復興させて、構造改革を本気でやって、また日の出国を世界の大国に蘇らせるために、こっちとら、これからキリキリ忙しいんだからε-( ̄ヘ ̄)

家も家族も失ってしまった被災者の方々に、以前と同じ暮らしは決して戻ってこないけれど、それ以外の日本人にも以前と同じ暮らしはもう戻ってこない。まずそれを肝に銘じた上で、震災後の新しい「ふつう」をこれから作っていかなくちゃね。

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

ほんとだよね。
というか、あれだけうるさく節電言うなら、とにかくテレビ局、切れって感じに思うのは、まったくテレビを見ない私だから?
あんなにこぞって、被災地に駆け込んで、お涙頂戴やってたフジだって、もうすっかり元通りジャン。
なら、ずっと最初からそれなら、いっそ潔いけどね。
やっぱりそう思うからか、ウザくてたまらん。

西だろうが東だろうが、節電って、普通のことだと思うのだよね。あんなにエコがブームになってて、好きだったじゃん。今こそそのエコを発揮するときじゃん・・・・ってことでさ。
まぁ、停電されちゃうと、冷蔵庫とかが厳しいっていうのも分かるし、夜の停電、しかも夕食時はきついとか、そういうのは、確かだなと思うんだけど。
その時間、テレビ局一帯を停電にしちゃえばいいじゃんね。

狂ったように節電している関東民は、けっこうみんな思ってます。民放、いらねぇ(-。-) ぼそっ キラキラの中で「被災地は○○」みたいなニュース読んでる連中見ると、お前が電気消せよって誰だって思うよ。嘘くさいんだよねぇ~。リアルじゃないの。政治家のコメントと一緒よ。

半端な節電じゃなくてリアルに節電してみるとさ、人間、けっこう生きていけるってことがよくわかる。電気を使わない生活に慣れるって、日本全国の皆さんもこれから是非やってくべきだと思いますわ。不便だってブツクサ言ってる奴も多いけどね。でも、やらざるをえなくなっていくと思うよぉ~。

また日の出国を世界の大国に蘇らせるためにと、おっしゃいますが、あなたがたの考えかたは、日本は逆に衰退するんじゃないかなと思ってしまいます。
感情論や綺麗事だけではいきていけませんよ。
(自分も一応使わない家電などはコンセント抜いてますが)

コメントありがとうございましたm(_ _)m

はじめまして、v松前vさま、コメントありがとうございましたm(_ _)m

ん~お言葉ですが、震災前のキラキラ生活=日本の繁栄という考え方のほうが感情的で綺麗事だと管理人は思いますけど。現実問題として、震災前の生活には戻れないでしょう? ちなみに管理人は原発反対派ではありませんよ。もし必要ならば作れば良いし、ただほんとうに都心の真ん中に作っても大丈夫って言えるくらい安全なものではないなら、安全にしてから作るべきだと思っているだけですよ。

一部の人の犠牲の上に立った見せかけの繁栄なら、衰退でも良いと管理人は思っているのです。キラキラ生活が戻ってきても、震災前のこの国はすでに衰退してましたしね。

いずれにせよ、どんどん作ってどんどん捨てる=経済繁栄の時代はもう終わっているのですよ。世界基準ではね。ただこの国はその変化についていけなかった。今回もそうです。必死に震災前の暮らしをキープすることが良いと言い張る人がやっぱりいる。

管理人は日本は立ち直れると信じています。ただし、震災前の生活に戻るんじゃなくて、新しい世界標準を作るような画期的な変化を起こせればという条件付きでね。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。