スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連前広場譲渡会

天気が良かったので、犬どもを引き連れて青山に行ってみた。

20110227 011
というわけで、ポンちゃん、いきなり青山デビュー

むろん、管理人が重い腰を上げて出かけるのだから、そこに犬が絡んでいるのはとうぜんだ。表参道でお買い物して、そのあとイタリアンでランチ♪ みたいな暮らしは10年前に卒業しているので、とうぜん、今日の目的は犬である。

青山の国連大学前広場で、毎週末開かれるファーマーズマーケットの片隅で、不定期に色々な保護団体が譲渡会を開いているのだよね。

前々から行ってみたいなとは思っていたのだ。青山、都心のど真ん中で保護犬の譲渡会? なんか、こういままでセオリー破ってるよな(-。-) ぼそっ

20110227 006

でも発想が、面白いなと思ったのだ。ふつう犬猫の譲渡会っていうのは、河原や公園、またはペット関連の店や施設でやるのが定番で、要は、犬をもらおうって目的を持って来る人がほとんどだ。むろん、地方都市の駅前で譲渡会やってますというケースがないわけじゃないが、都会のど真ん中で、ぜんぜん関係ない人が山ほど行き交う中で、こういう会が開かれてるというのは広報活動という意味ではかなりインパクトがあるのだろうな……と。

じっさい見ていると、「あっ、ワンちゃんがたくさんいる!」と近づいてきて、実はこのコたちは全員保健所で処分されそうになっていたのを、こうして引きだしてきて、もらってくれる人を探しているという話を聞いて、驚いている人もいた。今日来ていた団体は都市部のセンターから主に引き出しをしているようで、やっぱり圧倒的に純血種が多かった。ふつうにペットショップで売られているのと同じ犬種の犬たちが、運が悪ければ処分対象になってしまうという証犬が、目の前に座っているのだから、何も知らない人にとっては衝撃的だ。

わざわざ行く、というイメージの強い譲渡会とちがって、買い物のついでに寄れるという気楽さも悪くないんだろうなと思うのだ。不定期ではあるが、いまのところ月に2~3回はどこかの団体が譲渡会をやっているし、場所柄アクセスも良いので、ほんとうに気楽に立ち寄ることができる。

むろん、アクセスが良い大都会ということは、その分犬を連れて歩くには色々面倒なことも多いわけで、たとえばトイレの問題とか、そういう部分を巧くクリアして、こういう会を定期的に開いている主催者の努力には頭が下がる。

昔ながらの譲渡会と、こういうちょっと新たな趣向の催しと、どっちが良いとは一概に言えないが、少なくとも選択肢の1つとして、こういう行きやすい譲渡会っていうのも悪くないなと正直思った。なんて言うのかね……こう、肩に力入った状態で、今日は未来のうちのコを見つけるぞ! って力んで出かけると、好みのタイプがいなかったりするだけで、ガックリきちゃうじゃないですか? でも、まっ、今日は出会いはなかったが、ファーマーズマーケットのほうで、美味しい野菜買って帰ろうかなとか、おしゃれなカフェでお茶でもして、ウィンドウショッピングでも楽しもうと軽い気持ちで出かけられるのなら、悪い話じゃないと思う。軽い気持ちで犬を飼うべきではないけれど、探す時点から、肩に思いっきり力を入れて力む必要もないと思うんだよね。それより、色んな譲渡会を覗いてみて、色々な犬をグリグリして、預かりボラさんから沢山話を聞いて、そういう時間を過ごしているうちに、コイツだ!って思う1頭と出会うのも悪くない。

20110227 010

ポセはさすがに犬だらけの譲渡会会場に突入するのはまだ早いので、飼い主姉妹が交代でワンコをグリグリしに行っているあいだ、うちのやつらは、道を一本隔てた隣のビルの前で待たされていた。

20110227 007

次から次へと行き交う人の数に、むろんビビリまくっていたポセなのだが、お約束の神経性下痢を起こすこともなく、しばらくその場で待っているうちに身体の震えも止まったし、思ったより優秀だったね、ポンちゃん! 次回は、反対方向に246を歩いて、渋谷のスクランブルに挑戦しちゃう?

20110227 013a

青山に来たという証拠に、岡本太郎作のオブジェと記念撮影して、ポセの限界値が来る前に、大都会とはおさらばし、途中車を停められる大きな公園で、姫ちゃんのためにしばしお散歩。

20110227 017

都会のお出かけは、やっぱりね、マーキングをさせられないので臭いとりも好きにさせてやるわけにはいかない。臭い取り命の姫にとっては、横について歩かされるだけの都会散歩は、あまり楽しいお出かけじゃないのだ。ゆえに、帰りに思いっきりに臭いを嗅げる公園に連れて行って、好きなだけ臭いを嗅がせてやる。ビビリのポセは、まあ知らない公園というだけで思いっきり震えるので、ポセにとっては試練のダブルパンチになってしまうのだが……

20110227 016
公園の入り口で、すでに帰りたいモード

とはいえ、ポセは想像していたよりずっと平気だった。パニックして暴れたり、神経性下痢連発したり、そういう事態を覚悟していったのだが、うちの近所で初めての散歩コースに行ったとき程度のビビリ具合。まっ、要は瞳孔開いて呆然としながらも、とりあえず置いていかれまいと必死に飼い主について歩くという感じ。

人が沢山歩いている大都会はたしかに怖いのだが、ポセはけっきょく見慣れない場所はどこだって怖いのだ。何しろ、いつもの散歩コースにいつもと違う看板が立っていただけで、怖くて過呼吸になっちまうようなヤツなのだから……

だったら、気にせず連れ歩いた方が良いのかもね、と最近はそう思うようになったのだ。コンスタントにある程度の刺激を与えて、怖いのに慣らすっていうのも1つの手かも……と。毎回、出かけるたびに恐ろしい思いをしているはずだが、ポセは車でお出かけが大好きで、姫を連れて出かけようとすると、絶対に自分も一緒に行くと主張する。ならば、ビビるのはわかっていても、やっぱり色んなところに一緒に行ったほうが良い。

じっさい、あいかわらずビビってはいるが、見知らぬ公園でマーキングしたり、ちょっと臭い取りの真似事ぐらいはできるようになってるしね。

さてと、次はどこに行こうかね? お台場? 浅草? 銀座? 横浜?

東京じゅうの観光名所をポセと回って、お上りさんしか絶対に撮らない渋い記念写真をバシバシ撮るのが、いまからとても楽しみだ。  
20110227 015
勘弁してください(涙)

=======================
koinu05a.gif

写真は、管理人お気に入りの枕ちゃん♪ 島子犬の最新の写真はmi-goroさんのブログを要チェック。お問い合わせはわんわんclubさんまで。
=======================

気が向いたら応援よろしくm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。