スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発想の転換

きょうは、ちょっとやってみた実験結果をご披露しちゃおうかな……と。

ネットで里親募集をする犬は多い。同時に、今はなんでもググっちゃうって人も多いわけで、結果、犬の里親募集といったら、こんな条件を満たしてないと絶対にもらえないと思いこんじゃう人も多い。だが、何度も繰りかえしているように、譲渡条件はあくまでもガイドラインで、最終的には飼い主になりたいと言ってくれる人と話しあって、これなら大丈夫と思えば譲渡しますよという団体はいくらでもあるし、個人でやっている人の場合はそのときの預かり犬によって条件は大きく違うってケースもままある。

ただ、そういうところをネット上で見つけだすのがたいへんなのだ。なぜなら、昨日説明したように単純に「犬 里親」のキーワードで検索をかけると、上位に上がってくるページはほとんどが大手のいくつかの団体かその関係者で占められてしまっているからだ。

大きな団体はね、とくに都市部で活動している団体の場合、やっぱり譲渡条件がほぼ同じになってしまうのだよ。ゆえに「ああ、うちは無理」と問いあわせもせずに諦めてしまう人が大勢いる。

確かに大手の団体は、扱っている犬の数も多いし、1箇所の譲渡会に行けば一気に何十頭もの犬に逢えるわけだから効率も良い。例えは悪いが、1軒を覗けばなんでも揃うスーパーみたいなもんかもね。サイトの更新も頻繁だし、やっぱり犬の回転率も高いので、次から次へと新しい犬が入ってくるから、見るほうもそういうサイトは頻繁に覗くようになる。

それに対して、小さな団体や個人でやっている人の場合情報発進力がやっぱり弱い。

サイトは作ってみたものの、犬の世話に忙しくて1枚写真を撮って載せたらそれっきりというケースも多いのだ。今はブログがあるから、以前に比べるとマシにはなっているが、それでも、やっぱり多くの保護団体や個人はね、圧倒的に情報発信力が弱いのだ。

ネットを使えば里親さんが見つかる……というのは一時代前の発想だ。そりゃ最初は、小ぎれいなHPを1つ作って、そこに犬の写真を載せておけばそこそこ問い合わせは来たかもしれない。HPを持ってる保護団体の数のほうが少なかった時代はね。

でも今は、ネット上に犬だけでも里親探ししている人が山ほどいるのだ。試しに「犬 里親」のキーワードでググってみると良い。ヒット数は290万件だよ。290万件! 290万件の中の200万件目にあるサイトを誰が見る?

というわけで、実験結果のご披露おば。

ちなみに素材は、現在せっせと飼い主さんを募集している島のチビたちの写真をお借りした。mi-goroさ~ん、ごめん、無断で借りたよぉ~(と手を振る)。

今はとても便利な時代なんで、デジタル加工なんてことができるのだ。1枚の写真をもとにして、色んなパターンに作り替えられる。

koinu01.jpg
たとえばこの写真(ポスターでは1番の男の子)が……

顔だけ切りとって、光の具合を変えて、
コントラストを変えたりと色々弄ると

koinu01a.jpg
こうなる(^_^)v

koinu02.jpg
もとの写真は2頭一緒だが(右側がポスター5番の女の子。
ちなみにmi-goroさんの一押しらしい)

1頭だけ切りとって、拡大して
これまた明るさ調整すると

koinu02a.jpg
こんな感じ♪

さらに顔だけ切りとって、もっと色合いとかを変えてみると

koinu02b.gif
こんな写真のできあがり

ちょっと写真をいじくるだけで、印象がかなり違いませんか? もともとネット上の写真をお借りしたので、解像度が低いから、大きく引き延ばすとボケちゃってイマイチできは良くないが、ついでに言えば管理人は美的センスゼロなんでね、ちょちょっと手を加えただけじゃ、この程度にしかならないが、もっと解像度の良い写真を使って、写真加工が得意な人が手を加えればドラマチックに印象が変わる。

たった1枚の写真しか上げないのなら、その写真が犬の運命を変えるのだ。もちろん、性能の良いカメラを使って腕の良いカメラマンが何百枚も写真を撮れば、ステキな写真は撮れるけど、でもそんな余裕はどこにもない。でも今はケータイだってすばらしく性能が良いのだから、解像度マックスで1日1枚、ケータイで撮った写真を、ちょっと加工してあげるだけで、ネットを使った里親探しは爆発的に効果を上げる。

たとえば子犬の場合はね、まっ、正直良い写真は撮れないと思う。何しろやつらはじっとしてない。そうとう性能の良いデジイチじゃないと、表情までは撮りきれない。

だったら、動画を使えば良いのだよ。可愛く見せる、見に来る人に興味を持ってもらう。ネットを使って良い里親さんを見つけるための一番手っ取り早い方法は、やっぱりそこにあるのだから。んでもってそれに使えるツールはさ、今や誰でも持っているのだから、だったら、それを使おうよ。ほんとうはすごく可愛い犬が、可愛い写真を撮れないためにせっかくのご縁を逃すのは、やっぱり何とも空しいのだ。

とはいえ、実際保護活動をしている人に、写真をバシバシ撮って、それをせっせと加工して、毎日ブログに上げろと言っているわけじゃない。人には向き不向きがあるし、得意な人がやれば10分で済む作業に1日かかっちゃうなんてケースもある。

たとえばさ、管理人は文字打つのが趣味だし商売だし、常にPCの前に座っているから、ブログを更新するのは苦にならない。でも疲れはてて帰ってきて、ブログを更新するためだけにPCを立ちあげて、文字打って、写真を上げようと思ったら、巧くカメラから取り込めなくてキーって人もいると思う。キーボードに文字を打ち込むだけでたいへんなのに、3行打つだけで1時間かかるというのなら、それを毎日やれというのは苦行じゃない?

保護活動を実際している人、要は犬の世話が得意な人は、犬の世話だけやってれば良い。その代わり、そういう人に変わって情報発信してくれるようなボランティアを募れば良いと思うのだよ。

どこのサイトを見に行っても、預かりボラ、搬送ボラはやたらと募集しているが、写真加工ボラとかサイトのメンテボラとかいわゆるデジタル系のボラさんを募集しているところはほとんどない。でもそういう部分なら貢献できるって人はまだまだいると思うのだよ。預かりボラができるほど犬の扱いには慣れてないとか、うちの環境では預かりたくても無理とか、近所に手伝いたい団体がないとか、車の運転もできないし、でも何か力になれるならと思っている人がいるならば、そういう人に手伝ってもらえばいいのだよ。たとえばいつでも里親募集中に掲載依頼するだけだって、それを代わりにやってくれる人がいればずいぶん楽になると思う。

要は発想の転換だと思うのだ。

確かに預かりボラは重要だ。預かり先がないから見捨てざるをえない命があるのも事実だし。でも、もし10件しか預かり先がないとして、そこにそれぞれ3頭ずつ預かってもらっているとしたら、30頭の犬のうち1カ月間で10頭に新しい飼い主さんが見つかれば、その10頭分の枠にまた次の10頭を入れることができる。

預かりボラをいきなり増やそうと思っても、10人とつぜん増えるってことは、まずないよなと思うのだ。預かりボラっていうのはさ、やっぱりその地域にいないと無理だし、犬を預かって出すという作業は誰にでもできるってもんじゃない。1カ月で1人新しいボラさんが登録してくれれば御の字でしょ? でもデジタルボラに関しては、まだまだ潜在的な人材が沢山眠っていると思うのだ。それにその場にいなくてもできるからね。実際保護している人がケータイで撮った写真を、たとえば1000km離れた場所にいる人に送ればいいだけのことだ。極端な話、日本にいなくても良いのだよ。それだけ見ても、潜在的な人材がどれだけいるかはわかるだろう。

毎回喚いていることだが、捨てられた犬猫の保護活動はやっぱりビジネスになるべきだと思う。金を儲けるためではないが、その運営方法はビジネスマインドでやるべきだ。使えるものはすべて使う。大手がやっていることを丸っきり真似してみても、しょせんは資金力も人材もいないのだからもともと太刀打ちできるわけはない。これが会社経営なら、大手が狙わないマーケットを掘りおこそうと思うはずだ。大手が気づいていない人材を活用しようと思うだろう。保護活動をする人たちも、そういう発想を持つべきだよ。

その結果、より多くの犬に新しい家が見つかって、もっと沢山の犬の命が救えるのなら、まさにウィンウィンじゃないですか? さらに、うちでは里親になれないと信じこんでしまっている人にとっても、まさにウィンウィンウィンの3連チャンじゃん?

情報発進力が弱いのなら、そこを補強してみませんか? ちょっとだけ、発想を転換してみませんか? 自分には何もできないと思いこんじゃってるデジタル技術を持っている人は、そういうニーズがありそうなところに、手伝わせて!って言いに行ってみませんか?

どれもすべて最終的には、1頭の命を救える結果に繋がるのだから……

気が向いたら応援よろしくm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

応援ありがとうございます♪
ワンコネタからはかけ離れていますが
現在ある企画を私のブログで開催しております。
よろしければアンケートにご協力いただけると嬉しいです。

初コメがこんなでスミマセン。。。

★★都わすれさま江★★
ああっ!間に合わなかった(T_T) 月曜日の12時までなら納品してすぐ行けば楽勝♪って思っていたのに……気が抜けて寝てしまった(-_-) 起きて思いだして行ってみたらあとの祭り……

実は記事上がった直後に見てたんですけどね、1番の黒地と7番の和風柄で迷ってまして……あとでもう1回見に来ようって思ってたら、仕事が押し寄せてきてしまった(^_^;)

ってここしか読んでない人には何のことだかさっぱりですな。
http://koyukotamimio.at.webry.info/ 見てねぇ~
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。