スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い犬の飼い方って?~その3~

**********<<業務連絡>>**********
管理人、今週いっぱい過密スケジュールですので、コメントのレスは来週以降になります。ごめんなさいm(_ _)m
****************************

室内飼いにこだわる保護団体は非常に多いが、逆に外飼いの状況を改善しようと啓蒙活動を繰りひろげている団体というのには、お目にかかったことがない。それを言ったら、正しい室内飼い用のトレーニング方法をサイトに載せている団体というのも見たことがない。もしかすると、中にはきっとあるんだろうが、多くの保護団体は「室内飼いにしろ」と言うだけで、団体としてそのノウハウは教えていないし、ほとんどがボランティアさん個人の裁量に任されている。

繰りかえしになるが、犬を室内飼いにするという風習がこの国に入ってきたのは、ほんの20年かそこらのことなのだ。いまの30代から上の世代にとってはある意味黒船来襲なのだよ。そういう人の中には、写真に映ると魂を抜かれると未だ思いこんでいる人がまだまだ多いのだ。

そういう人相手に、無理やり押さえつけて写真を撮るのは正しいことなのか?

何が何でも室内飼いにこだわることは、それと同じだと管理人は思う。

それより前にやるべきことは、まず外飼いの環境を改善することじゃないのかな? 誰も通らない敷地の隅に小さな犬小屋があって、短い鎖でつながれて、そこで日がな一日ポツンと座っていることしかできない外飼いの犬を減らすことの方が重要だと思う。屋根がついているついていないは別として、家族がいる家の延長としての庭の一部に犬がいるスペースがあるのなら、それは決して犬にとっては悪い環境ではないのだよ。少なくとも、犬はそれほど気にしない。屋根があるかないかにやたらとこだわるのは、じつは人間のほうなのだ。

とってもブラックな思いつきだが、暇になったら新しい保護団体を立ちあげてみようかな。外飼い限定の保護団体(笑) アンケートで犬を飼う場所に室内って丸をつけてきた人には、「うちの団体は外飼いのかたにしか犬をお譲りしませんから。大切なわんこちゃんを狭い室内で飼うなんてとんでもない!」って断っちゃうの(爆)

じっさい、室内飼い限定にやたらこだわっているのは都市部にある一部の保護団体だけで、地方に行けばまだまだ室内だろうが屋外だろうが、大切に最後まで可愛がってもらえるのならお譲りしますって団体はいくらだってある。個人で保護している人の中にも、外飼いがあう犬なら外飼いでも可として譲渡する人はいくらだっているしね。だがネットでざっと検索しただけだと、やはり保護犬をもらうのなら室内飼いじゃないとダメなのねという印象はぬぐえない。それ以上調べに調べて、何が何でも保護犬を譲渡してもらおうとしてくれるのなら、それはありがたいことなんだが、たいていの人はその前に諦めてペットショップに行ってしまう。じっさい、一部外飼い可の犬も扱っている団体でも、それを表立っては掲げていない。でも堂々と掲げるべきだと思うけど。だって需要はあるんだから。

事実、保護犬の里親になりたいとは思うんだが、うちは外飼い希望だから最初から無理ねって話は他にも聞いたことがあるのだよ。正直、もったいないなと思うのだ。1頭もらってもらえる絶好の機会を、そんなことで逃すなんて。

前にも書いたことだが、室内飼いだと犬を大事に飼っていて、逆に外で飼っている家では犬をぞんざいに扱っているかというとそうじゃない。犬の居場所をどこにするかは、要は飼い主の考え方やライフスタイルで決まってくるもので、屋根がついているから良いご家庭、土の上に座っているから可哀想な犬って思いこみは、単なる一部の人間の勘違いだと思うのだ。むろん、室内で飼うほうが向いている犬は室内飼い限定でもらい手を探すべきだが、とにかく何が何でも十把一絡げで室内飼いがサイコーっていうのは、やっぱりどっかちがわねぇ?

ましてや、うちの団体は室内飼いでしか出さないから、それってほら、すごくねぇ? ってそういうスタンスで室内飼いにこだわっているのだとしたら、そんな条件は百害あって一利なしだ。

やたらと室内飼いを奨励するより、犬にとってはありがたくない、あまり好ましくない外飼いのあり方を改善する方が先だ。室内飼いとなにも変わらない、犬にとって良い条件の外飼いの犬を増やしていくのも一つの手だと思うのだ。理想を追い求めるだけじゃなく、現実的な保護活動のあり方として。

少なくとも、それだけ救える犬の数は増えていくし、今は諦めてしまっているけど、うちでも犬をもらえるかもと立候補してくれる人は増えていく。

犬の保護活動も時代と共に変わっていく。ちょっと前までは見向きもされなかった成犬にも、いまはそこそこもらい手がつくようになった。でも、まだまだ開拓すべきマーケットは残されているように思うのだ。その一つが外飼いだ。そのためには、外飼い用に保護して、外飼いで飼いたいというご家庭に良い飼い方を指導して出していく経路をちゃんと確保すべきだと管理人は思う。じっさい、今でもそれはあるんだが、ただ表だって「外飼い可」と言ってはいけないような、そんな空気があるように思う。まずは、それをなくすべきというか、外飼い=悪い飼い方という一部の人間だけが共有している常識を、いったんリセットすべきだと管理人は思う。

良い犬の飼い方ってなんだろう? その基準は、時代によっても変わってくるし、飼い主の考え方によってもまちまちだ。ただ一つ確かなことは、ほんとうに良い犬の飼い方っていうのは、飼い主も犬も一緒にハッピーになれる飼い方だと思うのだ。その家の事情に合った、その家の犬に合った飼い方が、たぶんベストの飼い方なのだ。それでプラスα、本来だったら処分されてしまったはずの犬が生きていけるのならそれはそれで、なおめでたい。

その一つの手段として「外飼い可」があるのだとしたら、それを模索してみるのは、保護活動をする人間が今後、やるべきことの一つなんじゃないかと管理人は思うのだが?

きょうもよろしくm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

かれこれ7年前になるかな。まだ犬ぼらもなにも知らなかった頃に、実家でラブを飼い始めた。それまで飼っていた犬はずっと「外飼い」ばかりだったので、そのラブも初めは外飼いだったですよ。
それでも、ラブを家族に迎えて、ラブつながりができて、犬の習性がわかってくると、室内飼いに抵抗を持っていたじじばばが本当に「自然」な形で、室内飼いを受け入れ始めた。

はじめっから室内外を強要されていたら、犬を飼うことを諦めて、じじばばは老後を二人きりで過ごさなければならなかった。「強要」されるのではなく「学習する機会」を与えられたからこそ、よい家族を構築することができた。

周囲が温かく支援すること、理由を明確に初心者でも納得できるように書いておくこと。これだけで、イイカンケイってどこでも作れると思いました~。

初めまして。いつも拝見させて頂いております。
我が家も犬を飼い始めて1年を迎えようとしています。
当初は、里親募集の犬を探していました。
半年近く探しましたが、どこの団体も譲渡条件が細かすぎて、それに対応出来る自信が無かったので、里親犬を諦めました。
最初から自信を持って犬を飼える人は少ないと思いますし、犬と付き合いながら飼い主も学習していくものだと思うので、最初からハードルを上げられたら敬遠してしまいます。
管理人さんの書かれてる注釈が各団体のHPに掲示されていたら、里親犬を受け入れていたと思います。
結局は、ペットショップで買ってしまったのは、お察しの通りです。
我が家も最初は外飼いが条件でしたが、家族の犬の接し方と犬の性格から、同居の両親も室内飼いを認めてくれました。
私も外飼いか室内飼いかは、犬種によると思っています。
全ての犬種を的にするのは、如何なものかと思います。
これからも楽しく拝見させて頂きたく存じます。

初めまして

初めまして いつも楽しく拝見させて頂いています。
家は3頭の仔を外飼いしていますが、出入りの度に家族が声をかけ、常に気を配り、とても大事にしています。当の犬たちにとって、本当にこれが一番良いのか悩む部分もありますが、愛情を持って生活をしてる事に間違いありません。
レスキューの幅が広がり、1頭でも多くのワンコが幸せになれることを希望しています。

コメントレス、一気に……

★★つむぎちゃん江★★
そうなんだよね。じつは外飼いからスタートして、気がついたら犬が隣に寝てましたって家、意外に多いのですよ。日本の家は敷居が高いから、最初は抵抗あるって人は多いのだけど、やってみたら犬の室内飼いって意外に自然って、そう思ってくれれば室内飼いも定着する。でも、それなしで、とにかく何が何でも室内飼いはちょっと違うな……と。

とくに、都市部のセンターに持ちこまれる流行小型犬の多くは、室内だからの問題行動が放棄の主な理由だからね。「小さいから、室内でトイレできますし、散歩に連れて行かなくても平気ですよぉ~」とか騙されて買っちゃって、こんなはずじゃなかったってパターン。

室内飼いか外飼いかって議論するより、もうちょっと現実的な解決策を先にって、やっぱり思ふ。ある意味、保護活動もまだまだ地域格差が大きい世界。

★★OZ!さま江★★
はじめまして、コメントありがとうございましたm(_ _)m

ああ、もったいないな、せっかく1頭引きとってもらえるチャンスだったのに!(笑)里親募集考えたんだけど、けっきょく条件が厳しすぎるし、面倒くさそうだからうちはペットショップで買いましたって人、管理人の周りにもたくさんいるのですよ。とくに最初の犬はね、やっぱりペットショップって人は多い。じっさい、今保護犬ボランティアやってる人の中にもそういう人はたくさんいるし。

別にそれで良いじゃんとも思うんですよね。どこから犬を手に入れようが、そのコを最後まで大切に可愛がっていれば、それは良い飼い主なんだから。それで色々勉強して、犬って動物を理解して、次は保護犬をって言ってもらえるのなら尚嬉しい。

保護活動をしている人って、やっぱり同じ人種で固まっちゃうから、彼らだけの常識の世界に埋没しがちになっちゃうのですよね。気をつけていないと、世間からどんどん乖離していっちゃう。でも、もらいに来てくれる人は、じつはその業界の人じゃないから、そういう人にもわかりやすく説明する努力をしないとね。

とかねがね管理人は思っているので、ついついこういうことを書いて波風立てたくなるんだ(爆)。

★★t-inuinuさま江★★
はじめまして、コメントありがとうございましたm(_ _)m

3頭の群で外生活なら、犬たちにとってはパラダイスでしょう? 群れ動物の犬にとっては孤独っていうやつが最大の罰だから、そうならないように工夫をすれば、屋根がついてか否かは、あまり(犬にとっては)関係ないって思うのですよね、管理人は。

何より、飼い主が常に犬たちのことを気にかけているのなら、それだけでじゅうぶんだと管理人は思います。じっさい、室内では飼ってるけど、ケージに入れっぱなしで気が向いたときだけ相手するみたいな飼い方してる人って山ほどいるしね。わたしが犬だったら、t-inuinuさんちの外飼いのほうがずっと良いもん。

まっ、難しい議論をあれこれしたがるのはしょせん人間なのですよ。実際のところ犬はさ、美味しいものを食べられて、安心できる寝床があって、飼い主に可愛がってもらえれば幸せなんだもの。そうやって幸せに生きていける犬が増えることがレスキューの本来の目的だったはずなんだが……

やっぱり、人間という動物がこの世で一番やっかいだ(-。-) ぼそっ

初めて記事を拝見し、とても共感したのでコメントさせていただきます。

今現在、防犯の意味を兼ねて犬を飼おうと、家族内で計画しています。
ペットショップで飼うことになんとなく抵抗があったので、里親を探している犬を貰いたいと思い、ネットで探しているうちに、この記事にいきつきました。
上で申しましたように、番犬の役割を与えるため、屋外飼育をする前提で探していたところ、屋外に向いていそうな柴犬や、日本系の雑種を見つけた!と思っても、どのサイトも屋内飼育のみ、という条件つきで…
なかなか希望の条件にいきつけないんです。

私は、夜間や荒天の日には、屋内に設置したゲージの中に入れ、普段は庭で話す、もしくは長いリードで繋いでおく、という考えなのですが、それでも屋外飼育は厳禁という愛護団体の考えには疑問を抱きました。
なかには、番犬としての飼育を禁止する、というようなところもあり…
防犯目的で犬を飼うことが悪いことであるとは限らないと思うんですけどねぇ。
番犬は愛情をそそがれない、というわけでもないですし…

やはり、屋外飼育禁止、という条件は、私のような目的で犬を飼いたいと思っている人間には、非常に高いハードルです。
犬種や性格を考えたうえで、もっと屋外飼育に対して柔軟な対応ができる保護団体が増えていけばいいと思います。
その方が、引き取られていく犬の数は確実に増えるはずですよね。

数年前の記事に対して、長々と失礼しました。
ただ、屋外飼育禁止の考えに憤っていたところに、私と似た考えを堂々と掲げている記事を発見し、つい嬉しくなってコメント致しました。
少しすっきりしました、ありがとうございます。
母の知り合いの獣医などからも情報を集めて、なんとか里子として迎えられる子が見つかるように頑張ります。

横レスですが、マリネさん
石垣島では、外飼いでも大事にしてくださる方には譲渡しております。
番犬もちゃんとできる性格の良い子が多いです。
空輸します。
一度上記ブログへコメントでもいただければ、うれしいです。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。