スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 第1446回「飼っているペットに一言伝えられるならなんて言う?」

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の加瀬です(^v^)/今日のテーマは「飼っているペットに一言伝えられるならなんて言う?」です。過去にトラックバックに書いた事があるのですが、加瀬はネコを飼っています!3匹いるのですが、みんなとてもかわいくてかわいくて仕方ないです><その中でも、末っ子のネコがやんちゃで甘えん坊で、手がかかるのですが、癒しの存在として崇められています(私にw)。そんなかわいい3匹...
トラックバックテーマ 第1446回「飼っているペットに一言伝えられるならなんて言う?」


姫が川に飛び込んだ(-_-)

夕方、近所の公園を歩きまわっていたときのことである。

いつもと違って、散歩の犬が多い時間帯だったので危険は重々承知していたが、ポセの犬慣れトレーニングのためには、逃げてばかりじゃダメだしね。一応注意はしていたのだが、ポセがウンPをして、それを拾おうとしていたときにたまたまポメが通りかかり、興奮して踊りまくるポセに刺激されて激しく歌い踊った姫さんが、そのまま川にポチャンと落ちた(-_-)

日が暮れたとはいえ湿気が多くて不快なほど暑かったし、姫は怪我もなく、大慌てで川から自力で上がってきたからべつに良いんだけど。

ええ、相手の飼い主さんに大笑いされたぐらい、べつに管理人的にはかまわないの。その後ドブ臭い姫を風呂場に連れて行って、シャンプーしなきゃならなかったのも、まあ想定範囲内。

ただ、今回つくづく思ったのだよね。姫ってやっぱりやることが派手。拾い食い、盗み食い、吠え声がうるさいなんてぇのは世間一般で言う問題犬の定義であって、姫はもちろんそれにぴったり当てはまる、どう考えても手のかかる犬なんだが、それだけじゃない主役を張る華やかさが姫にはある。

飼い主の意図をまったく無視して、うちのコが勝手に行水したって事件はこれまでも確かにあった。まだパピーだった頃DJが鯉を捕ろうとして公園の池に飛び込んだこともあるし、数年前にはポセが田んぼに落ちたなんて事件(この話)もあったんだが、今回、姫がひらりと川に落ちていった姿は実に華麗ですばらしかった。動画とれなかったのがつくづく残念(-_-)

20120507 006a

ったくこの忙しいの仕事増やして( ̄‥ ̄)=3 フン と飼い主に思わせるようなことを次から次へとやらかすが、でもしょうがね~な、姫だし……と結局は笑い話になるあたりが、姫の凄さなんだと管理人は思う。

まっ、見方を変えれば、飼い主が巧く飼いならされてるってことなんだろうが(-。-) ぼそっ

歳をとって、姫もやっぱり格段に大人しくなった。1日のほとんどを寝て過ごしているせいで、飼い主が頭を抱えるような大騒ぎを起こすこともめったになくなった。そのことが、飼い主的には寂しいのだ。だから、いきなり川に飛び込むなんて騒ぎを起こすと、何しやがると憤る前に、何だかちょっと嬉しくなる。

残りの犬生、好きなように生きなさい。派手に暴れて、どんどんネタを作んなさい。姫に一言伝えられるなら、たぶん管理人はそう言いたい。

今日は華麗なジャンプ+大嫌いなシャンプーのダブルパンチですっかり疲れてしまったのだろう。姫は高いびきで眠っている。生乾きの身体で管理人の布団が濡れないよう、わざわざ防水シートやバスタオルをベッドの上に敷き詰めてやったにもかかわらず、ご丁寧にそれを全部避けて、わざわざ管理人の寝具の上で(-_-)

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

『クライマーズ・ハイ』



●あらすじ●
1985年、群馬県の山中に日航機が墜落した。地元新聞の記者である悠木は、この事故の全権デスクに任命され、そのために同僚の安西との約束が果たせなかった。単身山に向かったはずの安西が、市内で倒れて病院に収容され、未曾有の大事故を報道する悠木は、上司や同僚との軋轢、他社との特ダネ合戦のかたわら、安西の行動を明らかにしようとする。

○感想○
確かにpage turnerなんだが、不思議な本だ。決して冒険小説ではないし、殺人事件が起こるわけでもない。安西の謎の行動というミステリ部分はあるにせよ、舞台はほとんど新聞社の記者室だし、これといったアクションはないのに、でも一度読み出したら止まらない。ドキュメンタリーを見ているような妙な気分になってくる。実際に著者がその現場を体験したというリアリズムのなせる技か? 不思議な本だが、とにかく目茶苦茶面白かった。最初は一気に読んでしまったが、あとになって、もう一度じっくり読み返してみたら、また新たな発見がありそうな、そんな1冊。

文字通り寝食忘れて読んでしまったので、とうぜん★5つ。
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

情報過多の時代

オウムの高橋なんちゃら逮捕のニュースを見ながら、

「身分証明書を持ってなかったからってアタシらマンガ喫茶に入れてもらえなかったのに、指名手配犯はフツーに入れるって、どーいうこと?」

と憤っている妹の横で、

「一生懸命毎日せっせと働いているアタシがこんな貧乏なのに、指名手配犯がフツーに何百万円も持ってるって、どーいうこと?」

と憤ってる管理人です、こんばんはm(_ _)m

今日はたまたま1日家にいたんで、ふだんは見ないワイドショーの類も結構見てしまったのだが、報道の名の下に流されてる情報ってやつは、そのほとんどがどーでもいいプチエピソードだなとつくづく思った。持ってたバッグの色とかさ。別に知ってて何になる?

でも世間の人は知りたがる。今後72時間くらいは、他に大きなニュースがなければ、とにかく高橋なにがしのことをなんでも良いから全部知りたい。そういう日本全国にいる視聴者の皆様のニーズを満たすために、日本中のマスコミがかけずり回り、どーでもいい情報を垂れ流す。

今日の騒ぎを見てて、最近読んで妙に面白かった本を思いだした。

   

劇場型犯罪とやらで、捜査担当の刑事自らがニュース番組に出て犯人に呼びかける。これは犯人を誘きだすための罠なんだが、最初は好意的だった世論が、やがてテレビ局の視聴率争いの戦略に乗せられてどんどん変わっていく。主人公の人生を変えてしまった過去の事件や目茶苦茶嫌なオヤジ役のキャリア組幹部警察官や、テレビ関係者の思惑や、色んなものが入り乱れて事件は思わぬ展開を見せていく。

これは単なるフィクションなんだが、とにかく情報過多の時代で、情報を持ってることに安心した連中が、どいつもこいつも国民総評論家になってる時代だから、こういうこともありえるなと思える内容で、かなり面白い本だった。

管理人は高橋なにがしがどんな人間かはわからない。会ったこともないんだから、わかるわけないじゃん? コイツがやったことは悪いことだし、ちゃんと罰を受けるべきだし、逃げるために使った大金があるなら、困ってる被害者のために使ったら? とは思うがね。でもこれは単に管理人が個人的に抱いている感想。

マスコミから垂れ流されるどーでもいい情報をもとに、勝手な感想を抱くのは個人の自由だが、わかったような顔して偉そうに語る素人評論家が幅をきかせる時代はウザイ。っていうか、実際、本人は全てを知ってる気になってるんだろうけどね。ただ、なにがしかの情報をもとにして自分がえた結論は、自分の経験や知識をもとにした判断、つまりは単なる感想でしかないのだよ。たとえば周囲に外飼いで犬を可愛がって飼っている人が1人もいないと、外飼いイコールひどい飼い主と思いこむ……みたいな話。

情報過多の時代だから、人は全てわかったような気になる。でもその情報じたい、常に流す方の意図を含んでいることを忘れると怪我をする。ましてや現代の情報は、会ったこともない見ず知らずの他人の単なるつぶやきや口コミだったりするわけで、嘘じゃないって保証なんかどこにもないわけじゃん? にもかかわらず、それを真に受けて真実とは違う世論という名のもう1つの事実が勝手に形成されていく世の中は、ちょっと怖いなと管理人は思ふ(-。-) ぼそっ

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : 飼い主の日常生活
ジャンル : ペット

第1441回「間食する?しない?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の木村です!
今日のテーマは「間食する?しない?」です。

間食、それは日々の誘惑…

職業にもよると思いますが、特にデスクワークの方は
日々間食の誘惑と戦っている方も多いのでは

私の場合は前まで一日一袋はボリボリとスナック菓子を平らげていました
スナック菓子は一度あけてしまうと最後まで食べきっちゃう派なのです

でもそんなこ...
第1441回「間食する?しない?」


近ごろ犬どもは1日3食食べている。

夕飯の一部を事前にとっておいて、夕方、おやつ代わりに与えるのだ。ふつうの健全な犬飼い家庭では、おそらく朝食が7時頃夕飯は5時とか6時に与えるのだろうが、何せ飼い主が朝起きない超夜型一家なので、我が家の場合は朝飯がもともとほとんど昼近く、夕飯は夜9時過ぎがザラなので、5時くらいにおやつのドライフードを喰らうだけでどうやら腹持ちが違うらしい。

20120413 008a

正直1日3食は飼い主としては面倒くさいが、うちのコたちも老犬だからね。小分けにやったほうが胃腸の負担が少なくて良いと獣医さんからも勧められた。それに2食だと夕飯の頃には空腹マックスの状態なので、ご飯が嬉しくて興奮吠えが激しくなる。3食にしたら、夕飯の前の大騒ぎはずいぶん緩和されたのだよね。

夕方おやつをもらったあとは、また満足して寝てくれるので、いまの我が家にはこれが一番かなと何となく思っている。

そろそろ2食にしても良いはずなんだが、キトンズはあいかわらず3食生活。最初は3時間おきだったから、給餌回数が減るごとに奴らの成長を思って感慨も一塩。


そして元気な成獣時代をしばらく過ごしたあと、四つ脚たちは老いるとまた、段々給餌回数が増えていくのだよね。2回が3回になり、24才のチビ姐さんにいたっては、ほぼ3時間おきに起きてくるたびに何か召し上がる。

「人間は最後、また赤ん坊に戻る」と老人介護経験者の友人が言っていたが、四つ脚も同じ。老猫老犬になると、子猫子犬の時代に戻る。

20120101 011

ただ子犬子猫は誰もが無条件に可愛いと思うだろうが、老犬老猫のどうしようもない可愛さはさ、そこまで一緒に過ごしてきた年数がないと、たぶん一般ピープルにはわからない……よね、たぶん(-。-) ぼそっ

そこんとこの超ディープな楽しみ方を知らない輩が多いから、センターにあんなに大量の老犬老猫が収容されているのだろうな、と管理人はそういうコを見かけるたびにとても気分が暗くなる(-_-)

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

スカルプケア

もう何が何だかわからなくなって、グチョグチョに揉めてた仕事がようやく片づいた。ので、そろそろいつでも里親募集中に載せる奴らの募集記事を作らねば(-。-) ぼそっ

妹は一向にやる気がないらしく、単に写真と動画を撮ってはお姉さまに送りつけてくるだけなので、やっぱり管理人がやると思われてる……わけね。ただ、ここには奴の知らない落とし穴がある。なぜなら、キトンズにもらい手がつかなくて家で飼うことになったとしても、管理人は一向にかまわないと思っているからだ。なぜなら、我が家の飼い主担当は犬は管理人で猫は妹。なのでたとえ猫の扶養家族が増えたとしても、管理人の懐は一切痛まない。

DSC_0770a.jpg

いまはまだ「保護」ステータスなので、管理人から餌と医療費の補助が出ているが、うちのコになったとたんに補助は打ち切り。まっ、奴のことだから里親募集中だと言い張って一生トリオの飼育費をお姉さまからむしり取る魂胆なのだろうが、そうは問屋が卸さない( ̄‥ ̄)=3 フン

というわけで、管理人的にはあまり切迫感はないんだが、でもせっかく元気にすくすく育ってるし、無事1回目のワクチンも終えて、気になっていた白血病と猫エイズの検査結果もちゃんと陰性だったことだし、やっぱりちゃんと募集はしようかな……と。何せ目が開いた瞬間から人に育てられたコたちなので、とにかく人なつっこさは花丸だし、元気で可愛い盛りだからさ。もらってくださるという人がいるなら、やっぱりどこか良いお家にもらってもらったほうが良いと思うしね。

だって、また散歩の途中で箱入り見つけちまうって危険が常にあるわけだし(-_-)

ちなみに、発見当初は恐怖の地球外生命体だった小姫ですら、こ~んなに可愛くなったのだ。

DSC_0745a.jpg

どーだ、参ったか、オイε-( ̄ヘ ̄)

顔の横に申し訳程度に生えていた小さな耳が、いつの間にか頭上に移動して大きくなるから子猫は不思議。コイツはどう考えても残るな……と半分以上諦めていたのだが、いまは十分すぎるくらいラブリーな子猫ちゃん♪

ちなみに小姫は性格も良いのだよね。とっても甘えん坊で、とにかく人間が大好き。給餌とプレイタイムになってケージから出すと、男の子たちはまっ先にどんぶり飯に直行するのだが、小姫はまず人の膝の上に乗ってくる。3度の飯より人が好きなまさにペット向きの性格だ。

いまは遊びたい盛りなんで、もちろん猫部屋を駆けまわって遊んでいるが、ちょっと遊んで疲れると、またすぐ人のお膝によじ登ってくる。我が家では歴代色んな猫を飼っているが、人なつっこさという点では小姫はダントツ。ホント、コイツ可愛いよ。最初が訳わからないエイリアンだっただけに、こうして可愛くなってくれると育ての親として感慨も一塩。

ただ、1つだけ問題はあるのだ。エイリアン時代から人を山に見立てたロッククライミングをせっせとやらせていたせいで、もうすぐ体重1kgにならんんとしているのに、未だ小姫は暇さえあればせっせと管理人によじ登ってくる。そして頂上まで到達すると、お気に入りの遊びに興じるのだ。


脳天にほどよい刺激が心地よい。薄毛に悩むお父さんにお薦めの世界初のスカルプケア猫……ってキャッチフレーズ、いつでも里親募集中で目を引くだろうか?(-。-) ぼそっ

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

『模倣犯』

 

●あらすじ●
公園のゴミ箱から女性の右腕が発見される。自身も犯罪被害者である第一発見者の少年や、孫娘を攫われた老人、さらには事件を追うレポーターが比類なき連続殺人事件の真相に迫る。

○感想○
宮部みゆきは嫌いだ……とずっと思っていたのだよね。なぜなら、前に読んだ本(タイトルすら覚えてない)が全然面白くなかったから。ゆえに読まず嫌いできてしまったのだが、古本屋でこの本が超安価で出ているのを見つけて、ついつい買ったらハマッタ(-_-) 話題作だし、読んでみようという気はあったが、なにせ、文庫本でも5冊。今回手に入れた単行本にいたっては六法全書かよっ!といいたくなるほどの分厚い本が2冊だもの。万が一、読み続けられなくて放りだしたら目も当てられない。でも100円なら、重しにするだけでもいいかな……と。

何がどう面白いのかと問われると、非常に難しいのだが、プロットの面白さ、読み出すと止まらなくなるスピード感、悪者と良いもんがはっきり分かれている安心感……かな。1部中だるみする部分はあるんだが、でも全体を通しては間違いなく究極のpage-turner。

この本は面白いっす。間違いなく★5つ。
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

萌ぇ~

いつの間にやら、また犬猫屋敷にペットが増えた。

20120607 010

20120607 011

20120607 013

萌ぇ~♪


実は脱毛ダンちゃんの

20120607 004

大量の抜け毛で作った、ダン毛アート★

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

『サクリファイス』


●あらすじ●
勝つための非常な分業。それが自転車ロードレースの〈エース〉と〈アシスト〉の関係だ。そのレース中に起こった悲劇。それは、単なる事故なのか、それとも?

○感想○
自転車レースにとくに興味はないんだが、この本を読んだら、俄然興味が湧いてきた。ツール・ド・フランスとか、まあ見たことはあるんだけど、なんか意味がわからないっつぅか、なんでときどき先頭が入れ替わるのかとか、ずっと団子で走ってるのに、あるところにくると、後ろの方にいた人が、いきなり飛びだしてきたりとか、なんでかなって思っていたんだが、この本を読むと自然にルールが判ってくる。自転車ロードレースという競技の過酷さや非常さも。

何がどういいのか、説明するのは難しいが、淡々と読みすすめてしまえるのに、読後感が妙に爽やかという不思議な本。というわけで、個人的には好きだったので★4つ。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

半落ち


●あらすじ●
アルツハイマーの妻を殺し自首してきた現職警察官。取調室で明かされる動機も経過も明瞭だが、なぜか自首するまでの2日間の行動だけは口をつぐんで語ろうとしない。完全に“落ち”ないのはなぜなのか? 担当刑事が探り出した2日間の真相とは?

○感想○
だいぶん前にたいそう話題になっていたので、期待して読んだからか、ちょっとばかし期待外れ。確かに最後に明かされる真相は感動的ではあるんだが、ぐっと胸に迫る……とまでいかなかったのは、なんでだろう? あと10年経って読んだら、もっと感動するかもね。

期待がさほど大きくなければ、小説としては面白かったのでとりあえず無難に★3つ。
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

『血塗られた神話』




●あらすじ●
街金融の野田秋人の周囲で次々と人が死んでいく。連続猟奇殺人の目的はなんなのか? 犯人を捜し回る野田の前に意外な真実が……。

○感想○
なんでこの本を読もうと思ったのか、よく覚えてないんだが、結果的には好きじゃなかった。ちなみにストーリーはそこそこ面白い。プロットもよく練られていると思うし。出張のときに東京大阪間の新幹線で読むには最適かなという感じ。個人的に、主人公がどうも好きになれないのが原因かも。中途半端なのだよね。極悪な街金ではなく、タフガイでもなく、だから何だか気持ちが悪い。

街金ものって嫌いなのかも。なので残念ながら★1つ。
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

脱毛カレンダー

春は換毛期なのだが、毛が抜け替わる時期にも個体差がある。

我が家の場合はまず衣替えするのがお姫さま。桜が散るあたりのタイミングで毎年早々夏物になる。

20120507 004a

ちょっとでも暖かくなるとさっさと自前の冬物を脱ぎ捨てる潔さには毎年脱帽するのだが、むろんこの時期はまだ朝夕冷えるので、結局寒くなって犬服を着る羽目になる(-_-)

姫さんの換毛期が一段落するとGW前後からダンケがせっせと冬毛を脱ぎ出す。コイツの抜け毛量は半端じゃない。毎日、チワワほぼ3頭分の抜け毛を排出するせいで掃除機をかけてもかけても部屋には常時ふわ毛が飛んでいる。

完全に冬毛を脱ぎ終わると、体型が変わるほど毛が抜けるのだ。

20120525 005a

歴代のうちのコのなかでもダンケの抜け毛量は飛び抜けて多い。週に2日、燃えるゴミを出すたびに、巨大な袋半分くらいを埋めつくすダンケの抜け毛を見てため息が出るのだ。

奴らが毎日排出する巨大なウンPと同様に、この資源を再利用する手段を生みだしたらノーベル賞ものの大発明だ。

そして梅雨の時期に入ってから、ようやくポセも脱ぎ始める。

正直、ポセの換毛期は忘れた頃にやってくる。なぜ今更? と言いたくなるような時期にボソボソ抜け毛を落として歩きまわるのだ。たぶんあの性格だから、なかなか冬物を脱ぎ捨てる決心がつかないのだろう。

20120420 005a

ポセがすっかり夏物になるころには、世間はとっくに真夏である。

こうして、換毛期が微妙に違うトリオがいるせいで我が家は春秋で各4ヶ月ずつ、年の2/3は犬の抜け毛に悩まされることになる。まっ、もう慣れちゃったけどさ(-。-) ぼそっ

全身毛に包まれた四つ脚と一緒に暮らすということは、抜け毛と共存するということである。



毎日大運動会のこいつらは、真冬でも短パンな元気な小学生

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

『死神の精度』



●あらすじ●
正体は死神な千葉さんが出会った6人に関する短編集。趣味はミュージックでお気に入りの場所は街のCDショップ。そこに行くとたいていは同僚に会ったりする。みんな苗字が市町村名。会話はどこかピントがずれてて……。そんな奇妙な死神のお話。

○感想○
人に死をもたらす死神を「仕事」ととらえる発想がすごいな……と。伊坂 幸太郎ワールドというのは、時として飛びすぎててついていけないことも多いんだが、この本は面白い。淡々と死をとらえる姿勢に、かえって考えさせられるのがミソ。そして短編でありながら、最後におおっ、そうきたか?!というオチが待ってるのが乙ですな。

伊坂 幸太郎を読み始めるきっかけになった本なので、文句なく★5つ。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

私たちは見てるから

例の8週齢規制に絡んで、ようやく法案が提出されるらしい(この話)。

さて、どういう結論が出るだろうね? いまや子どもがいる世帯よりペット飼い世帯の方が多いこの国だ。大勢の飼い主はちゃんと成り行きを見てるから。

金バッチつけてふんぞり返ってるそこのあなた。ろくすっぽ議論もせずにスルーしたら、そういうところも全部、私たちは見てるから。

選挙前に大慌てで好感度上げるような企画立てても無駄でっせ。今回、目の前のせこい利益に目を奪われずに、ちゃんと将来のことを考えた建設的な方向性を示せるかを、私たちはちゃんと見てるから。

8syu_b_main_M3.jpg

今回、運悪くホンマもんの子猫を育ててみてつくづく思ったのだ。

現在業界が「努力目標」にしている生後45日で店頭販売はやっぱり無謀。



キトンズ、生後40日

もともと母さんはいないキトンズだが、この頃まだ奴らはミルクを飲んでいた。でも45日で店に並べようとしたら、30日足らずで無理やり離乳させなければならない。こんなチビ助たちを箱詰めにして、見知らぬ世界に送り出す。競りにかけられた子猫や子犬は、ガラスケースに隔離されて見せ物になるわけだ。

本来ならば、まだきょうだいと組んずほぐれつして遊んでいる月齢なのに。

そうやって売られた子猫子犬に問題が出ても管理人は驚かない。精神的なストレスも大きいだろう。こんな小さなうちに大きな恐怖を味わうのだ。無理やり離乳させられたら胃腸の状態が慢性的に悪くなっても当たり前。コストをかけずに売ろうとするから、親から引き継いだ免疫が切れても売る前にワクチン注射はしていないから、ちょっとしたことで感染症にも罹りやすい。

それでもこんな無謀なことが当たり前に行われている理由は、偏に一部の業者の利益をほんのちょっと増やすためだけ。小さければ小さいほど良いと思いこんでいる一部の自称ワンコちゃん、ニャンコちゃん好きの希望を満たすためだけだ。

だから、歪みは正さねばならない。


二足歩行動物でも同じだが、子がつく生き物は、みんな遊びながら色々なことを経験し、学習していっちょ前の大人になっていく。その機会を奪われた個体には将来歪みが出るのだよ。子どもには親を必要とするある一定の期間があって、放っておいてもそのうち子どもは親から離れていく。その自然な時期まで四つ脚たちを親と一緒に過ごさせることを法律で義務づけることは、正しい決断だと管理人は思う。

犬猫を売ること自体が罪だとは管理人は思わない。でも、自然に近い状態で心身共に健康な子犬子猫を作って売って欲しいのね。そのことを、法律で定めなければできない輩が多いのなら、法律という形にしてちゃんと守らせて欲しいのだ。

自称ワンコちゃんニャンコちゃん大好きぃ~♪って輩はこの国には多い。そういう人は、里親募集に出ている犬猫を見て「かわいそ~」ってほざくのだ。んでもって、ペットショップでガラスケースに入った子猫子犬を目にすると、なぜか「かわいいぃ~」と身悶える。

逆だろ、それ(-。-) ぼそっ

飼い主に捨てられたこと自体は、もしかしたらちょっと不幸かもしれないが、里親募集に出ているコたちは宝くじに当たるよりレアなチャンスをものにした、超ラッキーな連中だ。ほとんど場合、預かりボラの家庭やシェルターでお腹一杯食べさせてもらえて、おまけに生涯保証までついている。だから全然かわいそうではないのだよ。

かわいそうなのは、悪徳ペットショップで売られているコたちのほうだ。まだ親兄弟と一緒にいるべき月齢なのに、ひとりぼっちでポツンとガラスケースに入ってる姿はかわいそうで見ていられない。

昔、そういうことを言ったら、なんで?ってふしぎな顔で見られたけどね( ̄‥ ̄)=3 フン

せっかくペット大国を自認するなら、正しいペット大国であって欲しいと管理人は思う。そのために必要な法律がちゃんと整備されるかどうか、私たちはそれを目を皿のようにして見てるから。

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。