スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな芸

病気のクロちゃんに食べさせようと、こんなもの↓を買ってみた。


ええ、だって色んな味の詰め合わせだし、送料無料もお得感あるし。やっぱり病気のコには、美味しい物、たっぷり食べさせたいじゃない? ゆえに貧乏系飼い主の管理人は、清水の舞台から飛び降りて腰を打つ覚悟でこれを購入したのである。

問題は、色んな味を試してみたのはクロ以外の奴だったということだ( ̄‥ ̄)=3 フン

20110424 007
ごっつぁんでした

帰宅してすぐ、嫌な予感がしたのは、ドアを開けたとたんに部屋が生臭かったせいだ(-_-)

いや、正確に言うと生臭いというより思いきり猫缶臭かった。いつものように2頭の犬が入り口までお迎えに出てきたが、その背後に広がる信じられない光景に、管理人はその場で卒倒しそうになった。

20110531 004
部屋中に飛び散る缶の残骸と

20110531 003
犬ベッドにこびりついた猫缶の中身

クロのために買った猫缶だが、台所の猫飯置き場に置いておくと、ジィジバァバが無駄にパカパカ開けるので、高級猫缶はすべて犬部屋にしまいこんであるのである。アルミパッケージやレトルト包装のものは、姫が盗み食いをするのが目に見えているので、ぜったいに届かない棚の上のほうに置いてある。

だが、缶詰類はこれまで、さすがの姫も歯が立たなかった。

何度か下に落としてはみたものの、けっきょくどうすることもできずに床に転がっているのがこれまでのパターンだったからだ。ゆえに管理人は思いっきり油断した。棚の中段に敷いた汚れ防止のタオルを引っぱると簡単に落ちてくる場所に、この猫缶の群を置いていたのである。

だって、たかが犬畜生がプルトップの缶のふた、開けられると思う?

20110307 010
姫を甘く見たら、怪我をするわよぉ~

そう、うちの姫ちゃんはスクリュートップのおやつ入れを簡単に開ける女なのだ。そして今回、奴はついにプルトップの缶詰めを開けるという新たな芸を習得した(。_ _)

ちなみにまだ買ったばかりで数缶しか開けていなかったので、ふた開けの練習材料には事欠かなかったもようだ。今回、犠牲になった缶詰めは大小合わせて7缶。そのうち、5缶のふたは、きれいに開けられていた。

凄いじゃない、姫ちゃん! 缶詰めを開けられる天才犬ってことでテレビに出たら、白いギターもらえるかもよ!

……などと喜んでいる場合じゃない(-。-) ぼそっ

缶詰めまで楽々開けるようになったら、今後、姫がますます自炊に精を出すのは目に見えている。これまでは、ドライフードの袋を引きずり降ろして、白飯だけの食餌に甘んじていただけだが、これからは、好きなおかずも一緒に食べられるということなのだから……

100歩譲って、高級缶詰めを根こそぎ喰い尽くされたことはまあ大目に見るとして、ものには限度というものがある。いくら美味しかったとはいえ、1キロ近くの猫飯を一気に食べたらとうぜん……嗚呼、今後数日間、下痢が続くのは必須(ため息)。夜中に「お腹痛いのぉ~!!!」で何度も起こされるのはもう確実(。_ _)

味見するのはけっこうだが、全部平らげることはなかんべ?

20110125 018
だって一口食べたら、
止まらなくなっちゃったんだもの!

数時間後には、確実に下痢騒動で叩き起こされることを覚悟して、早いところ寝ることにしますかね(ため息)。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

手作り食

人間用の料理には、当たり前のようにインスタントのほんだしなんかを利用するのに、猫のためにわざわざ鰹節から出汁をとってる管理人です、こんばんはm(_ _)m

生まれたときから貧乏人のコで、缶詰め1缶独り占めできるってだけでどんなに苦しくともガツガツ喰ってたカイとちがって、お猫さまはふだんから贅沢な生活をしているので、食べたくないっていうクロさんに何か食べさせるのはかなり大変だ。高級缶詰めでも、気が向かなければ見向きもしない。最近は、プリンもさすがに飽きてきたみたいで、百発百中とはいかなくなったので、今週は、ついに禁断のハーゲンダッツバニラに手を出してしまった。

戦友が万病に効く(?)と力説していたハーゲンダッツバニラは、ちなみに猫にも効果があった。こりゃ、管理人、自説を証明するために、猫用グリニーズを購入すべきかも(笑)

口の中にも何かできてるみたいだし、消化器系もやられていて、おそらく食べると痛んだよね(T_T)

だからムース系のつるっと咬まずに飲み込めるものが、いまのクロさんには一番なのだと思う。

という前提のもとに今週はじめからは、一部手作り食もスタートである。手作り食と言っても、フードプロセッサーで刺身を粉砕するだけなんだが(^_^;)

妹には気持ち悪いと非常に評判が悪かったが、鶏レバーをムース状にした物はかなりクロさんにウケたので、気をよくして今週は血なまぐさい系の食材を買い集めるのに忙しかった。

血なまぐさいといえば、血合い? 内臓系?

さっそく「血合い」をキーワードに楽天で検索してみたものの、「血合い部分はなし!」「血合い除去済み!」なんてものしか引っかかってこない。

ちがう……血合いが欲しいんじゃ、血合いが( ̄‥ ̄)=3 フン

近所に魚屋さんがあれば簡単に手に入るものなんだが、スーパー主体の家の近所では、血合いとか魚のアラとか、そういうのってなかなか手に入らないのだよね。ある意味、不便な時代である。

ようやく1軒、そういう変わり種も扱っているネット魚屋さんを見つけだし、注文した血なまぐさい素材がきょうようやく届くのだ。クロさん、気に入ってくれると良いけど……マグロの血合い。

ちなみに、送料をタダにするためにジィジにもお魚を買ってやった。じつに親孝行な娘じゃないかえ? クロの調子が悪くなって以来、ジィジの酒の肴が非常に豪華になっていることに本人もきっと気づいているはずだ。

ええ、だって刺身の盛り合わせ丸ごと全部はいくらなんでもクロちゃんだけじゃ食べきれないし(-。-) ぼそっ ゆえにクロ用に一部とった残りは、ジィジとバァバに払い下げになる。ふだんはめったに食べられない鯛の刺身なんかが登場するので、自分たちが猫のお残しを食べさせられているという点は都合良く忘れることにしたらしい。

クロは必ずしも出されたものをすべて喜んで食べるわけではないけれど、大枚を叩いて買ってきたものを、少なくとも家族の誰かが美味しいと言って喜んで食べてくれるのなら御の字である。ちなみにクロさんがじっさい口をつけてから、やっぱりいらない、とそっぽを向いた物は、そのままチビ姐さんの食卓にのぼる。んでもって、チビにも拒否された場合には、最後の砦で犬どもがそれを根こそぎ食べつくすので、我が家では喰える物を捨てるということはありえない。

じつにエコな一家じゃないか!?

クロの具合悪くなってから、早3週間。超豪華病猫食のお残しをせっせといただいているせいか、病院で犬たちの体重を計ってもらったら、せっかく先月1キロずつ減っていた体重がみごとにまた1キロずつ増えていた(。_ _)

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

貴女の犬を5分で天才犬にする方法

また従姉妹の一家が犬連れで遊びに来た。初心者マークで子犬を飼いはじめ、当初これでもかというほど犬に翻弄されていたあの一家である。

さすがに1歳を過ぎて、トイレの失敗はなくなったが、今度はすっかりギャン吠え犬になっていた(-_-)

ええ、ちなみに犬種はプードルね。プードルを吠え犬にしてる時点でまずいぞ、ということにできれば気づいていただきたいものである。ちなみにこの国にはたくさんいるが、ゴルやラブもほんらいは吠えない犬種のはずなのね。だから、こういう犬種で「吠え癖がついている」というのは、単純に飼い主が吠えさせているのだと思うべきなのだ。だって、本来吠えないようにブリードされてきた犬なんだから(-。-) ぼそっ

というマニアックなコメントは置いておいて、本日のレッスンは吠え続ける犬を黙らせる方法である。

っつうか、別に頼まれたわけじゃないんだが。ただ、家の玄関を入った直後からガンガン吠えまくっていたのだが、飼い主はそれを無視していたので、見るに見かねて管理人がまたお節介を焼いたって話なんだがね。

ちなみに、飼い主が吠えまくる犬を無視していた理由は、「犬が吠えたら無視しましょう」と躾本に書いてあるせいだ。

ん~、たしかにその部分だけ単体で見れば、正しいことをしているような気もするが、明らかに吠える状況に置いておいて、吠えても無視したところで、吠え声はよけい酷くなるだけなんだよね(ため息)。

チビ助が吠えまくっていた理由は、自分だけ玄関に繋がれていたせいだ。横にベッドも置いてある。おやつもおもちゃも支給済み。ゆえに犬は勝手に遊んでいるだろうと飼い主は思っていたらしいが、そうは問屋が卸さない。ちなみに飼い主がいる部屋のドアは開いていて、真っ正面に飼い主一家の姿が見える。んでもって、しばらく観察していると、犬は明らかに飼い主のほうに向かって吠えているのだ。ついでに言えば、飼い主はさらに、「○○ちゃん、吠えちゃダメぇ~」と犬が吠える毎に声をかけている。無視してねぇ~し(-。-) ぼそっ

そこで、車に乗せる用にソフトクレートを持ってきていたので、クレートに犬を入れて、飼い主の横に置いてみそと提案してみた。んでもって、吠えてないときだけ声をかける。吠えないことを誉めてやって、ついでに不定期にご褒美をやって、あとは声をかける時間を延ばしていけば良いだけだ。

予想どおり、それまでギャン吠えしまくりだった犬はその後1度も吠えなくなった。まさに5分で、吠えまくるバカ犬が、温和しい天才犬に変わったのである。

カリスマ訓練士かも、管理人(笑)。

種を明かせばすごく単純なことだと思うのだよね。正直、カリスマ訓練士じゃなくても誰にだってできることだ。要は犬のようすをよく観察すること。問題行動を直す秘訣はこれだけだと思うのだ。今回のチビ助はとにかく人にかまって欲しかった。ついでに言えば、室内フリーで飼われているため、リードで拘束されるということにも慣れていなかった。さらに、不愉快なことがあったら吠えて報せる習慣がついてしまっていたために、とにかくひたすら吠え続けたのだ。なぜなら、チビ助は他に自分の意志を伝える方法を知らないのだから。

ダイニングルームを勝手に歩きまわらせることはできないので、いつも移動に使っているクレートを利用したが、とりあえず飼い主のそばにいられて犬は満足だ。ついでに吠えていないときだけ声をかけるようにしたので、吠えるメリットは何もなくなる。やっても意味がないことは犬はやらない。ゆえに吠えさせたくなければ、吠える必要がない環境を作ってやれば良いのである。

バカ犬、問題犬と呼ばれて飼育放棄される犬はほんとうに多いが、問題行動を起こさないようちゃんと頭を使っている飼い主はどれだけいるのだろうと正直思う。人間が勝手に決めたルールをとにかく押しつけて、それに従わなければ問題犬のレッテルを貼られるのは、犬にしてみれば迷惑な話だ。たとえば純血種なら、家がその犬種の特徴にあった飼い方ができる環境なのかという検討から始まって、最大限、問題を起こさない環境をつくり、なおかつ色々工夫すれば「飼いきれないバカ犬だからもういらない」なんてケースは、もっと少なくできるんじゃないかなと管理人は思うのだ。

むろんより多くの人が巧く飼える、いわゆる「飼いやすい犬種」はたしかにいるが、でも最終的には飼い主のライフスタイルと環境に合った犬と一緒に暮らすのが、一番だと管理人は思うのだよね。

んでもって、なおかつ好ましくない行動が出てきたとき、きちんと犬を観察して、その行動をとる(犬側の)理由をちゃんと理解して、(犬が)それをしなくても良くなる状況を作ってやれば良いだけだ。

「貴女のバカ犬が5分で天才犬に生まれ変わる」究極のしつけ術とか、どんな犬でもとたんに良いコにするカリスマ訓練士とか、世の中には色々あるけどさ、じっさいは飼い主自身でできることばかりだと思うのだよね。むろん基礎知識は必要だけれども、お金を払って他人に考えてもらうより、自力であれこれ考えることじたい、犬を飼う楽しみだと思うのだ。唯一、プロに頼む理由は飼い主自身の問題行動を指摘してもらうという点だけだ。

いや、プロによる訓練を否定しているわけじゃない。じっさい、学ぶことは多いし、是非1度はプロにお願いしなさいと管理人も勧めるが、ただ素人でもうちの犬に関しては色々できることがあるよって話なんだがね。

犬のさまざまな行動を観察して、良くない点は直していって、色んなことを教えてって部分は、犬を飼うほんとうの醍醐味だと思うのだ。だが、その楽しみを知らない人、それを面倒だと思う人があまりに多い現状はやはり残念だとつくづく思う。だって、色々いじくり回せるから犬なのに。訓練して、工夫して、自分にとって最高の愛犬を育てあげる楽しみがなければ、最初から何のために犬を飼うんだろう?

犬を飼うのは面倒だ。時間もかかるし頭も使う。だが逆に言えば時間をかけず、頭も使わないで犬を飼っても、犬を飼うほんとうの楽しさは味わえないと管理人は思う。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

姫の誕生……だった(←また過去形かよ(-。-) ぼそっ)

5/18は、管理人が勝手に決めた姫の誕生日である。7年前に家に来た当時、推定5歳だったので、いちおう12歳の誕生日ってことにはなってるんだが……どうなんだろうねぇ、姫ちゃん、じっさいアンタいくつなの?

20110517 017
姫は永遠の18歳♪

まっ、良いけど(-。-) ぼそっ

んでもって、病猫看病に忙しい折とはいえ、やはりお誕生日パーティーは欠かせない。とはいえ、ダイエット中の身ではあるし、最近はクロさんのために購入した刺身類のお残しが日常的に食卓に上るので、ただでさえカロリーの高い生活だし……さてと……パーティーのメニューは何にするかね?

20110517 019
に決まってるじゃない!

そうだよねぇ~。やっぱり、肉は欠かせないよねぇ~。

というわけで、食べ応え重視で、ダイエットはこの際無視して、とびきりデカイ、七面鳥の手羽を進呈することにした。

20110520 005
きゃぁぁぁ~、肉よ、肉! 生肉よぉぉぉぉぉ~
(↑生肉を食べない主義から宗旨替えした模様)

20110520 007
ガッツリいくわよ、ガッツリ!

20110520 008
嗚呼、野生の呼び声!

20110520 009
姫、チョー満足♪

満足していただけて、なによりでございますm(_ _)m

昨年は、カイの重病騒動の陰にすっかり隠れてしまったが、じつは姫も死にかけて大手術をしたわけだし、今年はのっけから椎間板ヘルニア騒動で肝を冷やした。とはいえ、大騒ぎするわりには、あっさり復活してこうして推定12歳の誕生日を無事迎えられたことを何より嬉しく思う飼い主なのである。

四つ脚は、元気で長生きが何よりだよ……ほんと……

20110517 029
たとえ帰宅すると姫の自炊の跡が
はっきり部屋に残っていても(とほほほ……)

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プリンおばさん

「プリンおばさん」は管理人の新たなニックネームである。

ええ、プリン持ってクロさんのお見舞いに日参してるから。いまや、管理人が病室(妹の部屋)に入っていくと「あっ、プリンの人だ」とばかりにクロが嬉しそうに顔を上げて歓迎してくれるようになった。

この人気を保つために、きょうも会社帰りにデパ地下に寄った。むろん、目的はクロちゃん用のプリンを補充するためである。

ただ、モロゾフはあまりに高いのでね。きょうはちょっとグレードを下げて、高級スーパーのオリジナルプリンとやらをご購入。ついでに鮮魚コーナーにも立ち寄ってみたら、良さそうなアジの刺身が夕方特価で30%オフ……買わねば(-。-) ぼそっ

鯛の刺身もどうように30%オフになっていて、マグロも凄く良いのが出ていたので、あれもこれもと買いこみそうになったものの、刺身ばかりそんなにいっぺんに買いこんでも食べきれないなと断念した。

で、帰宅してキッチンに行くと、すでに(人間用の)夕飯の支度ができていたんだが……

20110517 030
夕飯のおかずは、目刺し2本(-_-)

っていうか、いまどき、夕飯のおかずが目刺しだけってどうなのよ? 残念にもほどがある( ̄‥ ̄)=3 フン

昭和の香りがプンプンする地味な夕飯をかっこみながら、腐らせるほど大量の刺身を買ってこなかったことを、つくづく後悔する管理人である。

だって、買おうと思ったんですもの! 鯛のお刺身(30%オフ)なら買える程度の財力はあるの! ただ食べきれなかったらもったいないからって我慢しただけのこと。夕飯が目刺しだけなら、そう言ってくれさえすれば……

危うく、クロのためにせっかく買ってきたアジの刺身を猫ばばしそうになったのだが、猫飯を猫ばばするんじゃ洒落にならない。

せめてもの救いは、豪華なデザートが冷蔵庫に入ってるってことだわね(-。-) ぼそっ

ええ、超豪華、モロゾフのプリン……











の、底に残ったカラメル(-_-)

クロちゃんは、カラメル部分は食べないから(-。-) ぼそっ

二足歩行は慎ましく、粗食に甘んじてその分で四つ脚に豪華絢爛な生活をさせる。これぞ犬猫飼いの鑑であると、プリンおばさんは思うのである。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

しょげているのだ

はっと気づけば1週間のご無沙汰でしたm(_ _)m

じつはまた病四つ脚騒ぎでね。1週間ほど前から、我が家の2番目の長老、クロさんの具合が非常に悪い。最初は腎臓かなと思ったのだが、数日前に、お腹に何とも不気味なしこりができているのを発見した。以前は気づかなかったので、ここにきて、いきなり成長したんだと思う。

チビ姐さんよりは2~3歳年下だが、すでに20歳を越えているという年齢もあるし、基本的に見知らぬ人や場所には多大なストレスを感じる典型的な猫なので、積極的な治療はせずに、美味しいものを食べさせて、あとは運を天に任せるという犬猫屋敷流の方針でいくことになると思う。

すっかり寝たきりになってしまっているが、今のところはまだご飯もちゃんと食べているし、排泄も問題ないので、あとはなるべく痛い思いをさせずに快適に過ごさせてやれればと思っている。

今回は猫さんなので、主たる介護担当者は妹で、管理人はあくまで補助役なのだが、半年空けずにまた重病患畜の看病は、やはり精神的にかなりキツイ。ゆえに、さすがに管理人もかなりしょげているのだが、しょげてるだけじゃ埒があかないので、またせっせと美味しいものを買い集める生活だ。

ちなみに、猫餌って高いのね(-_-) カイのためにさんざん高級犬缶を買い集めたときにも高いと思ったが、グルメな猫さんの餌は、犬飯の比じゃない。こんなちょびっとしか入ってないのに、管理人の弁当と同じ値段か!(←あいかわらず価格の基準は自分の弁当)と目を剥くような高価な猫缶を、それでもカートに入れてポチッとしてしまうあたり、ペット飼いはやはりそうとうイッチャッテル人種である。

先日も、お出かけついでにクロさんが好きそうな食材はないかとデパ地下に寄った。お昼を食べ損なっていたので、自分用の食い物も一緒に探していたのだが、デパ地下の弁当の平均価格は650円が当たり前(-_-) そんな高価な弁当を食べるのはあまりに贅沢過ぎるので、必死で500円以下の弁当を探してデパ地下中を歩きまわった。ようやく480円の弁当を発見し、それを自分用にゲットしたあと、モロゾフのプリンがふと目に入った。

モロゾフのプリン、ええ、それも大きなサイズは1個310円。

「4つ、ください」

もちろん、これはクロちゃん用だが……それが何か?

数日前の妹が買ってきた、スーパーの安い100円プリンは猫さまが見向きもしなかったので、母の日のプレゼントとしてバァバに払い下げになった。いま現在、屋敷の冷蔵庫には、大きな字で「クロちゃん用、喰うな!」と書かれたモロゾフのプリンがいくつも入っている。親より猫か!と二足歩行動物からはクレームが出ているが、二本脚だろうが四つ脚だろうが、大事にされるのは年齢順というのが犬猫屋敷のポリシーである。だいたい、カラメルが出てきた底の部分は食べさせてもらえるのだから、文句を言う筋合いはないと思うが?

平均年齢が異常に高い家ゆえに仕方がないことではあるが、病を抱える家族がいるのはやはり辛い。だが、少なくとも犬猫に関しては、最期まで責任を持って看取ってやれることを幸運だと思うべきなのだ。ゆえに、とにかく、とびきり美味しいものを食べて、あとはクロさんがあまり痛い想いをせずに済めばと願わずにはいられない。

20090106b


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

こどもの日……だった(←過去形)

ので、うちの王子さまのお部屋も、お節句仕様で飾ってみた。

20110424 005

20110424 014
本犬的には、どーだって良い
と思っているらしいが(-。-) ぼそっ

20110424 009
んなもんより、柏餅!

やっぱり我が家は、花より肉団子(-_-)

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

アンパンマンの国

ビンラディンが死んだと言って、タイムズスクエアで踊っているアメリカ人の姿を見て、なんかやっぱりため息が出た。まあね、たしかにビンラディンは悪者なんだろうけど、でも1人の人間を殺したところで何かがドラマチックに変わるってわけじゃない。報復合戦は、どうせもっと酷くなるだけだし、だいたい日本人的メンタリティーだと、たとえ酷いことをされたとしても、その相手を殺したぜ、ああ良かったとお祭り騒ぎをするのはちょっとね。なんかやっぱり、それはちょっといけなくない? ってそんな気はしてしまう。

Justice has been done.と言い切ったオバマさんの演説も、まあ国内向けなんだから仕方がないけど、第三者的視点で見るとどうしても、はぃ? って気はしてしまう。日本語の定訳は「正義がなされた」ってことらしいが、それはあくまでもアメリカを始めとする西欧社会の正義であって、イスラム諸国側から見ればけっきょくはこれも「報復」だよなって。

ここで正義と言い切るアメリカ側の上から目線が、なんかしゃくに障るのかなと思いつつ、身内に向かってブツブツ言っていたところ、友人1人が面白いことを教えてくれた。

「日本人の正義は、アンパンマンだから(-。-) ぼそっ」

子どものいない管理人は、アンパンマンが何たるか、今日までまったく知らなかった。いや、アンパンマンのキャラは知ってるよ。ただ、なんでアンパンの顔したヒーローがいるのか、その理由は知らなかったのだ。きょう初めて作者のインタビューを読んで、なぜ日本という国がこういう国なのかすごく良くわかった気がする。

アンパンマンの正義は、「困っている人を助けること。ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為」。それを日本人は正義だと考えている。まさにこれこそ、戦後60年以上日本が国際社会に対してやり続けてきたことなのだ。どこかで災害が起こればさっそく支援物資を送って助ける。遠いアフリカの国で飢饉だと聞けば、開発援助で金を送る。お腹が空いて困っている人を見ると、日本人は放っておくことができないのだ。なぜなら、困っている人を見捨てるのは、日本人の考える正義に反することだから。

もしかしたら、日本人は世界で一番おめでたい、単なるお人好しの集団なのかもしれない。人道支援大好きだし。国の戦略とか外交とか抜きにして、世界中のどの国に対しても助けてあげなきゃと思う辺り、たしかにお人好しだとつくづく思う。だがそのお陰で、日本は世界で一番敵が少ない国になった。どこかの国からも極端に嫌われることもなく、まあその代わり、どこかの国に極端に好かれているということもあまりないが、少なくとも、半世紀以上も戦争に巻き込まれることもなく、平和で自由な暮らしを謳歌することができた。

今回の震災で、さっそく世界各国から支援の手が差し伸べられたが、その数の多さに驚いたのは管理人だけではないはずだ。もうさ、ビックリするような国から義援金が届いているのだよ。内戦状態の国、飢餓が酷い地域。もちろん金額は少ないが、でもそれだけあったら、お宅の国ではずいぶんたくさんの人の命救えるでしょう? ありがたいけどお気持ちだけでってご辞退したくなっちゃうような、そんな国からも義援金が送られてきている。レスキュー隊や医療チームやそういう人的な救援活動も半端じゃなかった。そのすべてが、これまでの人道支援のお返しだと思えば、世界一お人好しだったこの国のあり方も、決して間違いではなかったということだ。

国内に目を向けても、やっぱりアンパンマンの正義は生きている。被災地の人が気の毒だからと日本中から物資が届いた。テレビのインタビューで、誰かが「1日おにぎり2個しか食べられない」とぼやけば、さっそく日本中から米が届く。被災地の、困ってる人の姿を見るとアンパンマンな日本人は、もう放っておくことができないのだ。こんな不況の国なのだから、被災地じゃなくとも生活に困窮している人はたくさんいる。にもかかわらず、相当額の義援金がちゃんと集まる国なのだ。だって、困っている人がいるんだから、ちょっとぐらい無理したって、ほんの少し我慢すれば何かできるのなら、やっぱり助けるのが当たり前じゃん?

一時は自粛だなんだと騒いでいたが、被災地から「自粛は止めて、経済活性化して、こちらにお金を回してください」ってメッセージが届けば、東北の物を買ってやらねば! 被災地周辺の名産品をお取り寄せしなければ! とたくさんの人が動きだす。被災地ではライフラインが止まっていると聞けば、あら大変、電気を分けてあげられるのならと大勢が一斉に節電し始める。GWになると東北に向かう道路はいつも通りの大渋滞。東北の観光地でインタビューに答えた家族は、「復興支援の役に立てればと思って、今年は東北旅行にしました!」と胸を張って答え、県外からのボランティアを受けいれている一部の被災地自治体では、ボランティア希望の人が大挙して押し寄せて、順番待ちの列ができる。

一般大衆の1人1人がアンパンマンで、困っている人をとにかく助けなきゃと自分なりに動きだす。そんなアンパンマンの国を世界は、凄い!と驚嘆の目で見つめている。その中にいる管理人も、やっぱり凄いなと思うのだ。世界基準で見ると、ちょっと変わった、何考えてるのかわからない不思議な人たちに見えるけれど、日本人なりの道徳観と正義に則ってこの国の人たちは行動する。

国民なんてバカだから、超優秀なわれわれが指導していかねばならないと信じこんできた一握りの「偉い人」の存在が、逆に今は邪魔だと思うほど日本人はアンパンマンな正義感に突き動かされて、意外なほどに正しい行動をとっている。「困っている人に救いの手を差し伸べる」という単純明快な正義感は万国共通、思想、信条にかかわらず、世界中のどこの国でも受けいれられる概念だから。ゆえに世界中が今回、日本に驚嘆したのだ。日本人という不思議な人々を見て、凄いと思わずつぶやいてしまった。

ところで、「ひもじい思いをしている人に、パンの一切れを差し出す行為」が正義だと考える国で、人間ではないにしろ、今まだ生存している生き物を、飢え死にさせるのは果たして、正しい行いなのだろうか? ほんとうに助ける手段がまったくないのなら、じっさい、その生き物たちを助けることで、どこかで人間の命が失われる可能性が高いのなら、たぶんこの国の人たちは無理難題は言わないと思う。単に、一部の動物好きが騒いでいるだけなら、こんな騒ぎにもならないと思う。

残念ながら日本人は、一部の人が思っているほどバカばかりではないのだよ。教育水準も識字率も世界トップクラス。勤勉で優秀だと言われる日本人の大半がおバカさんなわけはない。それどころかけっこう大勢の日本人が今の問題の本質を見抜いている。必要なのは勇気なのさ。決断する勇気。前例のない行為を行う勇気。初めて○○した人になる勇気。失うものがほとんどない一般庶民はアンパンマンに簡単になれるが、地位や名声や財産や利権やあれこれしがみつくものが多くなれば、あれこれ言い訳をしたくなる。

一部に批判はあるにせよ、今決断しなければ、やがて餓死した動物の死体の山を、この国の人たちは目の当たりにすることになる。それはアンパンマンの正義が正義である国で、国民の目にどんな風に映るだろうか? このまま放っておけばどうせ餓死するのだから、決断するより先送りといういつもの手段はね、残念ながら今回だけは使えない。なぜなら餓死した動物の死体の山は、アンパンマンの正義に反する行いの結果だから。

今、決断を先送りにしている人たちに、できれば直接訊きたいのだ。アンパンマンを見て、アンパンマンがヒーローだと思って大きくなってきた子どもたちに、餓死した動物の死体の山を見せたいですか? お腹を空かして街中を彷徨いている動物たちの映像を観て、「お腹空いていて可哀想。どうして助けてあげないの?」と尋ねる子どもの目をまっすぐ見て、「人命優先だから、動物なんか飢え死にさせても良いんだ」とはっきりそう言えますか? 今回もまた「想定外だった」と言い訳しますか? 「想定外」と「想定が甘かった」ではまったく意味がちがいませんか?

お腹を空かして困っている相手に対し、自分の身の一部を削ってでも救いの手を差し伸べるのが日本人が考える正義なのだ。そういうアンパンマンの国でいま起こっているこの事態は、アンパンマンの正義に、絶対、まちがいなく反している。この国を司ってる気になってる人々は、いい加減その事実に気がついても良いと思う。

アンパンマンの国はステキな国だ。その事実が今回の震災でほんとうによくわかった。アンパンマンの国なりのこの国の良さを、今後もちゃんと残していきたいと管理人は思うのだ。それゆえに、やっぱり好ましくない前例は、作らない方が良いに決まっている。せっかくアンパンマンの国で暮らしているのだから、われわれなりの正義感と道徳観、それに倫理観をきちんと貫いていくべきだ。

署名活動と、情報拡散に御協力くださいm(_ _)m

獣医師とボランティアから成る救出チームの禁止区域立ち入り許可を求める署名→Free Pets緊急提言

飼い主自身による行政に対する直接のペット救助要請のために、周辺の方にこんな話があるよって教えてあげてくださいませm(_ _)m チラシ申請書

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

人のネットワークを活用すべし

バリバリのやる気が見える、今日2度目の更新だぜよ(笑)

せっかく署名お願いのメールを書いて出したので、ここでも公開しとくので、気に入ったらどうぞ、ご自由に転載、拡散してくださいませ。著作権は放棄。クレジットはいりませぬ。これは管理人なりのボランティアだから。できること、得意なことで社会貢献♪

ちなみに内容は、犬猫、それが何か?っていう一般ピープル向けなので、ワンコちゃん、ニャンコちゃんが可哀想ぉ~ってスタンスの人には、もしかすると気にくわない内容になっているかもしれない。でも今回はほんと、ペットを飼ってる人だけの問題じゃないと思うんだよね。責任逃れをすることで、状況が悪くなるのがわかっていても見て見ぬ振りをしてきた今までのこの国のあり方自体に、やっぱり、この際はっきりもの申す時期だと思う。という前提で、親類縁者知人友人にメールを出しまくりたい方、サイトで呼びかけたい方、どうぞご自由にコピペしてお使いください。

=======================
ニュースなどではめったに報道されないことですが、福島の原発周辺の立ち入り禁止区域に取り残された動物がまだたくさんいます。

立ち入り禁止区域になる前は、民間ボランティアが飼い主の依頼を受けて現地に入り、残されたペットの保護と餌やりをしていましたが、現在、民間人は一切入ることができません。一部の行政が動いてはいますが、被災地である福島では被災者救援に尽力を注ぐべきであり、動物の保護に割ける人員の余裕はありません。そのため、まったく成果は上がりませんし、どんどん無駄に時間だけが過ぎていく状態です。

そこで、県外の獣医師、民間ボランティアなどの動物の扱いに慣れている専門家によるチームを編成し、20キロ圏内に入って、残されている動物を捕獲、搬送する許可を求める署名を集めています。

Free Pets緊急提言→http://freepets.jp/

単に、放置されて餓死する動物が可哀想という話ではなく、今の段階で、何らかの措置をとっておかないと、状況は悪くなる一方で、今後後処理により莫大な時間と税金を使うことになります。いまは動物の繁殖期ですから、とうぜん飼い主に管理されずに徘徊する動物が増えれば、子犬子猫がどんどん生まれるでしょう。犬猫は一度に複数頭の子孫を残しますし、年に数回繁殖期があるので、全部は生き残れないにせよ、とうぜん数は増えてしまいます。それに立ち入り禁止区域はあくまでも人間のためのものですから、餌やより暮らしやすい環境を求めて禁止区域外に出てくる動物たちを止めることは不可能です。

結果、周辺地域も含め、一帯で増えすぎてしまった野犬、野良猫の処理に将来膨大なコストと人員を費やさねばならなくなるでしょう。これはすべて税金です。

さらに、家族どうように可愛がってきたペットを置いてきてしまった飼い主さんの心情を思えば、この時点でまだ生きている動物をできる限り回収し、飼い主のもとに返してあげるのか一番良い選択肢であることは明らかです。万が一、避難所や新しい住居でペットを飼うことができない場合でも、そういうペットを一時的に預かったり、新しい飼い主さんを見つけてくれるボランティアが、すでにかなりの数名乗りを上げていますので、立ち入り禁止区域から連れ出すことさえできれば、あとはどうにでもなるのです。

ですが、いかんせん立ち入り許可が出ないために、いまは何も打つ手がありません。

決断を先送りして、何もしないことで責任逃れをして、状況をどんどん悪くするのは、この国の政治や行政のほんとうに悪いところだと思います。でも明らかに放っておいたら悪化するとわかっている状況を黙って見過ごすことはできません。

ペットを飼っている方、動物好きなら、現地に取り残された動物を見捨てるという行為自体にいたたまれない思いを抱くでしょう。ですがこれは、ペット飼い、動物好きだけの問題ではありません。いま決断をして、許可を出しさえすれば、将来の税金の無駄づかいを防げるだけではなく、原発事故でふだんの生活を奪われた被災者の方たちに、これ以上精神的、金銭的苦痛を与えないための、これが最善の処置なのです。

動物が可哀想だから、とにかく助けろと言っているわけではありません。東北一帯に、まだまだ救援が必要な人間がたくさんいるのに、それを差し置いて税金や人員を使って動物の命を先に助けるべきだと言っているわけでもありません。

ただ、立ち入り許可を出してもらえれば良いのです。あとは動物を専門とする民間人が、ボランティアで今すべきことをやっていくだけなのですから。

もしご賛同いただけるようでしたら、一部民間人の立ち入り許可を求める署名(http://freepets.jp/)に御協力ください。

また、今回のペットの救出活動には飼い主自身からの行政に対する直接の救助要請が不可欠ですので、お知り合いに、原発20キロ圏内にペットを残してきてしまった被災者の方がいらっしゃるようでしたら、早急に福島県に申請を出すよう呼びかけて頂ければ幸いですm(_ _)m

チラシ→http://dear-paws.com/download/fukusima-2011apr29_mono.pdf
申請書→http://dear-paws.com/download/2011apr29_hogo_iraisyo.pdf

=======================

じゃっ、管理人はまた仕事に戻っから(^_^)v

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

みんなの力

Free Petsでこんな署名を集めてる→ 緊急提言

動物なんてタンスと同じだから、別に死んでもかまわないし、さらに苦痛を与えて殺したって知ったこっちゃないというのが、この国の大多数の意見になっちゃっても良いのだろうか? こういう前例を作っちゃって、ほんとうに良いのだろうか?

管理人は、知り合いという知り合いにメールしてこの件を伝えようと思う。ペットを飼っているか否かに関わらず、動物好きか否かに関わらず、ご賛同頂けるかたには、署名をお願いしようと思う。

もう、犬や猫が可哀想って次元の話ではないよ。単純に、国のあり方の問題だと思う。日本人であることが恥ずかしい国にしてはいけない。こういう事実を許してはいけないと本気で思う。

引きつづき、原発20キロ圏内にペットを残してきてしまった飼い主さんへの呼びかけにも、どうぞ御協力くださいませm(_ _)m

チラシのダウンロードはこちらから
申請書のひな形はこちらから

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。