スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人海戦術

世間的には連休……らしい(-。-) ぼそっ 黄金週間、それが何か?

よりによってGW明けに設定された納期のせいで、けっきょく今年も連日仕事三昧の管理人なのである。まっ、良いんだけどね。このご時世、忙しいのは何よりよ。今年後半は仕事がなくて、これから延々半年のGWになっちゃうかもしれないわけだし(^_^;)

というわけで仕事をしつつ、非常に気になってるのは福島原発の20km圏内に取り残されてる動物の件だ。なんちゅうかね、モヤモヤするわけだ。やはりペット飼いとしては、犬猫も法律上はタンスと同じだとはとうてい割り切れない。かといって、動物も人間も命の重さは同じですって議論にも100%賛同はしかねる。

冷たい奴と思われるだろうが、すべての命は平等だから、とにかく助けろというのはやっぱりさ、非現実的な理想論だと思うのだよ。ほら、管理人、獣の肉喰うの好きだし(-。-) ぼそっ 人間は生きていく上で、やっぱり他の動物を犠牲にしている。そういう生活をふつうに送っているくせに、命は平等だっていくら言っても、それは絵空言だと思われても仕方ないと思うわけ。

で、被災ペットなんだが、彼らのことを助けるべきかって議論になったときに、命は平等って理論を振りかざしちゃうとそこに矛盾が生まれるわけだ。だって、現実問題として、毎日各地のセンターで犬猫どんどん殺してるじゃん? たとえばごく最近の某首都圏のセンターのようすなんか見ると、震災前より収容犬増えてんじゃん! ってやっぱり思う。かたや、被災ペットの預かり先を募集したところ、一気に数日で500匹分の枠が集まった(こちらのサイトの「やりましょう!」計画避難区域の犬猫一時預かりプロジェクトの話)。話題の被災ペットだから助けるのかよ( ̄‥ ̄)=3 フン と苦々しく思ってる人もきっといるはずだ。とくに、常時預かり枠が足りないせいで、みすみす、目の前にいる収容犬猫を見殺しにせざるを得ないと無念な思いをしている人のなかには、割り切れないものを感じる人も多いだろう。

というさまざまな思いがさ、交錯してけっきょくモヤモヤするわけだ。プラス、じゃあ誰にこの怒りをぶつけりゃ良いのってその辺りもあってさ。

で、色々考えてみたんだが、結論はさ、やっぱり今まだ立ち入り禁止区域内で生きていて、いま何かやれば助けられる動物たちに対しては、やはりできることをすべきかな……と。少なくともモヤモヤしているせいで、何もしないよりは、やっぱり何かしたほうがきっと良いんだろうな……と。

被災ペットと飼い主さんが抱える問題を、十把一絡げで論じると、まずは混乱が生じる。岩手や宮城などで津波の被害に遭って、住む場所を失った被災者と被災ペットに関しては、お金と物資の両面で援助がやはり一番だろう。それと今後住むところ。またペットと一緒に暮らせるように、物心両面で支えていければ良いのだと思う。

かたや福島の原発地域に関しては、まだその前段階にあると思う。とにかく今は飼い主とペットがお互いの安否と居所を確認し合って、岩手や宮城のケースと同じになるのは、その先の話だよね。そのあいだに、法律とか行政の手順とか色々イライラする壁が立ちはだかっている。

原発で事故が起こったから、とにかく着の身着のままで逃げろと言われ、ペットも置き去りにしてしまったら、けっきょくその後1カ月以上経っても家に戻ることができない。危険だから入らないでくださいとお上に言われ、そのうちなんかしてくれるんだろうとおとなしく待っていたところ、さらにある日とつぜん、立ち入り禁止区域にしますと言われ、許可がないと自宅に戻ることさえできなくなった。

こういう状況に理不尽さを感じない人はいないだろう。単純にお上が言うことウソじゃん? 最初の時点で「2~3日で戻れます」と言ったことじたい、今考えるウソだったわけで、その後「危険だから立ち入らないで」と言われて温和しくそれに従った人が、けっきょくバカを見てるじゃん? お上の言いつけを無視して、家に戻ってる人のほうが、よっぽど良い思いしてるわけじゃん?

政治家や行政を信じて、まじめにそれに従った人間がバカを見る社会にしてはいけないと思う。上のほうで、この国を仕切っている人間を信じられなくなったらお終いだ。

ちなみにその上のほうにいる人間を責めれば良いのかと言ったら、それも違う。なぜなら、この国はいちおうちゃんとした民主主義国家なんでね。そういう無能な人間をその地位に留まらせたのは、そいつらを選んだ国民だからさ。だから、この時点で、政治家は無能だとか、行政は役に立たないと彼らを責め立てるのは、天に唾吐くのと同じこと。

無能な奴らをお役ごめんにするのは、今のこの混乱がおさまってからすべきことだ。いま選挙なんてやられたら、税金と時間の無駄づかいだし、それはこの国に住む人々の福祉に反することだから。

という前提の元に、じゃあ何をすべきか?

管理人的には、人海戦術だなと……こう思っているのだよ。1人1人の小市民は、はっきり言って無力だが、大勢が一気に同じことをやりだしたら、その力は決して侮れない。何せ小市民の数は多いからね。ええ、よく政治家の爺さんが言ってる「数の力」って奴ざんすよ。有象無象も数集まれば、ものすごいことを成し遂げる。

で、何をしたいかっつぅと、原発地域から避難してきた人にとにかく情報を届けるのだ。ネットの世界、とくに犬猫系サイトを常時見ている人にとっては、20キロ圏内に取り残されたペットを救おうと多くの人が動いているというのは今や常識になっているが、そういうことを知らない人のほうが、実はまだ大多数なのだ。テレビのニュースではほとんど触れない。新聞にもあまり載ってない。とくに避難している人々には情報ソースがないわけだから、置いてきたペットを助けてくれるボランティアがいて、もしまたすぐに一緒に暮らせなくても預かってくれる人たちがいて、最悪手放すという決断をしても、新しく飼ってくれる人を探す手伝いをしてくれる人が存在するという事実を知らない人はたくさんいる。

常時ネットを徘徊していると忘れがちになってしまうが、ネットなんか見たことない、そこに出ている情報なんかには触れたこともない、今は触れたくとも触れられないという環境にいる人はたくさんいるのだ。

とくに避難生活を送っている人たちにとっては、ネット上で起こっている現象なんて遠い外国の出来事よりもっと明後日のほうで起こっているできごとなのだ。

色々情報を集めた結果、けっきょく、いまのところ立ち入り禁止区域に入ってペットを連れ出す唯一の手段は、飼い主自身が声をあげて保護申請をすることだけだ。きちんとした依頼が行政に届けば、役所だって動かざるをえない。じっさい、先日第一陣が短時間ながら現場に入り、ほんの数頭だが犬猫を保護して連れだしてきた。ただ、正式依頼がない限り、個人の所有物である犬や猫を勝手に連れ出すことはできないのだ。そこが民間のボランティアとは違うところで、役所は、法律に則って命令に従っての行動しかとれない。ゆえに、飼い主自身に保護の申請をしてもらうことが、一番手っ取り早く確実な保護手段になるのだが、いかんせんその飼い主自身がそれをしづらい状況にいる。じっさい、そういう行動をとれば、置き去りにしてしまったペットたちを助けられるかもしれない、ということさえ知らない人がたくさんいる。

で、ここで役に立ってくるのが原子力よりずっとパワフルでクリーンなオバサンエネルギーだ。ここに日参してくるのはお喋り好きのお節介なオバサンが多いという前提の元で話すのだが、奥さま、今こそ出番ざんすよ! この話を、せっせと周りに広めましょうよ!

ネットの世界は確かに情報が早い、だが、同じくらい猛スピードで情報伝達できるのは、お節介なオバサンのお喋りパワーだと管理人は思うのだ。犬連れて、近所を毎日ウロウロしている全国に統計上は2500万人いるはずのペット飼いが一斉に、「ちょっと奥さまご存じ? 原発避難地域の犬猫をまだ助ける手段はあるんですってよ! 飼い主さんが、行政に助けてくれって申請すれば、連れ出すことは可能で、そのうえ、また飼えるようになるまで面倒見てくれる民間ボランティアもたくさんいるんですって!」って会う人ごとに吹聴してまわったら、それを聞いた人が、また次の人に伝えていけば情報はあっという間に広がっていく。

大きな避難所にはすでにポスターの掲示をボランティアがしているが、親戚のところに身を寄せている人、避難所ではなく民間住宅に移り住んで人のところまでは、やっぱり情報が届いていない。近所にあるペット関連の施設(獣医さん、トリミングサロン、ドッグラン)などにポスターを掲示してもらうのも良いだろう。犬飼いならばいつでも携帯しているウンPバッグに常にチラシと申請書のブランクを入れておいて、興味のある人には渡して回ればそれも大きな力になる。

チラシはここからダウンロードできる。要請先の役所の電話が繋がりにくい状態だし、いまはGW中の休みということもあって連絡とろうにも連絡できないという状況になってしまうかもしれないので、ファックスまたはメールの添付で要請したい人のためには申請書のひな形も、ここからダウンロードできる。もしかしたら、もうどこかに保護されているかもという場合でも、まずは保護してくださいという申請を直接行政にして欲しいのだ。すでにどこかの保護団体に依頼しているケースでも、民間の保護団体への依頼は、正式の保護依頼とは見なされない。いくら保護団体が行政にかけあっても、「依頼がきていないから」と無視されてしまうのだ。

今現実に動いているのは福島県だけなのだが、飼い主からの依頼がどんどん入ってくれば県だけではとうてい対処できなくなる。国も動かざるを得なくなる。そのためにも、飼い主からの直接の依頼がやはり重要な鍵を握ってくる。

ほんとうにもう時間はないかもしれない。GW中に一部住民の一時帰宅が実現しそうな感じだし、それと同時にもしくは直後に、ペットを連れ出すための作業が本格化しそうな雲行きだ。その前までに、正式の依頼を出しておかないと、極端な話、この国のお堅すぎるお役所仕事だと「申請が出てないから、ペットの連れだしは認めない」なんてことにならないとも限らない。

時間が勝負、ゆえにまさに今こそ情報拡散せねばいかんのだよ。サイトを持っている人は、サイトで呼びかけてください。つぶやくのが得意な人は、つぶやきまくって! デジタルな情報伝達の手段を持たない人は、とにかく喋りまくって欲しい。たとえば、友人知人に福島の人がいるならば、とにかくこの話を伝えてくださいませ。近所で散歩中に会ったコが、たまたま福島からの避難犬なら、それを連れてる人に、この話を伝えてください。人のネットワークは、どこでどう繋がっているのかわからないのだから。単なる散歩中の立ち話が、巡り巡ってペットを置いてきてしまったという飼い主の情報源になるかもしれない。

1カ月半以上必死で生き延びている動物たちを救う、これがもしかすると最後のチャンスになるかもしれない。どうせ何もできないからと、ただ可哀想にと見ているだけではなく、小さなことでもこの際、ダメ元でやってみてくださいませ。このまま何もせずに、動物は見殺しなんていう前例を作ってはいけないと思う。そんな悪しき前例を作ってしまったら、また同じようなことが起こったときに、その前例が利用される。そんな風にはなって欲しくない。

わたしにはどうせ何もできまないから、と自分に言い訳して、何もしないのは簡単だが、今回だけは何もしないと後悔すると管理人は思った。ゆえに仕事がウルトラ忙しくても、何かせずにはいられなかった。

数年後に、この時のことを思い返して、何もしなかった自分にうんざりするくらいなら、やれるときにやりましょう。小さなことでも何かやれば、きっと何かが変わっていく。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

被災地の動物救助は誰のため?

ネットの世界で波乗りしていて見つけた動画。


二足歩行だって大変なときに、犬畜生じゃねぇ~だろうって言う人はもちろん多い。確かに仰る通りかもしれない。でも、被災地でまだ生き存えてる動物たちを助けるのは、誰のため?

すでにさんざんな思いをしている被災者の人に、これ以上涙を流させてはいけないと思う。

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

教訓

そういえば大騒ぎしていたバケツプリンの話。

先週届いたので、さっそく解凍していただいたんだがね……

20110424 016
当社比

ふつうのプリン15個分と書いてあったので、ペロッと食べちゃうと思ったのだ。

ほら、なんてったってうちは大家族じゃん? 

二足歩行も四つ脚もプリンは大好物だし、こりゃ、管理人の食べる分なくなるかも!? とまで心配したわけですよ。管理人としてはさ、心おきなくお腹いっぱいプリンを食べようと買ったわけで、それが家族に分け与えたために、もう少し食べたいなって消化不良じゃ哀しいじゃん?

ゆえに誰にもやらんで、独りでこっそり食べようかとも思ったんだが……

20110424 015
冷蔵庫から出した時点で、姐さんの目はもう
プリンに釘付け!

それを喰わせろと断固主張する姐さんはとうぜんのことながら、犬たちにも食後のデザートにお裾分けして、その後(←そっちが後かい?)二足歩行にも少しずつやって、あとの残りは管理人が一気に喰うぞと、気合い入れて立ち向かったんだが……

1/4も食べないうちに、気持ち悪くなった(-_-)

プリンって、それほどいっぺんに喰える物じゃない。これ、今回の教訓。残りはちまちま3日ほどかけて、食後のデザートやおやつにいただいたんだがね。もう最終日になると、「プリン、いる?」って家人に尋ねても拒否られる始末(^_^;)

四つ脚どもは、最後まで喜んで食べてたけどさ。でも二足歩行のほうは、はっきり言って食傷気味。若い頃なら難なく食べつくしたと思うのだが、さすがに平均年齢60歳の一家では、胃腸系の衰えが著しい。

ただプリンって、四つ脚にとって、けっこう具合が悪くなったときの食餌に良いのだよね。栄養満点だし、甘いし珍しいから、食欲がなくても、けっこう無理しても食べてくれるし。

カイも、お見舞いにいただいたモロゾフのプリンは目を輝かせて食べていた。その後、管理人がわざわざ作ってやったプリンには見向きもしなかったんだが(-。-) ぼそっ モロゾフのプリンが入ってた器を洗って、それに作ってやったにもかかわらず! 四つ脚のくせに、プリンの味がわかるのか? それほどマズかったのか、管理人の手作りお菓子!?

犬たちだけでなく、20歳超の姐さんもクロちゃんもプリンは大好きだったので、それは今回の収穫だなと思う。将来、奴らが具合が悪くなったとき、プリンが非常食として使えることがわかったのだから。

とはいえ、まだまだ先の話だけどね(^_^)v 胃腸系が弱りきった二足歩行動物よりも、まだまだ何でも食べるチャレンジャーの姐さんのほうが、よっぽど長生きしそうな気がする今日この頃。

20110410 002

何せ姐さんは、自力でハシゴを上り下りして餌場に日参するほど、あいかわらず元気な婆さんなのだから……

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

一元化

被災地外であいかわらずお気楽に、復興支援お買い物マラソンなんかをやってる管理人ではあるが、その一方で、被災ペットのその後についても色々考えこんでしまってる。

その辺りはおいおい、頭の整理がついたら書くってことで、取り急ぎ、いまは波乗りしてて見つけた、良いんじゃね?というお話おば。

管理人的にいまけっこう気になってるのは、原発周辺地域に取り残されている四つ脚たちで、これはもうさ、なんとかならんもんかねとこの1カ月ほどずっと注視してきたのだ。現地に入っているボランティアさんの出す情報も色々チェックしてきたしね。んでもって、いきなり立ち入り禁止区域なんてことになっちゃって、いままでボランティアが入って餌や水を置いてきて、それで生き存えてた四つ脚は見殺しか? と思ったら、環境省が動きだすという話も聞こえてきて……

今更かよと思わないではないが、とりあえず何らかの動きが出てきたのは喜ばしい。んでもって、「ペット 福島」あたりのキーワードで見つけたブログでこんな話を発見した。福島県獣医師会で集めてる義援金……うんうん、良いんじゃねぇ?

動物関連だと、やっぱり緊急災害時動物救援本部がメジャーどころで、それなりに義援金も集まってるようだし、物資もたくさん届いているようだが、当初は、やはり大きな組織だけに民間でやってるボランティア団体にくらべるとイマイチ動きが鈍くてさ。ちょっとイライラしながら見てたのは、管理人だけじゃないはずだ。まあじっさいには、今回のように異常に被災地が広いと、どこから手をつけたら良いかというのが実情だと思うのだが。

津波の被害を受けた地域と、たとえばいま福島原発の周辺地域では事情が違う。ニーズも、やらねばならぬこともまったく違うし、そこに差し伸べるべき支援の手も違ってくると思うのだ。

法律上は四つ脚もタンスと同じ扱いだが、タンスと犬猫などの動物が決定的に違うのは、奴らには感情があって生きているという点だ。ゆえに、タンスにはないタイムリミットというのがそこにはある。原発地域でまだ生きている動物たちにとって、タイムリミットは間近なのだ。

色々複雑な事情はあるが、「2~3日で帰れますから」と言われて置いてきてしまった動物を、少なくとも飼い主が迎えに行きたい、もしくは回収してきて欲しいと望むなら、その希望は叶えるべきだと思うのだよね。なぜなら、飼っていた動物を、置き去りにした、見殺しにしてしまったというトラウマは一生忘れられないと思うし、ただでさえたいへんな思いをしている人たちに、さらに追い打ちをかけるようなことはすべきじゃないじゃん?

で、その希望をいま叶えているのは個別の民間保護団体で、そういうところに援助をするのも良し、もしくはボランティアってほんとうに信用できるの?って懐疑的な人には、獣医師会に援助というのも悪くないと思うのだ。

二足歩行被災者の支援だって混乱しまくっている現在だが、情報の一元化、ボランティアの掌握っていうのはやっぱり大事なのだよね。たとえば宮城県では石巻動物救護センターが立ちあがって、それなりに成果を上げている。個別のボランティアの動きは確かにすばやいが、情報が錯綜すれば混乱する。無駄な動きも増える。同じ目的で動いている人が皆同じ方向を向いて、効率的に動けるように、こういうアンカーの役割を果たす組織はやっぱりあったほうが良い。獣医師会と行政(動物愛護センター)を全部巻き込んでさ。

で、やっぱりこういうときには全国的な組織を持つ獣医師会にぜひぜひご活躍願いたいわけだ。ふだんは動物のお陰で儲けさせてもらってるわけだからさ、頼むよ、ほんとって、目の玉が飛び出るほど高額な動物病院の料金を支払ってる身としては思うわけ。じっさい動物を預かったり、元の飼い主のもとに戻れない場合は里親探しをしたり、そういう部分は民間のボランティアがやることになるせよ、その窓口となる役割はやっぱり果たしてもらいたいし、けっきょくのところ、すでに現地にいて、その土地の事情がわかっている地元の獣医師会がね、一番頼りになると思うわけ。

あの未曾有の大災害でも、日本人は落ちついて冷静に行動したと海外のプレスに大絶賛されていたが、確かに日本人は組織だって動くことに馴れている国民なのだ。だがね、音頭をとってくれる人がいないと動けないという欠点もある。そういう役割を果たす人が、たぶんいまは必要で、管理人としてはさ、地元の獣医師会にその役目を期待しているわけなのだ。

情報の一元化って今後もっと問題になってくると思う。いまもすでに、あちらこちらで保護された四つ脚の情報がネット中に掲載されているが、これ全部見て歩くのかい?ってだけでちょっと気が遠くなる量なのだ。それを一元化しようとしてるのは、最近立ちあがったこれね↓



ブログに貼りたい人用のおソースはこちら

これは人間用で大きな成果を上げたパーソンファインダーの動物編。巧く使えば、ほんとうに有効に機能すると管理人は思う。ちなみにこの入力は、すべてボランティアがやってるのね→アニマル・ファインダー入力ボランティア募集!。とくに登録なんかも必要ないので、何か手伝いたい、でも何もできない!と思っているかた、時間があるときに是非入力ボラを♪

また、ほぼ同じ時期に立ちあがったMSNペットサーチというのもあるんだが、こちらは緊急災害時動物救援本部と連繋していて、センターの情報はこちらが拾っていくらしい。

少~しずつだけど、色んなものが揃っていって、原発地域に残っている動物たちもできる限り助けてやれて、はぐれてしまった飼い主さんと動物たちがなるべく多く再会できて。ほんと、そうなると良いよね。色んなことを言ってる人、やってる人、何もやってない人……でもけっきょくは、望んでいるのはそのことなんだと思う。

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

チャームポイント

ふふふふ……来たわ、プ★リ★ン♪……いまは冷蔵庫で解凍中……ふふふふふ(^_^)v

で、それはともかく、先週の出来事なんだが、いつも行く公園は地元の人にはちょっと有名な桜の名所で、この時期、けっこうな人出がある。犬連れの人も多くて、ポセはともかく、姫は、ほら、基本的に犬を見たらご挨拶したい社交的なヤツなので、相手のワンコがOKならば、犬どうしに挨拶させて、飼い主さんと立ち話みたいなシチュエーションが何度かあった。

基本的に管理人も四つ脚なら何だって好きな人なので、よその犬をグリグリし放題なのは非常に嬉しい状況である。ゆえに、相手の犬を撫でながら、「オーオー、良いコだねぇ~! 可愛いねぇ~!」とブツブツ言ってしまうのだ。ちなみに、管理人があれこれ言う場合、はっきり言ってその時点で相手の飼い主さんはほとんど目に入っていない。純粋に、犬が可愛くてたまらんから、思わず「可愛いコじゃ」と口から出てしまうだけだ。

だが、そういう四つ脚主眼の管理人キャラを知らない通りすがりの飼い主さんは、「うちの犬を誉めてもらったんだから、誉め返さねば」と思うらしい。

で、先週立て続けに言われた、他の犬飼いさんたちからの姫に対する賛辞は……

「きれいな模様ですね!」

「毛づやが良いですねぇ~」

終いには……

「耳の手触りが、すごく良い!」

うちの犬のチャームポイントは、毛だけかよ(-。-) ぼそっ

20110404 025
姫、つやつやって言われた!

それは、気が遠くなるほど長いことシャンプーしてないから、
犬脂が浮いてるせい(-_-)

飼い主の欲目を割り引いても、ツチノコ兄弟は他に類を見ない可愛さだったじゃん?(←反論は一切受けつけません、念のため) ゆえに連れ歩いているとさ、「可愛いぃぃぃぃ~」って近づいてくる人が何人もいてさ、「写真撮らせてください!」なんてこともさ、しょっちゅう言われていたわけよ。ちなみにポンちゃんもよく「可愛いぃぃ~」って言われるのだ。あんなに人見知りなんだけどね。でも、可愛いってしょっちゅう言われる。

でも、オバサンの場合……

20110404 013
姫、道端で可愛いって言われたことない

「大きいワンちゃん」とか「カッコイイ」と言われたことはあるが、すれ違いざまに可愛いと言われたことはかつて1度もない(^_^;) それどころか、犬を飼っている人でも、積極的に撫でようとしてくれる人はとても少ないのだ。

まっ、あの顔だから、仕方ないとは思うんだけどね(-。-) ぼそっ

猟犬種で、もしかしたら実猟に使われてたかもと思う行動もあって、なおかつ成犬でうちに来た姫のことは管理人も最初、かなり用心した。ぜったいにこの犬は人を咬まないという保証はないわけだから、大きい犬を飼っているとそこんところはかなり神経質になってしまう。だが、一緒に暮らして数ヶ月で、この犬はぜったいに人を咬まないという確信が持てた。

前の飼い主に教えられたのか、はたまた姫個体の性格かは不明だが、姫はいわゆる「お口が優しい」犬なのだ。指先で小さなフードを一粒つまんで差しだしても、姫は決して指を咬まない。ディーやカイには何度となく指ごと食いちぎられそうになったんだけどね(汗)。でも姫はちゃんと人間の指を識別する。

だが顔つきが強面なんで、けっこう警戒されちゃうのだ(T_T) 悪役商会面だけど、話してみるとじつは優しくてすご~く良い人だったみたいなのと同じで、姫はルックスで損するタイプだなとつくづく思う。飼い主的には、歴代のうちのコたちの中で、もっとも誰に対しても穏やかな一押しの犬なんだがね。

犬の価値の測り方って、人によって違うとは思うが、人に対してぜったい安心な姫みたいな犬は、凄く価値があるなと管理人は思うのだ。お喋りが過ぎるし、最初はシッコ垂れ女だったし、自炊も得意だし鍵も開けるけどさ(-。-) ぼそっ ただ対人攻撃性がまったくない犬の良さって、もっとみんなに気づいて欲しい。とくに成犬になってからうちに迎え入れる場合、そういうコはほんとうに、お値打ち品だってことにさ。

犬種とかルックスとか体重とか一般ピープルがチェックする項目は色々あるが、ほんとうにチェックすべき部分って、人と一緒に巧く暮らしていける個体か、最後はそこに尽きると思う。だって犬って動物は、けっきょく人と一緒でなければ生きていけないのだから。

顔が怖いと、なかなか他人様に撫でてはもらえないけどね。可愛いって言われることも、まずないけど(-。-) ぼそっ

でも姫は、人間と暮らすという基準で言えば、ほんとうに素晴らしく良い犬なのだよ。そして同じような良い犬が、雑種だから、身体が大きいから、年とってるからなんていう理由で殺処分されてしまう現実が、とても空しいとつくづく思ふ。

20110125 030
ねえ、姫って可愛い?

見ようによっては(-。-) ぼそっ


よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

それなりの変化

震災が起こってしばらくして、ふと気づいたことがある。

そういえばポン助、度重なる余震に毎回反応しているけど、それでも下痢は起こしてないな……と。

054.jpg

ポセは根っから臆病なので、基本的にすべてのものに反応してビビるのだ。ええ、ほんとうにすべてのものに。庭の鉢植えの位置が変わってるだけで警戒するような犬なので、むろん自然の変化にもちゃんと反応する。雷はとうぜんのことながら、強風にも雨にも毎回律儀にビビるのだ。ゆえに地震のたびにオドオドするのはとうぜんと言えばとうぜんだ。

挙動不審具合が、すっごくかわいい♪とまみれのお友だちに言われたポセだが、飼い主に言わせりゃ挙動不審じゃないほうが心配で、もしポセが家のなか以外で堂々としていたりしたら、そっちのほうが飼い主的にはビビる。コイツ、具合が悪いんじゃないか?って(^_^;)

だから他人から見ると、いつまで経ってもビビリの挙動不審犬なんだが、うちに来た当初は頻繁に繰りかえしていた神経性下痢がほんとうに減ったんだよね。2年前のポセは、冗談ぬきで週1くらいで下痢をしていた。たとえば医者に連れて行ったら、速効下痢って感じで。あまりに頻繁にお腹を壊すので、ついには汚れやすいお尻の飾り毛を刈られてしまったほどなのだ。

なのにいつの間にか、ポセは神経性下痢を起こさなくなった。

この前病院にいつもの薬をとりに行ったとき、お医者さんも暇だったらしく、けっきょく四方山話に花が咲いちゃったのだが、あの大地震とその後の余震のせいで食欲不振だとか、下痢がぜんぜん止まらないだとか、身体にストレス症状が出ている犬猫が多いのだそうだ。ポセがビビリなのはよくご存じなので、とうぜん「ポセくんは大丈夫ですか?」と尋ねられた。

余震が起こると確かにビビるが、それでもポセはふつうにご飯を食べているし、そのせいで下痢も一度もない。一番大きなあの地震が起こったとき、たまたま管理人が家にいて、ポセ的には怖いながらも一番安心な状況だったのが良かったのかもしれない。

でもじっさいポセは、以前より、ずっと精神的にタフになっているのだと思う。

083.jpg

以前はうちの周り以外ではおやつも食べられないコだったんだけどね。いつの間にか犬と人がわんさか行き交う駒沢公園でおやつ欲しさに芸をご披露できるほどのタフな男になった。

087.jpg

犬が公園でおやつを食べたと狂喜乱舞している飼い主は、まっ、はっきり言って他人から見ればおバカな飼い主なんだが、ふつうの犬が当たり前にできることが、これまでずっとできなかった犬を飼ってみると、小さな変化に敏感になる。

まみれの犬友とは何度も会っているだけに、ある程度の距離をとれば、ポセも他の犬たちにいちいち反応することはなくなった。とくに穏やかなハルのことは大好きで、気が向くと、こっそり後から近づいていってお尻の臭いを嗅いでたりする。

いまだに目が合うと唸るけどね(苦笑)。

だが、一緒に暮らしているオバサンに対してだって、あまり馴れ馴れしくされるとポセはやっぱり唸るのだ。

092.jpg

他の犬と巧く交われなかったり、些細なことで横っ飛びしてビビるいまのポセだって、2年前のポセ、1年前のポセと比べればちゃんと成長しているのだ。だからそれで良いのだと、管理人は思う。

だって生き物はいつだって絶対評価だから♪ 

これからもうちのコだけのうちのコなりの成長を、楽しんでいきたいと思う。

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

趣味と実益

1週間のご無沙汰でしたm(_ _)m

いやはや、歳はとりたくないもんで、桜が咲いたと張り切って花見行ったら、その後体調不良で寝たきり生活(^_^;) 丸2日寝込んで復活したものの、週の残りは休んでしまった仕事のキャッチアップでブログどころじゃない生活よ。まったくもって情けない限り(T_T)

「知恵がある奴は知恵を出そう。力がある奴は力をだそう。金がある奴は金を出そう。『自分は何にも出せない』っていう奴は元気出せよ」

と、かのチーさま(←この呼び方知ってる人は管理人と同世代(^_^)v オールナイトニッポン、♪タラッタ、タッタラタタタタッタ♪を聞いてた世代)が震災直後にラジオでコメントしたらしいが(ここね)、度重なる腰痛で唯一あった力と元気が枯渇している自分が情けない限りである(。_ _)

ゆえに、被災地支援より前に、自分の体力復活に力を注いでいる今日この頃だ。ええ、こんな身体じゃ被災地ボランティアに行っても邪魔になるだけだし。ゆえに、パソコンの前でポチっとするだけでできることに、せっせっと地味に従事している。

これぞ趣味と実益を兼ねた復興支援ボランティア♪

まず買いまくっているのは(←要は買い物?)、復興支援チャリティーTシャツ。

「東北震災 チャリティーTシャツ」あたりでググルと山ほど出てくるが、まあ着るものだから趣味があるじゃん? チャリティーTシャツとなるとやっぱりね、「頑張れニッポン」とか全面に書いてあって、日の丸つきみたいなのが多くてさ。管理人的にはかなりヤバイわけよ。義援金になるのは良いが、こんなもん着て歩いたら良い人だと思われるじゃん(-。-) ぼそっ

なのでちょっと変わり種で、なおかつ「良い人」感が少なめなのを買ってみた。チャリTって受注生産ものが多くて、期間限定のものがほとんどなので、いまでも買える管理人のお薦めはこの2つ。

S’CAPADE

REX MEGA SHOP

日の丸と頑張れが付いてなくて、収益が100%寄付されるってところがミソ。っていうか、だったら義援金の箱に入れれば100%寄付になるじゃんって話なんだが、ポイントは趣味と実益。

管理人の場合、趣味=買い物、実益=物欲なんでね(^_^;) それを程良く満たしながら、なおかつせっせと寄付したいわけだ。そのほうが細く長く続けられるし。ゆえに復興支援買い物マラソン状態になっているってわけ。経済効果もあるしね。とにかくいまは金使わなきゃ。せっせと稼いでせっせと使う。これぞ、愛国心溢れる日本人のあるべき姿よ!

と自分の行動を正当化したところで、続いて食い物編。


買ったぜ、バケツプリン。どーだ参ったか( ̄‥ ̄)=3 フン

なぜいまバケツプリン? と思われるだろうが、この店、福島の被災地にあるのだ。大好きなプリンを食べて被災地復興支援のお手伝い♪ 千載一遇のチャンスじゃん(←要は買う言い訳が欲しいだけの人)。他にも色々スイーツを同梱して、管理人的には非常に満足(^_^)v

あとこんなん↓も買った。


この店は被災地のど真ん中、塩釜にあるのだよね。前からちょくちょく買っていたのだが、場所が場所だけに従業員の安否さえわからない状態だったが、今月に入って、再開のお知らせが届いた。周りは津波の被害で大変なことになっていたらしいが、奇跡的にこのお店は無事だったのだとか。もちろん、働いている人たちは家を流されてしまったりいまでも避難所暮らしをしていたり、それでも、働く場があってある程度収入があれば、震災前と同じ生活にはならなくても、時間はかかっても、それでもまた元の暮らしに近い生活はできるようになるにちがいない。

働きたくても会社が流されてしまったり、失業者だらけになってしまった被災地の経済復興が急務だと思うのだよ。義援金や支援物資や、そういうものが届いているあいだは良いけれど、この状態だと日本中が本気で大不況に陥るかもしれない。そうなったら復興支援どころじゃないわけで、そうなる前にせっせと金使って被災地域に金を回していきましょう。どうせ東北には支援物資の輸送でたくさんトラック行ってるんだからさ。その帰り車に山ほど特産品を積んできてもらって、それを被害を受けなかった地域がせっせと消費すれば一挙両得じゃん?

政府とか役所とか、あまりに動きが遅いからさ。やれ復興税新設だとか首相退陣しろとか、寝ぼけたことばかり言っとるからさ。お上の指示を待ってても、ほんと埒あかないなと、今回つくづく思ったし。

それより庶民が一斉に動きだした方がよっぽど成果が上がるのよ。震災だ、さてどうするよ? となったとき一斉にみんながとにかく節電だってコンセント抜きまくった結果、大規模停電はなんとか免れたじゃん? その後の計画停電も思ったよりずっと短期間で済んだじゃん? 100億円ポンと寄付できるほどお金持ちじゃないけれど、大勢の人間がちょっとずつ知恵を使って色々やれば、塵も積もれば山となるのだから。

こういう時って管理人のようにたいした力もない一般庶民が、よく考えて行動するのが一番だと思うのだよね。毎日のお買い物……どうせ買うなら被災地域の経済が潤うようになるべくそっちに金を流すよう、ちょっとだけ考えて、ちょっとだけいつもより気前よく金使って、そういう積み重ねがけっきょくは被災地支援の大きな糧になる。お酒が好きな人なら、ちょっと贅沢に東北産の日本酒飲んじゃうとか、米を買うなら東北産のなおかつコシヒカリいっちゃうとか。

みんながふだん通りの生活を送って、ただそこにちょっとだけプラスαで被災地支援をつけ足していく。

本が好きな人なら、こんな本↓もあるし。





音楽好きなら、こういうCD↓買ってみるもよし。


ロックが好きならこんなんもあるし、MP3のダウンロード版で色々なアーチストが楽曲を提供してる。
復興支援の名の下に、心おきなく金使ってとにかく経済の活性化♪ 大変な時期だけど、そのなかでもそれなりに楽しんで、前向きに生きていかんとね。キーワードは趣味と実益ですよ、奥さん。好きなことなら、誰だって言われなくても続けられる。

ふふふふふふ……プリン、来週届くって♪……ふふふふふ……た・の・し・み(^_^)v

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Compassion

ペットの救済にも手を貸しましょうと名乗りを上げたある自治体の行動がちょっとした議論を呼んでいる(こんな話)。管理人に言わせれば、やっぱり来たなって感じだ。こんな大変なときに畜生の話なんて!と騒ぐ連中は必ずいる。んでもって、それに対して「人命も動物の命も平等だ」と反論する人たちが必ずいて、だったら、牛や豚を殺して食べてるおまえらは何なんだっていう堂々巡りの議論が始まるのだ。もう、いつものお決まりのパターン(ため息)。

今って大変な時期じゃん? だから無駄なエネルギーは使いたくないし、内輪もめしている場合じゃないから、こういう結論の出ない議論はあさっての方にうっちゃっといて、純粋に管理人はこの武雄市の取り組み、凄く良いと思うのだよね。是非とも同じような自治体がどんどん出てきてくれれば良いと思う。まっ、今回多少なりとも叩かれたから、怖くて言い出せなくなる自治体の方が多いと思うけど(-。-) ぼそっ ほら、お役所仕事の基本は、誰にも突っ込まれないように、とにかく目立たないように行動することだから。

上のページをよく読んでもらうとわかるが、じっさい武雄市がやろうとしていることは、うちの市では積極的に動物も受けいれますよと宣言しているだけで、じっさい動くのは市内の愛護団体なのだ。別に税金使ってシェルター作って市の職員が運営すると言っているわけじゃない。なのに、どうして「人間だって命が危ういのに動物助けてる場合じゃない」ってクレームがついちゃうのか、まったくもって理解不能だ。そりゃ確かにね、二足歩行の被災者には一切住居も避難場所も提供しないが、犬だけには公営住宅を斡旋しますというのなら、ブンブン怒ってもらってかまわない。でも人間に対する支援もちゃんとやってるわけじゃん? たまたま他の自治体がやってないことをしたからこの部分だけがニュースで取りあげられちゃったというだけで、犬の受けいれ=人はおざなりって思い込むことじたい、単純思考すぎると思う。

人間をホームステイさせるには、やっぱりそれなりの覚悟とスペースがいる。他人と一緒に暮らすわけだから、快適に過ごしてもらうためには、自由に使えるような部屋を少なくとも1部屋以上確保して、プライバシーを尊重してとか色々考えると、被災者のかた、どうぞ我が家にお越しくださいって言える家庭はそれほど多くないだろう。だが犬だったら庭にもう1頭繋いで飼えますよとか、室内でもケージ1つ用意すれば受けいれられますよという家は多いのだ。そういう家庭と、じっさいペットと一緒に暮らすことができなくなって困ってしまっている人たちのあいだを繋ぐコーディネーター役として、自治体が広報の窓口になることじたいクレームつけることじゃないっしょ?

ちなみにこの議論の発端となった記事に対しても、管理人は一理あるなと思っているのだ。誰彼かまわずいい顔しようとするから、こんな事態になってしまっていて、「捨てる勇気」を持つべきだという議論にはなるほどなと思うのだ。「野犬化する犬は処分すべき」って議論は極論だけどね(-。-) ぼそっ じっさい、この人被災ペットが抱えている問題をまったく理解してないし。

「野犬化する犬」っていうのは、おそらく原発の避難地域で放し飼いになっている犬たちのことを言っているのだと思う。それとは別に津波の被害を受けた地域では避難所にペットが入れないから、飼い主さんと一緒に暮らし続けることができないっていうもう1つの問題が起きている。武雄市が手を差し伸べようとしているのは、どちらかというと後者のほうの話で、野犬化云々の話は福島の話でさ、それを一括りにしちゃうと、話がややっこしくなるわけだ。まっ、福島の犬についても人間がよけいなことしなきゃ、元もと犬たちが放し飼いになることもなかったわけで、その罪滅ぼしとして一部の人間がそこに手を差し伸べること自体、悪いことではないと思うのだ。だいたい、放し飼い=野犬と思いこむのは素人考えで、イエイヌだった個体を外に放したって、1カ月程度じゃ野犬になるわけないし。もしほんとうに野犬化しているのなら、現地に入っているボランティアが簡単に捕まえられるわけないし(-。-) ぼそっ

っていう細かい部分は犬バカゆえにわかることで、これをいちいち一般ピープルに説明する必要もないとは思うが、要は管理人が言いたいのは犬に助けの手を差し伸べると言ったとたん、人間だって困ってるのに犬の話じゃないだろうっていう議論が出てくること自体、すご~く物事を単純化しすぎてるんじゃないのってことなのだよね。

じっさい、いまは多くの保護団体が現地で活動を続けている(全部じゃないけどその一覧)が、この人たちが助けているのは四つ脚だけなんだろうか? 確かに物理的に助かってるのは四つ脚だけだが、そのうしろに、この動物たちを飼っていた大勢の飼い主の姿が管理人には見える。津波で生き別れになったうちのコを探そうと、必死で歩きまわっている飼い主さん。すぐ帰れると思って置いてきてしまったペットの安否を気づかう飼い主さん。家や家族や友人を失って失意のどん底にいる人々にとって、たとえ法律上はタンスと同じ扱いの畜生であっても、その無事がわかっただけでほんの少しでも慰めになるなら、そしてそのために力を貸せる人がいるのなら、その行動に文句をつけるのは筋違いだ。

こういうときに、「人命も動物の命も平等だ」なんて議論は無意味だと思うのだ。平等だと思うか思わないかは人それぞれの考え方で、そんなことを言い争っても結論が出るわけはない。だが、とりあえず今行動すれば助けられる命があるなら、それは助けたほうが良い。なぜなら野生以外の動物には必ず飼っていた人がいて、飼っていた人にとっては、単なる畜生もタンス以上の意味を持つのだから。

この記事を書こうと思いついたとき、最初に頭に浮かんだ言葉はCompassionだった。ええっと、日本語にすると何だ? わざわざ辞書までひいちゃったんだが、Compassionの持つ意味を一言で言い表せる日本語はたぶんない(色々な意味はここを参照)。こんなときに犬猫なんて、と憤っている人にとっては苦々しい現象だろうが、じっさい現場で活動して人たち以外にも、多くの人が被災ペットの救済に手を貸している。物資をせっせと送ったり、一時的な避難所を提供したり、迷子ペットの情報を拡散させたり。そういう人たちは全員、管理人と同じようにCompassionを感じているのだ。人は、自分がやってもらったら嬉しいと思うことを、人に対してしてあげたいと思うものだから。

なぜ今動物? だって人間だって困ってるのにと単純に考える人にその理由を説いたところで、たぶん理解はされないと思う。動物と一緒に暮らしたことがない人や、元もと動物嫌いの人、チワワが死んだらまたチワワを買えば同じじゃん? としか思わない人にとって四つ脚はしょせん畜生でタンス以上の価値などない。だがCompassionを感じてしまうと、やっぱり放ってはおけないのだ。たとえば被災地に物資がまったく届いていないのなら、人間用の米や水をまず先に届けるべきだというのはちゃんとわかっているのだ。でもペットフードやグッズを送ったからといって人間用の支援物資の流通の邪魔にはもうならないでしょう? 逆にそうなる時期をちゃんと待ってペットの支援は始まったのだから。

だから、そういう活動を止めろというのはお門違いだし、そのためにあっちこっちのサイトにクレームつけて回ってる暇があったら、大切な人間様のために自分が何かすれば良い。ペットもどうぞ、一緒に受けいれ枠をご用意しますよと言ってくれる自治体や、どうせ誰もいない町に入って放浪している動物たちを保護して回っている人々はとくに人間のレスキューの邪魔になってるわけじゃないじゃん? それより写メ撮りに被災地に出かけていって渋滞引き起こしてる馬鹿者どもたちのほうが、よっぽど人命を救う邪魔をしている。

それでもクレームつけて回る人間は、けっきょくのところ暇なのだ。だから、そんな奴らは放っときゃ良い。反論するのも時間の無駄だし、そんな暇があるなら誰かを助けるために動いたほうがよっぽどマシだ。

日本人ってほんらいは生き物すべてに対して敬意を抱いている国民だったのだと管理人は思うのだ。だって狐とか神さまにしてるじゃん? ヘビも祀ったりしてるじゃん? これって西洋的な考え方だと想像を絶することなのだよ。すべての命あるものを敬い尊ぶ文化って決して悪いものじゃない。そういう文化が根づいているからこそ、日本人は自然と巧くつき合ってこれまで生きてきたのだから。ちょんまげ切って、洋服着て歩くのはけっこうだが、そういう良い文化をわざわざ捨てることもないと思う。人に対してと同じように、すべての生き物に対してもCompassionを抱くような鷹揚な日本人の良さは世界に誇って良いものだと思う。

なのでね、まあ堅いこと言わずにさ、できる人ができることすれば良いじゃん?

だって今は大変な時期で、みんなとっても困ってるんだもの。だったら、できる人が、できる範囲で助けの手を差し伸べれば、それで良いんじゃないですか?

こういう思いをする人が1人でも減るように、署名活動に御協力を!

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

うどん人生

あの震災から早くも4週間である。

このタイミングでやってきたドデカイ余震にまったく気づかず、話題に乗れなくてちょっと寂しい管理人なのだ。東京もけっこう揺れた……らしいんだが、ボーッと風呂に浸かってて魂飛ばしてたせいで、地震があったという事実にすら気づかなかった。

風呂から出てきたら、世間はてんやわんやの大騒ぎで……目が点。

もしかしたら管理人、関東に直下型の大地震が来て家が潰れても、瓦礫の下で寝腐ってるかもしれない。ありえないほど鈍感な、そんな自分が愛おしい(^_^)v

で、1カ月前は何してたかなと考えていてふと思いだした。そう言えば、姫ちゃんの椎間板ヘルニア騒動で大騒ぎしてたじゃないか……と(この話)。で、あれからほぼ1カ月経って、姫はいまどうしているかと言うと……

20100930 034
台所に立って、自炊するまでに全快(-_-)

けっきょく1週間ステロイドを投与して、痛みがほぼ治まった時点で、薬をいったん切ったのだ。だがすぐに痛みが復活。またステロイドを飲ませて、このまま一生薬を飲み続ける生活かと覚悟したが、幸いその後は再発していない。ほぼ3週間絶対安静を貫いたせいか、今は朝夕の散歩くらいならふつうにこなせるまでになった。

しばらくは、ほんとうにトイレだけに庭と隣の公園に行く生活で、その後はバギーに乗せて、遠いほうの公園についたらちょっと歩いて、また帰りはバギーでご帰還みたいな生活だったんだがね。バギーの乗り降りのたびに姫を抱きあげていたせいで、今度は管理人の腰痛が再発なんていうおまけまでついた(。_ _)

だが、その後ほぼ元の生活に戻れたので、けっきょく椎間板ヘルニアについては様子見の状態が続いている。

お医者さんからは、またいつ酷い状態になるかわからないし、今度なったら、それこそまったく歩けなくなる可能性もあると脅されてはいるんだが……。

椎間板ヘルニアを悪化させるのはとにかく散歩で、散歩に行かないというのが最良の方法らしいが、でも姫は散歩がとにかく好きなんだよね。あっちこっち歩きまわって、色んな臭いを嗅いで回るのが生き甲斐の姫だから、けっきょくは無理のない範囲で散歩はふつうにして、あとはなるようにしかならんわという、いつものお気楽モードでいくことにした。

確かに歩けなくなったら大変だが、かといって犬生最大の楽しみを奪ってしまうのも、何か違う。

要はQOLなのだよね。嬉しいこと、楽しいことがたくさんある一生を、できるだけ長く続けていく。この辺りは飼い主自身の人生観なのだと思う。色んなこと我慢してとにかく長生きを目指す人もいるだろうが、管理人は昔から、太く短いうどん人生を目指すタイプだしね。

ゆえに我が家の四つ脚もうどん犬生で良いのだ。こういう飼い主に巡り会ってしまった以上、奴らには、こういうもんだって諦めてもらうしかないだろう。

体重を落とすことが必要なので、本来ならばアバラが出るまで激しくダイエットもしなければならないのだが、この辺りもうどん犬生なので、おやつはそこそこ食べさせている。その分、ご飯は凄く地味だがね。ええ、今やうちのコたち、ベジタリアンと言っても良いくらい野菜と植物性タンパク質ばかりのご飯です。フードなんて申し訳程度にしか入ってないから、ドライフードがぜんぜん減らない。でも美味しいおやつは毎日ちょっとずつは食べている。この辺もQOLってことで、これが我が家のやり方なのだ。

身体に良いマズイもん喰って100歳まで生きるより、美味しい物食べて濃厚な50年を生きるのもまた、いとおかし。正確な歳はわからないが、どう考えても姫はとうに10歳は越えていると思う。ということはもう立派な老後じゃん? だから好きなことをして、好きな物を食べて、寿命がくるまでそうやって生きていければ、それで良いと思うのだよ。

そんなこんなでけっきょくは、ほぼ以前と同じ生活を送っているというわけだ。体重としては減ってないんだが、身体が締まって筋肉がついたせいか姫も身軽になっちゃってさ、餌皿を手に持ってヨロヨロ歩いている管理人に(←管理人の腰痛はまだ完治してない)飛びついて、管理人がよろけた隙にすばやく餌を奪いとるなんて技も最近は使うしね(-_-) 

コイツのどこがどう重病犬なのか、是非ともお伺いしてみたい( ̄‥ ̄)=3 フン

20110404 022
品質の高い犬生は、マックポテトのある犬生

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ちょっといい話

久しぶりに、本気で嬉しくなるニュースを観た。


たぶんものすごく嬉しかった理由は、犬が本気で喜んでいたからだ。

救出された映像を観たとき、半分くらいしか嬉しくなかったのは、この犬、この先どうなるんだろうとそっちの不安が先に立ったからだろう。

ポセによく似た中型のド雑種。

飼い主さんが無事なら良いが、そうでなかったら、どうなる? 逆にマスコミに取りあげられた犬は、うんざりするほど大勢の人が「引きとりたい」って名乗りを上げるし、それはそれで苦々しいとかねがね思っていただけに、正直複雑な思いだった。

でも、元の飼い主さんも無事で、また一緒に暮らせるって、それがやっぱり何よりだよね♪

動物を飼っていない人には決してわからない感覚だろうが、飼い主にとって四つ脚の存在というのはとてつもなく大きい。法律上は単なる物だが、家に帰ったときに身をよじって喜ぶタンスなんていないし(-。-) ぼそっ

このタンスのために頑張って、また元の暮らしを取り戻そうって思うこともおそらくないし。

法律上は単なる物だが、物以上の意味を持つ四つ脚の家族との生活を、1人でも多くのペット飼いの被災者さんが続けていけるように。同じペット飼いだからこそ、そのお手伝いをしたいと思う。

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』に御協力を!

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

花見しようぜ!

電気が余っている時間帯に仕事をするのが節電である、と自分を正当化しているせいで、完全に昼夜逆転して中東時間の生活になってしまった管理人である(-_-)

で、目が覚めたらやたらと良いお天気だったので、犬たちを引き連れて今年最初の花見の宴をやってきた。

20110404 006
まずはマックで食料調達

20110404 037
んでもって、満開の桜の下で

20110404 018
オバサンの攻撃を避けながら、ビッグマックを喰らう

ナイスヤザワなアタクシたち♪

だが、一般的にこういうことはイケナイこと……らしいんだよね(ため息)。「飲みに行こう!」って言っただけで不謹慎だって言われちゃうらしい(「誰のための自粛なの?」乙武洋匡の"不謹慎厨"に対する思いとは!?)。

嗚呼、まったく鬱陶しい(-。-) ぼそっ 「自粛しろ」って人に言う時点で、それ自粛じゃないから。

ほんと、誰のための自粛なんだか誰か説明して欲しい。っていうか、自粛自粛で誰もが家に閉じこもってて、それが被災者のどんな助けになるのか、誰か教えてくださいよ。

ちなみに管理人がヘラヘラお花見を決行する理由は、それが最終的には被災者の助けになると考えているからだ。その理由を延々説明しても良いんだが、まさに管理人が思ってることがそのまま記事になっていたので、こちらを読んでいただけると、非常にわかりやすいと思う→東京都民よ!「自粛」なんかよして、花見に行こうぜ!

地震での直接被害、原発の被害、経済的な打撃の3つのうち、この国とって一番厄介な問題は、最後の経済的打撃だと管理人は思うのだ。被災地の復興には金がいる。原発の被害を食い止めるにも、その被害者を救済するにも、やっぱり必要なのは金だよね。ところが国全体の経済が落ち込んじゃったら、どっからその金持ってくるの? ただでさえ不況なのに、この上経済が落ち込んだら、今すでに困ってる人たちのところにぜったいにしわ寄せがくる。けっきょく、今回の被災者が一番の被害を被ることになる。

時計の針を震災前に戻すことはできないから、最初の2つに関しては、今更どうしようもない。ただひたすら復興のために働いていくしかないと思う。でも経済の落ち込みについてはさ、今からでもなんとかなるじゃんか? 個人消費をちょっとでも上向きにすれば、小さくともそれなりにインパクトはあるはずだ。

むろんこんなときに不謹慎だと思う人はいるだろう。それは個人の自由だから、無理やり花見をしろとは言わないし、不謹慎だから家に閉じこもって自粛してたいなら、家で泣こうが祈ろうが好きにすれば良いと思う。でも東電管区内に住んでいるなら、電気はつけないでね。テレビもPCも全部落として、勝手に独りで泣いててくれ。

でもじっさいはそうじゃない。不謹慎だから自粛すべしって、他人のサイトやつぶやき見て、いちゃもんつけまくってる奴らがいるんだ。そんなことしてる暇あったら、義援金集めのボラでもやったら?

まったくもって、鬱陶しい( ̄‥ ̄)=3 フン

こういうご時世だから、自粛ですっておとなしくしてる方が、そりゃ絶対的に楽なのだ。叩かれることもなく、批判されることもなく、とりあえず周りの出方を伺ってさ、確かにそのほうが気楽だが、なぜ今自粛なのか、その意味と、意義と、その結果起こるであろうことをちゃんと考えた上の行動ですか?

不謹慎だと罵られようが、被災者の気持ちを考えない鬼と呼ばれようが、少なくとも管理人はちゃんとした考えがあって敢えて自粛することを自粛してる。だから何を言われてもチャラチャラ生活は止めないよ。不謹慎? それが何か? と何があっても言い返す。

日本人は争いごとを好まない、協調性のある民族だと言われる。確かに何だって、はいはいって周りに合わせておくほうが良い場合だってあるだろうが、こんなときに、こんなところで団結心見せてどうするよ?

花見している人が目障りなら、見なきゃ良いじゃん? 花見をしないのは勝手だが、それを他人に強要すべきではないっしょ?

団結心といえば話は逸れるが、福島、茨城、千葉辺りの農作物に関する風評被害も原因は同じなんだよね。放射能が降ってるから、何か危ない気がするって漠然とした恐怖に踊らされて大勢がこの地域から送られてくる野菜を全部敬遠するせいで、都心のスーパーでは、今やこの3県の農作物はほとんど見かけなくなってしまった。野菜の卸値が、たとえば茨城産というだけで、半値まで落ち込んでる。

地道だけど野菜を買ってご支援しようと思っても、売ってないんじゃ買いようがない。

まっ、それでも管理人は買ってるけどね。南の島のあの人に教えてもらったこのサイトから、野菜とお米をお取り寄せ♪
銀座界隈にお出かけの際には、こんなイベントもやってるよぉ~ん(^_^)v

もうさ、今回の一連の騒ぎ、確かに引き金になったのは天災だったが、そのあとは全部人災だらけ。こんな大変なときにほんと、人災はいらないから( ̄‥ ̄)=3 フン

あまりのことに被災地からのこんなメッセージもアップされてた。


福島や茨城の野菜の話でも同じだが、同じ東北の県内だって、今回あまり被害を受けてない地域もたくさんある。そういう場所が潤えば、被災者の雇用にも繋がるし、自治体の懐が潤えばそれだけ復興支援の資金も潤沢になる。

被災者を助けたいと思うのなら、1回義援金出してハイお終いでは済まないのだ。少なくとも、今回の規模の災害には1回切りの義援金だけでは何の役にも立たない。継続的に支援しようと思ったら、支援する方に余裕がなければ駄目じゃんか? その余裕を持つには国の経済が健全でないと駄目っしょ? そのために、この時期に敢えて経済を活性化させることにはぜったい意義があると管理人は思うわけ。

だから東北の美味い一升瓶下げて、福島や茨城の野菜使ったお弁当広げて、復興支援大お花見大会バンバンやったれば良いのだよ。被害を受けてないわれわれが、元気に派手に盛り上がらねば。都知事の椅子に座ってるあの爺さんが何と言おうが、胸を張ってお花見しようぜ!

20110404 035
アタシは花より団子

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ふつうの暮らし

あっ、そう言えばうちのコたちは元気です(^_^)v

20110330 025
♪ジュリアナとぉきょぉぉぉ~♪
って雄叫びが聞こえそうなボディコンオバサンも

あいかわらず変な服着せられてるお坊っちゃまも
20110330 009
放射能が降ってくるから、お散歩にはいかないほうが
良いんじゃないか……と……

大丈夫です、これはNASAが開発した新素材ですから

ほんとうですか?

嘘です(きっぱり)。

放射能が降り注ぐと騒いでいる連中を尻目に、毎日元気にお散歩行って、スーパーに売ってる野菜をふつうに買って、水道水で洗って食べて、立派なウンをモリモリっと出して。申し訳ないくらいにふつうの日々を送っている。

飼い主のほうは、あいかわらずマニアックに節電を遂行しているが、電気なんかなくても犬猫はぜんぜんふつうに見えるしね。最近の東京は納豆とヨーグルトが品薄なので、朝ご飯のメニューが変わってしまったが、それを除けば犬猫にとっては至ってふつうの生活。

20110402 011

ちなみにチビ姐さんもお元気で、せっせと長寿記録を更新中だ。昨日のように天気が良いと、自ら志願して散歩にも参加している。

20110402 009
いたって平和な春の日

な~んかさぁ、犬猫見てると思うんだよね。なんで人間ってこうしょっちゅう騒いでいるんだろうって。被災者の皆さんはともかくさ、少なくとも東京近辺に住んでる人間は、別に大騒ぎする必要もなかんべと思う。

見えない恐怖、放射能の脅威とか言ってるけど、少なくともこの辺りでは被害が出るわけはない。色んな文献読んでみたけど、で、どれも難しすぎてよくわからなかったんだが、でも1つ確実にわかったことは、放射能とやらが、たとえいま身体にちょびっとついても、だから明日死ぬってわけじゃないってことだ。

蓄積っていうのが、どうやらキーワードらしい。

たとえば一瞬東京の水にも、規制値以上のものが混ざっていたが、それを1回飲んだからって、血吐いてその場にばったりってことじゃないわけじゃん? なのになんで、みんな大騒ぎしているのやら(-。-) ぼそっ

万が一バッチイ物が身体に入っちゃって、それがしっかり蓄積しちゃっても、何が起こるかっていうとガンになるってことだけじゃん? いずれにせよ今の日本では2人に1人はガンになってるんだよ。その確率が0.何パーセントか増えたからって、この世の終わりみたいに騒ぐ必要はない。

という前提の元に、我が家では二足歩行も四つ脚も水道水を平気で飲んで、ふつうのカッコで外に出かけて、ごくごくふつうの日々を送ってる。

原発付近の溝にバッチイ水が溜まってたとか、それが漏れてて海に流れてるとか、毎日不穏なニュースばかりだが、でもパニックしたからって意味ないし。もうなるようにしかならねぇ~よって、そんな気分。今更言っても仕方がないが、このまま汚染が広がって、原発付近に住んでた人たちが家に戻れなくなっちゃったら、本気で申し訳ないことをしたなと、電気をさんざん使わせてもらった身としては、ほんとうにごめんなさいと言いたいけどね。

ただ管理人が土下座して謝ったところで、放射能が消えてなくなるわけではないから、せめてせっせと節電生活。あとは風評被害で近隣の農作物が売れないなんてことがないように、せっせと福島産や茨城産や千葉産の野菜を買って食べる生活。

まっ、小市民にできることは、こんな些細なことだけどね。でもふつうの生活をふつうに送れない人がたくさんいる今だからこそ、ふつうの生活ができるありがたさにきちんと感謝したいと思う。

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

世代交代

昨年はとっておきの嘘でみんなをあっと言わせた管理人だが、今年は良いエープリルフールネタを思いつく前に、してやられたって気分である。

『民主党がお揃いの防災服新調』(2011.3.31 産経新聞)

えっ? これってジョークじゃないの? マジ? 本気でこんなときにおソロでお衣装おあつらえしちゃってる人たちがいるわけ?

何党かはこの際関係なく、金バッチつけてる奴らとその取り巻きは全員、被災地に瓦礫撤去に行ってこい感じだ。ついでに東京電力本店の偉そうな連中と原子力なんとか委員会の奴らも全員、福島の避難地域に救援物資配りに行ってこい( ̄‥ ̄)=3 フン

世代で一括りにするのはいけないかもしれないが、正直、今回の騒ぎで頭に浮かぶのは「老害」という言葉だ。戦後の復興と重ね合わせて訳わからんこと言ってるナベツネにせよ慎太郎にせよ、安全地帯でご託並べるだけの爺さん政治家にせよ、もう良いからアンタら、引退して大人しくしててくれとつくづく思った。

買い占め騒動の主役も、やっぱり同じ世代なんだよね。情報源が少なくて、ちょっとしたことですぐパニックして、なおかつ頑なに以前の暮らしを死守しようとする。うちにも若干2名そういうのがいるからよくわかるんだが、友人たちに訊くところによると、どこの家でも似たり寄ったりらしい。

買い占めに走り、放射能が降ってくると大騒ぎしている親たちを必死で押しとどめる子ども世代って図。

歳をとると、生活を変えられないのは良くわかる。年寄りイジメはしたくないから、あまりドラスティックなことはしたくないが、ただやっぱりある程度は柔軟性を持ってもらわんと。何せ年寄りの数は多いのだから。全員が頑なに動かないって頑張っちゃうとさ、困るんだよね、こっちとしても(ため息)。

それに対して、こいつら、なかなかやるじゃんと今回思ったのは若い世代の活躍だ。管理人たちより下の20代30代の人々ね。ほぼ全員が、当たり前のようにネットを使いこなすこの連中は、ほんとうに動きがす速かったし、適格にニーズを掴んで、どんどん実行に移していった。草食系だの覇気がないだのずっとボロカスに言われつづけてきたのに。でもいざとなったら彼らは凄く逞しかったし、意外なほどタフだった。

やるじゃん、若造のくせに。思ってたよりぜんぜん、カッチョ良いじゃん(^_^)v

頑張って頑張って戦後の瓦礫の中から復興してきて、いまのキラキラした日本を創りあげてきた世代の功績を完全に否定するわけではないけれど、いま「老害」を起こしている世代の場合、成功しすぎてしまったために他のオプションを模索することができなくなってしまったように思う。過去の成功体験にしがみついて、同じようにやっていけばまた同じ結果を得られると思いこんでしまっている。

だが時代は変わっているのだよ。半世紀以上前と同じことを繰りかえしても、決して同じ結果は得られない。

これまでせっかく培ってきたものを否定するのは決して楽ではないと思うが、でもまちがいなく歪みは出てる。いままでは、見ない振りして済ましてきたが、これからはそうはいかなくなった。だから世代交代しなければね。政治の世界も産業界も、本気で、世代交代を考える時期だと思う。

とにかくパワフルで、気が遠くなるほど元気な高齢者世代と、淡々と生きてるわりに、実はけっこうしっかりしてて、柔軟性があって、意外に逞しい若者世代と、その間に挟まれた中年世代の管理人たちは、じゃあどうなっていくのかなとふと思う。

上からは押しつけられ、きっと下の世代からはつき上げられて、でもとりあえず広報官として寝ずに記者会見続けてる枝野さん、もろに管理人とタメですから。なんか親近感湧くんだよねぇ~。まあまあって、あっちこっちなだめて回ってさ。酷いこと言われても、切れずに対処してさ。30代の頃とは体力が違うから、寝てないと辛いよね。気が遠くなりそうになるよねって、記者会見を観るたび思う。

旧時代の人々が去っていったあと、新しい世代が出てくるまでのリリーフ役。高度成長時代の申し子は、そんな役割を担うのかもしれない。ほぼ半世紀、思いっきりチャラチャラ生きてきた世代だから、最後までそのノリで、おちゃらけて、ご陽気で、楽天的でいられればいい。あんま役には立たないだろうけど、でもそういう世代がいても良い。

それでなおかつ下の世代に、ちょっとだけいまの歪みを直した形でこの国を引き継げればさ、まっ、それはそれで良いかな……と。咲き始めた桜の下でちょっとそんなことを思う今日この頃。

よろしければ、押してくだされm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。