スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月も終わりだが……

20100930 012
きょうもカイザーは達者です。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

冠婚葬祭

病身のカイを残して管理人が出かけたのはお通夜だった。ゆえにとうぜんのことながら黒い正装姿である。

以前も書いたが、薄い色の毛玉と暮らす犬飼いにとって、ダークスーツでのお出かけは、室内に当たり前のように存在する犬猫の毛から、いかに服を守るかが勝負の鍵を握っている。とくに換毛期で、おまけにすべての服にまとわりつく厄介な毛を放出するポセのようなやつがいる場合、よほどの注意をしない限り、出かける前に黒い服はすっかり灰色に変わっている。

ゆえに、管理人は部屋を出るまでスカートをたくし上げ、どこから見ても変質者のような姿で部屋を出たのである。

たまたま廊下を通りかかった妹に、声をかけられた。

「もしもし、あなたパンツ見えてますけど……」

見せて歩いとんじゃ、放っといてくれ(-。-) ぼそっ

玄関を出るとき、スカートを下ろすことを決して忘れてはならない。ここでうっかり忘れると赤っ恥をかくので注意が必要だ。

んでもって無事お焼香を済ませ帰宅し、門を開けようとしたとき、暗闇の中から、くねくねと身をよじらせながら、白っぽい毛玉が弾丸のように突進してきた。すでに夕食も終え、犬たちは寝ているはずの時間なのに、なんでポセがここにいる!?

いま門を開けたなら、まちがいなくポセは管理人の黒いスーツに抱きつくにちがいない。ここまで命がけで(?)守ってきた黒服に白い毛と泥のパウマークがつくのは避けられない。

すでに10時近かったし、犬猫屋敷の前の道はほとんど人通りもないことから、この場でいつものパンツ見せスタイルになってしまおうかとほんの一瞬心が揺れた。全身を使って飼い主に会えた喜びを表現している愛しのポセを抱きしめてやりたい。だが、思いっきりパンツ丸見えで犬と抱き合っているところを、万が一近所の人に目撃されたら……

幸い、庭の片隅でポセのウンを拾っていたバァバが、のこのこうしろから現れたので、パンツ露出で町内会の皆さんから後ろ指をさされる危険は回避できたが、玄関の前に立つとそこに次の難関が待ち受けていた。ドアのすぐ向こう側で盛大に尻尾を振る2頭のデカ犬(^_^;)

そこには妹もいたのだが、妹の手は2本、犬は2頭、塩をまくには手が一本足りなかった。

「カイと姫は抑えているから、早く入りなさいよ!」

「でも、塩まかなくちゃ! 塩わたすから、ドア開けたら、塩まいて!」

「でも、犬たちが……どーすんのよ?」

「大丈夫、良い? いっせいのせで入るわよ!」

ドアを開けた瞬間、目にも止まらぬ速さでパンツ見せスタイルに変身できた自分の早業に惚れ惚れ。むろん、妹は塩をまくのも忘れて、腹を抱えて笑い転げていたのだが(^_^;)

犬飼いなんて、しょせん信じられないほどバカな生き物である。スカートをたくし上げて玄関先で仁王立ちしている自分の間抜けな姿を想像しただけで、ほんと、バカだなとつくづく思ふ。

そして、必要以上に下半身を露出したせいで、昨晩から管理人はお腹がピーになっている(T_T)

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

近況

東京はずっと雨続きで、あと一歩で完成の干し肉を室内干しにせざるをえず、すっかり不機嫌な管理人。それに対して、連日の涼しい陽気にカイは今日もご機嫌で、朝から缶詰め肉をかけたドライフードをガッツリ完食。

カイはすっかりふつうの貧乏飯を食べることにしたらしい。お陰で連日ビューティフォーなウンが出て、飼い主も一安心だ。

考えてみれば、異常に暑いあいだは肉食を貫いていたが、気候が良くなったとたん、ふだんの食餌に戻ったあたりが面白いなと思うのだ。

体力を消耗する暑いあいだは身体が栄養を欲していた。ところが涼しくなると栄養過多がかえって胃腸に負担をかける。カイ自身が好んでそれを選択したというあたりが、すごいな犬って動物は。

今日は、よんどころない事情があって夜ちょっと出かけなければならないのだが、この調子なら数時間留守番させても平気だろう。じゃっ、管理人さん出かけてくるから、カイちゃん、良いコでお留守番しててねぇ~

20100925 004
アンタ、どこ行くの?
姫、寂しくなっちゃったら、アンタのバラード、歌って良い?

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

世話

カイの足の裏の毛が伸びていたので、切ってやった。

ディーもカイも、中途半端に長毛なので毛の手入れには、やっぱり時間がかかったよなといまさらながら思いだす。

パピーの頃は、ひとっところに落ちついていることがなかったので、毛を刈るだけでも一騒動で、どちらかの毛を刈っていると、もう1頭がそばで暴れて、けっきょく刈った毛が部屋中に散乱して悲惨なことになったものだ。

忙しいときには面倒くさいと思ったそんな世話も、いまは、それをできること自体が嬉しいと思う。カイが部屋の中央に下痢便まき散らしても、いまの管理人はご機嫌だ。

世話ができる、手がかかるということは、生きているということで、それってものすごい幸運なのだとふつう人は気づかない。気づかないで、ついつい贅沢な文句を言うのだ。うちの犬は芸も覚えない、躾も入らない、トイレを失敗するバカ犬だって。

文句を言って、イライラして、そんな日々を送るには、犬との暮らしは短すぎる。だって、たいていは10年かそこらだもの。前向きに楽しまなければもったいない。ましてや、バカ犬だからもういらないって放棄したり、飼っていても餌をやるだけの飼い殺しにするのはもったいない。

犬と暮らせるほんの短い時間を、やっぱり大事にしないのはもったない。

20100925 002

面倒くさいと思っていた世話が喜びに変わるとき、人は無駄に過ごしてきた時間を心の底から後悔する。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

お袋の味

空気が乾燥していて、気持ちの良い秋晴れのせいか、きょうのカイは朝からかなり調子が良い。朝食には、他の犬たち用に作ったドライフードの納豆がけを一気食い。

高かった高級缶詰めの立場はどうなる!? とついつい愚痴りたくなる管理人である。

これで良いなら、いつもの質素な食生活でOKってことじゃん? 缶詰めに費やした涙が出るような金額はなんのためだったのだ?

贅沢品も、毎日食べると飽きるんだわね(ため息)。ステーキもカニもフォアグラも、ここまで食べつづけると、さすがにありがたみがなくなるってことっすか? 逆に毎日食べても飽きないのがお袋の味ってやつで、ゆえにお母さんの手料理に勝るご馳走はないと昔聞いたことがあるのだが……

それが犬にもあてはまるとは!?

とは言っても、我が家のお袋の味はしょせん一つ器に入れて混ぜるだけなわけで、誰だって作れるところがミソなんだが(^_^;)

開けたのに、カイに拒否された缶詰めはなぜか老猫ホームの食餌として供される。猫さんたちから食費徴収して良いですか? ほら、我が家の家計は犬と猫別々だから。

20100920 066

食欲はあるが、頻繁に下痢を繰りかえすようになっているので、食べ慣れたものを、適量、頻度を増やして食べさせるのがじつは良いのかもしれない。カイ自身もそれを本能的にわかっているから、今朝は納豆ご飯の気分だったのかもね。

いずれにせよ、カイの状態は思いの外安定している。それだけでもありがたいと、ようやく秋がやってきた空を見上げて、お礼を言ってしまう管理人なのである。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

バーゲン心理

お日様は出ていて、空気は爽やか、まさにうってつけの干し肉日和である(^_^)v

いまやカイの食生活の主翼を担う干し肉を安定供給するために、朝からキロ単位の肉の仕込みに余念がない管理人である。今回のロットは……

20100925 013
アキレスとササミと牛ハツとミミガー

何度か作ってみてわかったことだが、この特大の干し網を使うと一気に2kgぐらいは干せるのだ。まっ、形状にもよりますけど。ササミなんかは薄くのばすので場所とるからさ、たぶん1kgも干せないと思うけど。逆に砂肝だとコンパクトにまとまるので、もう一段、他の肉を干すことができる。

今回、ミミガーは初挑戦である。前々回、もっと大きな豚耳は干して大成功をおさめたが、この細切り耳はどんな形に仕上がるか? ちなみにミミガーは500gだったのにとんでもなく大量にあったので、一部を「ジィジの酒のつまみにどうぞ」と分けてやった親孝行な管理人だ。犬のおやつの余りだということは言わぬが華だろう。

前回作った2kgの砂肝は、すでに1ダースほどしか残っていない。2kgの生肉で、どんだけの量の干し肉ができるか計ってみようと思っていたのに、また今回もその間もなくすべてが消費されてしまった。

20100925 014
なんせ、干す前から
スタンバってる奴らがいるし(-。-) ぼそっ

アキレス以外はいちおう火を通すのでそのまま食べてもOKだということを、賢い我が家の犬たちはすでに学習している。ついでに言えば、干し肉には適さない欠片がけっこう出ることも。ゆえに管理人がせっせと網のなかに肉を並べているあいだじゅう、こうして下で待っている。カイなんか、ご飯として差しだされた肉や缶詰めは拒否するくせに、ここで口に入れてもらう場合はどんな肉でも食べるのだ。

そういえば今朝は、部屋でもらった犬餌にはぜんぜん口をつけなかったくせに、キッチンに入れたら目の色変えて同じものを一気食い。ここまで来ると「いま食べないと損だ」感が、カイの命を繋ぐ唯一の手段なんだなとつくづく思う。姫やポセというライバルがいて、競って食べているせいで、いまでもカイはそこそこの量を食べている。ちょっとでも「いらない」って言ったら、他の連中が食べちゃうからね。その刹那的な雰囲気に飲まれて、気づくとけっこうな栄養をとっている。

たとえば、これはまずいとなった時点でカイを入院させていたら、おそらくいまはもう生きてなかっただろうなと思うのだ。最新の医療機器による治療のほうがもちろん効果的なこともあるだろうが、犬にとっては群の仲間と一緒にふだんの生活を営むことが一番の薬になる気がする。

20100925 011
よりによって、こんな写真を使わなくても……


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

長生きの秘訣

かなり涼しくなったので、もう良いかなと空調を止めて、窓を開けたら一気にカイの容態が悪くなった(-_-)

大慌てでまたドライを入れてガンガン扇風機を強で回す。じゅうぶん涼しいっつうか寒いだろうと思うのは毛皮を着てない人間の感覚で、真冬でマッパでいられる犬の体感温度とは、10度はちがうなと改めて思い知らされる瞬間だ。この寒い中、扇風機の風がまともに当たる前に陣取り、保冷剤までつけないとカイには快適な気温とは思えないらしい。

嗚呼、それにしてもさぶい(-。-) ぼそっ

さすがのカイも食欲がすっかり減退しているので、いまや高級缶詰めといえど何でも食べてくれるわけではない。今回買ったロットは、ほぼ全滅ですっかり意気消沈している管理人なのだ。

ウサギと七面鳥とママの手作り感覚リゾットと、またもや大枚叩いたのに、肝心のカイは食べてくれない(T_T)

その代わりと言ってはなんだが、昨日のカイは、姫とポセ用に作ったいつもの質素な我が家の定番メニューを大喜びで平らげた。肉の切れ端が入ったオートミールのごった煮とドライフードが100g400円の缶詰めに勝利する日がこようとは……

まあ最近下痢の頻度が増えているので、食べ慣れているもののほうが、お腹に優しいのかもしれないが。

そういえば珍しいものなら食べるだろうと、わざわざ焼いてやったラム肉のステーキもけっきょく一口も食べなかった。それをみごとに平らげたのは、新しい物好きのあの方だ。

20100921 014
それ、新しいメニューじゃない?
いただくわ

いまや朝晩必ず食餌時間に犬部屋に入ってくる姐さんは、マイ皿まで持ちこんで、すっかり犬部屋に居ついている。そしてカイ用にと用意した珍しい食べ物を次から次へと平らげていくのだ。けっこう脂っこいのでこれは食べないだろうと差しだしたラム肉も、けっきょく独りでほとんど平らげてしまった。

歳をとると、さっぱりしたものが食べたくなるとか、脂っこいものが続くと胃がもたれるなんてことは姐さんには当てはまらないらしい。逆におもしろ半分で妹が買ってきた、こんな缶詰めには一切口をつけなかった。

DCF00009.jpg

姐さん、高齢者用フードって大嫌いなのよね。こんなパサパサしたもん、喰えるかって思ってるみたいで(^_^;)

そういえば、けっこう長生きした父方の祖父ちゃんも最期まで食欲だけは衰えなかったなとふと思いだした。おまけに肉の脂身とかが大好きで、娘たちに「お父さん、そういうのは身体に悪いから止めなさい!」とさんざん言われていたにもかかわらず、けっきょくバクバク食べてた。

同世代の友人たちが、いまや毎日肉なんて食べられないと言っているのを聞いて、朝晩ステーキでもいけるけど、と心のなかでそっとつぶやく管理人。

消化器系はとにかく強い家系なんだわね。人間も、そしてなぜかここに居つくようになる猫も犬も(^_^;)

ゆえに食べてるあいだは大丈夫という妙な神話が我が一族には昔からあるんだと思うのだ。これまた猫も犬も人間も。誰かが病気になったと聞くと、必ず開口一番この質問が出る。

「で、ちゃんと食べてる? 食欲はあるの?」

食べてると聞くと、とりあえずは安心する。逆に何も食べられなくなったと言われたら、最悪の事態を覚悟する。

いまは医療が発達しているので、機械や薬の力を借りて寿命自体は伸ばすことが可能だが、動物ほんらいの寿命というのは、口から食べ物を摂取して、定期的に排泄してという営みができる期間をいうんじゃないかと管理人は思うのだ。動物にとって食べることは、生きるためにとにかく絶対に必要なこと。犬猫の場合はとくに、生きたいという意思の表れだと管理人は思っている。

医者が呆れるほど生存記録を伸ばしているカイにしろ、内臓は疾患だらけで、いまや毎日の薬が欠かせないチビ姐さんにしろ、やっぱり食べてる個体は強い。多少具合が悪くとも、食欲がなくならない動物は、やっぱり長生きすると彼らを見てるとそう思う。

20100921 002
生肉も、美味い♪


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

とつぜんの雷

昨日とはうってかわって、すっかり過ごしやすい気温になった。気温が上がるとてきめんに体調が悪くなるカイも、今日は朝からそこそこ元気。朝食には馬の生肉をガッツリ食べて、酷かった下痢もすっかり止まった。

ここまで病状が悪くなると、ちょっとしたことでバランスが崩れる。崩れたバランスをすぐにもとに戻してやれればまた数日生き延びることができるが、マイナス方向に傾きすぎたときはきっと手の施しようがなくなってしまう。子どものころに観ていた『ダイビングクイズ』みたいなもんだとつくづく思う。正解すればまた1日。誤答の場合は傾斜がどんどんきつくなる。

そう考えると、ここに来てようやく本格的に秋の気温になったのは、まさにカイの運の良さとしか言えないね。過ごしやすい気候のなかで、生肉という新たな好物を見つけたカイは、まだもう少し管理人につき合ってくれるつもりらしい。

で、今日は朝から雷である。

それも、唐突に、爆弾が落ちたようなすごいやつが一発。とうぜんのことながら、ポセはパニックして大騒ぎだった。さすがの管理人もビックリして跳び上がるような強烈な音だったので、ポセが過呼吸になるのもまあしかたがない。

雨が小降りになったところで、とりあえずトイレだけしに犬たちを外に連れて行った。ちなみに、この時点でもまだポセの震えは止まらず、そうとうビビっていたので、どうしたいか自分で選ばせることにした。

「ポンちゃん、オジサンとオバサンはこれから散歩に行くけど、ポンちゃんはどうする? 怖いんならお家でしても良いよ。でも独りでお留守番になるけど……さあ、どっち?」

ちょっと前に外で爆弾が爆発したわけだし、大嫌いな雨も降っていることだし、家に残るのかなと思ったが、けっきょくポセはついてきた。独りぼっちでここに残されることを思ったら、群のみんなと団子になって恐ろしいことが起こっている外に行くほうがまだマシだとポセは考えているらしい。

DCF00046.jpg
皆さんも、できれば外に行かないほうが
良いんじゃないかと……あっ……
敵が攻めてきてますから……

敵ってだれだよ(-。-) ぼそっ

むろん、こういうときには外に出してもポセはウンなんかできる状態じゃない。だから行っても足が汚れるだけであまり意味はないのだが、参加することに意義があるってことで、とりあえずシッコだけして雨がまた酷くなる前にとっと家に逃げ帰ってきた。

その後雷はぜんぜん鳴っていないのだが、震えは止まったものの、さっきのショックから完全に立ち直れないポセはけっきょく朝ご飯にも口をつけていない。ほんとうにナイーブなコだ。ポセの神経はたぶん蜘蛛の糸並に細~い細~い作りなんだろう。

それに対して鋼鉄のワイヤーロープ並の神経をお持ちのこのかたは……

DSCF2955.jpg
えっ? 雷? そんなの鳴った?
姫、新曲の『秋のエチュード』歌ってたから
気がつかなかったわ!

かつては、あれほど雷嫌いで、パニックしてドアを突き破ったことすらあるんだが……。いつの間にか姫さんは雷嫌いを克服したらしい(^_^;) むろん、いまだに外を歩いているときに雷が鳴ると驚いて慌てて帰ろうとするのだが、少なくとも室内にいるときは雷が鳴ってもほとんど反応しなくなった。

家の中にいれば安全だとついに学習したのだろうか? それとも、歳のせいで耳が遠くなったのか?

ポセも、いつかは雷嫌いを克服できる日が来るのだろうか? それより前に、まずは散歩が好きになる日が来るのか?

病犬騒ぎと暑さのせいで散歩をサボっていたせいで、すっかり振り出しに戻ってしまい、門を一歩出ただけでビビリまくるポセを見ながらどうしてもため息を禁じ得ない管理人なのである。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

干物女

また夏かよ( ̄‥ ̄)=3 フン

今日の東京はまたもや猛暑日である。干している肉がよく乾くというメリットを感じられなければ、暴れてしまいそうなくらい暑くて不快。

これだけいきなり気温が上がると、カイの具合もガタッと悪くなる。昨晩から断続的に高熱が治まらないし、今日は朝から下痢してるし。ゆえに管理人も寝不足だ。ああ、不愉快。とっととブログ更新したら、お昼寝しよ~っと。

今週は明日明後日と雨になって、気温もぐっと下がるらしい。次の干物の仕込みは、日曜だな(-。-) ぼそっ

で、昨晩、風呂にゆっくり浸かっていると姫の絶叫が聞こえてきた。管理人が長時間部屋を留守にすると、姫が騒ぐのはいつものことだが(←あいかわらず絶叫癖は直ってない(^_^;))なんか、声のトーンがいつもとちがう。寂しくて鳴いているんじゃなくて、怒っているというか、苛立っているというか。

ポセに、廊下が見える特等席を先にとられると苛立って騒ぐことはいままでもあったので、たいして気にも留めず、風呂から上がり、髪を乾かして部屋に戻ってみると、姫が干し網の端を口にくわえ、必死に引きずり下ろそうと格闘していた。

何しくさっとんじゃ、テメェは(怒)

夜に取りこむ干し肉たちは、けっこう低いところに吊してある。

DSCF4381.jpg

この位置だと、クーラーの風と、扇風機の風がまともに当たって乾きが良い。ソファに犬がのれば、簡単に届く場所に網をぶら下げておくのはもちろん危険だ。とくに、姫のような犬が部屋にいるケースだと。

だが、姫は決して何があっても生肉は食べないのだよ。ゆえにこれまでは、半生の干し肉がこの位置に干してあっても見向きもしなかった。

今回、1日早く干しはじめていた牛のハツがあったので、それが良い具合に完成していたのを姫は見逃さなかったわけだ。

姫が盗みを企てるのは、干物が食べ頃になった証拠である。

DSCF4264.jpg
干し肉Love

最初この干し網を買ったとき、ほんとうにこれでカラスに盗られずに肉が干せるのだろうかと不安に思った。だって、ちょっと突っつかれたらすぐに穴が開きそうだから。だが今回、姫が、力一杯引っぱっても穴も空かなかったことで、この干し網の耐久性がみごとに証明された。っていうか、それを証明したところで、何が嬉しいんだって話だが(-。-) ぼそっ

これからは、もっと高い位置に網を吊さねばならぬだろう。姫のことだから、きっとまたやる。引っぱっても引きずり下ろせないし、網も破けないとわかったら、今度はぜったいチャックを下ろすやり方を自力で習得するはずだ。

お天気に左右され、その上夜は盗っ犬から肉を守らねばならぬのだから、干物作りも楽じゃない。この苦労があるから、市販のおやつはあんなに高いのね!(←それは、ちがうと思う)

ちなみにタイトルの干物女だが、一般的には干物作りに凝ってる女のことではないらしい。その定義を知りたい人はここをどうぞご覧あれ。自慢じゃないが、管理人、5つ全部チェックつきましたから(-。-) ぼそっ 悪かったね、干物女で。友人たちのあいだでは、「干物女が干物作ってるよ、プップッ」って言われてますから。

放っといてちょうだい( ̄‥ ̄)=3 フン

これもすべて、愛しの我がコにたんと食べさせるためなのだから。

強すぎる太陽の光を全身に受け、良い色に焼き上がっている砂肝とササミを見つめ、満足そうな笑みを浮かべる干物女なのである。

DSCF4316.jpg
暑いのはつらいです。


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

犬飼いの一句


「この味がいいね」とカイが食べてくれたから
            
               九月二十日は生肉記念日

20100921 022


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

秋のとくとくプラン

病気のカイは、超高級メニューを毎日たらふく食べているが、元気な他の2頭にまでそんな豪勢な食餌をさせる余裕はないので、とうぜん、我が家の食餌には格差がある。

わんこミルクのスープと、デザートのヨーグルトは各コース共通だが……

DCF00010.jpg
すみませ~ん、姫はアペタイザーに、
牛肉と七面鳥の煮込みいただけますかぁ~

お客さま、申し訳ございませんが、秋のとくとくプランのディナーにはアペタイザーはつきません。良く言えばカフェ風ワンプレートディナー、はっきり言えば単なる一皿盛りの日替わり定食でございますから。

DCF00007.jpg
えっ!? そうなの?!
姫、がっかり。
でも、あそこのデブは食べてるじゃない!

あちらのお客さまは、アラカルトでご注文されてますから。

DCF00005a.jpg
秋のとくとくプラン、安いと思ったら、
やっぱり食餌がイマイチなのねぇ~

20100920 033
オバサンが、こっちのほうがお得だって言うから、
秋のとくとくプランにしたんですよ!

「だって、一泊二食付きに交通費込みで、一泊分の値段と一緒なら、ぜったいお得だって思うじゃない?」

ちなみに、秋のとくとくプランには1日2回の散歩もついている。ついでに今なら、カイが食べ終わった高級缶詰めの器を嘗めるという特典つき。

この内容で、この価格は超お値打ち♪

なのだが、アラカルトのお客さまを目の前で見ると、やっぱりその差は歴然。何しろ、アラカルトなら、今日なにを食べたいか自由に選べるのみならず、気にくわなければそっぽを向けば、また次の缶詰めを開けてもらえるのだから……

20100920 001
アラカルトのメインディッシュはもちろん焼き肉。
近所の老猫ホームから食餌のときだけやってくる
このお客さまも、もちろん、アラカルト

山盛りの肉が運ばれてきた時点で、姫は興奮して大騒ぎする。

♪キャー、ご馳走よ、ご馳走! 今日はパーティーよぉぉぉぉ~♪

だが、とくとくプランのお客さまの皿には、そのうちほんの2、3切れが入るだけ。日替わり定食の基本は、ドライフードといも類と、野菜とおからやオートミール。健康の秘訣は粗食だよ、姫ちゃん。あんまり良いもの食べ過ぎると、アンタ、ぜったい腹こわすんだから(-。-) ぼそっ

カイ以外の2頭がとくとくプランな生活を送らざるをえないのには、経済的な理由もあるが、もひとつ避けて通れない事情がある。

20100920 045
ポンちゃんの身体からくびれがGoneだから

20100920 062
オバサンも、そうとうヤバイ感じになってるし(^_^;)

相次ぐ病犬騒動とこの夏の暑さのせいで、散歩をさぼりがちだったのがここに来て、一気に体型にでてきたのだ。ちなみに、管理人も気のせいかスカートがとてもキツイ(-_-)

ゆえに食事量を抑えて、せっせと運動なのだよ。とは言っても、けっきょくカイの食べ残しをちょっとずついただいたり、カイがおやつを食べるたびに、どさくさに紛れて色々もらうせいで、給餌量をかなり減らしているわりには一向に体型がもとに戻らんのだがね。はぁ~太るのは易し、痩せるのは難し。これは犬も人間も同じだね。

20100920 004
皆さん、ダイエット頑張ってくださいね!
カイちゃんは、アラカルトでガッツリいただきますから。

そうそう、カイちゃんは、好きなだけ、お腹一杯食べてせっせと身体に肉をつけねばね。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

好奇心

ありえないほど高額な缶詰めやレトルトフードをさんざん食べつくし、グルメ犬の名を欲しいままにしていたカイちゃんだが、今朝はドライフードを喰っとった(-。-) ぼそっ

なぜ? なぜいま、単なるドライフード?

ちなみに一昨日は、いつものオートミールとイモのトッピング付きドライフードを喜んで平らげたんだがね。

飽食にさすがに飽きてきたのか、ちょっとお腹の調子も悪いので、食べ慣れたもののほうが胃腸に負担がかからないと自分で気づいたのか、とにかく、ここに来て、振り出しに戻った感のあるカイの食生活なのである。

もしかしたら、資金が底をついたことに気づいて気を使ってくれてるのかもしれないが(^_^;)

基本的に食欲じたいが落ちてきているのだね。かなり苦しいはずだし、痛みもあるし、お腹もそれほど空かないのだと思う。だが、他の犬たちが食べていると、どうしてもそれは欲しくなる。ゆえに、いま、いつもの粗食に逆戻りなのだ。あとは、好奇心をくすぐられるものなら、カイはまだまだガッツリ食べる。

そして、いまカイの好奇心を一番刺激するものは……

20100920 035
あの青い網のなかには、何が入っているですか?

アキレスだよぉ~ん! 管理人さん、馬のアキレス1kg分をせっせ、せっせと干しているから。

20100920 020
調理前

20100920 021
ここ数日は絶好の干し肉日和

20100920 061
2日干したら、この色だもの

網のなかに生肉を並べている時点で、カイはすでに干し網を頑見していた。そして、トイレでシッコをするたびに、網を見上げて目で訴える。

「カイちゃん、あれが食べたいです。あれ、ください」

まったく、新しい物好きなんだから。

これまでは、新しい缶詰めやおやつを注文するたび、せっかく買っても、カイはこれを食べる前に逝っちゃうかもという不安が常につきまとっていたのだが、なぜか今回は自信があった。

カイは、このアキレスが完成するまでぜったいに何が何でも粘るはず。

そして予想どおり、今日もカイは無事に朝を迎え、嬉しそうにできたてのアキレスを囓っている。かなり良いお味にできてるらしく、嬉しそうに尻尾をフリフリ管理人のベッドまで大事そうに銜えていった。もらったものを管理人のベッドまで運ぶのは、それがとても大切なものだという証拠なのだ。たとえばジャンボサイズのグリニーズだとカイはベッドに運んでいくが、ラージサイズのグリニーズはその場で食べてしまう。

手作りアキレスがジャンボグリニーズと同じ扱いを受けて、感涙にむせぶ管理人である。アキレス、美味しかったのね、カイちゃん! ならば、また作ってあげるからね!

幸い、水曜日までお天気続きの予報がでているので、また1ロット干し肉を製造すべく管理人は準備に勤しんでいる。次は砂肝とササミと牛のハツ。あとは乾きがイマイチの牛のスジ肉がたぶん明日ぐらいには完成する。カイちゃん、しばらくはお楽しみがたくさんだね♪

愛犬の寿命を何が何でも延ばすべく、いまや犬のおやつ屋と化している管理人なのである。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

さらなる誘惑?!

「ちょっと、たいへん! 早く来て!!!!!」

病院にカイの薬を取りに行った妹が叫びながら帰ってきた。車庫の前に子猫がいたんだそうな(-_-)

「車入れようとしたら、うろちょろしてて、危なっかしくて車庫に車を入れられない!」

なんで、そういうもの見つけるかなぁ~。目をつぶって見ない振りしとかないと、また拾っちまったらことだろうが(-。-) ぼそっ

「でも、目をつぶったままで車は車庫には入れられない」

たしかに。だが、うちだってこれ以上四つ脚率を上げるわけにはいかんのだよ。幸い子猫のそばには、親猫らしきコもいたらしい。おまけに人に慣れているらしく、近づいてもぜんぜん逃げなかったという話だ。

「それなら、きっと半野良だから、ちゃんと誰かが面倒みとる。だいたい親がついてるんなら心配ない。見ない振り、見ない振り」

むろん、野良だか半野良だかはわからないが、そのまま親子を放置しておけば、自然の摂理で近所の野良猫(もしくは半野良)がまた増えるわけで、いったん保護して里親を見つけるとか、せめて不妊去勢手術をしてやるべきだと思わないわけではないにしろ、我が家には我が家の事情がある。

ゆえに管理人は念仏のように唱えたのだ。「見ない振り、見ない振り」

ちなみに親猫は、この辺りでは珍しい茶トラだったのだが、お約束のようにウロチョロしていた子猫はまたもや白と黒の冴えないツートンカラー。ほんとうに多いね、残念柄の猫(-。-) ぼそっ そういう地味目の柄のコに限って、なぜか我が家の周りに出没する。

まっ、今の我が家の状況では、たとえ真っ赤な水玉の猫がウロウロしてても、保護するわけにはいかないんだが。

「やっぱり、これ以上猫飼うのは無理だよね、うちは」

「無理。ぜったい無理。もしどうしても拾いたいなら、アンタが全面的に世話するように」

「でも……あんな小さなコが外をウロウロしているのは……」

そう言って前回拾った残念柄の子猫は、一生インターフェロンが必要なシッコたれ王子さまだったという事実を、またもや妹は都合良く忘れている。

「とにかく、どうしても拾いたいならアンタが全責任を持って喰わしていくように!」

「でもカイちゃん、子猫大好きだから……きっと子猫の成長が生き甲斐になるんじゃないかなぁ~」

なんという汚い手を使うのだろうか? さすがに缶詰め食べ放題生活にも飽きてきたらしく、最近かなり食欲が落ちてきているカイをだしに使うとは!

管理人の気持ちが震度7ぐらいの勢いで、グラグラ揺れてしまったのは言うまでもないが、幸い妹と二人で外の様子を見に行ったところ、すでに子猫は消えていた。

ああ、良かった。もう少しで、また四つ脚の扶養家族が増えちまうところだったぜ( ̄‥ ̄)=3 フン

最近、姫とポセが散歩の帰りに猫を見つけて騒ぐことが多い。もしかしたら、裏の竹藪で子猫を産んで育ててる猫がいるのかもしれない。しばらくのあいだは空を見上げて歩かなくては。決して下を向いてはいけないし、耳栓して歩いた方が良いかもしれない。

ただでさえグルメになってしまったお犬さまのお食餌代で、我が家は財政破綻寸前なのだから。見ない振り、見ない振りと念仏のようにただひたすら繰りかえす管理人なのである。

DSCF4328.jpg
猫さんを飼ってくれるなら、カイちゃん、もう一頑張りしますけど?


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

老犬飼いの悲哀

何が哀しいってアンタ、出稼ぎから疲れて帰ってきて、犬たちのお世話をし、お風呂にゆったり浸かって、さあ寝るべかとベッドに行ったら、自分の布団が犬のシッコで濡れているほど哀しいことはない。

ちなみにこれは、昨晩、ある犬飼いに起きた実話である。

マジで泣きました、管理人。

だって、すごく疲れてたんだもん。枕に頭のせたら3秒で気絶できるほど。だが、いくら疲れていたとはいえ、ぐっしょり濡れたベッドの上で寝られるほどの根性はなかった。

ゆえに夜中にまたもや布団洗いである。嗚呼、なつかしいなこの感覚。あのシッコたれ猫を妹の部屋に押しつけて以来、すっかり忘れていた感覚だ。

ちなみに被害にあったのはシーツとベッドスプレッド、それに低反発マットを覆っているシーツだけで、あとは、ベッドに放置してあった寝袋がぐっしょり(T_T) 

一瞬、今夜は寝られないなと覚悟した。この寒さのなかで、敷き布団なしで、そのうえ寝袋もなかったら、ぜったい凍死する。

幸い、マットレスじたいには染みていなかったのでシーツを掛け替えて、冬用羽布団を引っ張り出してきて、とりあえず寝ることはできたんだが……

ちなみに、かつてシッコたれ女王の名を欲しいままにした姫さまもソファやベッドの上では一度も漏らしたことはない。すみれを居候させていたときは、何度かやられたんだがね。あとは天の被害にも何度もあってるが、うちのトリオはここではしないと高をくくって防水処理を一切施していなかったのが失敗だった。

犯犬はカイだろうか? 量からいっても、位置的にも、その可能性は高いのだが、カイが、このベッドに近づいたのはお留守番のご褒美の棒ダラを食べたときだけで、そのあと、たしか姫がこのベッドで寝ていたような気もするし……

カイがしたのなら、まあ今の体調なら仕方がないが、これが姫だったら大問題だ。単に冷えただけなら良いのだが、何かの病気の徴候だったらどーしましょっ!

犬も猫も、歳をとるとほんとうに身体にガタが来る。

トイレの失敗なんて、ありえなかったコでも、間に合わなくてその場でしちゃったり、どんどんそういう風になっていく。足腰が立たなくなったり、目も耳も機能しなくなる。気温の変化にも弱くなるから、老犬飼いは気を抜けない。

どんな犬だって猫だって、人間だってそうなのさ。ワンちゃん、ニャンコちゃんとの癒され生活♪ の行く末に辿りつくところは皆同じだ。

汚物まみれの介護生活。

だがね、そこまで生きてくれることじたい、ありがたいことなんだと今は思う。シッコ布団を洗って、朝起きたら、またカイのベッドが濡れていて、朝から洗濯機を何度も回す生活でも、やっぱり生きててくれてラッキーとそう思う。

あと2、3枚、防水シーツを買い足そうか? カイや姫や姐さんや、うちにいるコたちが全員使って、そのあとジィジバァバにも使えるし(-。-) ぼそっ

歳をとるのは哀しいが、その哀しさを経験できるのはやっぱり幸運だと管理人は思う。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

やっぱりご飯は

家族みんなで食べると美味しい……と犬猫ごときが思っているかどうかは知らないが、まちがいなくこの2匹は、相手が食べてるもののほうがぜったい良いと思ってる。

猫は犬皿で犬飯を喰らい、犬はわざわざ猫皿で飯を食う。

まっ、どちらも、まだまだ食欲があってなにより(^_^)v



押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

手作り復活

カイちゃんが好きそうなものを、札びら切って買いまくっているうちに、すっかり資金が底をついた管理人である。

いまや、缶詰めのお残しも猫さんたちに有料でお配りする始末。だって、お金がないんだもん(T_T) 稼いでも稼いでも、ぜんぶカイのウンPになって、トイレに流していると思うと哀しくなる。

なので、ほんの少しでも家計費の足しになればと久しぶりに手作りおやつに手を出してみた。

とは言っても、誰も喜ばない管理人風クッキング(その話はこちら)はもう止めて、もっとワイルドな道に進むことにした。この人が、面白いもんを使って、すごいもんを作ってるところを見つけたからだ。

で、さっそく我が家でも機材を購入。



アジの開きを2枚並べると一杯になっちゃうような、コンパクトサイズのもあったのだが、もちろん、バブルの申し子が購入するのは一番大きなサイズである。どんなときだって、大は小を兼ねる。手に入る一番良いものを購入するのが大人買い同盟の鉄則だ。

だが、いつのもごとく、それを使うシチュエーションをイマイチ考慮していなかった。アウトドア用のこのグッズは、室内に入れると、驚くほどデカかった(-_-)

DSCF4380.jpg
夜は室内干しにしていたら、さっそく群がるハイエナたち

でも、大きいから、たくさんいっぺんに干せるのぉ~。上の2段で砂肝と豚耳を干して、下にはアキレスなんてこともできちゃうし(^_^)v

そんなに、いっぺんに干し肉を大量に作ってどうするつもりなんだろうか?

DSCF4384.jpg
これは砂肝(1日目の夜)

DSCF4385.jpg
ざっと火を通して食べやすく切った豚耳(1日目の夜)

で、とりあえずは在庫のあった砂肝と豚耳を干してみた。両方ともいちおう火は通して、豚耳はちょっと大きかったので一口サイズにカットした。砂肝は、スライスもせずにそのままね。んでもって、これを網の上に並べて、日当たりの良い場所にぶら下げるだけであとはお日様が勝手にクッキングしてくれる。

さすがの管理人でも、この方法なら不味くできる理由がないのだ。ゆえに今回は、きっと巧くいくと信じていた。

ただ、唯一の問題は留守中のにわか雨。雨が降っているのに気づかずにもし濡れてしまったら、数日間の苦労が水の泡である。ゆえに、昨晩地元に着いたとき道が濡れいるのを見たときにはドキッとしたのである。

べつにさ、カイのことより砂肝が心配だったわけじゃないのよ。だって、カイにもしものことがあったら、すぐにケータイに連絡が入るはずだから。何も言ってこないということは、カイが無事なのはわかっていた。その点、砂肝はちょっと濡れたからと言って、誰も連絡はしてこない。

昨日は出稼ぎの日だったので、バァバにはカイの、ジィジには砂肝の世話を頼んで出かけた。あまりアテにはしていなかったのだが、バァバは1時間おきにカイの様子をちゃんとチェックして、夕方には決められたおやつもちゃんと与えてくれたらしい。そしてジィジは、夕方にわか雨が降ってきたとたん、すぐに砂肝を取りこんでくれた。

二人とも、グッジョーブ(←なぜ、上から目線?)。

家族の協力があって、カイはきょうも無事美味しいものにガッついているし、3日間せっせと干した砂肝はほぼ完成。

DSCF4390.jpg
1日目に比べると、真っ黒な良い色になってるのがわかる?

うちのデカ犬たちでも30回は噛まないと噛みきれないほどかなりハードに仕上がっている。ここ3日間、ピカ天とはいかなかったが、夜はこのガンガン冷房を効かせた部屋にずっと吊しっぱなしだったからね。巧い具合にカラカラに乾いた。

では、ご試食といきましょうか。

DSCF4387.jpg
まずは、カイさん

DSCF4389.jpg
次はオバサン

DSCF4394.jpg
砂肝好きのポン助は、耐えきれずに管理人によじ登る(^_^;)

どうやら、そうとう美味かったらしい。オーブンで焼くと、生煮えだったり、逆に焼きすぎて焦げ臭くなってしまったり、要は作る人間にある程度技術が必要だが、その点、天日干しなら勝手に自然が調理してくれる。

おてんとさま、グッジョーブ(←あくまでも上から目線)。

きょう届くはずだった生肉がいまだ到着しないので、製作開始が1日遅れてしまいそうだが、今度は馬と牛のアキレスを作るんだぁ~(^_^)v

涼しくなったせいか、カイの調子はすこぶる良いので、週末にはできあがるアキレスも、きっと喜んで食べてくれるだろう。この際だから牛レバーやらその他のさまざまな肉も、干して作ってみようかな。

ふつう犬の手作り食を作る人は、うちのコたちの健康に良いものを、なんて理由ではじめるのがほとんどだが、純粋に経済的理由だけで、干し肉にはまる管理人なのである。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

新たな趣味

朝から血吐いた愛犬を置いて、出稼ぎに行くのは苦痛である。

だが、月初のカードの引き落とし額を見てしまうと、稼ぎに行かないというオプションはない。

家人はいるが、もう心配で心配で心配で気が狂いそうになりながらも、しっかりカイの食費を稼いで、地元駅に着いたら道がすっかり濡れていた。

おや、こっちのほうは雨が降ったのかしら?

とっさに頭に思い浮かんだのは、砂肝の安否である(-。-) ぼそっ

なぜいま砂肝?

その辺りは、明日……

DSCF4383.jpg
家に帰ると、満面の笑みで飼い主を迎えてくれる犬がいて、
とりあえずは一安心(^_^)v

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

おお、1ヶ月!

カイは、本格的に具合が悪くなるまでずっと管理人のベッドで一緒に添い寝していたコだ。

さすがに今は、もう体感温度がちがう同士一緒に寝ることはかなわないが、それでも病気がわかった直後は、就寝前のグリグリが足りないと、管理人のベッドの横までやってきて、グリグリのおねだりをしたものだ。

いまはもう、それはない。ベッドに上がってくることもなくなったし、夜中に、管理人のそばに寄ってくることもなくなったのだが、いまでも毎日、管理人のベッドによじ登ろうとはしている。

DSCF4353.jpg

食餌のあと、顔の汚れを拭くために(^_^;)

あと、大好きな、大事なものをもらったとき、それをゆっくり食べたいときには、あいかわらず暑いのに管理人のベッドまで持っていく。

たとえば油でギトギトの牛テールとか(-。-) ぼそっ

カイちゃん、忘れずに骨をぜんぶ噛み砕いてちゃんと飲みこんでいくように! 髄の一部なんかが転がってると、あとで管理人の背中に刺さるから(-_-)

DSCF4348.jpg

顔を拭いたり、骨を食べるのに最適な犬用ベッドはあちらこちらにご用意してある。快適な温度で、わざわざよじ登らなくても良い位置にある。にもかかわらず、無理してもカイは管理人のベッドに行くのだね。

11年半のあいだずっと続けてきた習慣は、今になっても直らない。

まっ、はじめから直そうともしてないんだけど(-。-) ぼそっ

どうせ犬たちが汚すので、布団も枕もそれを包むカバー類も、汚れたらすぐに買い換えられる安いものしか使わん主義だし、布団も含めていつでも洗濯機でジャブジャブ洗えるものしか購入しない。

だから、どうだって良いのだよ。どうせ、犬たちと一緒に寝たら寝具は汚れるものなんだし。プラスαで涎や食べかすが多少ついていたって、管理人には気にならない。

躾という点ではどうなのかとは思うがね。

でも飼い主も犬も、それで良いと思っているのだから、別に良いじゃん。放っといて。

きれい好きの人が見ていたら、卒倒するようなワイルドライフを歩んでいる管理人にとっては、布団が汚れるとかシーツに染みがつくなんていう些細なことより、我が愛犬が、余命幾ばくもないと医者から宣告されてから1ヶ月もちゃんと生き続けているということのほうが、よっぽど重要なことなのだ。

今になるとつくづく思う。良い犬、悪い犬なんて区分けは、まったく意味をなさないなと。躾が入っているとか、訓練性能が高いとか、人は色んなことを愛犬に望むけど、じっさい大事なことは一つだけ。

生きてるだけで、丸儲け。まさにこれだけだよ、ホントに。

最期の最後まで粘りまくるカイを見ていると、大事なことが何かがわかる。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

相棒

きょうは、カイの調子がなんだか良い。朝から、わりとガッツリ食べてるし、ウンもちゃんと良いのがでた。けっこう暑いのに、きょうのようにぜんぜん平気な日もあれば、急にガタッと弱ってきて、もうこれでお別れかもと覚悟する日もある。

気温だけではなく、きっと色んな条件の組み合わせなんだろうな。

生き物の持つ生命力ってやつには、つくづく感嘆してしまう。

そしてきょうも、仲が良いんだか悪いんだか、それでも6年来の相棒はぴったりくっついて寝ている。

DSCF4335.jpg

DSCF4337.jpg
尻と尻でお知り合い~

臭くないのかね(-。-) ぼそっ

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

やっぱり国産

今朝もカイが無事ご飯に口をつけたのを見て、ほっと安堵のため息をつく。

1ヶ月前に比べると、食べる量はすっかり減ってしまったものの、それでも食べてくれることに感謝せざるをえない。ほんとうは、もうそれほど食べたくはないのだと思うのだ。やっぱり辛いし、怠いし、ただひたすら寝ていたいと思っているように見える。それでも、ガサガサッと音がすると、条件反射で顔を上げてしまう。そこで美味しそうなものが頂けそうだと思うと、無理しても立ちあがってしまう。その欲が、カイを生かしている原動力だ。

不思議なもので、カイ独りで食べさせるより、周りにハイエナたちがいるほうが、より多くの量を食べる。カイが「もういらない」と放りだしたものでも、姫やポセに分け与えているとカイは必ずやってくる。他の犬たちが食べていると、何だか妙に美味そうに見えるらしい。

隣の芝生は……ってやつですかね。みんなが欲しがってるし、今ゲットしておかないと損というバーゲンの心理と同じだね。

カイの餌代で身上をつぶさんばかりに散財している管理人だが、もう一つやたらと買いまくっているのがトイレシートだ。ステロイドのせいもあるが、とにかく今はトイレに行く回数がめちゃくちゃ多いし、一回に出る量も半端じゃない。ゆえにワイドサイズのシート200枚を買っても、2週間保たないのだ。10日に一度、ケース単位でトイレシートを買うのは、貧乏人にとって楽ではない。ゆえにいつものごとくネットで、最安値の品を探しまわっていて妙なものを見つけた。

「安心の国産シート。国産で、この価格!」

で、ユーザーレビューにはこんなことが書いてあった。

「やっぱり国産だと安心ですね。また頼みます!」

外国製のトイレシートのどこがどう不安なのか、具体的に訊いてみたい(-。-) ぼそっ

何かって言うと国産、国産って、日本製だから高くてとうぜんみたいな最近の風潮が管理人は気にくわない。まあね、要は貧乏人のひがみなんだが。だって国産のものって必ず輸入品より数割高いから、貧乏人には買えないし。牛はオージー、豚ならカナダ、鶏はブラジル産が御用達で、野菜でも服でも小物でも、各国から送られてくるものを平気で使うインターナショナルな生活をしている管理人だが、とくに困った状況には陥っていない。むろん90歳ぐらいになったとき、嗚呼、国産のものだけで固めておけばよかった! と思うくらい大きな差がつくのかもしれないが、そんな歳まで生きたくもねぇ~し。だいたいバカ高い国産のものしか買わなかったら、その歳まで生き延びられないし(-。-) ぼそっ

どういう根拠があるのか知らないが、国産と言われれば安心する人は多い。でも、同じ国内に住んでいる人がたまたま作っているというだけで、その人がどんな奴かもわからないのに100%良いものだって信じちゃって良いのだろうか? たとえば管理人はオージービーフを好んで購入する。なぜなら牛肉はオーストラリアにとって重要な輸出品で日本は大のお得意さまだからだ。日本が牛買ってくれなくなったら、オーストラリアの人たちはものすご~く困るのよ。ゆえに安全な良いものを送り出すよう政府がちゃんと目を光らせている。

かたや、国産と銘打って売っているのもの中には、おそらく何割か輸入物も含まれているんじゃないかと管理人は思っているのだ。だってほんとうに国産かどうか、検査しなきゃわからんし。国産って書いておけば高く売れるからってズルっこする奴はぜったいいると思うのだよ。信頼できる店で買ったなら別だけど、バレなきゃ良いって思う輩は、必ずどこの国にも存在する。

見ず知らずに他人が、これは国産ですと言い張って高い値をつけているものを、単にその相手が同じ国の人だっていうだけで信じて買うのはどうなんだろうと管理人は思うのだ。だったら、一国の政府のお墨付きがついているほうがぜんぜん信用できると思うけど。輸入するときに税関で抜き打ち検査もやってるし、何より一つの国が自信と責任を持ってお届けしてくるものだから、その上値段が安いなら、管理人はそっちを選ぶ。

まあ食べ物はともかく、国産をありがたがる風潮がどんどんエスカレートしていって、ついにはトイレシートも国産でないとなんて空気には、はっきり言って呆れてしまう。

トイレシートなんてどこで作ったって同じだよ。特殊技術が必要なわけじゃなし、材料は同じなら、人件費が安い国で作って輸入した方が良いものができるに決まってる。

でもこの国の人は妙に国産をありがたがる。そのわりには、毎年の人気犬種を見てみると、柴犬がなんとか10位以内に顔を出している程度。

そんなに国産が良いのなら、もっと和犬を大事にしたら?

日本の風土気候に合っていて、丈夫で逞しく勇敢な和犬や和犬雑種が、こう言っちゃなんだが、イマイチ人気がないのって変だと思う。

何が何でも国産が好きだけど、バッグはヴィトンで犬はトイプー。毎年ボジョレヌーボを楽しみにしてるなんて輩にとって、けっきょくのところ「国産」っていうのも一種のブランドにしか過ぎないのだろう。「やっぱり国産は安心だから」ってつぶやくことは、「高い国産品を買えるアタシってどーよ!」って自慢なんだろうね、きっと。

ふん、感じ悪いε-( ̄ヘ ̄)

まっ、これはあくまでも貧乏人のひがみですけど(-。-) ぼそっ

国産にも、もちろん良いものはたくさんある。でもって輸入品にも同じくらい良いものはたくさんあると思うのだ。要は良いものを見分ける目が必要なわけで、逆に言えば、ブランド名に弱い人は、ちゃんとしたものを見分ける目がないから「国産」というブランドに踊らされるのだと思うのだよね。

それにしてもこの国の人は、とことんブランドが好きだと思ふ。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

貧乏人のコ

朝夕はちょっと涼しくなってきたので、昨晩は車で、カイのお気に入りの遠いほうの公園まで遠征した。そこまで歩きで行くのはもうちょっと無理だから、3頭を車に詰めこんで公園の前に路駐して、10分程度公園内をウロウロしたら即行帰りのお散歩ツアーである。

久しぶりの大好きな公園にカイはとてもご機嫌だった。っていうか、車をガレージから出した時点で、もうそわそわワクワクしているのがわかる。ディーも、なぜかこの公園は大好きで、病気がわかったあと1カ月間、毎晩ここに来ていたのだ。いつも行く、近い方の大きな公園と、この遠いほうの小さな公園と、ちがいがなんなのか人間にはイマイチよくわからない。たぶん人気の公園のほうには、すごく興味深い掲示板があったりするんだろうか?

あいかわらずカイはそれなりに食べている。2~3時間おきに、トイレに起きてきたときに100g見当の肉類を食べさせるのが今のカイにはちょうど良いようで、ウンPも朝夕2回、惚れ惚れするような良いのがでているし、現在の身体の状態を考えると、これならまさに御の字だ。

夜は、管理人もしっかり寝ているので、6時間ほど何も口に入れてもらえないと、朝にはちゃんと腹が減る。これも、今の状況からしてみるとできすぎと言わざるをえない。何しろ、まだ食欲があるということだから。お散歩に行く前に、干し肉などをいくつか口に放りこんでもらい、その後、庭で排泄を済ませたら、ガッツリ缶詰めを平らげる。いっぺんにそれほど多くは食べないがね。でも1日に食べてる量を計算すると、そこそこ栄養はとっている。

缶詰めやおやつ類に関しては、これは食べるけどこれはいらないと贅沢なことを言うようになったカイちゃんだが、これだけは、ぜったいに断らないという究極の食べ物がグリニーズだ。ディーも最期までグリニーズは食べていたが、どうして、この兄弟はここまでグリニーズに固執するのだろうか?

ちなみに、我が家のおやつ庫には、現在プチからジャンボまで4種類のグリニーズが取りそろえてある。そのときのお腹の空き具合によって、レギュラーからジャンボまで幅広く提供できるようにだ。一番小っちゃいのはオバサンとチキン用。

カイが色々珍しいおやつをもらっているお陰で、他の2頭もふだんは出てこない高級品のおこぼれに預かっている。

とくにポセはここに来て、生まれて初めて食べる珍しいものを次々と制覇している。はじめてシャークボーンをやったときは、最初、それが食べ物だとは思わなかったようで(←でも、とりあえずは受けとる)、口にくわえてお気に入りのドッグベッドの上に運んでいった後、夢中になって白い骨を囓るオジサンとオバサンのようすをじっと眺め、ようやくそれが食べ物だと理解しておもむろにかぶりついた。シャークボーンも、何が美味しいのか人間にはよくわからないが、なぜか犬は好きだよね。ポセも、案の定一回食べたら病みつきになった。

そういえばポセは、グリニーズも最初はぜんぜん食べなかった。

DSCF4323.jpg
だって、父さんが、あれは食べ物じゃないって

わかるよ。貧乏人のコというのは、そうやっていつも騙されるものなのだ。管理人も子どものころ、メロンはオブジェだと親に信じこまされていた。

赤貧度から言ったら、ポセの前の飼い主も管理人もたいして違いはないのだが、犬猫屋敷の場合にはワンゲル係数だけが極端に高いので、グリニーズなんて高級品も月に何度かはいただけることがある。やはりこの場合も、最初はどうしていいかわからず、銜えてただ呆然としているだけだったが、いつの間にかポセは、グリニーズが大好きになった。

「父さんにメールして、グリニーズは食べられるって教えてあげた方が良いでしょうか?」

そうだね。ついでに最近食べたカンガルーや鹿やバッファローも、けっこうイケタって教えてあげれば?

オジサンのおこぼれにあずかってるお陰で、最近はポセもめっぽう贅沢になってしまった。肉入り納豆ご飯のなかから、納豆だけ残したり、肉だけ拾って野菜はぜんぶ残したり、ある意味やりたい放題だ。

そういえばうちに来る前は市販のササミジャーキーも大好物だったんだよね。なのに、今は見向きもしない。今のポセのお気に入りは、国産鶏と国産チーズを使った無添加の高級ササミのチーズ巻きだ。

あぁ~あ、すっかり舌が肥えちゃって(-。-) ぼそっ

だがポセはまだ知らない。この夢のような食い放題の日々は、単なる一時の幻想だということを。やがて管理人も力尽き、またいつもの、粗食の日々が戻ってくることを……

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ハイエナ婆さん

すっごく久しぶりの大雨のお陰か、東京砂漠もようやく気温が下がった。大雨のせいで被害を受けた皆さんにはたいへん申し訳ないのだが、犬飼いにとっては恵みの雨。ついでにいえば、身体が弱り切っている病犬を抱える身としては、まさに神さまから贈り物をちょうだいした気分になる。

すっかり気温が下がったので、今朝はカイの体調も幾分持ち直した感がある。あいかわらず食欲だけで命を繋ぐギリギリの綱渡り状態であることには代わりはないが、今朝は庭に出したとたん小走りだもの(^_^)v

このまま、涼しくなってくれると良いね、カイちゃん。そうしたら、もう少し楽に過ごせるかもしれんよ。

そして出てきたウンPが、これまたすばらしいものだった。全長20cm以上もある、みごとな一本糞。あまりの美しさに、管理人は妹を大声で呼んじゃったくらいだもの。

犬のウンを見下ろして、ワンダホー、ビューティホーと小躍りして喜ぶ不思議な姉妹。

自分たちが、すごく変な奴であることに気づいてないところがミソである(-。-) ぼそっ

んでもって、その後朝ご飯を食べたのだが、最近、毎日この時間になると、犬部屋のドアの隙間からじっとこちらの様子を覗っている怪しい婆さんが出没する。他の2頭と残り物争奪戦を繰りひろげているハイエナ婆さんは、ついに本日、意を決して、部屋にのこのこ入ってきた。

DSCF4356.jpg

DSCF4357.jpg

DSCF4358.jpg

DSCF4360.jpg
顔も上げずに、残ったバッファローの内臓を一気食い(^_^;)

いまや姐さんは、馬も鹿もカンガルーの肉も大好きだ。21歳にして、これまで食べたことのないような珍しい肉を次々与えられ、きっと「ああ、長生きはするもんだね」と心のなかでつぶやいているにちがいない。

DSCF4355.jpg


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

手当

「手当という言葉は文字通り、痛いところに手を当ててやるだけで、痛みが和らぐものなんですよ」

と獣医さんから教えられたのは、ディーの病気がわかったときだ。もうあとは、神頼みしかないって状況で、それは気休めでしかないのだけれど、それでも、犬の身体を撫でまわすという行為は犬にとっても飼い主にとっても心の良い治療薬になる。

幸い時間ができたので、これから1週間は、ずっと家にいてただひたすらカイをグリグリしまくりだ。

まあね、管理人のような自営業者が家でぼーっとしているということは、来月の収入がそれだけ減るってことで、冷静に考えれば、どーすんのよって話なんだが。まっ、なんとかなるっしょ。金は天下の回りもの。ただ、管理人のところにはあまり回ってこない気がするだけだ。

ちなみにカイのお食餌は、ついに600円時代に突入した。しつこいようだが、管理人の昼の弁当は480円である。その600円もするカナダ産のシカの高級缶詰めは、たしかに食いつきは良かったが、妹が缶の裏に書いてあった給餌量を読みあげたときには目眩がした。

「カイちゃんの体重だと、これを1食に5~7缶だって」

カイの食費だけで1日6000円かよ(-。-) ぼそっ

カイの残した缶詰め肉に、醤油かけて管理人のおかずにしようかとマジで思ふ。

ただ、見たこともない高いフードやおやつに目がくらんで、カイはまだそこそこの量を食べている。さすがに一気に肉500gは喰えなくなったが、1日に100g単位でちょこちょこ何度も食べてるからね。

なにしろ、今回ゲットの最高級品は、なんと80gで1000円のカンガルー・ミート・キューブだからね。たしかに、めちゃくちゃ美味いらしい。そりゃそうだわ。この値段で不味かったら詐欺だもの。それよりもう少しお安くて、でもめちゃくちゃウケたのは100gで400円ほどの犬用ソーセージだ。なぜ人間用の魚肉ソーセージは3本150円とかで売っているのに、犬用となるとこんなに高いんだ? たしかに厳選したラムやらターキーを使っているらしいが……それにしても……喧嘩売られてる気分(-_-)

今朝は相当量の吐血があって、その後、午後になって、これはまずいぞとマジで思うほど具合が悪くなった。トイレの周りでウロウロしながら、落ちつかない様子で何度もしゃがむがシッコは出ない。

ああ、ついに腎不全も起こしたかと覚悟しかけた瞬間、健康そうなウンPがぽとっと落ちた。

単なる便秘かよ(-。-) ぼそっ 要は食べ過ぎ?

文字通り、血を吐いても喰う状態に陥りながらも、それでもカイは生きている。生きようとする意志が見えるから、飼い主もせっせと美味しいものを用意する。いまや「あす楽」がキーワードだもの。明日の朝届く美味しいものを楽しみに、カイはちゃんと1日を乗り切る。

さてと、カイがいま一番のお気に入りのドイツ製レトルトフードを、また少し買い足すことにしますかね。「味にうるさい食通の愛犬が喜ぶ妙味」なんだそうで。これを食べると、他のフードなんかとても不味くて喰えないらしい。

どこの坊っちゃまだよ(-。-) ぼそっ

ぶつくさ言いながらも、けっきょくのところカイの寿命を目一杯延ばそうと頑張っちゃっている管理人なのである(^_^;)

DSCF4336.jpg

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

便りがないのは

無事の報せってことで(^_^;)

カイさん、まだまだ食べてます。けさ着いた、喧嘩売っとんのかってくらい高価なフードやおやつをガッツリ食べて寝ています。

ホント……涙出るほど高かったんだから(-。-) ぼそっ

その話はまた明日……

DSCF4280.jpg
七面鳥……美味しかったです

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

日常生活

幸い高熱もひいたので、昨晩はカイを連れてちょっとだけ隣の公園を散歩してみた。

もう少し気温が下がればお気に入りの公園まで足を伸ばすこともできるのだが、あいかわらずと言うか、気分的には9月に入ってからのほうが暑い気がするのはなぜだろう? 正直、もう夏は一生来なくて良いという気分である。今後、どんなに寒くてもぜったい文句は言わないから、せめて朝晩のお散歩タイムだけは、25度前後にして欲しい。

で、熱が酷くてぐったりしていたので、カイちゃん的には3日ぶりの散歩である。

実際のところ、こんなに身体が弱っているのに、まだ30度近くある外に出すのはどうかなとは思ったのだ。部屋が寒いということは、それだけ気温の変化がキツイということで、とうぜん、身体にはそうとうの負担になる。

でもけっきょくは連れて行くことにした。カイ自身が、どうしても行きたいという意思表示をしたからだ。

クールベストに保冷剤をぶら下げて完全防備で、ほんの5分程度公園の臭いを嗅いで回っただけだが、カイはとても楽しそうだった。その嬉しそうな顔を見ていて、犬にとっては日常生活がやっぱり何より大事なのだと痛感した。

病気がわかったとき、そういえばカイとは一度も泊まりがけで旅行に行ったことがなかったと気づいて、管理人はすごく後悔した。日帰りお出かけは何度か行ったが、それも数えるほどしかない。カイと暮らした11年半のほとんどは、家の近所を歩きまわっただけで過ごしてきた。もっと、あっちこっちに連れて行ってやりたかったとか、たくさん思い出を作りたかったとか、あれこれ考えてブルーになったが、歩き慣れた隣の公園を、尻尾フリフリ歩いている姿を見ると、ステキなホテルに泊まって愛犬と思い出作り……なんてものは、しょせん人間側の自己満足なんだと気がついた。

飼い主と一緒に車で出かけて、広いところで走り回れたとか、知らない人に撫でてもらえたとか、珍しいものを食べさせてもらえたとか、むろんたまのお出かけは犬にとっても楽しいことではあるだろうが、それはあくまでもたまに起こる一過性のイベントであって、彼らの生活のベースにある幸せって、歩き慣れた道を、飼い主とてくてく歩く日常生活なのだ。お座りして飼い主を見上げると、美味しいものを口に入れてもらえたり、近所の犬たちの書き込みをチェックして、世間の話題に置いていかれないようにすることが、犬にとっては何より心地よい出来事で、その積み重ねが犬との暮らしなのだと思う。

最後の食事に何が食べたいかと尋ねられ、最初に頭に浮かぶのが、一生のうちに数回しか食べられなかったフォアグラやふかひれや和牛ステーキではなく、いつも日常的に食べていたふだんの食事というのと同じだろう。

毎日、同じことの繰りかえしの散歩に、人は飽きてしまったりするだろうが、犬にとってはその飽き飽きするような繰りかえしがほんとうの日常の幸せなのだと管理人は思うのだ。だから、最期のときを迎える前には、そのうんざりするような繰りかえしがかえって妙に心地よい。

久しぶりにオジサンも参加しての全員揃っての散歩に、お外嫌いのポセも大はしゃぎ。姫も心なしか嬉しそうで、デブのつきあいで散歩が短くなったとしても文句も言わないのが不思議なところだ。

やっぱりこの気温では外に出るのはかなりの負担で、5分表を歩いただけでも、戻ってからカイの体温が一気に上がる。それでもやっぱり、毎日ほんの数分でも、カイが望むなら仲間と一緒に散歩に連れて行ってやりたい。そのせいで、寿命が1日や2日短くなったとしても、それはそれで仕方がない。

うんざりするような日常生活を延々続けた11年半。最期の日まで、その生活を頑なに守っていくことが、カイにとっても管理人にとっても一番なのだと、今は思う。

DCF00003a.jpg
姐さんもご一緒に(笑)


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

冷蔵庫

カイの熱はいったん下がったものの、まだ日に何度か、いきなり体温が急上昇することがある。食べた直後とか、歩きまわったからというような具体的な理由が何も見あたらない以上、様子を見ていて、体温が上がってきたなと思ったら、すぐさま対処するしかない。保冷剤で冷やしてやると、比較的すぐにまた体温が下がるので、今後は1時間以上目を離すのは危険だなとつくづく思う。

とはいえ、一か八かの賭けに出て、管理人も夜はちゃんと寝てるんだけどね。こうなってくると飼い主のほうも体力勝負。しっかり寝て、ちゃんと食べておかないと身が保たない。

高熱がひいたあたりから、クールベストも首の保冷剤もいったん全部とることにした。つけておいたほうが安全だとは思うのだが、カイにとっては不愉快な状況なら、なるべく嫌な思いはさせたくない。ゆえに、今は体調が良いときはマッパで、ちょっと熱が上がってきたら保冷剤を上に乗せられて、カイはサンマのようになっている。

いずれにせよ、部屋自体が今や冷蔵庫と同じだし(-。-) ぼそっ

もしかしたら、冷やすのはかえっていけないとか何かあるのかもしれないが、少なくとも低温を保ったほうがカイは快適でいられるようだし、カイ自身が辛い思いをしないことが、何よりなのだと思うのだ。

そういえばこの部屋、ずっとクーラーの効きが悪いのは古い日本家屋であるせいだと管理人は思いこんでいたのである。何しろ空調つけても鉄筋コンクリート造りのオフィスやマンションに比べるとぜんぜん効果が感じられない。てな話をしていたところ、カイの病気がわかってしばらくしたとき、唐突に妹が掃除機をぶら下げて部屋に入ってきた。

「何するつもり?」

「アンタ、このクーラー、ぜんぜんフィルターの掃除してないでしょう?」

「してないけど、まだ買ったばかりだもん。それに自動お掃除機能っていうのがついてるし♪」

「自動お掃除機能なんかじゃ、この部屋の毛の量に対処できるわけないでしょう? 掃除機かけたって、翌日にはポン毛が舞ってるんだから!」

たしかに、一番ひどいのは柔らかくて細いポセの毛の害なのだ。ふわふわ宙を舞う上に、なぜかポセは今ごろ独り換毛期を迎えているので、抜ける量が半端じゃない。前の飼い主が泣こうが喚こうが、本気でスポーツ刈りにしたろーか、とマジで思う。

「フィルター掃除すれば、少しはクーラーの効きが良くなるから!」

「んなことないもん。ぜったい汚れてないもん。だって、自動お掃除機能付きだもん( ̄з ̄)」

そう主張していた管理人だが、クーラーのふたを開けてびっくらこいた。なんとフィルターにはポセの毛がこびりついて絨毯のようになっていたのだから(。_ _)

わざわざ高かったのに自動お掃除機能付きを買ったのに……だからお掃除しなくて良いって思ってたのに……犬猫の毛が舞っている家では効果はありませんって書いといて欲しい(-。-) ぼそっ

ほら見たことかと勝ち誇った顔で妹はフィルターの掃除をし、満足げに帰っていった。そしてクーラーがぜんぜん効かないはずだった管理人の部屋は、その日からとても寒くなった。

ええ、半端じゃなく寒いんざんす。クーラーの真下に座って、反対側からカイ用の扇風機2台の風をまともに食らっている管理人は頭の先からつま先までフリースで全身を覆って熱いうどんをすすっている。

もう一度、部屋を模様替えしたほうが良いかも(-。-) ぼそっ

だが、これもすべてカイお坊っちゃまに快適にお過ごし頂くためには必要なことなのだ。ならばヒートテックにゴジラの着ぐるみで耐えようじゃないか!

ただし、極寒仕様の服装を忘れ、ついつい脱ぎ忘れてうっかり部屋から出てしまうと、あまりの暑さにその場でぶっ倒れそうになるのでじゅうぶん注意が必要だ(^_^;)

DSCF4313.jpg

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

おこぼれ

我が家に闘病犬がいる場合、他の犬たちの世話は、否応なしに手抜きになる。

姫の場合は、カイが残した缶詰めのおこぼれに預かれるという点で、散歩が短くても、ふだんより無視されることが多くても、まあ差し引きゼロぐらいに思っているようだが、もともと一人っ子で、飼い主一家の愛情を一心に集めてきたポセ王子さま的には、放ったらかしのこの状況は、あまり嬉しいことじゃない。

ゆえに、奴は無理やり飼い主の愛情のおこぼれに預かろうと試みる。

DSCF4318.jpg
まずはあいだに割り込み

DSCF4319.jpg
すかさず、自分をアピール

DSCF4320.jpg
目一杯可愛い上目遣いで甘えて見せて

DSCF4321.jpg
耳のうしろをグリグリしてもらえれば、目的達成

DSCF4322.jpg
あれ? もう終わりですか?

ポンちゃん、あんたオジサンの上に乗ってるからε-( ̄ヘ ̄)

ああ見えてもビビリのポセは、意外と大胆で図々しい(-_-)

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

体力

今週に入ってから、ずっと高熱に苦しめられていたカイなのだが、ようやく昨晩、熱がひいた。

DSCF4316.jpg

一時は、カイを冷凍中って冗談を言うほど、保冷剤だの凍らせたタオルだのをフル活用してガンガンに身体を冷やしていたのだが、昨晩から、またクールベストと首に保冷剤だけで、どうにか落ちついて寝られるぐらいまでに回復した。

なにしろ、昨日管理人が出稼ぎから戻ってきたときには、甲冑来てるサムライみたいだったんだから(-。-) ぼそっ

朝着で頼んだ保冷剤が届く前に、管理人は仕事に行ってしまった。あとから出かける妹が、家が無人になってしまう4時間くらいのあいだカイの身体を冷やしておくために、ストッキングに入れた保冷剤でカイの全身をぐるぐる巻きにしていたのだ。

たしかに暑さはしのげるかもしれないが、身体が重くて、カイちゃんヨロヨロしてるんですけど(^_^;)

でも、その甲斐あってカイの体温は、ほぼ平常にちかいところまで戻った。

ガンという病気は不治の病……とふつう人は思うものだが、じっさいほとんどの場合は腫瘍本体のせいで命を奪われるわけじゃない。ただ、それに伴う合併症や、悪性腫瘍のせいでボロボロになった臓器が機能を停止して、最後は命を落とすのだと管理人は思うのだ。

病気の種類が何であれ、けっきょくはそれぞれの生命力がものを言う。

カイのようにしっかりとした基礎体力があって、なおかつ引きつづき食べ物という形で栄養をとり続けている犬は、そういう身体の反乱に立ち向かう力がある。すでに体内では大量に出血が起こっていると思うし、ガンが転移した臓器は機能が低下しているのもたしかだが、それでもなお、体力があるから生き存える。

ギリギリのところを行く低空飛行でありながらも、微妙なバランスを保ちながらすでに3週間が無事に過ぎた。医者も呆れる3週間。飼い主も驚愕の3週間。でもカイはちゃんと生きている。

その間、何度も、もうダメだと思ったし、今夜が峠だと何度覚悟したことか……

でも翌朝になると、カイはまた差しだされた肉をペロッと平らげる。おっ、まだいけると飼い主がホッと胸をなでおろす瞬間だ。「食べてるあいだは大丈夫」。非科学的な思いこみだが、犬猫と長年暮らしている人は、不思議と皆口を揃えて同じことを言うものだ。

だからカイは、もう少しのあいだ管理人のそばにいてくれると思う。

っつぅか、高い缶詰めまた大量に買っちゃったんだから、せめて、これだけは喰ってけよ(笑)

DSCF4324.jpg

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

後ろ髪ひかれまくり

カイがこういう状態だと、出稼ぎに行くのがめっぽう辛い。

いや、単に週2日のことなんだけど。ふつうの大人は、週に5日は会社に行っているわけで、それに比べたら、な~に甘っちょろいこと言ってんのって話なんだが。

他人に厳しく、自分に優しくは管理人のモットーである。

おまけに単なる派遣のくせに、いまや会社創立当初からいる古株お局の地位を確立しているお陰で、現在管理人は「犬が病気なので、勝手にフレックスタイム」を実施中なのだ。良いのかそれで? と管理人自身も思うのだが、上司が良いと言っている以上、誰も文句は言えないはずだ。「犬が病気で、しばらくはフレックスタイムにさせていただきます」と言い切った管理人の作戦勝ちだね。許可を得るんじゃなくて、宣言だもの。

命が惜しけりゃ、そこでダメとは言えないはずだ。

まっ、このような傍若無人な振る舞いが許されるのも、管理人が「うちの犬が」と言った際には、それが「家族」と同義語だということを、ふだんから周りの人にしっかり刷り込んでいるからなのだろう。

いざというときのために、常に下準備は怠ってはならない。

てなわけで、きょうも後ろ髪を思いっきりひかれながら、出稼ぎ仕事に行ってきたのだが、家に帰り着いた瞬間、ドアの前の、最前列で管理人を待ち受けているカイの姿を見たとたん、本気で、ホッと安堵した。カイは、飼い主孝行な良いコだから、ぜったいに管理人の留守中に旅立っていってしまうことはないと信じてはいるのだが、それでも、いまの体調では、いつなにが起こってもおかしくない。

最近のカイは、ほとんどの時間を横になって過ごしている。やはりそうとう苦しいので、横になってはいても眠れるわけではないのだが、そんなカイが目を輝かせて張り切って動きだすのは、食べ物の気配がした時と管理人が外出から帰ってきたときだけなのだ。

食いしん坊のカイに、グリーニーズと同列に扱ってもらえるのは、非常に光栄なことである。もうたいへんだし、疲れちゃうから、迎えに出てこなくて良いよといくら言っても、派手に歓迎の儀式を繰りひろげる我が愛犬を見るたびに、これがあるから犬飼いは止められないとつくづく思う。

そして、カイの耳のうしろを撫でてやりながら、ふと棚の下を見ると……引きちぎられたおやつの袋と、シリカゲルがそこに落ちていた(^_^;)

やりやがったな、テメー!!!!!


DSCF4274.jpg
デブの元気がないから、景気づけにパーッと
おやつバイキングをしてみたの♪

まだ20本以上残ってたのに……高かったのに、マグロのジャーキー(T_T)

色んな意味で、出稼ぎに行くのはめっぽう辛い。

姫がおやつ及び缶詰め置き場に近づけないよう、猫除けのトゲトゲでも張りめぐらそうかとマジで思う管理人なのである。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

お代わり

今週に入ってから、カイは高熱が引かなくて、いまやクールベストと首に巻くアイスノンが手放せない毎日だ。ただ、こんな状態でもまだ食欲があるのがせめてもの救い。

消化器系がとにかく強いカイザーは、いまでも、毎日ちゃんと食べているし、病気とは思えないほど立派なウンPが出ているのだ。どんな事態になっても食べられるってことはタフな個体である証拠だろう。正直、医者も飼い主も、カイがここまで頑張れるとは思っていなかった。ゆえに、いまだにおやつの袋のガサガサという音が聞こえると、ぴくっと目を覚まし首を伸ばしてご褒美の機会を見逃さないカイに、感動すら覚えてしまうのだ。

食いしん坊もここまで来ると表彰状もんである。

で、そんなカイさんのいま一番のお気に入りはこの↓高級缶詰めなのだ。


えらく値段が高いのだが、カイは牛缶がお気に入りなので、デビフばかりじゃ飽きるだろうとこれを買ってやったら、すっかりハマッた。ちょっと前まではデビフの牛が最高のご馳走だったんだけどね。この味を知ってしまったら、178円の缶詰めでは満足できないらしい。

グルメだね、カイさん……トホホホホ(^_^;)

150gの缶詰め1個で2~3日保たせられるサイズの犬なら良いだろうが、カイは1食にこれを3缶ぐらいはペロッといく。いまや我が家のエンゲル係数は恐ろしいことになっているのだよ。毎週、週末に翌週分の餌やおやつやトイレシートの注文を出すのだが、毎週キロ単位の肉や、ケース単位のおやつや餌を買いまくっている管理人は、はっきり言って謎の人物である。

ええ、おかげさまで、今月は楽天のプラチナ会員に昇格ですのヾ(  ̄▽)ゞ

そして翌月、引き落としのお知らせが来ると涙が出る(-。-) ぼそっ

週末になると、がくっと体調が下降するので、毎回、管理人は覚悟を決める。ああ、この肉は、食べてってくれないかもと思うのだ。ところが、週中に届く肉や缶詰めやグリーニーズをカイはしっかり平らげる。

DSCF4304.jpg
ギガ美味しかったです。お代わり!

貧乏人の管理人にとって、カイに好きな物をお腹一杯食べさせる暮らしは決して楽ではないけれど、カイがお代わりと言ってくれるあいだは、いくらだって買ってあげるからね。

犬に一食500円以上の缶詰めを食べさせるために、480円の弁当を食べて必死に働く管理人なのである。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。