スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームワーク

日本戦の興奮冷めやらぬせいで、出稼ぎで死ぬほど疲れているくせに眠れなくて、けっきょくそのままスペインvs.ポルトガル戦に突入してしまった管理人である。

ヤバイ……日本にいながらにして、またしても完璧な南アフリカ時差に陥っている(^_^;)

いやはや、それにしても昨晩の試合は残念だった。結果的には負けは負けで、もちろん地団駄踏むほど悔しかったし、泣いてる選手たちの姿にもらい泣きしてしまったオバサンなのだが(←歳をとると、じっさいに涙腺がゆるゆるになる)ほんとうに身震いするほどすごい試合で、思わずあの大大大っ嫌いなセリフをつぶやいてしまったほどだ。

選手の皆さん、感動をありがとう(#._.#)

もともと蹴鞠に関しては、にわかファンの管理人だし、ワールドカップがどんだけすごいもんかも、ベスト8に入るということが、どれほど素晴らしいことかもちゃんと理解していないのだが、どんどん強くなっていく、マジで頑張っている彼らの試合を、もう少し観ていたかったなと思うのだ。だから、これで終わってしまうということが、とてもとても残念だ。

ほんとうの意味で、今回の岡田ジャパンは最高のチームだったのだろうなとつくづく思う。何だかいつもピンチヒッターとして登場し、今回も本番前には散々叩かれていた岡田監督という人は、じつはものすごい名将だったのだろうと思うし、おそらく技術的には最高峰にいるであろうプロの蹴鞠選手たちが、勝ち上がっていくうちにどんどん巧くなって、強く、逞しくなっていくさまに、チームワークというのはすごいもんだと実感した。

ちなみに管理人、日本人が大好きなチームワーク論というのが元々は好きくない。この国で言われる「チームワークを大切に」みたいな議論というのは、往々にして「赤信号、みんなで渡れば怖くない」的な責任のなすりあいだったり、「出る杭は打たれる」といった、みんな一緒でみんな仲良しみたいななれ合いの気取った言い方という気がしてならないからだ。

OLやってた時代に、チームワークが口癖の嫌なオヤジがたくさんいたからね。協調性がないとか、スタンドプレイだとか散々嫌味を言われたもんだ。そういう奴に限って、失敗すると平気で部下を生け贄に捧げるし、そのわりに功績は全部自分独り占めするようなろくな奴じゃなかったからさ。

だから、管理人は昔からチームワークっていうやつに嫌悪感を抱いていた。

だが、それぞれのメンバーが及第点以上の力を発揮し、きちんと責任を持って自分のパートをこなしたうえで、そういう人々がチームを組むと、チームワークという調味料がかかった料理は百倍も千倍も美味くなる。それが今回の岡田ジャパンの凄さだったのだろうと思うのだ。だから背筋がぞくぞくした。

やっぱり、もう1試合……見たかったな(-。-) ぼそっ

試合直後のニュースをぼーっと観ていたら、またもや金バッチつけたオッサンたちが醜い争いを繰りひろげていた。爽やかな気分が台無し( ̄‥ ̄)=3 フン

内輪もめは見苦しい。チーム内の足の引っ張り合いも最悪だ。そーいうことすると、天下のフランス代表だって予選敗退しちゃうんだから。ついでに言えば、叩かれてもぶれない強さも見習って欲しいもんだ。国民がいま求めているのは、一つの方向に向かって突き進んでいく信念なのだから。

でも、あの連中のことだから、岡ちゃんを次の参院選候補に! とか考えてるんだろうね、たぶん。

こんな嫌なご時世だから、ついつい「どうせ」が口癖になってしまう。一生懸命何かをするより、安易な逃げ道を探したくなる。そんな時代だからこそ、本気で汗まみれになって走りまわっている選手の姿に人は感動する。作り事でも茶番劇でもないからね。リアルに戦っていた彼らの頭の中には、おそらく「どうせ」という言葉は浮かばなかったにちがいない。

望むものは手に入れられなくとも、逃げずに本気で頑張ったあとには、きっと何かが残る。そうでないと後悔が残る。それを岡田ジャパンは教えてくれた。

良いチームは、個々の力を2倍3倍に増幅する。どうせ、うちの犬は○○だからって……諦めちゃいかんよねって、これが犬飼い的、今回のワールドカップの教訓だ。

DSCF3851.jpg
今夜から、やっと静かに寝られますか?

まだまだ。こうなったら、選手より派手な動きの
マラドーナ監督の追っかけやるんだから♪


いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

血戦のとき

いよいよ今夜は運命の試合。

肉をかっ喰らって試合に備える管理人である。別に、管理人がピッチを駆けまわるわけではないので、栄養をつける必要もないとは思うが、そんな細かいことを気にしていては大物になれない(←そういう細かいことを気にしないので、大きな者になっている人)。前回とはちがい、11時キックオフという常識的な時間なので、今夜は心ゆくまで叫びたい。

頑張れ、侍ブルーの岡田ジャパン! 
打倒、パラグアイ!

Hime1212.jpg
サムライ……つながり?

喰らった肉が、管理人の体内に脂肪として蓄積されるまえに、喜びの舞を踊らせてくれ!

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

エコな犬

昨晩は、睡眠不足でフラフラだったので、管理人にしては珍しく日付が変わるまえに寝入ってしまったら、目覚ましもかけてないのに、きっちり3時半に目が覚めた管理人です。

おはようございますm(_ _)m

だめだ、身体が完全に南ア時間になっている(-。-) ぼそっ もちろん、昨日はテレビ中継もなかったので、そのまままた二度寝したけど。

同じことを、習慣的に続けていくと、それが行動のスタンダードになる。これは犬でも人間でも同じである。ゆえに、犬にやって欲しい良い行いを何度も繰りかえしやらせて、できたら誉めてやることでどんな犬にもしつけはできるっていう理論は正しいと思うのだが、問題はおマヌケ飼い主のほうが、犬に好ましい行動をとらせられないってとこなんだわな。長年犬を飼ってるわりには、どいつもこいつも「どこに出しても恥ずかしい犬」になっちゃう理由は、何ごとにおいてもテキトーな飼い主が「まっ、良いか」で好ましくない行いでも、ズルズル許してしまうからだ。

ゆるゆるの飼い主に飼われている犬は、嫌になるほどゆるゆるの犬になってしまう(ため息)。

「しつけ」とか「トレーニング」とか肩に力を入れて頑張ることは苦手なので、我が家の犬たちはあいかわらず、フセがいっぱいいっぱいの無芸大食のままなのだが、彼らなりに状況には巧く適応していると思う。

ワールドカップ開催直後は、夜中に起きあがってテレビを観ながら絶叫している飼い主に反応して、犬たちも明け方から起きて散歩や朝食の期待に目を輝かせていたのだが、いまや管理人が3時半にごそごそ起きだしても、奴らは顔を上げもしない。

管理人さんが夜中に起きてきたときには、しばらくテレビの前で絶叫するだけで、自分たちは無理して起きても、何一つ良いことは起こらないとちゃんと学習しているのである。

管理人の行動パターンを読んでいるという意味では、やはり一緒に生活してきた時間が長い分、カイが一番優秀だ。

朝であろうが夜中であろうが、管理人がベッドから起きあがったくらいじゃ、カイはいまや目も開けない。その時点ではまだ、次に管理人がどんな行動をとるか、未知数だということをカイはちゃんと知っているからだ。

まずは犬のトイレを片づけて、自分もトイレに行って、コーヒーを持って部屋に戻ってきても、あいかわらずカイは眠っている。奴がようやく目を開けて、伸びをして、ゆったりトイレに向かって動きだすのは、管理人が散歩用のジーンズを履く音がした瞬間だ。

部屋の一番奥で眠っているカイは、途中トイレに寄って、夜中に溜まったものをそこで出した後、再びゆったりとした足どりで、部屋の入り口に向かう。管理人がジーンズに着替えて、手早くカイの排泄物を片づけ、部屋から出ようとした瞬間、彼はちゃんと列の先頭で、管理人がドアを開けるのを待っているのである。

無駄にはしゃぐ坊やや、誰も聞いていない歌を声高らかに歌うオバサンに比べて、なんて無駄のない動きなのだろうと毎朝カイを見ていて思うのだ。

ある程度パターン化された飼い主の行動を予め予測し、それに対応して、いかに無駄な動きを省いて、もっとも効率的に美味しいところだけをいただくか? 一緒に暮らした11年あまりの歳月をかけてカイは自分なりの行動パターンをきちんと確立している。

JKCの競技種目に「無駄のない動き」を競い合うエコ部門がないのが、つくづく口惜しい。

まっそれ以前に、犬の行動を予測する代わりに、犬に動きを読まれてる飼い主ってどうなのよ、と言われる前に自主突っ込み(^_^;)

DSCF4203.jpg
管理人さんがポーチに手を入れたら、
すかさず笑顔でご褒美ゲット♪

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

4年の歳月

細切れ睡眠のせいで、眠くていまにも気絶してしまいそうな管理人である。

だが本日、日本人の多くのは寝不足でぼーっとしているはずなので、管理人は平均的日本人ということになる。なにせ、今朝方の蹴鞠の試合、視聴率が40%もあったらしいからね。今後、せっせと日本チームが勝ち進んでいった場合、試合の翌日は最初から国民の臨時祝日にしてもらいたいもんである。

だって、頭ぼーっとしてて仕事なんかにならんもん。

その代わり、その週の日曜日はお仕事の日にして良いからさ(-。-) ぼそっ

それにしても日本のサッカー、強くなったよねぇ~。管理人はにわかファンなので、蹴鞠のことはよくわからんが、今回のワールドカップはいままでとはちがうぞと素人でも感じるのだ。選手の技術も上がったし、いまは海外でプレイする人も多いので経験も積んできたのだろうが、何より気合いがちがうって気がする。本番前に散々叩かれて、選手もスタッフもほんとに本気になったんだろうね。

腹をくくると人は強い。その当時も、選手はむろん頑張ってはいたのだろうが、ありゃありゃと言っているうちに予選敗退したドイツ大会の日本チームとは気迫がちがった。

あれからもう4年が経ったのだなとつくづく思う。

ブラジルにどんどんゴールを決められて、なすすべもなく負けていく日本チームを横目に見ながら、病魔に冒されて苦しんでいるディーのお腹を泣きながらさすっていたのは、ちょうど4年前の昨日のことだ。やはり深夜の試合中継を聞きながら、痛みで眠れないディーを必死でなだめ、どうにかして楽にしてやる方法はないものかと絶望的な想いを抱いていたあの晩。

朝になって、ディーは虹の橋を渡っていった。

蹴鞠はとくに好きではないが、ワールドカップに関してだけは異常に思い入れがある理由は、4年ごとに侍ジャパンの青いユニフォームを見るたびに、あの日の出来事がはっきりと蘇ってくるからだ。犬猫と一緒に暮らしていれば、いつか別れの日が来るのはお約束で、奴らを置いて逝くことを考えたら、ちゃんと見送ってやれることは飼い主冥利につきるのだが、それでも、最期に苦しい思いはさせたくないとディーを見送った経験から思うのだ。

痛みを和らげてやりたくても、どうしてやることができなかったあの日の無念さを、なすすべもなく負けていった侍ジャパンの選手たちが感じていただろう無念さに重ね合わせているのかもしれない。

だからね、極端な寝不足に陥っても、やっぱり応援してしまうのだ。

いまさら侍ジャパンが勝ったからといってディーが戻ってくるわけじゃないが、それでも応援に力が入る。次は打倒パラグアイだぜ。この際だもの、この勢いでベスト4まで一気に駆け上って欲しい。

4年の歳月は人を変える。

だが4年経っても忘れられない想いはある。

姫の危篤騒動ですっかり命日が過ぎてしまったが、今年も棒ダラ(特大)を持って、ディーの墓参りに行かなくては。寂しがり屋のディーのことだから、管理人たちが会いに来るのを首を長くして待っているにちがいない。

DJ192.jpg


いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

グルメのこだわり

お釜にご飯が残っていたので、雑炊を作ってかっ喰らったら、腹の皮が弾けそうな管理人です、こんにちわm(_ _)m

雑炊はダイエットにお薦めだ。少ないご飯で満腹感があるから。だが、もともと1人前以上残っていたご飯を全部雑炊にした場合、とうぜんながら食べ過ぎで気持ち悪くなる。

また同じ失敗を繰りかえさぬよう、覚え書きとしてブログに書いておこう。あぁ~食い過ぎで、吐きそう(-。-) ぼそっ

そんな管理人とは違い、グルメで味にうるさいうちのお嬢さまのこだわりを最近またひとつ発見した。

ほら、姫ちゃん、ちょっと前に死にかけたじゃん? ふたを開けてみれば、単なる生理痛だったんだけど、でも飼い主としては焦ったわけよ。だって、あんなに苦しんでいる元気のない姫を見たのは初めてだったわけだから。そこで、のたうち回っている姫に言い聞かせたのだ。

「姫ちゃん、お願いだから、また元気になって! いくら歌っても、もうウルサイ!なんて言わないから。蒸しパン食べても怒らないから! お願い! 姫、もう一度目を開けてぇぇぇ~(←ヨヨヨヨヨと泣き崩れる)」

まだ死んでないっつぅのに……気分はまさしく飼い犬に先立たれた未亡飼い主。

ところが、2日もしたらアイツけろっと治りやがったわけだ。みごとに復活。それもバージョンアップして復活(-_-)

ふだんに輪をかけてギャオギャオ騒ぎまくっている。もうウルサイって言わないって、あの時は言ったけどさ……やっぱり、ウッセーよ! 少しは黙れ、まったく( ̄‥ ̄)=3 フン

人間、極限状態になると心にもないことを口走ってしまうものである。Be careful what you wish forってほんとうだね(-。-) ぼそっ 下手なことは言うもんじゃない。

だから、ギャオンギャオン叫んでいる姫には、教育的指導を入れることにしたのだが、それだけだと嘘つきになってしまうので、管理人のおやつ用に買ってきた蒸しパンを分けてやることにした。

「姫ちゃん、快気祝いに蒸しパン、いっとく? 黒ごま蒸しパンだけど、食べる?」

ところが、千切ってせっかく口に入れてやった蒸しパンを、姫ったらペッと吐き出しやがった(怒)

DSCF4149.jpg
ペッ、いらな~い
姫、この蒸しパンは好きくない

いらないって、どーいうこと? 美味しいじゃん。管理人は美味しいと思って食べてんのよ。それをいらないって、ペッて……管理人の味覚は犬以下なのか?

ちなみに姫が盗み食いしたコストコの蒸しパンは、老舗の銀座木村屋総本店の製品である。それに対して、今回買ってきたのはヤマザキの蒸しパンだ。確かに値段は安かったが、とても庶民的なお味だが、でも蒸しパンは蒸しパンだろうが? 犬のくせに、なぜブランドにこだわる?

さすがの管理人も、姫が口から吐きだしたものを食べる勇気はなかったので、カイにやろうと差しだしたが、カイも食べるのを拒否した。カイはね、昔から人間のものは食べちゃいけないと教えられてきているから、パンとかお菓子とかほとんど食べないコなので、案の定、興味も示さない。

んじゃ、仕方がないからポセにやるか。

ポセは、弟たち(二本足)と一緒に育ったコなので、食べこぼしやらなんやらで色々口に入れてきたらしく、姫なみに、人間の食べ物はなんでも欲しがるコだからね。

ところが、ヤマザキの蒸しパンはポセにまで断られてしまった。ちょっと臭いを嗅いで、即顔を背けたところをみると、黒ごまの香りが犬的にはイケテないのかもしれないが……

pose_mushipan.jpg
これ、どーしても食べないとダメですか?

犬のくせに、うちの奴らには妙なこだわりがあって困る。生肉は嫌だとか、野菜は嫌いだとか、蒸しパンは銀座木村屋のじゃないと食べないとか。

犬なら犬らしく、キャベツでも小麦粉でもココアパウダーでも一気にいって欲しいものだ。それならそれで、なんでも喰うからって常に警戒できるのだが、あれは食べるけど、これは食べないって、その辺りのこだわりがさ(-。-) ぼそっ

犬のくせに、ブランドにこだわる高ピーなグルメ女って感じ悪~い( ̄з ̄) アンタ、ワイン飲むときグラス回しながら「しっかりしたボディと、ビロードのように滑らかな舌ざわりが……」とか語っちゃうタイプなんじゃねぇ~の?

なんか、ム・カ・ツ・ク( ̄‥ ̄)=3 フン

せっかくの好意を無にされて、犬も食べない安い蒸しパンを独り頬ばる管理人なのである。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

光陰矢のごとしと言うけれど……

1年が経つのって早くねぇ?

もう今年も半分終わってしまったなんて信じられない気分である。そして今年もまた、来年のカレンダーのことをすでに考えている管理人なのである。

なぜなら、毎年恒例ここから、うちのコカレンダーのお知らせが届いたからだ。

これまた例年通り、みんなに言いふらすまえに、しっかり我が家の分は記念日を抑えたのは言うまでもないだろう。今年は、ポセの誕生日6/9を無事ゲットしたのだが、その代わり、姫の誕生日(5/18)には先客がいた(-。-) チッ

目当ての日付がある人は、早いとこ抑えた方が良いよぉ~

仕方がないので姫の写真は、うちにやって来た日(9/18)に登録した。

毎年言っていることなのだが、このカレンダーの売上は保護活動資金として使われる。動物の保護活動には、なにせ金がかかるのだよ。だからどこの保護団体でもあの手この手で資金集めをやっている。資金集めの方法は、募金やフリマ、グッズの販売など色々な方法があるのだが、自分ちのコの写真をカレンダーに載せられるっていうのは、飼い主心をくすぐる、じつに巧い方法だと思う。

その手法にまんまとはまって、知らず知らずのうちにスポンサーになってる飼い主がここにいる(笑)

でもそれで良いのだと思うのだ。飼い主としては、世界一可愛いうちのコたちが載ったカレンダーに大喜びして、その上、島の保護犬たちを助ける活動にほんの少しだけ貢献できる。

送料は別にかかるが、カレンダー1冊分の値段は市販のカレンダーとほぼ同じだからね。ならば、ちょっとでも保護活動のお手伝いができるほうが気分も良い。

さて、コマはとりあえず確保したから、あとはとびっきりの写真を撮って本番用と差し替えるだけである。近所の公園に行って、また犬たちに向かっておやつを振りながら「カイちゃ~ん、はい、こっち向いてぇ~! 良いお顔してぇ~」と飼い主バカ丸出しで大騒動を繰りひろげる。

正月近くなると、おそらく年賀状用の写真だろうが、同じことを二足歩行の子ども相手にやっている家族連れをよく見かけるが、管理人の場合、相手が四つ脚の獣である以上、とうぜんのことながら、何も知らない通りすがりの人には思いっきり目を剥かれる行動である。

犬相手に、何やってんの、あのオバサン?

だが、誰になんと言われようと、たとえ後ろ指を指されようとも、世界一可愛い我が愛犬たちのとびっきりラブリーな写真を撮ることは、管理人にとってとても大事なことなのだ。写真の出来によって、来年1年の幸福度が変わってくる。もし予算があるのなら、プロのカメラマンを雇って撮ってもらいたいくらいだもの。

だって、せっかくのカレンダーなんだから、一番良いお顔の写真を載せたいじゃん?

管理人と同じくらい救いようのない飼い主バカの皆さん、お宅の世界一可愛い愛犬の写真をカレンダーに載せてみませんか?

登録はこちらから!

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

アナログですが、それが何か?

きょうはまたもや大事な蹴鞠の試合があるので、わくわくして、土曜だというのに平日なみの時間に起きてしまった管理人である。

じっさいは、朝っぱらから姫がヒーヒー五月蠅かったからなんだけどね(^_^;) 死の淵から生還したお姫さまは、現在可愛い時期の最終段階に差しかかってまさに絶好調である。

DSCF4132.jpg
姫ね、今回バージョンアップしたの!
ますます使いやすくなった、新世代の姫をよろしく!

バージョンダウンってできないものだろうか? 前のバージョンのほうがぜんぜん良かった。Vist★って呼ぶぞ(-。-) ぼそっ

蹴鞠の試合は観たいのだが、そのためにはテレビをつなぎ直さねばならない。大掃除の際に、ケーブルを全部外しちゃって、そのあと、最低限地上波だけ観られるようにしかしてないのよね。民放のお祭り騒ぎは好きじゃないから、NHKのサッカー放送のほうを観たいのだが、そのためには、BSのケーブルをつながなければならない。

めんどくせー(-。-) ぼそっ

ちなみに我が家では、管理人の部屋以外ではすべてデジタル対応が終わっている。リッチな老人であるうちの両親は早々とデジタルテレビに買い換えたし、そのリッチな老人に寄生している妹も、いつの間にかデジタルな人になっていた。

来年の夏にテレビが映らなくなるのは管理人だけってことね。まっ、良いけど。どうせテレビなんてほとんど観ないから。

で今回、隣のお茶の間で、両親がデジタルで同じ蹴鞠の試合を観ていたために気づいたのだが、アナログで観ている管理人は彼らよりも数秒早く結果を知ることができる。デジタル放送ってアナログよりもワンテンポ遅れるものだから(その理由はこちら)。だから、管理人は我が家で一番早く試合結果を知って、誰よりも先に絶叫できる。

貧乏人で良かった(^_^)v

だから何って話なんだが、1番であることはどんなことでも良いことだ(←あいかわらず負けず嫌い)。

さてと、テレビをつなぎ直すかね。メンドー臭いけど、いまやらなければ、おそらくアナログ放送終了まできっとやらないだろうし。そして蹴鞠の試合を楽しむんだ♪

管理人がここまで苦労して応援するのだから、阿蘭陀なんかに負けんじゃねぇ~ぞ。頑張れ、日本! 八百万の神よ、またしても奇跡を起こしたまえ!

DSCF4128.jpg
また、今夜も絶叫するつもりでしょうか?>管理人さん。
近所迷惑ですよね、ホント……

そうですよね、オジサン、五月蠅くて嫌ですよね、オジサン!
ポンちゃんは、オジサンとふたりだけの静かな暮らしが夢です!

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

消費税を上げるなら……

一般的にはすでに過去の話だろうが、今年の狂犬病予防接種の証明書というかタグというか、うちの区はシールなんだが、とにかく、それをもらい損ねていることに気がついた。

注射はね、ちゃんと4月の始めに済ましてるのよ。ただ、いつも狂犬病の注射だけお願いしていた近所の獣医さんが引っ越してしまったので、今年は、隣町にあるいつもの動物病院で注射をしてもらった。管轄がちがうので、注射はしてくれるが自治体への届け出は自分で行かねばならない。時間があるときに駅前の出張所に寄れば良いやと思っているうちに、すでに2ヶ月が経っている(^_^;)

ちなみに市町村には「ちゃんと注射しました!」って報告していないにもかかわらず、それに対してお叱りを受けるとか、何かそれによって不都合が生じるとか、そういうことは一切ない。酷いところだとペット飼いの半数近く分が犬を未登録で飼っているらしいが、未登録でもとくに罰がないのなら、登録料やら毎年の予防接種の費用がもったいないから、登録しないで飼っちゃおうって輩が多くいても当然だという気がする。

むろん、法律的には罰があるんだがね。だが、よっぽどのことがない限り、狂犬病予防法違反で摘発されたという話は聞かない。

ちなみに、管理人自身も予防接種はちゃんとしたし、それで良いやってうっかりしていたのだよ。何しろ、去年からシールになった注射済みのお印は、すぐに剥がれてなくなっちゃって、あまり意味がないのだもの。今年は、シールをパウチッコでもするかね? と考えていたんだが、けっきょくいまだもらいに行ってもいないのだ。

タグだろうがシールだろうが、毎年もらう予防接種の証明書ってすごく無駄だと管理人は思う。犬の身体に対する負担という意味で賛否両論あるけれど、正直、すべての飼い犬にマイクロチップの装着を義務づけて、予防接種済みの証明書もそこにデータ化して入れれば良いと思うのだよ。すべての犬は登録して、毎年注射して、マイクロチップを入れておかねばならない。そう法律で決めて、ついでにドッグランやら公園の出入り口にマイクロチップのスキャナーを置いておいて(空港にある金属探知器みたいなやつ?)犬がそこを通ってピーッと鳴ったら、未登録の犬だから、そういう施設は使えないってそんな風にしたら、登録率は上がるし、予防接種だってちゃんとみんなするようになる。

っつうかこの際だからすべての犬に、生まれてすぐマイクロチップを入れれば良いと思うのだ。市場に売りに出される前にね。犬を売って商売している業者のところで、マイクロチップを入れて売るべきだと管理人は思う。そうすれば、その犬の経歴がすべてわかる。どこで生まれて、どのような業者の手で販売されて、誰が買って、いまどうしているか。

マイクロチップ義務化に反対しているのは誰なんだろう? と管理人は思うのだ。そりゃ、マイクロチップの挿入機は針が太くて痛そうとは思うがね。だが、それによってほぼ野放し状態のペット市場をちゃんとコントロールできるようになるのなら、管理人は喜んでうちのコたちにもマイクロチップを入れるがね。おそらくマイクロチップの義務化に反対する人たちは、犬の履歴や状況を管理されると困ったことになる人々……なんだろうね。

とはいえ、マイクロチップを義務化して、それを管理しようとなったら、とうぜんそのためのコストがかかる。ただでさえ地方自治体は予算がないので、すぐにそれに対応しろと言っても無理だろう。

ならば、ペット飼いから税金をとれば良いのだよ。いまや子どもの数よりペットの数のほうが多いこの国だよ。だったら、ペット飼いからペット税をとればいい。

1年目のペット税は、最初の飼い主もしくは犬を生ませた業者が払うことにする。その犬を販売する際には、ペット税分も上乗せして売れば、その犬を買った人が税金を払うことになる。ペット税を毎年ちゃんと払っているか否か、その情報もマイクロチップに入れておけば良いだろう。これは、ペットを管理するための方法だ。単純に、金がとれると思えば、役所も真剣に犬猫の動静を管理しようという気になる。

ちなみに保護犬に関しても一律ちゃんとペット税を取るべきだと管理人は思う。そんなことになったら、なかなか引き取り手が見つからない犬をたくさん保護している人はどうなるのだ! と怒る人もいるかもしれないが、正直、何年経っても引き取り手が見つからない犬猫は、もはや保護している人が飼っているペットと同じなのだよ。だから、ちゃんと登録して、税金もちゃんと払うべきだと管理人は思う。これは業者も同様だ。例外なしに、犬猫と暮らす人全員に、登録と納税を義務づける。

特例を作ると、ぜったいにそれを抜け道に使う奴が出てくるからね。販売目的で犬猫を繁殖しているにもかかわらず、里親募集のボランティアだと言い張る奴とか(-。-) ぼそっ

税金が上がるとか、あたらしい税を創設するとか言うと、ほとんどの場合国民からはブーイングが出るが、ペット税を取って、その代わりちゃんと管理できる動物行政をしてくれるなら、管理人は大々的に賛成するよ。それくらいやらないと、いまの惨状を改善することなどできないと思うのだよ。

犬猫に関しても行政がちゃんと管理する仕組みを作る。仕組みを作って、動物の寿命でいえば3世代(30年~50年?)経てば、おそらくノーキルが実現できるようになるだろう。

この国は法律で政治結社の自由が保障されていることだし、この際から、ペット税導入党でも作っちゃおうかしらとふと思ってしまう管理人なのである。
いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

姫、その後

死の淵をさまよった(と勝手に飼い主が騒いでいた)姫さんのその後だが、水曜日には文字通り完全復活した。

火曜日はまだお腹が空いていたせいか、小声で囁く程度だったが、翌日は、朝っぱらからモーニングコンサートだ。

軽快なアップテンポのリズムにのってお届けする、定番の♪オハヨー、アンタ、早く起きなさいよぉ~!♪のテーマを声高らかに歌い上げ、その後♪散歩のエチュード♪を熱唱し、管理人が(犬たちの)朝食の準備をしているときは、オリジナルソング♪猫餌が入ったわよぉ~♪を声の限りに絶唱した。

あと2,3日は寝込んでてくれたほうが静かで良かったかも(-。-) ぼそっ

あんだけ具合が悪かったのにケロッとしている姫の体力には唖然とする。ついでに言えば、あれだけの痛みがあったにも関わらず、神経性下痢も起こさず、標本にしたいようなみごとなウンPが出たのにも正直驚いた。

恐るべし、ビーグルの消化機能。心配でオロオロしていた管理人のほうが、神経性下痢になりそうだったというのに……

今週は姫の看病のために出稼ぎの日をずらしたので、木金と続けて会社に出なければならない。暇なら、休んでしまっても良いのだが、あいにく出稼ぎ先も大忙しだし、なにせ日銭で暮らす自転車操業なので休むわけにはいかんのだよね。今回の治療費の支払いもあるし。

無事治ったから良いのだが、動物病院の受付で検査代やら点滴代やらが羅列された請求書を手渡されたとたん、管理人のほうがその場で天に召されたい気分になった(-_-)

ぜんぜん使ってない管理人の健康保険、扶養家族ってことで犬にも適用できないもんだろうか?

今後、おそらく手術をする必要が出てくるし、そうなったらまた金がかかる。姫は文字通りタダでもらった犬だが、維持費には半端じゃない額がかかってるからね。犬飼いというのは、じつに金のかかる趣味だと思う。

とはいえ、うるさかろうが、盗み食いをしようが、やっぱり姫が元気でいてくれることが何よりなのだ。ったく、テメエはなぜそういうことをしくさる?!とブツブツ言いつつも、騒ぎを起こすのも、うるさいのも、すべて生きている証拠なのだから。

今回、姫がこのままいなくなってしまったらどうしようと真剣に思った。たぶん、犬猫屋敷はとても静かな平和な生活になるのだが、それって何だか物足りない。カイとポセのおとなしい男子チームとの穏やかな生活。じっさい、姫が寝込んでいるあいだは、食べ物もテーブルの上に出しっぱなしでOKだったし、部屋の柵も閉めてなかった。なんて言うかな、緊張感がぜんぜんないんだよね。姫が本調子じゃないと。

ダメだ、きっと管理人、刺激がなさすぎてボケる。ネタがなくて、ブログの更新も滞るにちがいない。

やっぱり、姫にはたっぷりと長生きしてもらわんとね。

管理人が若年性認知症にならないように、それとこのサイトを楽しみに見に来てくれるファンの皆さんのためにもね(^_^)v

DSCF4131.jpg
きょうからまた、声の限りに歌うわよぉぉぉぉぉ~♪

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

勝ったぜ、日本

わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪ わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

勝ったぜ、岡田ジャパン。やってくれたじゃん? やればできるじゃん!

深夜であるにもかかわらず、テレビの前で絶叫を繰りかえしていた管理人。日本ゴールにボールが近寄るたびに、カメルーンゴールに青いユニフォームが迫るたびに、喚く飼い主のせいで犬たちが毎回びくんと飛びおきる。

すまんね、迷惑な飼い主で(-。-) ぼそっ

じつは管理人、昨晩の試合に並々ならぬ思い入れがあった。なぜなら、一昨日から姫が、瀕死の病で伏せっていたからだ(* ̄◇ ̄*)オーマイガー!

いや、冗談じゃなく本気で、コイツ、死んじゃうかもと思った。何やかんや言っても姫は、すでに推定11歳。あのサイズの犬だと十分すぎるくらい老犬で、いつ何があってもおかしくない歳なのだ。

その姫が、日曜の夕方からすごく具合が悪くなった。朝食べたものを全部吐いてしまったあと、足元がフラフラして、まともに歩けなくなったのだ。目にも生気がないし、水も食べ物も受けつけないし、これはヤバイなと一目でわかる状態だった。

さっそくかかりつけの獣医さんに電話して、時間外だったが診察してもらった。血液検査やエコーや、必要な検査は一通りしたが、これという疾患は何も見つからなかった。とりあえず痛み止めと気付け代わりにステロイドを注射してもらってその日は家に戻り、夜中にはほんの少しご飯も食べたのだが、それも朝にはぜんぶ吐いてしまった。月曜日の午前中はまだ良かったが、薬が切れる午後になるとまたもや病状が悪化して、痛みが酷くて眠ることさえできない。部屋をうろうろしているかと思うと、シッコをするために腰を屈めると力がなくてその場に座りこんでしまって自分で立ちあがることすらできない有り様。

ぜったい、ぜったいマズイ感じ(T_T) これは、本気でほんとうにお迎えが来たかも(滝涙)

管理人が溺愛していたディーが、とっとと虹の橋を渡っていってしまったのは4年前の同じころだった。あの時も、ワールドカップの実況を見ながら、ディーの看病をしていたのだ。どう考えても手遅れとしか思えない病を抱え、必死に寿命を延ばそうとする飼い主の目の前でジーコジャパンが負けていくのを見ていた。

またもやワールドカップのときに愛犬にお別れだけは、勘弁して欲しい(T_T)

そんな状態だったので、夕方に、もう一度姫を医者に連れて行った。すでに姫は自力で歩くこともできないので、20kgのデカ犬を抱え、車に乗り込む管理人。

万が一命拾いしても、コイツを介護する生活じゃ、飼い主の腰のほうが保たないかも(-。-) ぼそっ 真剣に、頭の中で、先日購入した台車に犬用ドライブボックスをくくりつけて犬用車椅子を作る方法を考えた。

けっきょく昨日もこれという診断は下せなかったが、ひとつの可能性は見えてきた。姫は現在ヒート中で、苦しみだした日曜日は排卵日の始めにあたることから、そのせいで激しい腹痛がきているという可能性があった。人間で言えば酷い生理痛ってところか。だが、痛感が人間とはちがう犬が歩けなくなるほどの生理痛って!?

じっさい、もし人間ならば失神してしまうぐらいの激しい痛みがきていたようなのだ。犬は我慢強いからね。もしかすると数日前から痛かったのかもしれないが、平気な顔をしているせいで、うっかり者の飼い主はそんなことには気づかなかった。

もし生理痛なら排卵が終われば治まるはずだが、あまりに痛みが酷そうなので、昨日は鎮痛剤と抗生剤の点滴をしてもらった。またもや抱きかかえて帰ってきた姫を部屋に降ろすと、姫は完全に立てなくなっていた。腰はもう立たないが、前脚も、力なくすぐに折れてしまうのだ。鎮痛剤のせいで身体に力が入らないというのはわかっていたが、このまま、呼吸が止まって死んでしまうのではないかと、心配で心配で、姫と同じくらい身体にガタが来ている飼い主のほうが、心痛のあまり寝込んでしまいそうだった。

何しろ、日曜日の昼過ぎから一度も姫の歌声を聞いていない。相当痛いらしく、ときどきうなり声はあげるものの、いつもの、あの高らかな絶叫はさすがにでない。おまけに、食欲もまったく出ないようで、他の2頭に目の前で餌をやっていても、姫は顔を上げもしない。日曜日に食べた分はすべて吐いてしまっていたので、ほぼ48時間何も食べていないにもかかわらず、口元に持っていった大好物の缶詰フードにも一切口をつけようとしない。

ダメ! こんなの姫ちゃんじゃない! 声高らかに叫ばないなんて! 目の前にある食べ物を吸い込まないなんて、やっぱりこれでお別れなのかも(滝涙)

だから、管理人は祈るような気持ちでカメルーン戦を見つめていたのだ。ぜったいに勝てないと言われていたカメルーンに勝てば、姫も病を乗り越えられる気がした。ゆえにテレビの前で派手に応援を繰りひろげたのだ。絶叫するたびに、隣で寝ていた姫に迷惑そうな目で見られながら……



=======そして翌朝========



岡田ジャパンの勝利に酔いながら、今朝、最高の気分で目を覚ますと、姫の病状もすっかり好転していた。目の輝きも戻ったし、いつものようにトコトコと普通に部屋の中を歩きまわっている。

管理人がトイレに行くと、いつもより声は小さいが部屋で絶叫する姫の声が……

♪オマエェェェェ~、姫を置いてどこ行っちゃったのぉぉぉぉぉ~♪

アイツ、復活しやがった(-。-) ぼそっ

オバサンの2日ぶりの絶叫を聞きつけて、妹も慌てて2階から駆けおりてきた。

「いま、オバサン歌わなかった? 叫んだよね?」

ええ、叫びましたわ。まだお腹が空いてるから声が小さいけど、でもあの声は完全復活(^_^)v

その後、48時間振りに缶詰フードを前に差しだしたところ、まちがいなく復活したことが実証された。ずっと絶食したあとなので少しずつ食べさせようと、お上品にスプーンフィードする飼い主の手を押しのけて、奴は缶詰に鼻を突っ込もうとしたのだ。

いやになるほど、完全復活(-。-) ぼそっ

昨晩の鎮痛剤は完全に切れているはずだが、普通にしていられるということは、おそらく排卵期が終わり、酷い腹痛は治まったのだろう。抗生剤も投与したので、体内に腫れがあったとしたら、その部分もとりあえずは治まった。たぶん、今回の騒ぎの最大の原因は酷すぎる生理痛だったのだと思うのだ。ただ、毎回ヒートのたびにこんな状態を繰りかえすわけにはいかないし、じつは他にもちょっと気になる点があるので、かなりの確率で開腹手術をしなければならない可能性がある。その辺りは、今後獣医さんと相談しながら決めていかねばならないし、頭の痛い問題だが、カメルーン戦勝利の勢いでこのまま全部巧くいくような気がしているお気楽脳天気な飼い主なのだ。

だいたい、姫はもともと運がものすごく強い犬だからね。強運を持っていなければ、罠に捕まることもなく、偶然保護活動をしている人に拾われて、なおかつ、どう考えても里親を見つけるのは難しいという悪条件を抱えながら半年足らずで新しい飼い主が見つかるはずもない。

すっかり元気百倍になって、「どきなさいよ、デブ! 邪魔よ、チキン!」と同居犬たちを突きとばして入り口の最前列に飛びだしてくる姫を見ながら、コイツ、まだまだ長生きしそうだなと嬉しいため息をつく管理人なのである。

DSCF4140.jpg
姫、チョーお腹空いてるんだけど……
ご飯はまだ? 早くくれないと、歌うわよ!

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

勝つんだ、日本!

ついに……ついにカメルーン戦の日が来てしまった。

あっ、いやサッカーのワールドカップの話ね。ちなみに、管理人はべつにサッカーファンじゃない。だが、オリンピックだワールドカップだと世間が騒いでいると、一緒になって騒いでしまうにわかファンなだけである。

サッカーのことなんか、なぁ~にもわからんので、誰がでるかもよく知らないのだが、世間の評判を聞く限り、どうやら今回はそうとう分が悪いらしい。

マスコミや解説者というのは、小指の先ほどの可能性があるだけで「ぜったいに優勝!」みたいに大騒ぎするものなので、その連中が「勝てるように祈りましょう」と繰りかえしているということは……

だが、勝てると信じて派手に応援するのは国民の義務である(←きっぱり)。なぜなら、日の丸をつけて、必死で戦っている人たちがいる以上、それを後押ししないでどうするよ?

世界ランキングやら、選手の質やらとかいう難しい話はわからないから、管理人にはどーだって良いことだ。ただ、せっかく南アフリカくんだりまで長時間飛行機に乗って出かけていった以上、やっぱり勝って帰ってきて欲しいし、たとえにわかファンといえど、テレビの前で喜びの舞を踊りたい。

こういう大会になると、ぜったいテレビを観ながら「○○が悪いから」って偉そうに言うにわか解説者(たいていは中学でサッカー部に入ってました程度の経歴)がうじゃうじゃ出てくるし、「どうせ勝てない」とシニカルに言う奴も多いのだが、人間成せばなる。成さねばならぬ何ごともだね。

「どうせ○○だから」と言う奴は、しょせん何も出来ずに、できない理由をさがすだけで、文句だけ言って一生を終えるのだ。無駄な生き方だね(-。-) ぼそっ

今回の出場選手の中で、ちょっと管理人の目を引いたのは強気発言の本田圭佑という青年だ。みんなが「良いプレイを見せたい」とか「ベストフォーが目標」とか思いっきり弱気な発言を繰りかえす中で、独り「優勝でしょう」と言い切っちゃうあたりがカッコイイと思う。大舞台に上がるなら、その心意気だよ。昔からサッカーにはとんと興味はなかったが、ゴン中山は好きだった。テクニックがどうとか、そういうことはわからないが、中山が出てくると、場が盛り上がるというか、何かやってくれそうなそんな気がしたものだ。本田という選手も、そういう意味でなんか期待をしたくなる。

まっ、ランキングとか、選手のテクニックとか、そういう話をしたならば、最初から勝負にならんほど今回のチームは弱いのかもしれないが、結果がわかっているのなら最初から試合なんかする必要はないわけで、予想もつかない結果が出るからスポーツの試合は面白いのだ。じっさい、きょうの試合だって何が起こるかわからない。何しろ我が国日本には八百万の神がついているのだ。一神教の神さまは、独りであっちこっちの国々の人々のお願いを聞き入れなければならないから、いまの時期、きっととっても忙しい。その点アンタ、うちとこは八百万神さまがいるからね。きっと暇な神さまも1人ぐらいはいるはずだ。

だから、祈らなければ。成せばなる。成さねばならぬ何ごとも!

とりあえずガンガンゴールを狙って欲しいね。入らなくても良いから。戦略なんてこの際無視で、とにかくゴールに突っ込んでいって欲しいもんだ。頑張れ日本!

さてと、きょうは散歩も早めに済ませて、テレビの前で絶叫しなければ……

DSCF4107.jpg
夜中にあまり叫ぶのは、ご近所迷惑じゃないかと……あっ……

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コスト意識

ポセをいきなり怒鳴りつけてしまった(T_T) 昨晩遅くの出来事である。

現在姫は、年に2回のとびきり可愛い時期で、いつものごとく、この時期はシッコの頻度が異常に多くなる。通常だと、朝晩の散歩以外に室内でするのはせいぜい1~2回なのだが、ヒートの時期は、外でのマーキングと同じように室内でも数時間おきに、チョコチョコトイレを汚す。んでもって、オバサンは自分の排泄後を片づけたりはしないので、そのたびにポセがそれを片づけに行くのだが……

昨晩は疲れていて管理人の虫の居所が悪いのもあって、あまりにしつこくトイレ掃除をするポセの行動に苛立ってしまったのだ。

だって、管理人が汚れたトイレシートをちゃんと片づけたのに、その直後に、代わりに敷いたきれいなシートをまたせっせと丸めているんだもん( ̄‥ ̄)=3 フン

よく見ると、確かにシートの端のほうに微かなシッコ染みはついていたさ。だが、ほんの1滴のシッコの染みでいちいち全部のシートをぐちゃぐちゃにされるとね(-。-) ぼそっ

うちのコたちは、飼い主とちがってとても、とてもきれい好きだ。なのでシートのどこかにシッコの跡がちょっとでもあると、それは汚いものとしてその上にはシッコをしない。ゆえに経済的理由から基本的には、どんどん捨てても惜しくない、安い、薄手のシングルサイズを6枚敷き詰めて使っているのだが、それでもときとして、捨てるには惜しいと思うほど、ほんのちょっと端っこが濡れているだけの場合があるのだよ。シートに金を払っている身としては、このくらいの汚れは勘弁して欲しいと思う。だから、見つからないように上に新しいシートを重ねて、なんとか再利用を試みるのだ。

だが、きれい好きのなかでもとくに潔癖性のポセは、どんな小さなシッコ染みでも見逃さない。きちっとした性格も、ときには困りものなのだ。

ポセが来て以来目に見えてコスト高になったのは、じつはトイレシートの消費量だ。誰かがシッコをすると、すぐさまその場に駆けつけて、せっせと汚れたシートを丸めるのは良いが、6枚全部を団子にするせいで、けっきょく汚れてない数枚もシッコまみれになってしまう。結果、毎回6枚全部を替えなければならないことになり、けっきょくトイレシートの使用量が増える。仕方なく、最近はワイドも混ぜて使っているのだがね。それでも、やっぱりシートの消費量は目に見えて上がった。

とくに姫のヒートが時期は、前後1ヶ月を含めて、100枚入りのシートの袋が1週間足らずでなくなっていく。数日前にも、大量に買い置きしてあったはずのシートの在庫がなくなっていることに気づき、慌てて箱入りのものを注文した。

余談だが、ここでいま売ってるトイレシート、めちゃくちゃお買い得よ。送料無料でシングルサイズが1枚当たり6円を切る値段はコストコより安い。6月末までの大特価のようだから、たくさん使う人にはお薦め♪ ちなみに管理人は2ケース(1800枚)を大人買いした(^_^)v

ポセが悪いわけではないのだ。たかが犬にコスト意識を持てというわけにもいかないし(-。-) ぼそっ だがペットシーツを買う立場にいるとね……無駄に丸められたシートがそのまま諭吉に見えてしまう。

トイレシートを大量購入したために、資金繰りが苦しくなって買う予定だったおやつの購入は先送りになった。仕方がないので、犬たちにウケないのはわかっていても、またもやせっせと手作りおやつを作成する管理人なのである。

それにしても、なぜおやつもこんなになくなってしまったのか?

不思議に思って散歩のときにみんなに様子を確認してみたところ、おやつがどんどん減っていく理由は一目でわかった。

DSCF3928.jpg
「や~ん、カイちゃん、めちゃくちゃラブリーだから、この大きいおやつあげちゃう♪」(←妹)

可愛いというだけの理由で、大きいおやつを丸ごと犬の口に入れるなぁぁぁぁ!!!!! 千切って使え、千切って!

ポセにコスト意識を持てとは言わない。だが、我が家の経済状況を考慮しせずに無駄におやつを配る二本足に対しては、一袋○○円でおやつ入り袋を売ろうかと真剣に考える管理人なのである。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

良い子、悪い子、普通のコ

またもや、新たな同級生が見つかったのだが、その正体がわからなくて管理人は悩んでいる。いまの顔を見れば、まあ思いだすのかもしれないが、いま現在の説明と当時のあだ名だけでは、皆目見当がつかないのだ。管理人の通っていた地元の中学は、ほとんどの生徒が地元の小学校からの持ち上がりで、要は9年間同じ学校に通っていたわけで、クラスが一緒になったことがなくても、ほぼ全員の顔と名前は頭に入っているはずなのだが……

不思議なもので、強く印象に残っている相手というのはものすごいワルか、もしくはとても優秀な子たちだ。その中間にいるごくごく普通の子というのは、比較的印象が薄い。管理人も当時はキャラ的には印象の薄い普通の子だったのだが、物理的に存在感があったので(要はめちゃくちゃデカかった)、「縦も横も日本人にはあるまじきサイズだった○○で~す!」というとたいていの同級生は思いだしてくれる。

一番思いだしにくいのは、中肉中背で、これといった肉体的な特徴もなく、とくに勉強ができるわけでもなければ、スポーツが得意なわけでもなく、かといってツッパリでもなく、いじめられっ子でもなくというごくごく普通の子たちだ。

これは人間だけではなく、里親募集中の犬の場合も同じだな、と思うことがある。たとえば南の島のあの人のところに現在居候中のこのコ↓なんかその典型だなと思うのだ。

DSCF4176.jpg
虎南丸
琉球犬Mixの男の子
年齢 1~2歳くらい
体重 12.5kg
ずっと一緒に暮らしてくれる本当の飼い主さんを探してます!
預かりブログはこちら

このコが保護された直後から管理人はずっと見ているのだが、本当に何一つ問題のない、ごくごく普通の飼いやすい雑種のコなのだよ。まだ歳も若いし、サイズもお手頃、犬慣れ人慣れもOKだし、悪戯もそれほどしないし、飼いやすいコの典型で、こりゃすぐに決まるなと思っていたのに、なぜかなかなか良縁が見つからない。

もしコナンに何か問題があるとしたら、普通のコすぎるところだと、前に預かりさんにも言ったのだが、これはある意味真実だと思う。目立たない、普通のコというのはどうしても印象が薄くなる。

DSCF4176.jpg
お散歩大好き、元気なコナン

ついでに言えば、トラ毛というのが、写真写りが悪いという点では致命的に痛い。これは黒いコもそうなのだが、どうしても、写真に撮ると可愛さが半減してしまうのだよ。保護活動をしている人なら、誰でも知っていることだが、コナンのように毛色の濃いコは、どうしても怖い顔に見えてしまう。室内で撮った写真なんか、表情もよくわからないし、自然光の下で、デジイチ使って撮っても、やっぱり実物のほうが数倍可愛いというのが毛色の濃いコの場合はお約束なのだ。

DSCF4176.jpg
今年の干支だぜ、トラ毛のコナン

率直に言って、これまでこのお宅で預かりしていたどのコよりも、コナンは万人ウケする家庭犬向きの一押しの犬だと管理人は思う。にもかかわらず、良縁が来ないのは、やっぱりこのコがあまりに普通のコだからだろう。

昔『欽ドン』なる番組の中に「良い子、悪い子、普通の子」というコーナーがあった。この中でいつもオチになるのは良い子か悪い子と決まっていて、普通の子はたいてい最初に出てきて、単に振りの役しか務めない。だが、だから居なくても良いかというとそうではない。普通の子の普通さがあるから、じつは良い子や悪い子のオチが光る。

普通であるということを、人はあまり評価しない。普通なんだからとついつい見過ごされてしまうだけだ。だがね、普通であるということは、じつはとっても難しい。派手に自己主張して目立つことは簡単だし、そのほうが良いと思う時代もあるかもしれないが、長い目で見たときずっと普通で居続けるということは、とても安定した、幸せなことなのだ。じつはそれだけで、高く評価すべき点なのだよ

DSCF4176.jpg
車でお出かけも大好きコナン

最初に書いた同級生の話に戻るが、30年ぶりに再会した同級生の中には、当時それほど目立たない普通の子で、それがそのまま、ぜんぜん目立たない普通のオッサン、オバサンになっている子たちもたくさんいる。当たり前に結婚して、子どもがいて、ローンを抱えて、配偶者に対する愚痴の一つもこぼしながら、ありきたりの人生をごくごく普通に過ごしている人たちだ。みんなを大笑いさせるようなエピソードもなければ、ドラマチックな人生も送っていないが、でもこの歳になると思うのだよ。

ごくごく普通に大人になって、ごくごく普通の人生を送ることって、じつは一番幸せなのかも(-。-) ぼそっ

普通とはかけ離れた生活をしている管理人だから、よけいにそう思うのかもしれないが。だが、一般的に人は、普通であることを評価しない。

DSCF4176.jpg
お座りも待ても、フセもできまっせ

普通であるということは、順応性が高いということだ。周りに合わせ、目立たぬように自然に行動し、周囲に巧く溶けこめる順応性は、それだけでじつは高く評価すべき長所なのだが、人はなかなかそれに気づかない。

コナンの場合、この犬の順応性の高さはそうとうなものだなと管理人は驚いた。なぜなら、預かり家庭に来てすぐに、この家に犬たちと巧くやっていたのだから。

mi-goroさんちの姐さんがたは、控えめに言っても気むずかしい、怖い姐さんたちである。そんじょそこらの犬では、近づくことさえできないのだ。ところがコナンは、本当にすぐにこの犬たちの懐に入りこんで群の仲間になっていた。たぶん、この犬、どこに行っても巧くやっていける。これが管理人の第一印象だ。

DSCF4176.jpg
仮飼い主にもバリバリ甘えるコナン坊や

犬を飼うとき人は、さまざまな希望を唱える。頭の良い犬だというからやっぱりボーダーコリーが一番だとか、盲導犬になる犬だからラブを飼うのが最高だとか、豆知識に踊らされる人は多いのだが、じつはうまく犬と暮らしていく秘訣は、ちがうところにあるのだよ。

長く一緒に暮らしていくパートナーとしての犬に望むべきは、どんなときでも巧くその場でやっていける順応性だと管理人は思う。10数年に渡る犬との生活では、色々な変化が起こるのだ。家族の形態も変化するかもしれない。住む家も変わるかもしれない。そういう変化に巧く適用して、その場に順応していける犬なら、犬と一緒の10数年をストレスなく、楽しく暮らしていくことができる。

そういう意味では、コナンはまさに、ぜったいお薦めの掘り出し物だと管理人は思うのだよ。

でもあまりに普通に見えるから、その良さをなかなかわかってもらえない(T_T)

DSCF4176.jpg
食いしん坊のコナン・ザ・グレート
お問い合わせはこちら

犬と一緒に楽しく散歩して、ときには部屋で一緒にゴロゴロして、泣いたり笑ったりしながら、ごくごく普通にペットのいる暮らしを楽しみたい人に、コナン坊やはほんとうにお薦めなのだよねぇ~。だから、普通に見えるこのコの普通である凄さを、ちゃんと評価して欲しいなと管理人は思うのだ。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

お誕生日♪

昨日はポンちゃんのお誕生日だった。

DSCF4127.jpg
ぼく、6歳になりました、てへ

良いお顔だねぇ~

100万ドルの笑顔が出るのもとうぜんだ。何しろ、昨晩の誕生日パーティーはポセの大好物目白押しだったのだから。

DSCF4122.jpg
大好きなゆで卵に

DSCF4124.jpg
付け合わせはサツマイモ

DSCF4147(1).jpg
そしてメインはガーリック風味の鶏肉

これで喜んでくれるのだから、じつに安上がりな奴である(-。-) ぼそっ

DSCF4119.jpg
ゆで卵が出ると、思わず流しに飛びついちゃうぼく

DSCF4123.jpg
ワクワク♪

DSCF4141.jpg
なぜご馳走かはどうでも良いが、アタシもワクワク

DSCF4133.jpg
パーティー、良いっすね(←コイツも、なんの祝いかはわかってない(^_^;))

姫とどうよう、ポセも成犬になってから我が家の一員になったコだが、どんな親から生まれて、ずっとどういう風に暮らしてきたかわかっているのは、じつに楽だなとこういうときに思う。好物は何かとか、苦手なものは何かとか全部ちゃんとわかっていたし、だいたいの誕生日もわかっている。何しろ、子犬の頃の写真もあるくらいなのだから。

Pose0140.jpg
ポセは、こんな可愛いパピーだったのだよ(預かりさん宅にて)

Pose0139.jpg
そして当時から、すでに悩める子犬だった(笑)

子犬時代の写真と見比べると、ずいぶん鼻の周りが白くなっているし、ああ、若い、若いと思っていたポセも、もう6歳なんだなとつくづく思う。5倍のスピードで歳とっていくの、ホント、止めて欲しいわ(-。-) ぼそっ

てな具合にアンニュイな気分になっている飼い主の思惑をよそに、犬どもは久しぶりのご馳走を息もつかずに一気食い。

DSCF4150.jpg
味わってんのかね?

DSCF4161.jpg
主役が食べはじめる頃には、すでに食い終わってるコイツ


ポセは、ある日とつぜん我が家にやって来た。クレートも餌皿も何も持たずにいつものようにフラッとやって来て、そのままけっきょく居ついてしまった。不思議なご縁だと思うのだ。ただ同じ保護団体で、同じ時期に姫とポセがたまたま保護されていたというだけの繋がり。なのに、けっきょくポセは我が家のコになった。

もう4年も前の話になるが、1年ちかくポセに会えない時期があった。しばらくぶりに我が家に来たとき、ポセは管理人の顔を見て興奮してうれションして悶えたのだ。正直、前の飼い主も管理人も驚いた。自宅の外では常に緊張でピリピリしているポンが、犬猫屋敷の門のところで、いまにもへそ天しそうな勢いではしゃぎまくっていたのだから。

それまで何度かうちに泊まりに来てはいたものの、あのポセの行動は、いま考えても不思議なものだった。理由はなぜだかわからないが、たぶんあの瞬間、ポセは自分で次の飼い主を決めたのだ。

だから、ポセが前の家にいられなくなったとき、うちに来ることが当たり前だと思った。

色々あったが、いまはポセも名実共にうちのコだ。あと何回、こうして誕生日を祝えるかはわからないが、この先少なくとも10年くらいは、毎年、美味しい顔を見せて欲しい。

お誕生日おめでとう、ポン太。今年も1年、楽しいことがたくさんありますように……

DSCF4138.jpg


いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

選挙対策

先日騒いでいた第1回「ビビリ顔」コンテストの投票が始まったわぁぁぁぁ~!!!!

みんな、押すように。

それにしても、この投票方法ってどうなのだろう? だって、2枚ずつ写真を並べて良いほうを選ぶって方式だと最初のほうにエントリーしてる写真が断然有利じゃん( ̄‥ ̄)=3 フン だってほぼ最後にエントリーしたポセちゃんが出てくるのは死ぬほどクリックしたあとよ(-_-) 最初の数枚は見るけどさ、あとは目的がなきゃ押さんだろう?

目的意識を持って、みんな、しっかり押すように。

組織票固めに必死になるバカ飼い主。ペット界の静香ちゃんと呼んでくれ。投票期間は23日まであるけれど、何ごとも早め、早めにね。よろしくね。お願いよ!

第2回の「ビビリ顔」コンテストの際には、ぜったいに1番乗りで写真をアップしようと心に決める管理人である。

DSCF4056.jpg
飼い主バカ全開ですね(-。-) ぼそっ


いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ええ、ええ、どうせ

毎日貼ってるこれ↓の事務局からお知らせメールが送られてきた。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

1位になると環境大臣賞とやらをもらえるらしい。具体的に何がもらえるかは定かではないが(フィラリア予防薬1年分、もしくは餌大袋半年分希望)なにせ財政難のこの国だ。おそらく良いとこ賞状か、盾か記念のボールペン? でももし環境大臣賞をとったなら、ブログに「環境大臣賞受賞」ってサブタイトルがつけられる。

まっ、とれるわけないが。なにせ他の皆さんのように○○番よ。押してねぇ~ってキャンペーンすらやっていないのだから。

ちなみに、最初に出した姫さんに続いて、じつはチビ姐さんの写真も上げてある。現在26ページ目にいるから、まっ、気が向いたら投票よろしく。

で、こちらのコンテストはどうも分が悪そうなので、他の分野にも進出してみた。

Yahooペットの第1回「ビビリ顔」コンテスト

へぇ~こんなんあるんだってサイトをちらちら見ていたのだが、どう考えても、ここの応募作品のどれよりも、ビビリ顔ならうちのチキンちゃんのほうが上手である。

何しろ、初期設定が困った顔なのだから。

今回は、とくにそのなかでも厳選した「ドレスを着せられて困っているチキンちゃん」の写真で応募してみた。突っ込まれる前に言っておくが、写真はポセなのに、なぜかプロフィールを見るとカイになってるところが、ミソである。

なんかさ、登録の仕方がよくわからんかったのよ。複数の犬を登録できるのか、できないのか(どっからしたらいいか不明)わからなかったので、代表でカイの情報だけ入れたのだ。でも、写真はポセ。

まっ、良いのだ。管理人としては、世界一可愛い我が愛犬の愛らしさを、全世界に情報発信できただけで満足だ。

まちがいなく、ビビリ顔コンテストの1位はいただきだと思うしね。

はて、賞品はなんだろうか? できれば、フィラリア予防薬1年分、もしくは餌大袋半年分、またはトイレシート3ヶ月分もらえると嬉しいな♪(←あくまでも現実的なものばかりを欲しがる貧乏人)

せっせと応募写真をアップしながら、ふと管理人は思ったのだ。よく芸能人が「デビューのきっかけは?」と訊かれて、「自分は芸能界なんかにはぜんぜん興味なかったんですけど、姉(母)が勝手に写真を送ってしまって……」とか言ってるのと同じだなと。

こういうコンテストに応募するたびに思うのだ。やだ、どーしよー! もしこの写真がジャニーさんの目に留まって、ポセちゃん、ジャニーズ事務所の犬部門の一号犬としてデビューしませんかとか話が来ちゃったら! CMとかの話も来ちゃうかも。だって、ここだけの話、お父さん犬より、うちのコたちのほうがぜんぜんイケテルじゃん? ソフトバンクの次回CMシリーズは、姫の演じるお母さんシリーズかもしれないし、ポセを見に来た事務所の人が、そこにいたカイの可愛さにメロメロになって、今年の大河ドラマにも出ちゃうかもよ。ええ、西郷さんの連れてる愛犬の役で(←似ても似つかないだろうが!)。

親ばか全開飼い主の妄想は、留まるところを知らない。

まっ、本当のことを言うと、Yahooペットなんかに出しちゃいかんのかもしれんがね。犬との出会いってタブを押すと、かなり血圧上がるから(-。-) ぼそっ せめて保護犬関連のリンクのひとつも貼っとけよと思わないではないが、この国のペット事情はしょせんこんなものだ。犬を飼う=犬を買う。ネットで買うと市場価格よりかなりお安いからお得ぅ~って。

ここに出てる犬種すべてが、いつでも里親募集中のいまや常連ですけどね。

という信念はさておいて、我が子のスクリーンデビューを夢見て安易なペットブームに乗ってしまう管理人。ええ、ええ、どうせ飼い主バカですよ。放っておいてちょうだい!

DSCF4079.jpg
管理人さん、恥ずかしいから、ぼっ……ぼくの写真はあまり出さないでください!


きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

アテレコ

犬の行動をどう読み解くか、すべては飼い主にかかっている。

たとえばこんな親しげな愛犬たちの姿を見たとき、人によってはこんな風に解釈する。

DSCF3719.jpg
手をつなぐ仲良しワンコたち♪

DSCF3721.jpg
しっかりと重ね合わせた手

DSCF3722.jpg
ラブラブですね。

だが、うちの連中を知りつくしている管理人アテレコはもっとずっとリアルなのだ。

DSCF3720.jpg
オバサン、重いです! カイちゃんの上にのらないでください!!!

良いじゃないのよ、デブ。寒いんだから、くっついたって良いでしょ!

なぜなら、次の瞬間、カイがものすご~く嫌そうな顔をして逃げていくのを目撃したからだ。

DSCF3723.jpg
オバサンがウザイから、カイちゃんはあっちで寝ることにします。

そしてきょうもまた、独りぽつねんと残されるオバサン。

だが、そんなことでめげるオバサンではない。翌日にはまた……

DSCF3726.jpg
寒いので、デブで暖をとるの図

我が家の仲良しワンコたち♪ という定義にはイマイチ当てはまらない気もするが、理由はともあれ、姫はやっぱりカイが大大大大好きで、自分たちは仲の良い群の仲間だと信じて疑わない。
DSCF3725.jpg
仲良しじゃありません、単なる同居犬です

高度な知能を持つ犬という動物は、人が考えるよりずっと複雑な感情を抱いているものだ。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

現実なんて……

最近は、お店経営ゲームにはまっている。

前にも登場した例の同級生に「面白いから、やってみな」と言われて始めたら、すっかり虜になったのである。同時に始めたもう1人の同級生も一緒にドツボにはまっていて、いまや我々の会話の99%はゲームの話で成り立っている。

良いのかこんなことで、働き盛りの46歳?

だが、この国を担うはずの中年男女の最大の関心事は、普天間問題でも口蹄疫騒ぎでもなく、いかにしてステキな家具を取りそろえて、店の人気を上げるかということなのだ。管理人はともかく、他の2人はいちおう親もやっているので、「ゲームなんかやってないで、勉強しなさい!」って子どもに言わねばならない立場だと思うんだが(-。-) ぼそっ

ちなみにこのゲームがめちゃくちゃ面白いのは、どうやら競い合う仲間がいるせいらしい。もう1人、友だちもなく独り寂しくゲームをやってる奴に言わせると、確かに面白いが、そこまでハマルほどじゃないのだそうだ。

「だいたい、どうやったら100点なんてすごい数字が出せるわけ? オレなんか、必死でやっても30点台が良いとこよ」

「ふふふふ……高得点獲得の秘密を知りたいかい? 聞いて驚くなよ!」

「なんだよ、早く教えろ!」

「3時間じっと画面を見つめて、プログラムのパターンを読んだのじゃ」

「アルゴリズム解析したってこと?」

「そっ。アルゴリズムがわかれば、高得点を出すパターンが読める(←鼻高々)」

「暇人(-。-) ぼそっ」

なんとでも言うが良い。何を言われようと、先に高得点をとったものが勝ちなのだから。

んでもって、同級生と30年ぶりに再会して盛り上がっているという話をしたら、別の友だちから「それって今やってるドラマと同じシチュエーションじゃん!?」と言われた。

へえ? そんなドラマやってんだ。管理人はテレビなんてほとんど観ないから、知らなかったぜ。

ドラマのタイトルは、そのものズバリ「同級生」なのだそうだ。んでもって「ラブ・アゲイン症候群」なるサブタイトルがついてるだけあって30年ぶりに再会したもと同級生が不倫しちゃってりんりんみたいな話らしいのだが……

昔からわりとよくあるパターンのストーリー展開だが、じっさい自分がその歳になってみると、作り物の嘘くささに( ̄‥ ̄)=3 フンって気分になってしまう。そりゃね、管理人がもし黒木瞳なら、そりゃ30年ぶりに再会したもと同級生とラブアゲインだったかもしれんがね。だが、黒木瞳とはほど遠かった中学生はただのオバサンにしかならないし、高橋克典とは似ても似つかなかった中学生は、単なるオッサンにしかならんのだ。

そして30年ぶりに再会したオッサンとオバサンはなぜかゲームにはまっている(-。-) ぼそっ

でもこの再会は、ちがう意味でのアゲインなのだ。なぜなら、30年前も管理人たちは、やっぱり勝負の世界に生きていたから。

管理人たちのクラスはとっても変わったクラスで(学年の問題児の巣窟とも呼ばれていた)中3にもなると、ふつうは男女とも色気づいてきて、怪しい空気が流れたり、異性とはあまり口をきかないなんてクラスがざらだった中で、なぜかうちのクラスだけは男女が異常に仲良しだった。たぶん、みんなものすごく子どもだったのだと思うのだが、うちのクラスだけの流行がやたらとあって、何かが流行ると男女問わず、全員がそれに夢中になったものだ。とくに盛り上がったのが相撲消しゴムの対決で、まっ、要は紙相撲を相撲消しゴムでやってただけなんだが、なぜか、これが異常に流行った。

一時、クラスの全員がポケットに必ずマイ相撲取りを忍ばせていて、休み時間になると、これをとりだして、あちらこちらで取り組みが行われていた。いかにマイ相撲取りを強くするかに、男女を問わず、クラスの全員が夢中になっていた。

ちなみに、こんな馬鹿な遊びが流行っていたのは、もちろんうちのクラスだけで、しまいには職員会議で問題になって、担任が大恥をかいたというオチまでついた。その後流行ったのはチョロQの競争だ。これまたクラス全員がマイチョロQを持っていて、車に色を塗ったり、ラメをつけたり、せっせとチューンナップをしていたものだ。

だから、バトルアゲイン。ある意味この再会後の成り行きは、30年前にその動機づけがすでにされていたものなのである。

作り物世界は、じっさいそれを知らない人が見るとけっこう騙されるものなのだ。だがリアルにその状況を生きていると、じっさいドラマみたいなことはまず起こらないとすぐわかる。

たとえばとてもオシャレなペット雑誌や、テレビ番組に騙されて、ペットと暮らす癒し系ライフなんてものに憧れてしまう人々も、きっと同じようなもんなんだろうね。ああいう「ペットを飼いましょう」系マスコミには、ウンPを拾っている光景なんて、ぜったいに映っていないから。

最近、同僚がとつぜん犬を飼いたくなっちゃったらしい。んでもってこの前昼休みにその話になったのだが、犬を飼いたくなったきっかけというのが、たまたま雑誌に載っていたペット飼いに関する記事だったのだそうだ。

「それがね、真っ白いラグを敷いた部屋で、白いソファに黒い犬と座っている写真だったんだけど、それって、撮影用の部屋……だよね?」

「とーぜん。黒犬を飼ってて白いラグに白いソファは自殺行為」

「だと思ったのよね。ステキーって一瞬思ったんだけど、管理人さんの話とあまりに違いすぎるから、ちょっと待てよって思った」

「感心、感心。Good Girl。よく気づいたね」

毎日しつこくリアルなペット飼いの実体を話しておいて良かったぜ。だが、そういう予備知識を持たない人は、きっとあの作り物ペット飼い生活を真に受けて、ペットを買いに走っていってしまうにちがいない。

ドラマを観て、同級生とのラブアゲインを夢見ている程度なら害はないが、ステキなインテリアの一部みたいな犬や猫に憧れてペットを買っちゃう人がいるのは被害甚大だと管理人は思うのだ。少なくとも買われたペットにとってはね。被害は甚大だ。

ゆえに、ステキなペットをフィーチャーした番組、雑誌、ブログなどすべてのメディアでは、今後、必ず写真の一部にウンPもしくは吐瀉物が映っていなければいけないという法律でも作って欲しいなとリアルなペット飼いは思うのだがね。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

順応性

総理退陣という衝撃的(でもないけど(-。-) ぼそっ)なニュースが流れる中、管理人は朝から床に這いつくばってうちのコのシッコを拭いていた。

日本の将来、この国の方向性? んなこたぁ、どーだって良い。それより、床のあちらこちらに点々とできた4つの水たまりを掃除する方が管理人にとっては重要事項だ。

4箇所って、アンタたち……

昨晩、管理人は出稼ぎで疲れていたのとついでに体調も悪かったので、薬を飲んで早めに寝てしまった。んでもってカイがお腹をこわしていたのだ。こちらも薬を飲ました関係で、逆に夜の散歩でウンが出なかった。おそらく、管理人が寝てすぐカイはトイレでウンをしたのだ。だが、死んだように寝ていた管理人はその事実に気づかなかった。

トイレは汚れているからそこではしたくない。だが、シッコは出たい……結果、床に点々と水たまり(T_T)

たぶん犯犬は全員だろう。姫はヒート直前なので、おそらく姫が2回した。犬用ベッドにしていた、あれは、ぜったいに姫がやったにちがいない。

DSCF3858.jpg
だって、トイレが汚れてたから……

嫌がらせだね(-_-) まっ、その程度で怒る管理人じゃない。

幸い天気が良かったので、シッコまみれの犬ベッドは1日ですっかり乾いたし、前回の大掃除で犬スペースの床にクッションシートを敷き詰めてあったので、水たまりの掃除も、楽ちんポイである。四つ脚と一緒に暮らしていれば、床に汚物……なんて事故は、やっぱり起こることがあるのだよ。体調が悪ければ、出物腫れ物所嫌わず、どんなにしつけをちゃんとしていてもやっぱりこういう事態は起こる。

そのときに慌てないように、被害がなるべく少なくて済むように、四つ脚と一緒に暮らすのなら、四つ脚仕様のライフスタイルを採りいれるのがペット飼いとしては賢明だ。

家族が変われば、ライフスタイルも変わる。発想の転換。時代に合わせた思考。それができる順応性があれば、いざというとき慌てることはない。ところが、犬猫がいなかった頃の生活を頑なに守ろうとしたならば、やっぱりそこに歪みが出てくる。その歪みを見ない振りして楽しいペット飼い生活を演じてみても、やがてそんなものは破綻する。

ハトさんが辞めた後、後継首相にイチローちゃんが推すのは真紀子オバサンって噂がある。

もし本当だったらすごすぎるぜ(-。-) ぼそっ 節操がないにもほどがある。

古い時代のやり方を延々続けていく連中はとうぜん時代にそっぽを向かれる。現実を見ない振りして、これで良いのだと茶番劇を繰りかえしても、その先にあるのは破綻だけ。

いい加減、気づけよ、オッサン。ついでにその古くさいオッサンにくっついて歩いている金パッチつけた金魚の糞たちよ。その古臭~い体質が、アタシたちは嫌なのよ。あ・り・え・な~いって思われてんの( ̄‥ ̄)=3 フン

言葉が軽いとか、信用できないとか、浮世離れしてるとか散々言われて去っていくポッポちゃんだが、最後に病巣を切りとって去っていったのはちょっと格好良かったね。

次の首相は誰でも良いが、2ヶ月先の選挙じゃなくて、10年先をどうしたいかを考えられる人にして欲しい。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

寒っ……

ハト……辞めるんかね?

辞めるんだろうね。みんな辞めるって言ってるし。それならそれでとっとと決めりゃ良いのに、結論が見えてるのに、わざとらしい茶番劇を繰りかえす、あの昔の大映ドラマ的ウザさがじつは一番嫌がられてるって、あいかわらず雲の上で生きてるあの人たちは気づかないらしい。何かっちゅうと国民目線とか言うけどね。彼らと庶民の目線の位置は、ダックスとボルゾイほども差があるね。

まっ、ハトだろうがカラスだろうが、もうどうだって良いんだけど(-。-) ぼそっ

すご~く細かいことを言うようだが、この財政難のご時世にコロコロ首相が替わるのってどーなんだろうって正直思う。ほら、会社だってさ、社長が替わればそのたびに資料刷り直したりあれやこれやとコストがかかるじゃん? 毎回首相が替わるたびに、けっこうな税金が使われてる気がするのだ。いや、確かに細かいことですけどね。でも、財政難なら細かいところから引き締める。うちは貧乏だから、水道は毎回ぎゅっと締める……みたいな話ね。

庶民感覚すぎて申し訳ないが、でも永田町のオッサンたちが繰りひろげてる茶番劇は、PTAやら町内会やらで起こるゴタゴタよりも見苦しいからさ。だったら、お金のことも細かくやっていただきたいのよ。

どうせ首相なんて誰がやっても一緒で、ついでに言えば単なる順送りなんだから、だったらいちいち首相や大臣の個人名を載せる必要もないわな。今度から民主党1号、自民党2号とかって番号制にしてみたら? 現在の首相は民主党3号で、財務大臣は民主党5号って表記でじゅうぶんだと思うのだ。んでもって民主党3号が誰か知りたい人は、首相官邸のホームページから一覧表をダウンロードできますよって。

そしたらいちいち資料やら名刺やら刷り直す必要もないしね。自民党A、自民党B、自民党Cでも良いけど(-。-) ぼそっ

ハトが辞めたら、さて次は誰になるのやら? こんな状況で参院選はいったいどこに入れれば良いのか? もう面倒くさいからじゃんけんかあみだくじで勝手に決めてよって言いたくなる。誰がなっても同じなら、選挙にかかる諸費用だけでも税金の無駄づかいに思えてくる。

今年はなかなか暑くならない。6月になっても上着が欲しいこの寒さも、老犬を飼う身としてはとてもありがたいと思うのだが、そのなかでもとくに寒いのは国会議事堂を中心とする東京のある一部かもね。

茶番劇もオヤジギャグも、ラブリーなおじちゃんたちが演じるのなら、それなりに愛らしいとも思えるが、周りの空気がここまで寒いのに気づかないのは痛すぎる。

あぁぁぁ~寒っ……ブルルルルル。

まっ、永田町に巣くう妖怪たちは、みんな良いもんばっか喰ってるせいか必要以上に血圧高そうだから、この異常な寒さにも気づかないのかもしれないがね。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。