スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一気にいったね(-。-) ぼそっ

ある程度の予想はしていたが、ぜんぜん勝負にならないほどの民主大勝で、すっかり拍子抜けしている管理人である。

政権交代には賛成だが、あまり派手に勝ちすぎるのもね……

これで何かが変わるのだろうか? おそらく大きな変化は起こらないのだとは思うのだが、とりあえず金バッチをつけてふんぞり返っているセンセイたちに、この国は、もしかしたら民主主義の国だっだのかもしれないと思いださせてさしあげられたのなら、それはそれでけっこう。

家の近所に箱物つくって道路敷いていれば喜ぶだろうと侮っていた馬鹿な一般庶民が、実は自分たちの給料を出している雇い主だったんだってことに気づいたら、少しは今後まじめにやるでしょう。ちゃんと仕事をしない奴らは、とっととクビを切られる。これ、不況の時の大原則ね。ゆえに、成果を上げてきたといくら自画自賛を繰りかえしても、雇い主がそれを認めなければお払い箱になるのだよ。

それにしても、あれだね。タローちゃんもいまのお気持ちは? と訊かれて、最後に「バカヤロー」ぐらい言ったら良かったのに。そうすれば、草場の陰で祖父ちゃんもきっと感涙にむせんだことだろう(-。-) ぼそっ

本人たちも言っていたが、今回民主が大勝したのは別に彼らを積極的に支持したわけじゃなく、けっきょくは、どっちにしろ駄目なら、今度はこっちにやらせてみっか? ぐらいの気持ちで投票した人が多かったのだろうなと思うのだ。

管理人も民主党のマニフェストを支持するかって訊かれたら、やっぱりイエスとは答えられない。

高速道路無料化? 別にタダにするこたぁないと思うよ。必要以上に高い料金をとることはないと思うが、速く走れるという特権は、金を出して買うっていうのは、別におかしくはないと思うのだ。っていうか、無料にするのは良いんだが、その分収入が減るのはどうやって補う? そのために他の税金あげないでねっていうのが管理人的には本音なのだ。

子ども手当を出すのは良いが、子どものいる家庭に一律に現金を支給して、果たしてそれがちゃんと子どものために使われるのだろうか? こんなご時世だもの、生活費の一部として使われちゃうのがおちでしょう。財源は扶養控除をなくすらしいが、そうするとプラスマイナスゼロか、悪くするとマイナスになる家庭もけっこうあるんじゃないのかね?

けっきょくのところ、民主党の公約も、すごくその場しのぎだと思うのだ。とりあえず目先のことだけに気をとられて、良いことばかり言っているようにしか思えない。

たとえば子ども手当を出す代わりに、公共教育のひどい状態をもう少し何とかすべきだと管理人は思うのだ。友人たちの話を聞く限り、いまのご時世、公立学校に通っているだけじゃ勉強なんかできないのだそうだ。だから親たちは必死になって子どもを塾に通わせ、金を貯めて私立の学校に行かせようとする。だからとうぜん子どもがいると、とんでもなく金がかかる。金がない家の子は、当たり前だが落ちこぼれる。それを是正しようと思ったら、タダで通える公立学校のレベルを上げるしかないと思うのだが?

格差社会になったお陰で、親の収入によっては、経済的な理由から子どもが高校や大学に行けないなんていう状況が当たり前になっている。これは、どこかで誰かが言っていたことの受け売りだが、そういう子どものために奨学金制度をもっと充実させれば良いことなのだ。むろん、この国には金がないし、奨学金を出してやるほどの余裕は国庫にはないだろう。だが、少子化の時代ということは、裏を返せば子どものいない家庭も多いということなのだ。そういう人の中で、少しでも援助してやろうという人が寄付をしやすいシステムを作ればいい。奨学金基金として寄付した場合には、税制の優遇措置をとるように法律をちょっと変えれば良いだけだ。

子ども世代に対する投資というのは、将来に対する長期の投資なのだよ。それを毎年子ども一人あたり○万円配りますって……それって何か違わない?

たぶん、この国はほんとうにシステムが100年ぐらい遅れているのだと思う。たとえばネットを活用しようなんていう発想が、頭の固い妖怪たちから出てくるとはやっぱり思えない。

皆さんの家の近所では、住んでいる自治体のお知らせってどんな形で知らされます? 犬猫屋敷の近所は古くから住む人の多い元農村なので、いまだに回覧板みたいなものも存在するし、街角に町内会の掲示板が立っている。あとは、新聞に入って配られてくる区報なんてものもある。だが、こういう形でお知らせしたからOKって、やっぱり前時代的なやり方だと管理人は思うのだ。

そういう昔ながらのやり方でないと読めない人もまだまだいるが、同時に同じくらいの数の人がネットを活用してる時代だ。それこそ、自治体や国から重要なお知らせがあるなら、ツイッターでつぶやけよ、と管理人などは思うのだ。

ITをイットって言っちゃう人たちは、ツイッターが何かもわからんだろうがね(ため息)

要は、変化の時代についていけるスピード感が大切なのだ。今回、自民党がボロボロになった理由は、変化に弱い集団だということをこれでもかというくらい露呈した、いわば自滅現象だわね。

それしても、やっぱり小選挙区制はおもしろい。選挙に行っても、けっきょくお決まりの面子が当選するような時代と違って、直接大統領を選ぶようなワクワク感がある。政権与党が気にくわない時は、「総選挙になったら、覚えていろよ!」と心のなかでつぶやいて溜飲を下げる楽しみもある。

さて、ポッポちゃん政権はいつまで続くかね……

大して大きな変化はなくとも、目先が変わる楽しみはある。まっ、今後どうなっていくか、見守っていきましょうかね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

待ってました、衆院選♪

もう投票、行った?
20090830a
カイちゃんは、もう行ってきました♪

管理人は早々、金曜日に期日前投票を済ませてきた。きょう出かけることになるっていう確信はなかったんだが……もし万が一、当日用事ができて、こんな歴史的なイベントに参加できなかったら一生後悔すると思ってさ♪

何しろ、いつ何時なにが起こるかわからない年老いた動物を抱える身だ。姐さんの具合が悪くなって病院に行かねばならないかもしれないし、姫ちゃんのピーが悪化して徹夜の看病疲れで日中起きていられないかもしれない。あまり考えにくいことだが、嫌になるほど元気なジィジとバァバのどちらかがいきなりぶっ倒れるかもしれないし……

実は、管理人が住む地域では期日前投票の投票所のほうが近いのだ。2週間、ずっとやっているという気安さもある。昔はさ、きょう1日しか投票できなくて、その日にぜったいに行かねばならないというプレッシャーがすごく嫌だったんだけど、最近は期日前投票に行きやすくなって、すごく良いなと管理人は思うのだ。今年は、ショッピングセンターの中や駅に投票所を設けている自治体もあるという。きっと、投票率が各段に上がるんだろうな。

それは何より、と管理人などは思うのだが、むろん、組織票を期待している、古ぼけた頭の永田町の妖怪たちはチッチッチッと思っているにちがいない。ふふふふふ……おあいにく様♪

できれば、もっと良いのはやっぱりネット投票だわね。家に居ながらにして、もしくは携帯からでも投票できる時代が来たら、きっともっと多くの人が選挙に関心を持つのだと思う。だってわざわざ投票所に行く手間が省けるのだから、管理人のようなものぐさな奴でも一票投じようっていう気にはなると思うのだ。

むろん、役人が考えるIT化なんてものはしょせん笑っちゃうような妙なものになるのだろうが……

たとえば本人を識別するためのコードとかパスワードを発行してもらうために、けっきょく役所に出向いていって、紙に判子を押さないと駄目とかね。いつものことながら、本末転倒(^_^;)

選挙期間中はネットを使った選挙活動は禁止とか、やっぱりその辺りは前時代的だなと管理人は思うのだ。誰も観ないような時間にやってる政見放送なんかじゃなくて、YouTubeに動画上げとけば、好きなときに、たくさんの人が見られるじゃん? ある知り合いは家で新聞をとっていないので、選挙公報も来ないし、誰に入れたらいいのかわからず、すごく困ると嘆いていた。

選挙のシステム一つとっても、この国の官僚政治っていう奴は時代遅れだなとつくづく思う。時代の流れに国のシステムがぜんぜんついていけなくなってるんだわな。だから、何をやっても後手後手だし、騒ぎが起こってそれから大慌てで応急処置、みたいなことの繰りかえしにみんな嫌気がさしているのだと思う。

その気分が、どんな風に選挙結果に反映されるか……くっくっくっくっ、楽しみ♪

さっ、きょうは夜になったら選挙結果から目が離せなくなるから、早いうちにきょうの分の仕事のノルマをこなしてしまわなければ……

そのためには、ブログなんか更新してないで早く寝ろって話だが(-。-) ぼそっ

これから選挙に行く人には、こんなサイトもあるよん♪
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

灯台もとくろす……

引きつづき、お腹の具合がいまひとつな犬猫屋敷ご一行さまである。

いやね、犬も飼い主も何となく妙な具合なのだ。下痢ピーというほどのことはない。おそらく、虚弱体質の一家だったらこれがスタンダードなんだと思うのだ。だが普段、箸でつまめるようなビューティーホーなウンが基本の我が家では、この状態は病気の入り口に分類される。医者に行くほどじゃないにしろ、なぁ~んとなく具合が悪いって……こんな感じわかるかな?

犬たちも、普段は散歩の時間まで我慢できるのに、ついつい室内トイレでしてしまう。これは、飼い主も同じね。食べると腸が動いて、とたんにトイレに行きたくなる。たぶん、腸の一部に炎症があるのだ。だが、消炎剤を必要とするほどひどい状態ではないし、ビオフェルミンを飲みながら、消化の良いものを若干少なめに食べて、胃腸の負担を少なくするよう心がけていたところ、少しずつ良くなっているようなので、とりあえずはこのまま様子を見るかなって、そんな気分になっている。

犬どもを連れて医者に行っても、けっきょくは消炎剤をもらって高い治療費に涙するだけだし、管理人にしたって、どうせ医者に行っても、またなんでもないと言われるのがおちだし(-。-) ぼそっ

そんなわけで、爆弾を抱えているような状態で生活している以上、やっぱりブログネタはでてきてしまう。これは、昨日、管理人が出稼ぎから帰ってきたときのできごとである。

家に帰り着く頃には、いつものように管理人は疲れはててボロボロだった。携帯電話のSIMカードが盗まれたと主張するオヤジに代わって、暑いなか、Docomoショップまでお使いに行かされ、けっきょく、単に接触が悪かっただけだということが判明してDocomoショップのお姉さんに鼻で笑われ、今度は仕事が立て込んでいるのにその作業を家でやっているオヤジのPCがぶっ壊れたとかで、泣きそうになって電話していたオジサンをなだめ、○○さんは忙しいからという理由だけで押しつけられた仕事を片っ端からこなし、それでもとりあえず時間内にやるべきことをすべてやり遂げ、フラフラになりながら家にたどり着いたのだ。

いつものように、犬たちは部屋の入り口に鈴なりになって管理人を迎えてくれた。

どんなに疲れていても奴らの顔を見るだけで、管理人の疲れは吹っ飛ぶ。あぁ~きょうもこいつらを喰わせるために頑張ってきて良かった(^_^)v とっても疲れちゃったけど、頑張ってお仕事してきたお陰でこのコたちに美味しいものを食べさせられると思うだけで、今後も頑張って働いちゃおうとまた元気になる管理人は、やっぱりとても単細胞なのだとつくづく思う。

で、我がコたちと一通り感激の対面の儀式をこなしたあと、管理人は念のために鼻をピクピクさせながらトイレ付近をチェックした。一昨日のような怪しげな山はどこにもない。トイレシートは乱れていない。よっしゃー! きょうは誰も我慢しきれなくてモリモリってことはなかったというわけね。

犬たちを引き連れ、ベッドへと移動して、いつものように代わる代わる奴らをグリグリしまくった。

「カイちゃん、きょうはどんな一日だった? 姫ちゃん、お腹痛くならなかった?」

身をくねらせて歓喜に悶える犬どもを一通りグリグリし終わったとき、ふと、いま通ってきた部屋の入り口に続く辺りに目をやったとき、妙な物体があるのにようやく気づいた。

あれは……なに?

うす茶色のこんもりと盛り上がった山のようなあれはいったい……










やっぱり我慢しきれなくて出ちゃったんだ(。_ _)









賢明な読者の皆さんには、もうおわかりだろう。トイレ付近はきれいだったが、きょうのブツは、とんでもない所に落ちていたのである。ため息をつきながら、それに近づいて管理人は内容をチェックした。

この位置から考えるに、きょうの犯犬はまちがいなく姫だ。朝もしっかり出ていたのに、その上こんなにまた出すなんて、奴はやっぱり管理人がやっている餌以上のものをどこかで調達して喰っているにちがいない。おまけに、人や犬の通り道に堂々と落ちていたそのブツには、誰かが踏んだ跡があったのだ。

嗚呼……誰が踏んだのよ! ウンを踏んだ足で歩きまわったりしたら部屋中にウンの跡がつくじゃない!!

犬たちの足の臭いを嗅いで回ろうと思った瞬間、気のせいか、ものすごく身近で異様な臭いがすることに気づいた。








Oh Noooooooooooooo!!!!









ウンを踏んだ足で歩きまわっていたマヌケは、自分だった(。_ _)




言い訳するわけじゃないが、さすがの管理人も素足でウンを踏めば気づいていたとは思う。だが、管理人はスリッパを履いていたのだ。そのスリッパの先がウンの山を擦っていたことに疲れはてていた管理人はまったく気づいていなかった。

せめてもの救いは、ウン付きのスリッパでベッドに上がらなかったことだ。あのまま、スリッパ履いてペッどの上に上がっていたら……おニューの低反発マットに……



想像しただけで背筋が寒くなる(-。-) ぼそっ


こうして、またもや家に帰り着いたとたんにウンP回収業務に勤しむ管理人。

犬飼いには休みはない。犬飼いの一日はウンと共に始まってウンと共に終わる。大腸菌に果敢に挑む勇気がない奴は、犬なんか飼っちゃいけないのである。

20099828a
あぁ~すっきりした。
ご飯、まだ?

関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

人畜共有感染症!?

うちのコ(犬)たちが一斉に腹を下した(-_-)

20090826a
管理人さん、お腹痛いです

差別するわけではないが、これが姫一頭ならば誰も心配はしないのだ。どうせまた、散歩の途中で何かつまみ食いしたに違いないとあっさり片づけてしまうところだ。

20090826b
それって立派な差別だと思うの

だが、カイちゃんも一緒にお腹がピーとなると、やはり食べた物が悪かったのかなと心配になる。腐ったものでも食べたか? 昨晩の夕食に入れてやった豆腐が腐っていたのだろうか?

気になりながらも、昨日は出稼ぎの日だったので、とりあえず奴らの皿にビオフェルミンをぽとりと落として、そのまま我が子たちを置いて仕事に行った。

そしたら……管理人までお腹がピー(T_T)

必死で、人畜共有で口に入れた物を、昨晩のメニューから拾いだす管理人である。

うちの子たちはグリーニーズを食べたが、管理人は食べてないし……昼に食べたうどんの肉が腐ってたかもしれないが、あれは犬たちは口にしてないし……

何か、良からぬ人畜共有感染症が我が家に蔓延しているのだろうか!?

管理人もビオフェルミンを飲んで、とりあえず仕事を終え、家に帰ってみると、気のせいか、部屋の入り口で何かが臭う。

迎えに出てきた犬たちをかきわけて部屋に入ると、トイレから微妙に外れた位置にタオルの山が……

恐る恐るタオルを持ちあげてみると、そこにはこんもりと下痢便がこれまた山を作っていた(。_ _)

我慢しきれなくなって、しちゃったのね(-。-) ぼそっ

お腹が痛かったのだからそれはまあ仕方ない。トイレから微妙に外れた位置に落ちているウンPの山にとりあえず近場にあったタオルを掛けて隠してみたのも、犬たちとしてはそれなりに気づかいをしたのだと思いたい。何より、そのタオルのお陰で、下痢便を踏んだ犬たちが部屋中を歩きまわって、キャーってなことにはならなかったのだから……

もし、真新しい低反発マットレスの上にウン色のパウマークの跡が点々とついていたりしたら、管理人は爆泣する。

疲れて家に帰って最初にする仕事が、ウンPの処理というのは確かにきついが、これも、犬飼いにとっては極々ふつうの暮らしである。犠牲になったのが、そのままゴミ箱に直行しても痛くもかゆくもない使い古しの犬用タオルだったことも幸いだった。

部屋に入ってすぐのその位置に、管理人はよく脱いだばかりの服を放置していたりするのだ。さんざん着古した服ならいざ知らず、数日前まで、そこに買ったばかりのサマーセーターが置いてあった。

あぁ~、良かった、犠牲になったのがおニューの服じゃなくて……

買ったばかりの服が、下痢便まみれになっていたら、管理人はその場にひれ伏して床に頭を打ちつけていたにちがいない。

まっ、過去にはじっさいそんなこともあったがね(-。-) ぼそっ

一度も履いていない靴が、ツチノコ兄弟の顎を鍛えるためのおもちゃに変身していたり、カーディガンの木製のボタンが、信じられないほど芸術的な形に姿をかえたことも……

家に四つ脚の獣がいるということは、けっきょく、そういうことなのだ。

ペット飼いの二本脚は、いつしかそんな危険が一杯の日常に馴れて自衛手段を取るように訓練されていく(^_^;)
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

自分に陽性強化中

すごく久しぶりにテンプレを替えてみた(^_^)v

夏も、もう終わりだというのに、思いきり夏っぽいこの背景はどうなんだろう? と思わないではないが、良いんだよ、またいつもの通り管理人の気まぐれなんだから。

仕事がずっと忙しくて、今後もずっと忙しいことが確定した時点で、管理人としては自分に大量のトリーツを与えて、やる気を出させることにした。たとえば、ずっと自粛していた友だちとのどんちゃん騒ぎもすっかり解禁。だから、いまビールと枝豆なんだよ(-。-) ぼそっ

友人たちとビール片手に浮かれ騒ぐのはやっぱり楽しい♪ 出かけた分、進まない仕事は必死こいてキャッチアップすれば良い。やっぱり人生にはメリハリが必要だ。メリメリしてるだけじゃ、やっぱ駄目ね(^_-)

20090824a
管理人さん、またお出かけですかぁ?
それなりのもんは、ちゃんと置いていってくださいよ!

もう一つの自分に対するご褒美は、初めてのオイルマッサージである。

姐さんが心配で、友人に気功のできる人を紹介してもらったのだが、せっかく家まで来てもらうついでに、管理人の背中と肩のマッサージもお願いしたのだ。

これがあなた、気持ちいいの良くないのったら( ̄一* ̄)

管理人、マジで気持ちよすぎて涎たらしました……はい。それこそ、ずっと砥石のようだった肩と背中が、数ヶ月ぶりにふつうの人の身体と同じように柔らかくなったのだ。病みつきになりそう(-。-) ぼそっ

理想を言えば、月一回、定期的にマッサージを受けると効果的なんだそうだ。身体を揉みほぐしてもらうのと同時に、アロマオイルの効果で身体が内から活性化されてホルモンバランスなども良くなるらしい。

久しぶりの軽い肩にすっかり興奮して、たまたま電話してきた友人にそのことを吹聴した。

「美容院一回分くらいのお値段だし、だったら、毎月マッサージをお願いするのも良いかなって思ってさ。定期的にやってもらうと、すごくきれいになっちゃうらしいよ。アンタ、今度会ったときはまぶしすぎて、サングラスなしじゃアタシのことまともに見られなくなるね」

「オイルでテカテカになってるってことか?」

……神さま、友人に殺意を抱くのはいけないことでしょうか?

自分に対するもう一つのトリーツは、先日衝動買いした低反発マットである。

こんな奴↓


腰痛持ちの管理人としては前々から興味はあったのだが、意外に安い値段で出ているのを見つけて、思わずカートに入れてしまった。

届いてみたら、これが予想以上に具合が良い。

元々、寝つきは悪いがいったん眠ってしまうと仮死状態に陥る管理人だが、このマットを使いだしてからは益々眠りが深くなっちゃってさ。朝、家人に起こされてもぜんぜん目が覚めないのよ(^_^;)

果たしてこのマットを買ったことが良かったのか悪かったのか、かなり微妙な線ではあるが、とりあえず眠りが深い分、短時間でも安眠できて朝はすっきりとお目覚め♪ 朝起きた瞬間に、すでに肩がこっているなんてこともなくなったし、今回もまた管理人、良いお買い物をしちゃったわ(^_^)v

ちなみに、このマットは犬にも非常に好評だ。
20090824b
気がつけば、管理人の新しいベッドで爆睡中のオバサン

ちょっと、ちょっと、姫さん、そこは管理人のベッドだから……

20090824c
あに?

完全に寝ぼけてる(-。-) ぼそっ

さあ、これだけたっぷりご褒美をやったんだから、頑張ってお仕事してくださいね>自分。

納期を守るためには、もちろん仕事はせねばならぬのだが、ちゃんと仕事をするには、低反発マットが管理人のことを手招きしているこの誘惑にまず打ち勝たねばならないのが辛いところだ(汗)
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

健康優良児の悩み

色んなものが、やたら見えにくい……

というのが最近の管理人の悩みである。仕事柄、1日中目を酷使する生活を送っているので、こりゃ、いよいよ視力が落ちてきたかとすっかり落ち込んでいたのである。ちなみに、管理人は30過ぎになるまで両目とも1.5以上(調子の良い時は2.0の場合もあり)という見えすぎるぐらい良く見える目の良さを誇ってきたのだ。

ゆえに最近、物がぼやけて見えるとか、画面の文字が歪んで見える、夜になると見えづらくて運転が怖いなどの症状が出てきたときに、こりゃヤバイと思ったのである。

なので仕事用のメガネを作ろうと考えた。

だって、目は大切な商売道具ですもの。年金なんて、絶対にもらえない管理人たちの世代にとって、死ぬまで働き続けるのは、もうお約束みたいなものなのだ。この目が、あと10年で駄目になるなんてことになったら、商売あがったりだもの。

んなわけで、今日はわざわざ早起きして眼科検診に行ってきた。

「最近、すごく見えにくくて、目が疲れるんですけどぉ~」

そう訴えて、数年ぶりに視力検査なるものを受けたのだ。遠くに見える色んな方向を向いたCの文字みたいな奴の、どっちが空いているか見分けるっていう、例の検査である。

そして……検査の人に呆れられた。

「じゅうぶん、遠くは見えてると思いますけど(-。-) ぼそっ」

……そっ……そんな……だって、遠くの看板とかが良く見えないのよ(T_T)

「左目0.8、右目1.2ですから、免許も裸眼でじゅうぶん更新できると思いますし……」

世間の人は、何と恐ろしい状態で運転しているのだろうか!? こんなに見えづらい状態で平気でハンドルを握っている人が多いなんて、半世紀近くブッシュマン性活を送っていた管理人には信じられないことである。

何しろ、昔は50mくらい先にある看板だってちゃんと字が読み取れたほどなのだ。それに比べると、確かにいまの自分の視力は非常に劣化している。だが、そう思っているのは管理人だけで、一般ピープルの基準に照らし合わせると、管理人はあいかわらず恐ろしいほど良く見えている人の部類に入るらしい。

「これなら、メガネは必要ないと思いますけど……」

だって、だって、だって、管理人のスタンダードだと見えてないんだってば!

その後、近くの物を見る検査に入ったら、どうにか悪いところが見つかった。何のことはない、誰にでも訪れる老化現象という奴である。裸眼だと、小さな文字が見えにくい。いちおう、軽い乱視もあるので文字が小さくなると滲んだように見えてしまって、文字として判別できないのだ。

ただし、見えないのはあくまでも蟻の頭ぐらいのサイズの極章文字だが(-。-) ぼそっ

「実生活で、こんなサイズの文字を見ることは、まずないと思いますけど……ほんとうに、処方箋いるんですか?」

「出してください!」(←きっぱり)

せっかく、早起きして大嫌いな病院に来たのである。このまま空手で帰るわけにはいかんだろう?(←?)

その後、色んな光を当てられたりして、さまざまな検査をしてもらったが、けっきょく、極々軽い乱視と、老眼が少し始まっているという以外は管理人のお目々はすこぶる元気だった。

管理人のなかでは、数年後には失明するかもしれない重大な疾患……だったはずなのだが、またもや、癌騒動の時と同じ、単なる思いこみだったようである。

今度こそ、病気自慢の友だちの間でも同情を買えると思っていたのに(T_T)

だから、管理人は病院に行くのが嫌いなのだ。小さな頃から何しろ健康優良児なので、ちょっと具合が悪いと思って病院に行ったとしても、管理人の具合が悪いは、しょせん虚弱体質の人の絶好調よりもっと元気な状態だ。ゆえに、医者に鼻で笑われて、いつもすごすごと帰ってくることになる。

なんか、何でもないのにやたらと大騒ぎする、ものすご~く神経質なお馬鹿さんみたいじゃん( ̄‥ ̄)=3 フン

とはいえ、健康であることは何よりだ。この歳になると、たいていは身体のどこかに悪いところが見つかるはずなのだが、そういうことが何もないというのは、やはりめでたいことなのだろう。

そう思わないとやってられん(-_-) なにせ、早起きして嫌いな病院にわざわざ行ったんだから……

必要ないと言われたのに、無理やり出してもらった処方箋を手に管理人は嬉々として初めてのメガネを作りに行った。

1週間後にできるんだって……管理人、生まれて初めてのメ・ガ・ネ♪

生まれつき身体が弱いとか、病気を抱えている人は、むろん大変だろうし、悩みは尽きないことだろうが、健康優良児にだって、それなりにプチな悩みはあるのである。まっ、贅沢な悩みなんだけどさ……

贅沢な悩みを抱える管理人は、こうしてメガネを作ったという事実だけで、すっかり満足しているのである。
20090821a
視力なんか悪くても、臭いを嗅げば、
それが何だかわかるじゃないですか……

それは、異常に鼻が良い、アンタらだけだ(-。-) ぼそっ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

我が家の食生活

今週は納期間近の仕事を抱えていたので、食べることすら面倒モードに入っていた。そんな管理人の今日1日の食生活。

管理人の朝ご飯: 牛乳1杯 + バナナ1本

うちの犬たちには、ちゃんと栄養バランスがとれたドライフードに納豆(味なし、もちろんネギもなし)を混ぜた物を朝食に食べさせているうちに、自分はちゃんと食べてる暇がなくなった。

管理人の昼ご飯: コーヒー1杯 + 総菜パン3つ

会社に着くと、なぜかすぐに昼になるので(←勝手に重役出勤中)、そそくさとパンをコーヒーでかっこむ。

管理人の夕飯: 牛乳1杯 + パン2つ + トマト 1コ

今日は家人が留守で、各自ご飯を食べなさいという御触書が回っていたので、昼用のパンを買うときに、ついでに夜の分も買っておいた。どうも野菜が足りない気がしたので、冷蔵庫を引っかき回したらトマトが一個出てきたので、その場で洗って、流し台に顔を出して、丸かじり。

何となく、空しい気がする(-。-) ぼそっ

ちなみに犬たちは、夜もまた総合栄養食のドライフードに、豆腐と炒り卵とゴマと姐さんが残した猫餌のトッピングがのった、けっこう豪勢な夕飯を食べていた。

犬の栄養バランスはバッチシ。だが、人間は……

今日1日の食事で、足りないのは鉄分だな。あとで、フライパンを嘗めることにしよう(-。-) ぼそっ

20090820a
食欲までなくなったら、終わりね……
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

猫の散歩

チビ姐さんは、先日の大騒動以来、独りでお外に行くのを禁止されている。

っつぅか、実は我が家でも、もうかれこれ5年ぐらいは猫を室内飼いオンリーで飼っているはずなのだが、チビの場合は何せ、この周りが畑だらけで当たり前に誰もが家猫を外に出していた時代からうちにいるので、とうぜん、1日に何度かは外に出たがる。そして、いまは病気や交通事故が心配だから、もう猫は外に出すなと口を酸っぱくして言っているにもかかわらず「うっかりしてたら出ちゃった」と言い張って、チビをしばしば外に出す年寄りが二人いるせいで、チビだけは、最近になってもやっぱり外を自由に散歩していたのだ。

外に行くと言っても、もう年寄りなので遠出などしないし、たいていはうちの庭を一周してすぐに戻ってくるから実害はないのだが、それでも、この前のようなことがあると心配だ。頑固な年寄りどもも、さすがに前回の騒動には懲りたようで、あれ以来、チビが「勝手に出ちゃった!」という騒ぎは起こっていない。ただ、20年間ずっと外を自由に歩きまわっていた猫を、とつぜん家に閉じこめるというのも忍びない。

ゆえに、チビ姐さん用にハーネスとリードを買ってやった。

20090816a

そして犬どもが散歩に行くときに、一緒に家を出るのだが、まず姐さんとしては自分の好きな時間に散歩に出られないのが気に入らない。犬の散歩は、飼い主さまが行きたくなった時間に出かけるのだが、お猫さまの散歩は、猫が出たいと言った時間に問答無用で人間がつきあわされるものなのである。

ついでに言えば、短いリードの先に動きが鈍い人間がついているというのも、姐さん的には非常に不愉快なことらしい。お陰で好きなように門や木の下をくぐったり、高いところに自由に登ったりができなくなった。犬用の15mのロングリードをつけて自由に歩かせた方が良いかなと、飼い主的には思っているのだが、これはまだ試していない。

ともかく、姐さんはとりあえず新しいハーネスとリードをつけて、毎日犬たちと一緒に家を出るのだが、たいていは適当に庭を歩きまわったあと、門の前でごろんと横になって日向ぼっこに興じる。けっきょくのところ、人間の横について一緒に近所を歩きまわるというのはあくまでも犬飼い流の散歩のイメージであって、猫にとっての散歩は、気が向けば延々何時間でも日向ぼっこをしている猫に人が黙っておつきあいすることなのだ。

昨日も、犬たちを連れて近所を一周回って家に戻ってきたら出かけたときにいたのと同じ場所で、姐さんが行き倒れのようにひっくり返っていた。

20090816b

別に、ハーネスもリードもいらなかったみたいね(^_^;)

ただ、変なものを食べたり、他の猫と喧嘩になったりしないよう、誰かがそばに立って番兵してりゃ良いだけだわ(-。-) ぼそっ

20090816c
さっ、姐さん、そろそろお家に入ろうね

犬飼い感覚の散歩というよりは、洗濯物を干して、それの番をしてるって感覚で、ほどよく日だまりで暖まった猫を抱きあげて、家に取り込む飼い主なのであった。
関連記事

テーマ : 猫と犬
ジャンル : ペット

Simple is the best!

部屋に電話を設置した。

回線はずっと前から来ていたのだが(光でネットを申し込むと、頼んでもいないのに電話回線までついてくるご時世なのだ)電話機を買うのが面倒で、ずっとそのまま放置してあった。

そしたら今朝、玄関に電話機が捨ててあるのを見つけたのだ……ふふふふふっ、ラッキーピョン♪ 拾っちゃおうっと。

そういえば、数週間前から家の電話が壊れたと親が喚いていた気がする。んでもって、昨日出稼ぎから帰ってきたら、新しい電話機が置いてあったのだ。自分たちは、しがない年金生活者だといつも嘆いているが、どう考えてもうちでは老人たちのほうが、ワーキングプアの娘たちよりずっと金持ちである。何かがちょっとでも壊れるとすぐに新しいものを買ってくる。ちなみに、戦争を知っている世代は物を大事にするというのも嘘である。

なんで、直したり、工夫したりして使おうという発想が浮かばんかなぁ?

今回親が捨てた電話機は、ファックスだのスキャナーだの色んなものがくっついている多機能電話という奴である。けっきょく使いこなせないのに、年寄りはあらゆる機能がついているゴテゴテした機械が好きなのだ。で、壊れたのは案の定、そのよけいな機能の部分だった。電話としては、じゅうぶんまだまだ使える。ゆえに、捨てられる運命だったかつての多機能電話は、単なる電話機として管理人の部屋で第二の人生を送ることになったのである。

唯一、不愉快な点は、その壊れている多機能部分の不具合を知らせる警告音である。パソコンで言うところのスリープ状態になっているときは良いのだが、時折、具合が悪いことに気づいてピーピー喚き出す。ウザイので、やっぱりこれじゃお釈迦かなとは思ったのだが、賢明な管理人はすぐに対処法を思いついた。

コンセント抜いちゃえば良いんじゃん♪

いったん電源を抜いてリセットしちまえば、こっちのもんだ。改めて電源を入れたときには、具合が悪かったことなどすっかり忘れている。単純だね、機械って奴は(-。-) ぼそっ

コンセントを抜いちゃえばこっちのもんよ! どっちがえらいか、ちゃんと思い知らせてやったわヾ(  ̄▽)ゞ

犬を飼っているのではなく、思いきり犬に飼われている飼い主というのを最近よく見かける。要求吠えに悪戯の嵐、果てにはもう手に負えなくなったからと飼育放棄に至るケースもやはり多い。

コンセントをいったん抜いて機械をリセットするように、簡単に、犬に対してどっちが上かわからせる方法があれば、たぶんもっと簡単なのだが、そうなるとディープな犬飼いにとっては、犬を飼うことがとてもつまらなくなってしまう。

じっさいは、コンセントを抜くより簡単に、犬に上下関係をわからせる方法っていうのがあるんだがね。ただ、頑なに人間のほうが変わろうとしないと、この方法は絶対に使えないところがミソなんだな。

必要以上に多機能なのも、かなり問題。どうせ使いこなせないなら、いらない機能がゴテゴテついたものよりも、必要なものだけがついたシンプルなもののほうが、けっきょく使い勝手が良いし、長く愛着を持って使い続けることができる。

機械も、ペットもこれは同じ。

いらん機能がたくさんついた、超優秀な名犬予備軍をぼんくらな飼い主が飼っても手に余るだけだ。犬猫屋敷のように単なるペットとして飼いたいのなら、ごくごくふつうの、とくに優秀でもない平凡な犬が一緒に暮らすには最適だ。

コンセントを抜いて思い知らせてやっただけで、すっかりおとなしくなった電話機を眺め、いま管理人は満足げな笑みを浮かべている。

機械は良いね。単純で。

それに比べて、いつまで経っても鳴き止まないコイツときたら(-。-) ぼそっ

20090812a
ねえねえ、そろそろご飯の時間じゃない?
姫の腹時計は、もうそろそろご飯だって言ってるの。
でもアンタの時計だと、まだなのは、
ぜったいに、アンタの時計のほうが
壊れてるんだと思うの!

ディープな犬飼いにとっては、この七面倒くささが犬を飼う何よりの魅力ではあるのだが……
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

あなたにとっての平和とは?


FC2トラックバックテーマ  第789回「あなたにとっての平和とは?」



起きて、部屋にウンPが落ちていなかった朝。

外から帰ってきて、自分用のおやつに買ってあったお菓子が犬に食い散らされていないことを確認してほっとする日。

四つ脚の家族たちが、夏バテもせずに餌をぱくぱく平らげて、立派なウンがドカンと出てきた時。

あぁ~今日も平和だとつくづく感じる。そして、こんな下らないことに一喜一憂できる平和な国に住んでいることが、実は奇跡的な幸運なのだと改めて思ふ。

20090809a


関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

便利な時代だね(-。-) ぼそっ

たぶん上がってるだろうな、と思ったら、案の定YouTubeにありましたぜ、旦那。昨日の記事の番組ね、もうアップしている人がいた。早っ(^_^;)

見逃した人は、どうぞご覧くださいマシ。じゃっ、管理人は出稼ぎに行ってくるから。
その1


その2


その3

関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

NHKの回し者?

夕飯をかっ喰らいながらニュースを観ていたら、『クローズアップ現代』で「ペットは泣いている」てな題名でパピーミルを扱ったレポートを放送していた。見逃した人は、今夜0:10~BS2で再放送するからね。ぜひご覧くださいね。30分番組だから、むろん、それなりの内容だけれども、一般ピープルにもわかりやすく何が問題かを具体的に報道していた。

いつもながら良いね、国谷キャスターの冷静な物言い(-。-) ぼそっ ゲストで出ていた動物保護団体代表のオバサマも、淡々と、冷静にここが問題って指摘しているのに好感が持てた。ここでいきなり「命をなんだと思ってるんですか! 可哀想なワンコちゃんを助けなければ!!」みたいに熱く語っちゃう、良くいる保護団体関係者風のおばちゃんが出てきたら、観ている人はドン引きする。

冷静な目で見て、冷静に「これっておかしくねえ?」とたくさんの人に考えてもらえるのが何よりなのだ。動物の保護活動という一部の人たちだけがやっている行動が、当たり前になるのが、何よりなのだと管理人は思う。っつぅか、人の意識が変わったら、保護活動じたい、たぶんいらなくなるんだけどさ。

いったん飼ったペットは、何があっても最期まで面倒を見る。万が一のことがあって、最期まで飼い続けられないときには、責任を持って次の飼い主を探すか、自分の手でちゃんと処分する。要は、そういう覚悟がない奴は、最初からペットを飼わない。

実に単純なことだと思うのだよ。そういう、管理人に言わせれば、あったりまえの感覚を持つ人が増えていけば、飼育放棄なんて起こりえない。それでも、放棄されるペットの数は決してゼロにはならないことは欧米の実績でも明らかではあるのだが、要はぜんたいの数が減れば、何とかなるのだ。居候を置いてやっても良いという犬猫屋敷のような家が、年間2頭ずつぐらい預かって、次の飼い主が見つかるまで喰わしてやるてなことをするだけで、たぶん、殺処分数は限りなくゼロに近い数字になるのだと思う。

大勢の死刑執行を待つ犬たちの中から、コイツは助けられるけど、コイツは見捨てるしかないと選別しなければならない状況が、やっぱり異常なのだと管理人は思う。少なくとも、そんなことを各自治体にあるセンターでやっていながら、かたや、子どもの数よりペットの数のほうが多い日本はペット大国なんて偉そうに言っていることが片腹痛い。

今回の番組で、管理人が良いなと思ったのは、子犬ばかりありがたがる日本人の特性をちゃんと指摘していたからだ。なんと、ペットショップで売られる犬の92%が2ヶ月以下のコロコロ子犬なのだそうだ。

他の犬と会うと吠えまくる。犬仲間と公園であっても、どうやって一緒に遊んでいいかわからない。人に咬みつくのは当たり前みたいな「問題行動」を抱える犬が、たくさんいるのはとうぜんだ。社会化期をすっ飛ばした子犬を、そういう犬の訓練方法を何も知らない初心者が飼って、まともな犬に育てられたらそのほうがすごいと管理人は思うのだ。

再三言い続けていることだがね、オッサン、オバサンになってから家にやってきた犬であっても、パピーの頃から育てている犬とそれほど違いはないと思うよ。これは、じっさいに成犬から飼っている人の多くが口を揃えて言うことだから、たぶん嘘ではないと思う。ただ、そういう体験をしてる人、おそらく周りには一人もいないって人が大半なんだろうね(ため息)。

だから、成犬を迎え入れるという行動自体、多くの人にとっては未知との遭遇になってしまうのだ。一回やると、実は止められないもんなんだがね(-。-) ぼそっ

管理人の周りには、やっぱりそういう人が死ぬほど多い。屋敷のリンク集に載っている家の多くは、成犬になってもらった(拾った)犬を飼っている人々だ。もし、迷いがあるようなら、そういうサイトを覗いてみて、どんなもんか自分の目で確認してみて欲しいなと管理人としては思うのだ。たとえば犬まみれな日々の過去記事だがワハ母さんが中途採用犬ハンナを飼うことになったいきさつを事細かにシリーズもので書いている(こちら

成犬は良いよぉ~、とは管理人はとくに言わないがね。ただ、成犬良いものだよぉ~とは、やっぱり言っておきたいかな。少なくとも、いまの自分のライフスタイルだと、成犬から飼うのがやっぱり楽だ。

=========回し者ついでに、他にもお知らせ===========

その1. 南の島で、たくさん捨てられる犬を保護して譲渡する活動をしているわんわんclubさんの365日カレンダーのカレンダー申し込み期限が迫っている。まだコマに少し空きがあるようなので、申し込むならいまのうちだヨ~ン!

その2. 少し前の管理人が騒いでいたヨーダ耳の彼。無事に預かり先が見つかって、いまはこんなところで里親募集中。預かりブログを見ると、あいかわらず嬉しいときにはヨーダ耳(笑) 中部地方にお住まいのかた、成犬も良いよぉ~少なくとも、これ以上は大きくならないからさ(爆)
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

気力と体力

ふと気づけば、1週間近く更新が滞っていた(^_^;)

前回、前々回と立て続けにチビ姐さんの具合が悪い話を書いたので、もしかして!? と一部の方にはご心配をおかけしたが、大丈夫、姐さんは喉元過ぎれば食べたことも忘れる脳天気さで、今日も新顔の二本脚が帰宅するたびに「お腹が空いたの、ご飯ちょうだい! サーモンちょうだい」と喚いている。

ちなみに、食べ過ぎるとまた前回の二の前になるので、賢い二本脚は色々考えたすえ、チビに最後にご飯を上げた人間が冷蔵庫に貼ってあるホワイトボードに、その時間を書きこむという新システムを開発した。

今日も7時半に管理人が出稼ぎから帰ってくると、さっそく姐さんが脚にまとわりついてきた。

「ご飯ちょうだい。ねえ、ねえ、アタシ、すごくお腹が空いているの。サーモン、開けて」

だが、ボードには10分前に餌を食べたとちゃんと書いてある。残念でした、姐さん。その手にはもう乗らないんだヨ~ン(^_^)v

いままではこの手で、しっかり食餌をゲットできたのに、なぜ巧くいかなくなったのかと姐さんはきっと悩んでいるにちがいない。愚かな二足歩行動物だって、やるときゃ、やるのよ。人間は考える葦である、コッホン。

カイちゃんのアンヨ痛い痛いもすっかり全快したし、地味に鼻水を啜っていたクロ姉さんも、インターフェロンの点鼻をしたら急速に良くなっているようだし……とりあえずめでたし、めでたし。まあね、我が家で2匹目のインターフェロン常用者が出て、飼い主的が号泣したい気分なのは、むろんわざわざ言うまでもないことだが(-。-) ぼそっ

とりあえず二本脚も四つ脚も、みんな無事で元気なんだが、ただ、管理人の気力がね……萎えてるのよ。途中まで書いて放置してある記事は何本かあるんだが、どうも、こう、良いオチが考えつかない。

ブログに、果たしてオチが必要なのかどうかはビミョーなんだけどね(汗)
20090803a
二と四の中間の三本脚のオハギちゃんは、
なぜか天と共に嫌になるほど元気だ
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。