スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一芸

ようやく屋敷の壁紙も通常のものに戻り、ちょっと一息の管理人である。

いやね、忙しいさなかにバナーの張り替えとかやってたら、変なもん消しちゃってさ。レイアウトがガタガタになっちまったっすよ。直そうにも、ソースチェックする時間がなくてさ。しかたなく、それでも使えるテンプレを使っていたってわけだ。周りからは、「犬猫屋敷が花!? ありえない!!!」とか言われたしのぉ~

可愛いと思ったんだけど……ダメ?

ともかく、やっぱりこれのほうが落ちつくわ。そろそろ模様替えしたいんだけど、いまはちょっとやってる時間がないしね。

で、それはともかく先日のハロウィンパーチーの話だが、お友だち犬が集まって一芸を披露しあっていて、またもやある衝撃的な事実が判明した。

うちのコたち……誰にも増して無芸大食!

もちろん、今年一押しの芸はあったのだ。管理人がうんPを拾っているあいだ、静かに座って待つという究極の芸が。だが、この芸の難点は誰かがうんPをしないとご披露できないという点だった。会場に着く前に、すでに2頭ともうんPしちゃってたのよ(涙)

まさか芸をご披露するために管理人がその場でうんPするわけにもいかんし……

てなわけで、姫さんはあいもかわらずで伏せを、カイちゃんは短い脚がカワユイ、ハイファイブをちらっとご披露したんだが、バタバタしていてたぶん見たのはひとりかふたり、おまけに写真も撮り忘れたというマヌケさである。

あぁ~一生の不覚(。_ _)

ちなみに、うちのコたちは才能あふれる優秀なスーパードッグ予備軍である。ただ、彼らがスーパードッグからはほど遠いレベルでうろうろしているのは、一重に、飼い主にまったくやる気がないからだ。だってあなた、いくら芸を磨こうと思ったってさ、飼い主が教えないことには始まらないわけだし。

というわけで、ちょっとしょげた管理人は心機一転うちの奴らに新しい芸を仕込むことにした。今回、鼻パク(鼻の上におやつをのせてマテをする)をやってたワンが多かったので、うちも頭になにか乗っけてみることにした。

まずは小さなものでお稽古。
20071031a
この飼い主、また変なことやりだしたわ

意外にもあっさりとクリア。やっぱ、やればできるじゃん。さすが、スーパードッグ万年予備軍だわ!

続いて大物に挑戦。
20071031b
だから、これになんの意味があるの?

姫よりもっと安定の良い、カイはずっとのせやすい。

20071031c
スリッパを頭にのせて、それでも満面の笑顔なきみは、管理人の誇りだぞ!

やってみたら、意外にも10分程度でできるようになって、逆に拍子抜けしている管理人だ。やっぱ、ちゃんと教えない飼い主が悪いのね(号泣)

おし、来年に向けて、この路線で今後1年精進しよう。来年は、とんでもない物を頭にのっけて誇らしげな犬と飼い主が見られるはずだ。

ふふふふ……良いこと考えついちゃった♪ 来年のハロウィンパーチーでは、一番くだらない芸を覚えてきたワンコに賞品出しちゃおうっと。「こんなこと教えるのに1年かけたんかい? くだらねぇぇ~」と腹抱えて笑うような芸の持ち主、きみの参加を待っているぞ!
*******************************

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか? このコをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ☆多頭飼い☆
ジャンル : ペット

犬に囲まれているだけで……しあわせ♪

ハロウィンパーチー、楽しゅうございました。ご参加くださった皆さん、ありがとね♪ また気が向いたらなにかにかこつけて(なんでもいいのよ、管理人としては)遊びに行きませうね。

で、ふだんならば長々とパーチーのようすをリポートするところだが、今回天気が良かったせいか珍しく写真が良く撮れていたので、今回我が家ではビジュアル系で攻めることにした。参加メンバーの話や、ようすなどは、ダヴィンチ母さまがすでに記事を上げてくださってるし(第二弾もあるらしい?)おそらく、来週犬まみれの面々もいろいろ書いてくれるだろうから、そちらをどうぞご覧ください。

そうそう、きょうは島に渡っているので来れなかったワハ母から、手作りクッキーの差し入れをちょうだい致しました。写真を撮る前に、犬たちがすっかり喰っちまったんだがね(汗) 皆さまに大好評でしたぜ。ワハ母、ありがとねぇ~

というわけで、昨日の模様はこんな感じ↓



*******************************

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか? このコをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

天晴れ、秋晴れ♪

決行ぉ~


♪♪♪駒沢公園でハロウィンパーチー♪♪♪
20071008a

詳細はカボチャをポチッとな♪
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ピントのずれた愛情

♪♪♪明日は駒沢公園でハロウィンパーチー♪♪♪
20071008a

詳細はカボチャをポチッとな♪

仕事の合間にニュースぐらいは観ているのだが、最近話題の亀田家のみなさんって、なんか典型的ないまどきの変な親子で笑えるなって思っているのは管理人だけだろうか?

あっ、ちなみに管理人はボクシングにはぜんぜん興味ございません。試合を観たこともないし、ルールも知らないし、ただテレビで亀田なんとかという兄弟が話題になってるらしい、程度の知識しかないし、この人たちが良い人なのか悪い人なのか、そんなこと判断できるような情報は一切持ちあわせておりませぬ。

だから、一連の騒ぎの記者会見を観ただけの印象なんですけどね。まあ、もともと、小生意気な、口の利き方を知らないガキどもだ程度の予備知識はあったわけですが。今回、記者会見を観ていて、なるほどね、子は親の鏡とはよく言ったもんだとつくづく思った。ちなみに親のほうはおそらく管理人と同世代だと思うのだが、ああ、いい歳してガキのまんまじゃん、こいつって、そんな印象を受けたのだ。おとなになりきれない子どもが、人の親をやってる。考えてみれば怖い時代だが、それをホイホイおだてていい気にさせるマスコミもじつに浅ましい。もともと、管理人どうよう、なんだかなぁ~こいつらって思っていた人も多かったのだろう。いったんバッシングが始まったら最後、まあ出るわ出るわで、正直観ていて気分が悪くなった。

亀田父は、きっと彼なりに子どもたちを愛して一生懸命育ててきたんだろうとは思うのだ。だが、何だかやってることのピントがずれていた。息子たちがいくつかは知らないが、おそらく10代の後半から20代前半だろうと推察すると、いい歳して、人前に出てまともに話もできないような大人を作ってしまった時点で、こいつぜんぜんアウトじゃん、と管理人などは思ってしまう。

妙な言い方だが、愛情を持って、一生懸命育ててるわりには、やってることがありゃりゃ?という犬猫の飼い主も、最近すごく目につくのだ。だから、これって時代の流れなのかなとも思うのだが、これは犬(猫)飼い目線の見方であって、世間の一般ピープルに言わせれば、人間と犬猫を一緒にするな!って話なのかもしれないが……

愛情のかけ方のピントがずれてる飼い主は、基本的に動物を叱らない。いや、もちろん喚いていることはあるのだが、その叱りポイントのピントが思いきりずれている。たとえば、愛犬が落ちていたうんPを拾い食いしたとしよう。こう言うとき、ピントがずれている飼い主は死ぬほどわめき散らす。むろん、管理人だって犬がうんPを食べたら嫌だが、かといって、これがしつけのプライオリティーナンバー1かというとそうでもない。うんPを拾い食いしたからといって、病気になるかもしれないし、不衛生だし、嫌ではあるが、世間の皆さんにご迷惑になるかっていうと、それは別にぜんぜんなっていないからだ。

だが万が一、うちの犬が他人様の手に牙を当てたとしたら、管理人は怒髪天を衝くような叱り方をする。鋭い牙を持つ犬という動物にとって、人間社会に受けいれられて幸せに暮らしていくためには、人を咬んではならないというのはなにより先にきちんと刷り込んでおかねばならない大切なことだと思うからだ。ところが、ピントがずれた飼い主だと「犬なんだから咬むのは当たり前でしょう! 変なところに手を出したそっちが悪い」てな具合に逆ギレする。犬を叱るのは可哀想だと言い出す。だが、どっちが可哀想なのか。人を咬むことを覚えたために、人に愛されず、結果的に悲惨な末路を辿ることがほんとうに犬にとって幸せなのか、考えたことがあるのだろうか?

これは人間の話だが、知りあいの親が、子どもに向かって大声でわめき散らしていた。理由は、せっかく着せた一張羅のワイシャツにスパゲティーの染みがついたからだ。3歳ぐらいの野生児に、汚されたくない服を着せる時点でまちがっていると管理人などは思うのだが、ともかく、その親は「高かったのに、七五三にも着せようと思ったのに!」とめちゃくちゃ激怒していたのだ。ところが、この子がテーブルに土足で上がり、踊っていてもなにも言わない。いちおう「○○ちゃ~ん、止めなさぁ~い」程度のことは言うのだが、そのやる気のなさから「子どもなんだからこれくらいのイタズラは大目に見てくれてもあたりまえ」という甘えた根性が見え隠れする。

ワイシャツに染みをつけることと、土足でテーブルに上がること。子どもの将来を考えたら、どちらを先に止めさせるべきかは誰の目にも明らかだろう。だが、ピントのずれた愛し方をする親にはその違いがわからない。

犬猫の子育てを見ていると、ほんらい、動物の親がすべきことが如実にわかる。食べさせ、排泄をさせ、健康管理をして子どもが健やかに成長することを助けると同時に、生きるためのノウハウを遊びながら教えていく。他者ともめ事を起こさずに巧くやっていくやり方や、どうやって餌を確保するかの方法を教え、その他にも、危ない物には近づいてはいけないとか、緊急の際にはどう対処するかなど親犬、親猫はじつに巧く子どもに教えて育てていく。そして、数ヶ月後、乳離れをしたら最後、こんどは驚くほどあっさり子離れするのだ。その瞬間が来たとたん、子どもはいっぱしのおとなとして扱われる。野生の世界では、親離れした子どもは、少ない餌を巡って争うライバルになるのだ。

人間の親も動物の飼い主も、ほんらいやらねばならぬことは、じつはこれだけなのだと思う。自分の子ども(飼い犬、飼い猫)が生き延びられるように、最低限のノウハウと社会のルールを教えてやる。それが広い世間だろうが、小さな動物たちの群であろうが、自分の所属する社会で周りに受けいれられ、愛されて幸せに過ごせるよう、立ち回り方を教えてやる。それがたぶん、しつけという言葉のほんらいの意味なのだ。だが、そのシンプルな事実がわかっていない人は意外に多い。

英語で話す幼稚園生や難解な数式が解ける小学生もけっこうだが、いい歳して、人前で自分の親を「お父さん、お母さん」と呼ぶような大人はやっぱり恥ずかしいんじゃないかえ? ばれなければ、なにをやっても良いと思っているような大人は、やっぱりアウトなんじゃないかね?

一生懸命、亀田家を代表して頭を下げていた長男の姿を見て、ピントのずれた親に育てられた子どもの不幸をつくづく感じた。

20071029a

*******************************

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか? このコをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

若いコがいるって、いいやねぇ~

きょうは一時ひも付きの、おChoco.さんである。

20071021a

現在、ダイエット中のChoco.さんなのだが、ムッチリしてても運動神経の良さは相変わらずで、柵は跳び越すわ、制止を聞かずに犬部屋から飛びだすわで、反射神経が退化している管理人や、ほぼ反射神経がなくなってるジィジ・バァバがうっかり玄関のドアを開けたとたんにChoco.さんが飛びだしたりしたらえらいことなので、念のため、ロングリードをずるずる引きずっていただいてたわけだ。

ロングリード、便利だわ。Choco.さん、いったん部屋から脱走すると、ぜんぜん戻ってこないから、そういう時はリードを踏んで、ずるずると回収(笑)

ふふふふ……管理人相手に自分勝手なことをしようなんて、10年早いんだよ、おChoco.さん。こっちとら、百戦錬磨の問題犬相手に長年犬飼いやってるんだからねぇ~

昨晩は、Choco.さん、けっきょく散歩に連れて行ってもらえなかった。部屋から勝手に出ちゃいかん、ドアを開けるまで待てとさんざんやったのに、けっきょく騒いで、喚いて廊下に飛びだしていったからだ。我が家においては、散歩はごほうびの一環なので、よいコでいなければ、とうぜん散歩には連れて行ってもらえないのね。むろん、置いてけぼりをくったChoco.さんは、鳴いて喚いて大騒ぎ。でも、あっさり無視されてました。残念でした、その程度の抗議行動は、すでに姫やすみれがさんざんやってんのよね。珍しく、抗議シッコまでしてたけど、チッチッチッチ、オリジナリティーなさすぎよ。

Choco.は置いてきぼりを食うのが嫌さに、常に管理人の動きを先読みして、前に出ようとする。動きが速いので、いったん飛びだしてしまうと回収するのが面倒だし、だから、短期滞在ながらちゃんと「どうぞ」と言われてから部屋から出ることを教えようとしているのだが、なかなかこれが巧くいかない。

Choco.さん、顔だけじゃなくて、強情なところも姫さんにそっくりだこと(ため息)

昨日は、いくら呼んでも部屋に戻ってこないので、Choco.だけを廊下に放置して、部屋のドアを閉めてしまったら、さすがにあわくって戻ってきて、ドアの前で「開けてくれぇ~」とひんひん鳴いていた。それで懲りたのか、きょうは昨日よりはちゃんと戻ってこれるようにはなったかな。まあ、ロングリードでずるずるをまったくやってないわけではないんだが……

問題行動というほどではないけれど、Choco.の困ったちゃんなところは、すべて「とにかく人と一緒にいたい、かまって欲しい」という欲求に起因する。だから、極端なことを言えば、Choco.みたいなコってごほうびにおやつを使う必要もないのだ。よいコでいることで、管理人にグリグリしてもらえて、どこでも一緒に連れてってもらえるとわかれば、自然とこっちが望むような行動しかとらなくなる。だから、わざとChoco.がかまって、かまってと近寄ってきても、一切無視して、逆に呼んで近づいて来たときだけ派手に誉めてやるようにしたら、前日よりちょっとばかし名前を呼ばれることへの反応が良くなった。すみれの時も思ったけど、さすがに若い犬は反応がいいね(^_^)v

Choco.さんがおもちゃ箱をひっくり返して、あれこれ引っ張り出して遊んでいるせいで、久しぶりに管理人の部屋は、そこら中におもちゃが散乱している。
20071021b
昼寝だけが唯一の趣味みたいな老犬と暮らしていると、
そんなことすら物珍しくて、ちょっと嬉しい気分になる。

まだまだ若いし、落ちつきもなくて、マテが何より苦手なChoco.さんだが、ディーやカイだって3歳ぐらいの時は、まあ、こんなもんだったわな、と懐かしい気分になる。姫さんだって、うちに来た当初は、いまのChoco.よりはずっと年上だったけど、それでも同じくらい落ちつきがなかった。

でも、しつこくしつこくトレーニングし続けると、いつの間にやらちゃんとできるようにはなるんだわね。飼い主が、犬との根比べにちゃんと勝てれば、ちゃんとできるようにならない犬なんて、いないのだ。これは管理人の実体験だから、だれがなんと言おうと言い張っちゃうよ。まっ、世間一般に売られている躾本の類を読んで、そこに書いてあることをぜんぶ信じこんでしまったら、1歳を過ぎてマテができないとかいうと、この世の終わりみたいな気分になるだろうが、そんなことはぜんぜんないのさ。だって、何年かかったって、けっきょくできるようになりゃ、それで良いわけだし、それだけ長い期間楽しめると思えば、○○ができない犬っていうのを飼うのも、また乙なもんなんですよ。

あぁ~でもやっぱり若い犬は反応がいいな。同じ顔して、同じくらい強情な奴を相手にあれこれ試行錯誤した経験者としてはつくづくそう思うのだ。ガチャガチャしているChoco.みたいな若い犬を預かってると、じゅうぶんガチャガチャしているうちの姫さんですら、落ちつきのある犬に見えるところが不思議なもんだ。
20071021c

*******************************

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか? このコをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!

♪♪♪駒沢公園でハロウィンパーチー♪♪♪
20071008a

詳細はカボチャをポチッとな♪
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

管理人の優先順位

あいかわらず超多忙な管理人である。

ゆえに仕事に専念しなければならないのだが、こういう時に限って、決して逃したくない楽しい企画があるものだ。

というわけで、現在我が家には可愛いこいつが居候中。

20071020a

見切れてますけど、Choco.でございまする。

女系猫猫犬家族さんちの家族が週末お出かけ続きで、Choco.さんずっとお留守番になっちゃいそうということで、3泊4日で我が家に居候と相成ったのだ。Choco.がうちに泊まるのは初めてではないし、基本的に手もかからないよいコだし、なにより姫さんがガウガウごっこができる唯一のマブダチのお越しに、大喜びしているし、こういうときは、仕事が忙しいとか言ってらんないのね、管理人的には。管理人の優先順位では、犬のお客さまは常にトッププライオリティーなの♪

で、分離不安のChoco.さんだが、今回もまた、母ちゃんが帰った直後から悲劇のヒロインになっていた。約1時間、延々ギャーギャーピーピーヒーヒー叫びつづけていたのだが(まっ、いつものこと)、ちょっと落ちついたところで、部屋から出して、家中を散策させて、母がどこにも隠れていないことを確認させ、その後散歩に行くついでに、母の車がすでにないことをチェックさせたあとは、諦めて、迎えが来るまでこの家で暮らしていこうと決めたらしい。

20071020b
ワタクシ、母に捨てられた可哀想なChoco.でございます。

20071020c
母は、ワタクシを置いて帰ってしまいました(しょんぼり)

まっ、しおらしくしてたのは、いつものとおり最初の1時間だけですけどね。あとは、姐さんと組んずほぐれつでプロレスしたり、ぬいぐるみの腑抜いたり、忙しそうにしているし。

20071020d
悲劇のヒロインを気取ってたわりには、姐さんの誘いにのって、さっそく戦闘開始

20071020e
ちょっと休んだら、またプロレスごっこ再開

20071020f
で、最後は疲れたので、お気に入りの椅子で親子で一休み
あぶれた黒い方は、下で独りふてくされる

(自称)母に捨てられた可哀想な犬のわりには、快食快便で元気そのもののおChoco.さん。だがね、置いてきぼりをくって寂しいのはわかるのだが、管理人の膝によじ登ってくるのは止めてくれ。

きみ、ちょっと膝にのるにはデカすぎるのね(汗)

忙しい、忙しいとぶつくさ言いながらも、膝にむっちりした犬をのせて、隙間から画面を見ながらせっせと仕事に励む管理人である。
*******************************

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか? このコをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!

♪♪♪駒沢公園でハロウィンパーチー♪♪♪
20071008a

詳細はカボチャをポチッとな♪
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

この毛皮、飾りですか?

寒さでぶるっと目が覚めた。

けさの話である。いや、じつに不愉快。ただでさえ、朝、目が覚めるということじたい、管理人にとっては非常に不愉快なことなのに、不快感で目が覚めるというのは最悪以外の何物でもない。

寒いはずだ、何しろ、寝るときはくるまっていたはずの布団がすっかりなくなっていたのだから。ブルブル震えながら目を開けた管理人の横では、羽布団と毛布にくるまった黒い犬がいびきをかいて爆睡中。

20071017a

そのご立派な純毛の毛皮は、いったいなんのためにあるんでしょうかね? 人間が布団という便利な道具を考えだしたのは、人は体毛が薄い動物だからで、真冬でもそのまま雪あそびができるようなあんたら犬には布団なんて必要ないはずなのにね。

横に寝ていて、他人様の布団を夜中に奪い取ったのが、たとえば亭主だったりしたら、おそらく管理人は般若の顔でわめき散らすはずだ。

テメェ~寒いじゃねぇ~かよ、バカ野郎、布団返せ、このタコ!

だが、管理人は犬を誉めて育てる陽性強化の信奉者である。ゆえに、布団をとられたくらいで、犬を罵倒したりはしないのである。

「カイちゃん、管理人寒いから、お布団返して」

「Z……ZZZZ……」

「カイちゃん、ちょっと起っきして、布団のうえからどいて」

「Z……ZZZZ……」

そろそろ、寝袋の季節……ですね(ため息)犬に布団をとられて風邪をひかないために、犬をベッドのうえに上げないとか、布団のうえに乗ってはいけないと教えるなんていう正攻法の手段はとらず、最初から自衛手段をとることしか考えない、犬にだけはめっぽう甘い管理人なのである。
*******************************

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか? このコをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!

♪♪♪駒沢公園でハロウィンパーチー♪♪♪
20071008a

詳細はカボチャをポチッとな♪
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

犬のデパ地下

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか? このコをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!

情報提供を呼びかけるバナー、ポスターの配布に御協力ください

フラッシュが使用できないブログ用に新たな形式のバナーを作りました。
前のは巧く貼れなかったという方は、こちらをお試しくださいね!



**************************************
先日、散歩のときにちょっと思いついて実験をしてみた。我が家の犬どもにとって、管理人がなんぼのもんか、ちょっと試してみたくなったのだ。散歩の途中で、いきなり管理人が姿を消したら、奴らはどんなリアクションをとるか?

ちなみにカイに関してはすでに実験済みで、散歩の途中でふり返ったら(はい、あいかわらず我が家では犬が人の前を歩いておりますです、はい(。_ _))管理人の姿が見えなければ、カイはもちろんパニックする。で、管理人を見つけるまでは、その場から一歩も動かないのだ。ちなみにディーもそうだった。ツチノコ兄弟にとって、管理人はまさに心の太陽なので(ちょっと鼻高々)、管理人がいなくなったのにそのまま散歩を続けるなんてこたぁ~、奴らにとってはありえないことなのである。

問題は、管理人を散歩のときの重し(およびおやつ配り機)ぐらいにしか思っていない、我が家のお姫さまである。というわけで、こんな実験をやってみた。

いつもの散歩コースに、1m弱の低い塀が5mほど続く駐車場がある。塀の両側に出入り口があり、この高さだと、犬は塀の上に伸び上がらないと向こう側が見えないので、人間は道路側、犬は駐車場側を歩くよう、片方の入り口で別れてしばらく行って塀の陰に身を潜めると、リードを持ったまま犬にとってはいっけんハンドラーの姿が消えたように見えるのだ。

で、その日、管理人は計画通り姫に駐車場側を歩かせて、自分は知らんぷりして塀の反対側の道路を歩いていた。姫が臭い取りに夢中になっている隙にしゃがみ込んで塀の陰に身を隠した。姫は気づかずそのまま進んでいくかと思いきや、数歩先に進んだところで立ち止まり、その場で静止しているようだ。

ふふふふふ……しめしめ……

予定では、この後あせった姫が、伸び上がって壁越しに管理人を見つけ、感動の再会となるはずだったのだが、数分経っても姫は壁の向こうから顔を出さない。

おかしいぞ。何かがおかしい……

嫌ぁ~な予感がして、壁の上からちょっと顔を出して姫のようすを覗ってみると……



てめぇぇぇ~なに拾い食いしとるんじゃい!!



よりによって、管理人が隠れたその50cmほど先に、試食コーナーが設けられていた。いつもなら、食っちゃいかん!と即座にリードを引かれるはずが、小うるさい飼い主がいないのを良いことに、姫さまはそこで心ゆくまで試食を楽しんだのである。

ったく、おのれという奴は(怒)

愛犬とのぶっとい絆を確認するはずが、じつはトイレットペーパーで作ったコヨリだったことが判明して地の果てまで深く落ち込む管理人である。

20071008a
今年の犬猫屋敷秋の園遊会は、ハロウィンパーチーよぉぉ~♪
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ハロウィンパーチー、やろうと思って

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか? このコをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!

情報提供を呼びかけるバナー、ポスターの配布に御協力ください


**************************************

で、本題……

もうすぐハロウィンだし、これにかこつけて犬連れて集まってウダウダしたいな……と。

そう思ったですよ。またいつもの、管理人思いつき企画なんですけどね。前々から、犬まみれ隊の皆さんのオフ会やろうって言ってたしね。管理人の予定が立たなくて「犬猫屋敷春の園遊会」もあっさり流れたしね。で、管理人が、そろそろ暇になりそうだし、どっか行く? みたいな話をし始めると、ぜったい地獄のような仕事が舞い込んでくるしね。

だったら、最初っから仕事が入っても行けるくらい近場で企画すりゃいいじゃんってことで……


♪♪♪駒沢公園でハロウィンパーチー♪♪♪
20071008a

日時:10月28日(日) 14:00~16:00

場所:駒沢公園 自由広場 (地図はこちら

雨天中止。中止の際は当日このサイトで朝9時までに中止の連絡をいたします。


集合場所の目印は
こいつら↓

20071008b

運が良ければ、公園に入ったとたん、姫さまのお歌が聞こえます

参加資格は別になし。ダラダラっと来て、犬たちをグリグリッと撫でて、またダラダラッと帰っていくだけのショボイ企画です。管理人なんて、ほとんど地元みたいなもんだから、もしかするとジャージで現れるかもしれんしね(汗)

あっ、ただし、ワンコの仮装は義務ね。帽子でもほっかむりでも、襟つき首輪でもいいんだけど、とにかくやっぱりハロウィンなんで、お犬さまたちには仮装をさせて来ること!

で、唯一の企画は、Trick and Treatということで、なにか一つ芸(Trick)をお見せいただきます。オスワリでもフセでも玉乗りでも物まねでもなんでもいいよぉ。で、巧くできたら管理人からごほうび(Treat)を差しあげます。

それだけかい? うん、それだけ。

それだけのために、人集めるんかい?

まっ、そういうことなんですけどね(汗)

いいじゃん、管理人忙しすぎて、楽しいこと考えてないとやってらんないんだもん。まっ、当日暇だし駒沢公園ならアクセスいいし、行ってみようかなって方は、どなたでも大歓迎。要は、犬好きの人が集まって、犬グリグリして、楽しみたいってそれだけなのよ。いままで、会おうねぇ~って言いつつ、ぜんぜん実現できなかった皆さま、ちょっとバタバタしているために、個別のご招待メールは出しませぬが(許してたもれ)、もしご都合がつくようでしたら、ぜひいらしてねぇ~
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

持病と巧くつきあう方法

さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、こんな犬、見かけませんでしたか?


情報提供を呼びかけるバナー、ポスターの配布に御協力ください


バナー、ポスター(Web用、印刷用)のダウンロード、PC用サイトはこちらから
ケータイでのアクセスはこちらから
こはくをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!
*******************************************
世間は三連休らいしいっすね(-。-) ぼそっ ふん、だから何よ! ってなわけで、管理人は現在バチが当たったかのように忙しい。夏休みは思いっきり遊びほうけていたのだが、そのツケが一気に9月半ばから回ってきている。終わらない……いくらやっても減らない(T_T)

だが「終わらない仕事はない」という先輩の名言を心に刻みつけ、とりあえず日々仕事をこなす毎日なのだ。

で、こんなに忙しいにもかかわらず、チビ姐さんの腎臓の薬が切れてしまった。しかたがないので、また次の一ヶ月分薬をもらいに行くついでに、姫も連れて行って血液検査をしてもらった。以前、春に血液検査をしたときに、肝臓の数値が良くなくて、ちょっと心配な状態だったからだ。

ところが今回は、何一つ悪いところはなかった。姫はおそらく7~8歳の老犬なので多少基準値から数値がはみ出ていてもおかしくはないのだが、今回の血液検査の結果は、驚いちゃうくらいの健康体。ちなみに春の検査で、カイも「この歳にしてこの数値なら、ビックリするほど元気ですよ」と先生に太鼓判を押されているので、これで我が家のお二人は、元気なジジババという折り紙付きになったわけだ。そう言えば、検便のために持っていった天のウンPも、驚くくらいに立派で健康そのもの、と先生に誉められた。

良かったね、全員健康で。犬猫は、とにかく何が何でも元気で長生きが一番だからね(^_^)v

そう言えば、今回姫の心電図もとってもらったのだが、どうやら心臓が悪いという前の医者の診断は誤診だったようだ。じっさい、保護された当時は心雑音があったし、心臓の弁膜症という診断を下されていたのだが、ここ1年半、医者に行くたびに心音を聞いてもらっているが、じつは一度も雑音が聞こえたことはないのだ。いまは弁の動きも正常になっているし、エコーをとれば「生まれつき心臓に障害があるコで、こんなに立派に筋肉が発達するわけはない」と言われ、心雑音はまったく聞こえなくなり、またうちに来た当初は頻繁だった発作の回数も、徐々に減って、いまは季節の変わり目(春と秋)に数回起こすだけになっている。いまは、発作が起こりやすい時期なのだが、昨日心電図をとってもらった限りは不整脈も起こっていないし、つまりは心臓が原因で発作が起きているというのは考えにくいということなのだ。それに、心臓の疾患ならば放っておいて悪くなることはあっても、良くなることはありえない。

というわけで、ときどき起こす発作の原因はてんかんではないかと言う結論に達した。

管理人は知らなかったのだが、ビーグルというのはてんかんの因子を持っているコが非常に多い犬種なのだそうだ。むろん、因子を持っていても一生発作が出ないコもいるし、てんかんかどうかは、脳を見ないとわからないので、てんかんだという確証は持てないのだが、少なくとも今後発作が増えていくようならば投薬治療もできるし、何より、心臓の障害だと最悪の事態も覚悟しなければならない病気だが、てんかんじたいはそれによって寿命が縮まるわけではない。今後も持病とつきあっていかなくてはならないのは一緒だし、たとえば今後大きな病気をしたときに、麻酔のリスクが非常に高くなるという点では心臓の病気と変わらないのだが、それでも、心臓じゃなくて良かったと管理人はほっと胸をなでおろしている。

発作はね、まあ起きてしまったらしかたがないのだ。むろん、起きないように温度調整をこまめにしたり、そういう注意はするけれど、ただ、これは姫が抱えている持病だし、これから上手くつきあってできるだけ長生きしてくれればそれでいい。

以前も書いたが、うちには病気で後ろ足を1本失ったおはぎという猫がいる。目一杯元気ですくすく育っている天も、じつはまぶたの一部に癒着してしまっている部分があって、そのせいで、眼球の一部が濁っていて、視力がふつうの猫よりかなり劣る。天の場合は、去勢手術をするときに、一緒に癒着部分を切ってもらうことになるだろうが、たぶん視力が完全に回復することはないだろう。姫の発作や、おはぎや天の状態は、たしかに身体の障害ではあるのだが、ふだんふつうに生活する分には別に困ることはあまりない。ただ、発作が起きないように、また脚のないコ、目が見えにくいコに不都合がないように、小さな気づかいをしてやれば良いだけだ。

人もけっこう慣れるんだよね。持病を持っていたり、障害がある動物たちと一緒に暮らしているうちに、病気や障害と上手くつきあっていく方法がわかってくるものだ。

追伸:てなわけで、管理人爆発的に多忙なため、バナー貼りに御協力いただいた皆さんのところに個別にお礼に行けない状態なんですが……すみませぬ……礼儀知らずな奴になってますけど、お許しくだされm(_ _)m
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

さいたま市の皆さま、よろしくですm(_ _)m

1ヶ月ほど前にちょっと管理人が騒いでいた迷子のこはくさんの話なのだが、その後状況が変わって、いったんは、あまり騒ぎ立てるのはよろしくないという結論に達して、管理人も息をひそめてどうなることやらと成り行きを見守っていたのだが、ここに来て、また状況が変わってしまった。

なんとこはくさん、すっかり自由なプチ野良犬生活が気に入ってしまったようなのだよ。で、こともあろうに、ここ1週間ほど、いつもウロウロしていた公園付近での目撃情報がなくなってしまった。

いったい、どこ行っちまったんだい!?

というわけで、急遽、広く情報提供を求めることになった。とくにさいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、お散歩の際には、目を皿のようにして、暢気に一人歩きしているキツネ風(飼い主さん談)の小柄なワンコを探してみていただけませんか?

首輪はまだついている。色はオレンジ系、で迷子札と鑑札もついているのだが、ビビリのこはくのそばまで行って、迷子札を確認できる人間がいないのだ(涙)

こはくは夜の闇に紛れて、植え込みから植え込みへと忍者のように移動しているらしい。だからとくに深夜族でこの近辺にお住まいのかた、是非とも目を皿のようにして、植え込みチェックをお願いいたします。

より多くの方に、幅広く情報提供を呼びかけるためにバナーやポスターも用意されている。自分は遠いところに住んでいても、遊びに来てくれる人が意外にこの近所に住んでいるかもしれない。ブログやサイトをお持ちの方は、是非とも御協力くださいませ。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

たとえばね、自分が飼い主さんの立場だったら、と考えると胸が痛むのだ。たとえばカイや姫がいきなりいなくなって、1ヶ月も家に帰ってこなくて、それでも近所で見かけているうちはいいけれど、それがある日ぱったり消息が途絶えてしまったら……

だからね、できることだけでも、協力できることはしたいなと思うのだよ。

ちなみに、こはくはほんとうにビビリなコで、人には基本的に近づいて来ない。なので、むろん捕まえていただければありがたいのだが、とりあえず○○付近で見かけたという目撃情報をお願いいたします。いまはね、ともかく無事でいることだけを確認したいのですよ。しつこいようですが、さいたま市大宮区・北区・見沼区・岩槻区・中央区、上尾市・伊奈町あたりにお住まいの皆さま、目を皿のようにして、どうぞよろしくm(_ _)m


情報提供を呼びかけるバナー、ポスターの配布に御協力ください


バナー、ポスター(Web用、印刷用)のダウンロード、PC用サイトはこちらから
ケータイでのアクセスはこちらから
こはくをどこかで見かけたら、こちらにご一報ください!
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

光陰矢のごとし……なんだよね

朝、犬たちを連れていつもの公園を徘徊していたところ、前からバギーを押したお母さんがやってきた。管理人は人間の子育てをしたことがないので、乗っていた子どもがどれくらいの歳かはわからないが、奇妙だなと思ったのは、そのお母さんがずっとケータイを片手に無言でパチパチやっていたからだ。

あっちはれっきとした人間相手に、それでも子どもを無視してケータイに夢中になっているというのに、こちらは毛むくじゃらの四つ足動物を相手に、あれこれ話しかけているのが、端から見たらすごく奇妙だろうなと思って、ついつい笑いがこみ上げてきた。

管理人などはふつうに犬猫に話しかけるが、ペットを飼っていない人から見ると、これほど奇妙なことはないらしい。

「カイちゃん、きょうも鯉見に行く?」

「あっ、赤い鯉さん、あそこにいるよ! ほら、カイちゃん、こっちこっち!」

「あぁ~、姫ちゃん、お友だちが来たよぉ~。仲良く遊べるといいねぇ~」

周りに人がいるときは、さすがにちょっと声を潜めるが、基本的に管理人は散歩のあいだじゅうあれこれ犬に話しかけている。言葉もわからない犬に、何で話しかけるのかと思われるかもしれないが、犬だって猫だって、しつこく話しかけていれば、ある程度こっちのいうことがわかるようになる。むろん、フルセンテンスを理解するわけではないが、動物だって単語だけならけっこう覚えられるのだ。「おやつ」「散歩」「ご飯」「良いコ」などのお気に入りの単語は、教えなくてもいつの間にか覚えてしまう。他に自分の名前も含めて、管理人とか妹とか、家族の名称も覚えている。これってたぶん子どもが言葉を覚えるのと同じなのだと思うのだ。何度も繰りかえし聞いているうちに、物を現す「言葉」が記憶のなかに刻みこまれていく。

たとえば、子どもが外国語を学ぶとき、まず最初にヒアリングができるようになる。はじめは、単語の切れ目も聞き取れないが、やがて、相手の言っているちんぷんかんぷんのセンテンスのなかで、知っている単語だけ聞き取れるようになる。そのうち、だんだんと知ってる単語が増えてきて、ある時、いきなり堰を切ったようにふつうに外国語をしゃべり出すのだ。

犬猫の場合は、しゃべり出すところまではいかないにしろ、ヒアリングだけはかなりできるようになる。そう信じているから管理人は、変な人だと思われても、やっぱり犬猫に話しかけるのだ。

ディーが思いの外早く逝ってしまったせいだろうか、近ごろ管理人は何気ない毎日の散歩でもたっぷり楽しみたいなと思うようになった。だって、動物の寿命は短いから、一緒にいられる時間はほんとうに短いのだもの。同じように、子どもが子どもである時間もじつはすごく短いのだ。その時は、面倒くさい、手がかかる、早く成長してくれと思うかもしれないが、いざ大きくなってしまうと、けっこうそのころが懐かしくなるらしい。

数年前、友人が甘ったれの息子のことを「いつでもお母さん、お母さんでくっついてくるし、1日中あれこれ話しかけてくるのがうざったい。早く大きくなってくれないかしら」とぼやいていた。管理人はそれに対して「10年も経てば『うるせえ、ババア』しか言わなくなるから、心配いらないんじゃない?」と心優しいアドバイスをしたのだが、この前久しぶりに会ったところ、小学生になったその息子は、まだ『うるせえ、ババア』まではいってなかったが、友だちの前では、お母さんと呼ぶのも恥ずかしがるくらいまでには成長していた。「この前、手をつなごうとしたら、あいつ、嫌っとか言うのよぉ~(涙)」親なんて、じつに勝手なものである。

だからさ、もったいないと思うのだ。連れてるのが子どもでも犬でもさ。色々話しかけて、コミュニケーションをとって、一緒に笑って楽しめる貴重な時間を無駄にするのは、ほんとうにもったいないと思うのだよ。

そう考えると、散歩も義務じゃなくて楽しくなるしね。

ペットとの暮らしも、子育ても、光陰矢のごとしなのだと思うのだ。ただ、そう心の底から思うのは、その時間が終わったあとのなのかもしれないが……

20071002a
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。