スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団塊の世代

テレビで「あのつま恋コンサートがふたたび!」というニュースを見た。’75年に行われた伝説のフォークコンサートが今年同じ場所で行われるということで、当時、ナウでヤングだった皆さんが、ふたたび大フィーバーという話である。集まったのは、もちろんいま話題の団塊の世代の皆さんだ。顔を紅潮させて「たくろぉぉぉ~」とか雄叫んでいる姿を見て、「ぜったいに、この人たち、わたしらより長生きするわ」と深いため息をつく二世代ほど若い管理人なのである。

会社員をやっていた頃も思っていたのだが、この世代の人たちというのはやたらめったら元気がいい。理想に燃えて、会社の将来について熱く語ってしまったり、社内ボーリング大会といえば、マイボールにマイシューズでバシッと決めて賞品をかっさらっていくような、管理人のテイストからいくとちょっと痒めの人が多いのだ。

戦後すぐに生まれたせいで栄養状態はあまり良くなかったはずなのに、ここまで元気でパワフルだということは、おそらく、細胞の造りが根本的にちがうのだ。管理人たちの世代は、彼らにいわせると、何を考えているのか判らない新人類という新しい人種なのだそうだが、あの歳になってもあれだけ元気でいるほうが、管理人にいわせれば驚異である。そのうえ、やたらと人数が多いので、きっとますますパワフルさに磨きがかかる。

あまりの元気の良さに、こっちのほうが生気を吸い取られそうな気がしてしまうのだ。この人たち、元気で長生きしそうだし、この調子だと、やっぱり管理人たちの時代になったら、90歳くらいにならないと、年金なんてもらえないな……

一生働いていかねばならぬ我が身を恨めしく思いながら、ため息をつく昨今なのである。

で、そんな団塊の世代の皆さんが、来年からどんどん定年退職を迎えるらしい。社会では2007年問題などといわれている。定年退職するだけで社会問題になっちゃうあたり、やはり数は力とは良くいったものである。

ブリーダーの経営破綻やら、多頭飼い現場の崩壊なんてニュースを日々目にしている管理人としては、これは保護団体にとって願ってもないチャンスだぞとほくそ笑んでいるのだが、世間を見渡すかぎり、これがレスキューにとって千載一遇のビジネスチャンスと捉えている人は、どうやらあまりいないようだ。

それが証拠に、あいかわらず多くの保護団体のサイトには、おなじみの譲渡条件とかいう不思議なものが掲げられたままなのだ。

あの誰でも知っている、独り暮らしはだめ。結婚していないとだめ。55歳以上じゃだめ。持ち家でないとだめ。留守番が多いのはだめ。小さい子どもがいるうちはだめ。引っ越しが多いうちはだめ。という何を基準に決めたのかさっぱり判らない不可思議な「理想の飼い主像はこれだ」という条件である。

いうまでもないが、このうち55歳以上不可(じっさいはパピーはダメときちんと明記しているところもあるが)という点で団塊の世代の全員が保護犬の里親にはなれないのだ。

あぁ~もったいない。こんなチャンスは二度とめぐってこないのに。

新しい飼い主になってくれそうな人たちが一気に500万人から出てくるというのに、その世代を狙ってガンガン里親探しをやらないなんて、もったいなさすぎて涙が出る。

(つづきは明日)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 里親探し
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。