スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通り魔、注意!

ちょっと前の話だが、妹がニュースを見て大騒ぎしていた。

「千葉のほうで、犬の散歩してた人が通り魔に襲われたんだって! 怖いねぇ~ダンちゃん。うちも気をつけなくちゃねぇ~」

2013-01-01 002

こんな強面の犬を連れた強面のオバサンを、わざわざ選んで
襲う奴がいるとは、とうてい思えない(-。-) ぼそっ

誤解なきよう言っておくが、うちのコたちは図体はデカイが、とても穏やかな犬たちである。だから包丁を持った暴漢が切りつけてきたら、まちがいなく飼い主を盾にして逃げ惑うだろう。

ゆえに通り魔にとって脅威なのは、強面の図体のデカイ犬たちではないのだ。問題は、それを連れている人間のほうだ。

デカ犬飼いというのは往々にしてやたらと力が強いものだ。いや、べつに日々バーベルを上げてトレーニングをしてるわけじゃない。でも、やっぱり力は強くなる。何しろ、週に7日年365日、1日も休むことなく力の強い犬たちを引き連れて、近所を無駄に歩きまわっているのだから、自然と腕に筋肉はつくわ、足腰はいつの間にか鍛えられるわ。

デカ犬と暮らしはじめて数年すると、気がつけばリードを持つほうの手だけが微妙に太くなっている。猫を見つけて突進しようとする20kgx2頭の力に抗ううちに、足や腰にも筋肉がつく。さらに、犬が老齢になれば、奴らを抱きあげる機会も増える。要は、知らぬ間に日々欠かさずウェイトトレーニングを十数年続けているようなものなのだ。

さらに、近ごろではカリスマトレーナーの番組の見過ぎで、足技まで身につけているから始末に負えない(-。-) ぼそっ

2013-01-01 011

おまけに、デカ犬飼いという人種は、襲われて恐ろしくてもキャーと悲鳴を上げたりしない。出てくる声は、野太く一言「NO!」「駄目!」「止めろ!」ってな具合。

もしかすると、チッと舌打ちした直後に、肋骨に蹴りが飛んでくるかもしれない。

背筋を伸ばし、肩をいからせ、自分を大きく見せたデカ犬飼いに睨みつけられれば、ドベもシェパも後ずさりする。闇夜に乗じて無防備な、か弱い相手を襲おうとするような腰抜け通り魔など、デカ犬飼いの敵ではない。

だから、うちは大丈夫だとさんざん管理人が言っているのに、やっぱり妹は騒いでいた。

「でもさ、やっぱり怖いよね、ダンちゃん! そうだ、襲われたらウンPを投げつけてやればいいわね。そうよ、そうしましょっ♪ ウンPを顔に喰らったら、ダメージ大きいよぉ~」

そこまでされる通り魔に、内心、同情を禁じ得ない(-。-) ぼそっ

2012-11-18 010

あとで聞いたら、その襲われた犬飼いは、ティーカッププードルを連れた女子高校生だったらしい。もうその時点で、同列に扱うことに無理があるのは言うまでもないだろう。プードル連れた女子高生とデカ犬連れたオバサン……共通点は犬と歩く人間……ということくらいか?

いずれにせよ、妹はあいかわらず「怖いわねぇ~」と喚いているが、管理人は、通り魔なんか怖くない。

それよりも、この季節、散歩の途中にまた公園で、子猫入りの箱を拾ってしまう方が、管理人としてはずっと、その何倍も恐ろしい(-_-)

きょうもヨロシクm(_ _)m

br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

復活しようと思ったのに(T_T)

お久しブリッ子♪ すっかり死んだと思われてる犬猫屋敷の管理人です、おこんにちはm(_ _)m

なんか、あんまり長期に更新しなかったので、姫に何かあったかと思われたらしいが、お陰様で婆さんは、嫌になるほど元気です。

2013-04-01 004

ご無沙汰

薬は欠かせない毎日だが、無事冬の寒い時期を乗り越えて、最近は日中にはマッパでお出かけするくらい元気りんりん。

男の子たちも、とりあえず平和に楽しくやっている。

2013-04-01 018

相変わらず、一緒に歩いているのにビミョーな距離

まっ、管理人が忙しかったってだけなんだけどね。

そしてようやく3月末の納期が来て、これで一息と思ったとたん、メールが来た。

「それじゃ、GW明け納期ってことで、よろしくお願いしま~す!」

な~んちゃって、エープリルフールでした、チャンチャン♪ ってオチじゃないのかよ(-。-) ぼそっ

というわけで、また当分忙しそうだが、とりあえずは復活。ヘンな広告が出ない程度には更新していこうかなと、そんな風には思っちょります。

まっ、思ってるだけだけどね(-_-)

2013-04-01 014

桜も咲いたし


新年度を迎えて、心機一転頑張りますので、これからも、犬猫屋敷をよろしくねぇ~

2013-04-01 006

どうせまた口だけ

きょうもヨロシクm(_ _)m

br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

一勝一敗……かな(-。-) ぼそっ

この年末になって、大打撃を受けたせいかすっかりお正月モードがしぼんでいる管理人である。

にもかかわらず、時間は万人に平等に過ぎていくので、ふと気づけば今年もあと残すところ数時間。とは言っても、今回もまた正月休み返上でお仕事の日々だし、なんつぅ~ても、今度の正月はもうチビがいないわけだし(T_T)

ああ、だめだね。どうも愚痴っぽくなっていけねぇや。今年もまた、365日色々あったはずなのに、いまはまだ、姐さんショックでなにも考えられない。

でもとりあえず、もう1頭の懸念材料だった姫だけは、何とか無事正月を迎えられたことを素直に喜ぶべきかもしれない。2ヶ月前には、独りで立ちあがることすらできなかった姫が、いまは自力で管理人のベッドによじ登り、以前のように他人のベッドを占領してグースカ眠っているのだから。

2012-12-29 001

当たり前のように枕をして寝る女

今年後半は、婆さんどもの病気騒ぎですっかり放置プレイになっていたが、男の子たちも、何とか無事仲良くやっているし、

2012-11-18 008

マブダチとはいかないが、とりあえずは巧く共存中

いまはすごく哀しくても、時間が経てば、まっ、いいかな……と思えるときが来るだろう。

オリンピックも再度の政権交代も全部今年の出来事だが、何か、はるか昔の出来事のみたい。年々、時間が経つのが早くなって、いまや光陰矢のごとしどころか光陰が音速のごとしって気分(-_-)

ともかく、今年も色々お世話になりました。2013年が皆様と2足歩行+四つ脚の家族にとってすてきな1年でありますように。

DSC_1054a.jpg

よいお年をお迎えください。

きょうもヨロシクm(_ _)m

br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

仕事から帰ってきて……

部屋中にウンPが点々と落ちていると、やっぱり哀しい。

その上、そのウンPを思いっきり踏みながら突進してきたデカ犬に抱きつかれると、泣きたくなる。

にもかかわらず、ウンPまみれのパウを払いのけながら、もっとも効率よくウンPを踏まずに部屋の端まで行く動線を確認し、あっちの隅からこの順番で拭いていけば、被害を最小限に抑えられる……と瞬時に掃除の手順を頭の中で組み立ててる自分は、ちょっと立派だと自画自賛。

う~ん、やっぱりできる女は違うね(^_^)v

本当にできる女なら、最初から犬に飛びつかれることはないという点は、突っ込まれる前に自主突っ込み(-_-)

2012-11-12 001


きょうもヨロシクm(_ _)m

br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

一期一会

せっかく犬どもを引き連れて出かけるのだからと、管理人が近所に住む犬友を呼び集めたのは、むろん言うまでもないだろう。

そして今回もまた、「行く」と言い張った時間を大幅に過ぎて到着。言い出しっぺのくせに、待ち合わせに遅れるのは管理人のいつもの手だ(←なんのための?)。

だが今回、予定通りに行かなかったのは管理人のせいではない。すべては、妹のDNAがなせる技。

問題が起こったのはあともう少しで京葉道路に入ろうとする地点だった。ちなみに、管理人は首都高に乗ったとたん、お待ち合わせした犬友宛てに、軽快な手つきで到着予定時間を知らせるメールを打っていた。

「高速乗った。1時前に到着」

なぜなら日曜日午前中の首都高はがら空きで、1時間もかからずに現地に到着することは火を見るより明らかだったからだ。第一、すでに何十回も通った篠崎に行くのに、道に迷うはずもなかんべ?

だが、ここに大きな落とし穴があったのだ。妹が母から受け継いだ方向音痴の遺伝子を侮ってはならない。そして車に乗ると必ず1回はゲーゲーするダン吉の車酔いの才能も。

今回、実は3頭を座席に乗せてのお出かけは初めてで(いままでは、ダンケはクレートに入れていた)、管理人は万が一に備えて、ゲロキャッチャーとして姫とダンケと後ろの座席に乗っていた。運転はいつものように妹で、助手席にはポンちゃん。いつもは、管理人が助手席で右だ左だと指示を出すのだが、今回ナビ席に選出されたポン助は、車に乗った時点で爆睡。でも、問題ないと思ったのだ。だって、車には最新のナビがついているし、第一、繰り返しになるが篠崎には、これまで何回も行っている。

何回も行っている=道はわかっているはずだ……という公式は方向音痴には当てはまらないという事実を身を持って知ることになったのは、ちょうど毎日新聞の本社ビルの横を通りぬけた直後だった。京葉道路への分岐まで、あと分かれ道は2箇所。ちなみに、それ以前にも、妹は分かれ道が来るたびに、「どっち? ねえ、どっち?」と喚いていたので、危険な徴候は確かにあった。だが、次に現れた分岐で的確な指示を出す余裕が管理人にはなかったのだ。なぜなら、グエッグエッと妙な音を立てて、胃の内容物をぶちまけようとしているダン吉の口元にトイレシートを押し当てるのに忙しかったから。

ゲロりんダン吉の汚物処理を済ませ、顔を上げたとき、目の前には大きな東京タワーが見えた。そしてやがて横を通りすぎるのは六本木ヒルズ……。

なぜだ(-。-) ぼそっ

運転席の妹は半べそをかいている。「なんか、間違ってる気がする。このまま道に迷って、訳のわからないところに行っちゃいそうだ!」

いや、道に迷うことはない。なぜなら、このまま走っていればやがてまた同じところに到達するからだ。だって、車は首都高の環状線をぐるぐる回っているのだから。

「だって、アンタ、分岐がきたら、本線の方を選べって言ったじゃない!」

確かに言った。確かに環状線は本線に分類されるだろう。だがね、この車は本来千葉方面に向かっているのだ。分岐の表示が箱崎はこちら、羽田はこちらとなっていたら、羽田は明後日の方向だと気づいても良くないか?

しかし、羽田と千葉が逆方向だということすらわらかないからこそ、方向音痴は方向音痴なのである。

こうして、予定外の東京見物をしたために、結局呼び集めた皆さんを、さんざんお待たせする結果となった。次回は、駐車場に着いてから着時間をメールしよう。方向音痴の運転手とミスターゲロ夫を連れている身としては、途中で何が起こるかは、お釈迦様でも予測不能(-_-)

というわけで、ようやく着いた篠崎の河原で犬友に会えたとたん、むろん管理人のご機嫌は直った。

だって、そこにいたのは……

2012-10-21 012

現在35ヶ月のパピー街道まっしぐらのゴンタダに……

2012-10-21 004

いつも元気なレオっち(短足デカ顔が管理人のツボ直撃♪)

2012-10-21 010

さらには、管理人の愛娘(仮)であるハナお嬢さまも登場

2012-10-21 001

うちの犬どもも、旧交を温めあうの図

いやはや、みんな元気で何より。うちにも老犬がいるせいか、一期一会という言葉が最近とみに身に染みる。四つ脚の短すぎる一生では、とくにこの一瞬を何より大事にしなくちゃね。

10月とは思えない汗ばむような陽気の中、みんなの元気な顔を見れただけで、幸福に酔いしれる管理人なのである。

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。