スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗体

世間では、新型インフルエンザが大流行らしい。

恐ろしい勢いで患者が増えているとか、ワクチンが足りないだとか、ちょっとパニック気味の報道を見ながら、でも、周りには一人もいないよな、インフルエンザに罹ってるやつ(-。-) ぼそっ とすっかり他人事気分の管理人である。基本的に犬の散歩と出稼ぎ以外は家に閉じこもりきりの出不精だし、感染源になりやすい学校に通う子どもも周りにはいないので、当たり前っちゃぁ当たり前なのだが、考えてみると、犬猫屋敷の二足歩行動物は、管理人の記憶にある限りおそらく一度もインフルエンザに罹ったことがない。新型どころか、毎年流行る季節性インフルエンザにも罹ったことがないのである。

DNAに抗体が初期設定で入ってたりして……これって、ある意味すごいかも(^_^)v

基本的に、管理人の一族は嫌になるほど病気をしない。虚弱体質という言葉は、我が家の辞書には存在しないし、一種の憧れに近いものもある。それを言ったら、骨折も、ある意味、管理人は憧れている。

なぜなら、我が一族でギブスをはめている奴を見たことが、未だかつてないからだ。

そんな丈夫な人間ばかりの一族でも、むろん、寿命が来れば人は死ぬ。だが、葬式のたびに、骨壺に骨が入りきらないという奇妙な現象を目にすることになるのだ。ゆえに、骨壺というのはふたが閉まらないくらい一杯にお骨が詰まっているものだと管理人はずっと昔から信じてきた。

これが「それってうちだけかも?!」という特異現象だと気づいたのは、ごく最近のことだ。

人間だけならまだしも、なぜか我が家の犬猫たちも、骨格がしっかりしていて、病気知らずで、いつでも元気だというのは幸いなことだ。持病があったり、障害があるコも中にはいるが、それでも、定期的な検査以外、うちの連中はほとんど病院のお世話になることはない。

最近は、ペットの医療費保険なんてものがあるようだが、以前、こういうのに入っておいたほうが得だっただろうか?と試算してみたところ、けっきょく、7歳前後までは予防接種以外はほとんど医者に行ったことのないうちのコたちは皆、保険に入るよりも、病気のたびに実費を払った方がずっと安くつくことがわかった。

だがこれが、子犬、子猫の頃から病気がちで、動物病院の常連化している飼い主さんだとそうはいかない。何せ、元気なだけが取り柄だったうちのコたちも、やはり歳を重ねると、病院に行く回数が増えてしまうのだから。ましてや、十数年の一生をずっと病院通いなんて生活は、考えただけでもぞっとする。

だがじっさい、こういう犬猫がいま、ほんとうに多いのだ。無理な繁殖をするせいで、虚弱体質の病気がちな子犬子猫がたくさん市場に出回っている。コストをかけずに繁殖しているから、とうぜん値段が安いので、そういう純血種の子犬子猫に群がる人はまだまだ多い。

だがね、彼らの一生のうちにかかる医療費と、病気の家族を抱える心痛を思うと、じつは半額で売られているチワワやダックスは、決して安い買い物ではないのだよ。それ気づかない人は、まだまだ多い。

長く雑種の犬猫と暮らしていると身を持って感じるが、犬や猫という動物は、ほんらい逞しくて強いものだ。多少の怪我や病気なら、自分の免疫力で治してしまうし、基本的に泥水を飲んでも、多少腐ったものを食べても平気な顔をしている。パピーを飼ったら、最初のワクチンが終わるまでは外に出してはいけないというのは、いまや常識のようになっているが、健康な親から生まれ、きちんと母乳を飲んで、しっかり抗体を受け継いだ子犬なら、ほんらい、多少土の上を歩いたくらいでは病気にはならない。なぜなら、彼らは元もと土の上で産まれて、土の上で育っていく動物だったからだ。

それが抗菌○○がないと生きられない動物に成り下がってしまった理由は、いつもの通り、愚かな人間がよけいなことをやっているからだ。

いつの間にか弱くなってしまった動物は、新しいウィルスがでてきただけで、パニックを起こして、大騒ぎをすることになる。
20091019c
よく食べて、よく寝るのが、やっぱり健康の秘訣♪

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

人の好みは人それぞれ

日清の塩カルビ焼きうどんにミョーにはまっている管理人です、こんばんわm(_ _)m

塩焼きそばは、もう最近はかなりポピュラーになったけどね。焼きうどんも塩で味付けてみましたってところが、かなり新鮮(^_^)v ただし、焼きうどん=お出汁のきいた上品なお味っていう向きにはお薦めしませんが。焼き肉たらふく喰ったあとにやっぱりデザートにはカルビクッパね♪ と言い切れるガッツ系には五臓六腑に染み渡る美味さだぜ。なにしろガツンと喰って、ガツンと頑張らんと……

あぁ~また迫りくる納期が(涙)

で、話は飛ぶが雑種である。ご承知の通り、管理人は積極的な雑種愛好家なので、こうして自分のサイトを通じで定期的に雑種キャンペーンを繰りひろげているのだが、今回、ネット上をうろうろしていたふと見つけたのが、こんなおもしろいやりとりだった→ここ

人によっては、質問の内容だけ見てカーッと頭に血が昇るかもしれないが、ブンブン怒る前に、その下についた膨大な回答にぜひ目を通して欲しい。雑種をじっさい飼っている人、飼っていない人、雑種でも純血種でも変わりはないと思っている人と思っていない人、雑種に偏見はないと言いながら、実はコンプレックスを抱いている人まで実に多種多様の人が意見を述べている。

ある意味、この質問者の考え方は、この国の犬好きを自称する皆さんの大多数の意見が率直に現れているのだと管理人は思う。

(何でか理由はわからないけど)やっぱり雑種より純血種のほうが良いもので、できれば純血種を飼いたいんだけど、無理ならまあ雑種でも良いわ。

何でか理由はわからないってところが、実はミソなのだ。でも、こう思っている人はたくさんいる。実は雑種を飼っている人の中にも、内心はそう思っている人が多いからおもしろいなと管理人は思うのだ。そういう奴ってすぐにわかる。ちょっとでも雑種を貶すようなことを言われると「雑種のどこが悪いんですか!」って声ひっくり返して叫ぶからね(-。-) ぼそっ

純血種だからうちの犬はすばらしいと思いこんでる皆さんには、大変申し訳ないことだが、管理人に言わせれば、血統書という紙切れがついていようがいまいが、犬は全部同じ犬。たまたま縁があって見つけた相棒と一生添い遂げればいいだけのことだと思うのだよ。どうしても純血種じゃないと恥ずかしいと思うのなら、無理して雑種なんか飼わずに、純血種が手に入るまで待てばいいと思うしね。逆に言えば、雑種を飼っている人が徳の高い偉い人ってわけでもないわけよ。

要は好みの問題だから。

管理人は子どもの頃から人と同じものを持つのが大嫌いで、ちょっとアウトロー的なへそ曲がりの性格なので 、よく見かける純血種よりちょっと変わった雑種のほうがお好みなのだ。すらっと背が高い人が好き♪ さらさら髪でメガネをかけてる人にドキッとする♪ っていうのと同じなのだ。

管理人は短足胴長三頭身で、毛むくじゃらのがっしりした体型で、なおかつ垂れ耳だったら萌えるのだ。

ほっといてくれ、人には色々好みがあるもんなんだから(-。-) ぼそっ

20090911a
もぇぇ~

でも一般的にはやっぱり雑種のほうが人気がないのは事実だ。ゆえに、雑種愛好家としてはついつい雑種をひいきしたくなる。ついでに言えば、管理人の好みのデカ犬も、この国ではイマイチ人気が出ない。小さな犬のほうが飼いやすいという変な勘違いをしている自称犬好きがやっぱり多いのが現実だからだ。

デカイ犬って良いんだけどねぇ~抱きしめて良し、足を乗せても良し、立ちあがるときに支えにしても良しで一緒に住んでてこれほど使える奴らは他にいない。うちの連中のような超フレンドリーな性格でも、デカイというだけで番犬代わりになるし、人間の子どもとサイズが変わらないから、わざわざ高い犬用品を買わなくても、けっこう子ども用のもので代用できるからお得だし。

てなわけで、管理人が勝手にひいきしているのが、現在里親募集中の20kg超級のコイツ↓


お問い合わせはこちらにどうぞ
譲渡の詳細はこちらをチェック

どっからどう見てもラブだよなぁ~と写真を見て思ったのだ。顔の感じも体型も、性格もラブそのものだし、悪徳ペットショップなら純血のラブですといって売りつけるパターンだと管理人は思う。サイズは、スタンダードに比べるとかなり小さいし、胸には白い毛が入っているが、これもまあ許容範囲だし……

でもね、ラブだから欲しいという人より、コン太だから家に迎えたいと言ってくれる人に、やっぱりもらわれていって欲しいなと管理人は思うのだ。ビーグル雑種(?)だから姫が欲しかったんじゃなくて、あの無愛想なオバサン顔がどうしても忘れられなくなって姫をうちに引き取ったようにね。

まっ、とりあえずこの手の黒犬、なぜか島にはやたらといるような気もするし。ちょっと胸のあたりに白が入った小振りのラブみたいなこういうコは、たぶん島ラブという新種なのだ。そういうことにしておこう(笑)

ともかく、人なつっこくて明るくて、物怖じしないこういう性格の大型犬は、最近流行の小型の純血種よりずっと初心者にも飼いやすいよ。一緒に遊びながらしつけもできるし、もともと身体が大きな犬は鷹揚な性格のコが多いから、吠え癖、咬み癖などの問題行動も出にくい。レトリバーの血が入っているとトイレの躾なども楽だしね。ついでに言えば推定年齢2~3歳ならトレーニングもさくさく進むし、同時にぶっ飛んだパピーの大変な時代はもう過ぎているから絶対に楽。コン太、管理人的には一押しよ!

と言いつつ、もう1頭、実は一押しのコがいるんだが……

以前ちょっと紹介したヨーダ耳のまさを君。いまは中部地方のこんなところで、新しい飼い主さんを待っている。


お問い合わせはこちらにどうぞ

こちらは、ホント、何が混じってんの、アンタ? と聞きたくなる、嬉しくなるぐらいの純粋なド雑種だ。性格の良さで処分を3ヶ月も免れたというだけあって大型犬らしい穏やかな性格を持った実に良いコ。たぶん和犬の血がかなり濃い雑種だと思うが、人に対しての警戒心はそれほど強くないコのようだ。

こういう大型犬の和犬(ルックス)のコを横にビシッとつけて歩いてたら、すごく格好良くない?

好きな人には、けっこうたまらんタイプのコだと管理人は思うのよ。

どういうタイプの犬が好きか、それって人によってさまざまだと思う。純血種とか雑種とか、まあ見かけも含めて自分の好みに合ったコを見つけて、そういうコと一生楽しんで暮らしていって欲しいなと管理人は思うのだ。それがね、犬にとっても飼い主にとっても、やっぱり一番幸せなことだと管理人は思います。

20090911b
姫と巡り会えて、アンタ幸せでしょ? ねっねっねっ!

その押しつけがましい性格が……残念ながら好みだよ(-。-) ぼそっ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

胸を張って雑種を飼う

近ごろ管理人のお気に入りは、mi-goroさんちでちょっと前に紹介されていたこのサイトである。

そこに、先日こんな記事が載っていた「スウェーデンで開かれるミックス犬だけのドッグショー

世界は広い。何と、日本から遠く離れた北欧のかの国には出場資格=雑種というじつに楽しいドッグショーがあるというお話だ。

良いね、北欧。やっぱ、将来移住しちゃおうかしら(-。-) ぼそっ

純血種というのは、ある意味、純血種だけで群れる場がある。犬種別のドッグショーは必ずあるし、犬種ごとのサークルとか色々とお友だちを作るチャンスは用意されているわけだ。その点、雑種というのは孤高の存在だ。なにしろ、同腹から生まれたきょうだい犬でも瓜三つな犬はほとんど生まれないのだから。そんな、群れる機会の少ない雑種のためにオフ会の機会を作ろうという趣旨で生まれたこのショーが毎年恒例になっているというのは、やっぱりすごいなと管理人は思う。ちなみにけっこう本格的なのも、イケテルじゃんと思う点だ。なにしろ、雑種ドッグショーに特化したトレーニングを受けた審査員を認定までしちゃうんだから……

この記事の最後に、他の雑種に関する一連の記事がリンクされているのだが、とても良い内容なので是非目を通して欲しいなと管理人は思うのだ。犬の繁殖に関する犬先進国の考え方や、純血種がなぜ作られたかという理由が非常にわかりやすく書いてある。

管理人は再三言っているように、究極の雑種マニアである。単純に、雑種という犬種が好きだし、おもしろいと思うし、何より、極端なまでにある能力を強化された純血種より色んな血が適度に入り交じった雑種のほうがペットとして犬を飼いたいふつうの飼い主には飼いやすい個体が多いと思っているからだ。自然に交尾して生まれた犬のほうが、やっぱり強いし逞しいしね。純血種特有の遺伝病の心配が少ないのも、管理人が純血種より雑種を好む一因だ。

そんな雑種マニアの管理人は、今のこの国の純血種崇拝主義的ペットブームを常に苦々しく思っている。

純血種だから良いんかい? 血統書がついているからありがたいんかい?

それってGだのLVだのCのマークがついているバッグだから良いものだとブランド品をありがたがる心理と一緒だと思うけどね(-。-) ぼそっ

ヴィトンのバッグは確かに丈夫で長持ちする。だが、バッグ自体が重いので旅行カバン一式をヴィトンで揃えると運ぶのがものすごく大変なのだ。

「あんな重い物、運ぶの大変じゃん!」

以前、管理人がぶつくさ言ったら聡明な友人が教えてくれた。

「ヴィトンのバッグは、自分でバッグを引きずって歩くような人間が持つべきもんじゃないのよ」

純血種の場合も同じなのだと思う。純血種には純血種の良さがあるが、それをほんとうに理解できるのは、それぞれの犬種ごとの性能をフルに引きだして巧く飼える飼い主だけだ。もし、家に牛の群がいるのなら、コーギーを飼うのは確かに正しい。だが、広大な敷地内で牛を追う体力と熱意を持ったコーギーを都会のマンションで飼うのなら、飼い主が牛に替わって犬と一緒に公園を疾走しなければならなくなる。

最近、我が家の近所でやたらめったらボーダーコリーを見かけるようになった。「ボーダーコリーは頭の良い犬種です」というテレビのペット番組に踊らされた勘違い犬好きが間違って買っちゃったのねと、彼らを見るたび思うのだ。何しろ、うちの近所で会うボーダーはどいつもこいつも超ビビリで、他の犬とすれちがうたびにギャン吠えを繰りかえし、いつもうなだれて暗い顔をして辛そうに散歩をしているのだ。ちなみに、サイズも中途半端に小さい。管理人が知っているボーダーのイメージと比較すると、二回りぐらい小さな個体が多いのだ。

ついにボーダーもジャパンブリードが出てきちゃったってことね(-。-) ぼそっ

警戒心の強いボーダーは、それなりに社会化訓練しないととうぜんギャン吠え犬になる。確かに訓練性能が高い犬ではあるけれど、訓練性能が高い犬は、訓練しなけりゃその良さはわからない。

頭の良い犬だという言われて犬飼い初心者がトレーナーもつけずにボーダーを飼うのは、免許を持っていないのにポルシェを買うようなもんだと思ふ。

ポルシェの良さは、走らせなきゃわからんだろうが(-。-) ぼそっ

ボーダー飼うなら、ヒツジも一緒に是非どーぞ。

管理人はわりとマジで昔からそう思っているのだよ。

元々純血種というのは、ある仕事に特化させるために一定の能力が強く出るように人間が繁殖を繰りかえして創りあげた動物だ。ゆえに妙にとんがっているところがあったり、いびつな部分があるのがふつうだ。彼らは一般職ではなく専門職なのだから、食事もとらずに研究に没頭しちゃう、ちょっとイッちゃってる科学者みたいなもんなのだ。常識がなくて、一般人としては白い目で見られるような科学者も専門家としては評価される。

それが、純血種の本来の姿なのだ。

だから、ごくふつうの犬好きのオバサンには、特にこれと言った才能はないけれど常識的なごくふつうの雑種のほうが飼いやすい。

てな最低限の予備知識を持った上での純血種崇拝主義ならけっこうだがね。ブランドもんのバッグと同じ感覚で純血種をありがたがる自称犬好きが多いのはまったく困る。雑種愛好家としてはじつに由々しき事態なのだ。

「吠え声がうるさいからうちではもう飼えない」なんて理由でビーグルを手放す飼い主はこの典型だ。ビーグルの声はデカイんだよ。広い荒野で獲物を追うために作られた犬なんだから。声がデカくなけりゃ遠くにいる仲間に声が届かんだろうが?

「悪戯が酷くて、落ちつきがないからラブを手放します」遊び好きではしゃぎ出すと止まらないのはラブという犬種の初期設定だ。遊ぶのが好きだから訓練も入れやすい。人が大好きでとにかくかまって欲しいがために、奴らは色んなことをどんどん吸収して名犬になっていくのだ。

そういう基本的なことを知らずに、純血種だからとありがたがって買う馬鹿者が多いから、ビーグルもラブも今やいつでも里親募集中の常連さんと化している。まったく、じつに腹立たしい( ̄‥ ̄)=3 フン

最近流行のMix犬なる雑種どもも同じなのだ。

他人と同じものは嫌だけどぉ~でもやっぱりブランドイメージは大切にしたいの♪

みたいな妙な消費者のニーズを満たすためにけったいな取り合わせの一代Mixがたくさん市場に出回っている。小さければ良いと、やたらめったら人気犬種をかけ合わせるせいで、すみません、何のためにその犬種をかけたんですか? と言いたくなるような取り合わせが多くなる。

より一層咬み癖を強化するためか?

訓練性能を極限まで落とすためか?

はたまた、吠え癖を極端なまでに出すためなのか?

親犬の犬種の特性を知らない自称ブリーダーが売れりゃ良いとせっせと作った「究極のペットに向かないおかしな自称レア犬種」が、これまた純血種の特性なんか考えてみたこともない自称犬好きに買われていく。

なんでわざわざ雑種を作って売るかねぇ?

そのかたわらで、雑種は人気がないからと引きだしてもらうチャンスにも恵まれず、毎日あちらこちらのセンターで日々殺処分になっていくんだがね。

★★ヨーダ耳のこいつ、管理人の現在一押し★★

千葉のセンターに滞在中。
管理人好みの20kg超級。これからトレーニングぜんぜんOKの3歳若犬よん♪
詳しいことはこちらを見てね!

誰がなんと言おうと、管理人は雑種が好きだ。妙な犬種をかけ合わせた不思議なMix犬じゃなくてほんとうの雑種がね。正しい知識を持たない自称犬好きがやたらといるこの国ではなかなか理解されないと思うが、雑種はほんとうにペットとしては飼いやすい個体が多いコたちなのだよ。イッチャッテル天才科学者じゃなくて、ごくごくふつうの人だからね。ふつうの人が一緒に暮らすには、ふつうの人のほうが楽なのだ。

だから管理人は敢えて雑種を選ぶのだ。これからも胸を張って雑種を好んで飼っていきたいと思うのだ。

良い犬を見分ける目さえ持っていれば、馬車のマークがついていなくても、良い犬はちゃんと見分けられるよ。

純血種をやたらとありがたがる連中が多い理由は、けっきょくのところ自分の見る目に自信が持てないせいで、誰もが血統書という裏書きがないと不安に駆られるせいなのかなと管理人は思うのだがね。

20090617a
管理人が溺愛する究極のド雑種

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

雑種愛好家の独り言

管理人が、姫を里親募集でもらったというのは、いまや親戚縁者も含め管理人の周りでは周知の事実である。

要は、管理人が事あるごとに言いふらしているからなのだが(←これも立派な動物愛護の運動さ!)、そうやって周りにさんざん触れ回っているおかげで、最近は「新しく犬(猫)が欲しいんだけど、どっかに良いコいない?」てな問い合わせが来ることがある。

「へっへっへ、良いコがいますぜ、旦那、うっしっしっし」

と手揉みしながら犬猫を斡旋する、ペット版やり手ババアがここにいる(^_^)v

まっ、要は単なるお節介なオバサンなんだが、それでも一組でも良いご縁が繋がれば、それはそれで御の字だ。昨年も、友人が個人で保護していた子猫が、管理人の幼なじみの家にめでたくもらわれていった。その家のケースでは、わけのわからん理由で、ある保護団体から譲渡不可と断られて泣きながらうちに電話が来たのだ。

明らかに、そのケースじゃもらえんぞという場合はね、管理人自ら「アンタの家ではペットは飼えない。いまはとりあえず諦めろ」とちゃんと理由を説明して説得するのだが、この家のケースではそれはあてはまらなかったのだ。だから、知り合いがたまたま子猫を保護しているのを思いだし、さっそくご紹介したのである。

1件、めでたくご成約……チリンチリン♪

忙しいとほざいていながら、こういう時には無条件に時間を無理やり作る管理人なのだ。だって、ご縁は水物だし、チャンスの神さまは前髪だけしかなくて、後はみごとなつるッパゲだからね。

ただ、最近そういう問い合わせを受けて、あれっと思うことが何度かあった。なぜかと言うと……

「ねえねえ、犬飼いたいんだけど、良いコいない?」

「良いコはたくさんいるが、どんな犬が欲しい?」

「う~んとね、チワワかダックスかプードルかジャック・ラッセル!」

……流行ものが欲しいってこと?

まっ、たぶんそれ位しか犬種を知らないんだろうが、チワワとダックスとプードルとジャックじゃ、小さいという以外に何一つ共通点が見つからない。たとえばチワワかダックスのロングコート、と言ってくれれば、ああ、毛の長い感じが好きなのねって推測もできるんだがね。素人さんと話すのはけっこう面倒だ。

ゆえに、まずはいまアンタが挙げた犬種は、それぞれ犬種の特徴というものがあって、犬とどういう生活がしたいかによって、選ぶ犬種は変わってくるのだと、とうとうと説教をすることになる。

管理人が、どんな犬を欲しいのか?と訊いた場合、期待する答えは犬種じゃなくて、その犬と一緒にどういう暮らしをしたいのかということだ。犬と一緒にガンガン遊びたいというのなら若い活動的な犬がお薦めだし、逆にのんびり散歩を楽しみたい人には、ぶっ飛んだ子犬時代をすでに過ぎた3歳以上の成犬をお薦めする。あとは希望する大きさだ。大きくなければ犬じゃないという人もいるし、抱っこして連れ回したいという人もいるだろう。そしてその後、ルックスに話が移るのだ。長毛犬が好き? それとも姫みたいなスポーツ刈りがお好み? ずんぐりむっくりのぬいぐるみが良いのか、それともアスリート体型のカッコイイ犬がお好みか?

だから、いきなり犬種指定で話が始まるとさ……管理人としてはドン引きするわけよ(-。-) ぼそっ

ちなみに、やっぱりこういうケースだと雑種はちょっとねと言われることも多いのだ。管理人が堂々と雑種を飼っている雑種愛好家であることは周知の事実なので、むろんはっきり声に出しては言わないが、できれば純血種が良いと思っているのは明らかだ。

雑種のほうが良いんだけどねぇ~(純血種飼ってる皆さん、ごめんよm(_ _)m でも管理人は、本気でそう信じているからね)。たいていは、強くて逞しくて、ゆえに医療費がいらないので金がかからず、それでも目一杯元気で長生きするよ。基本的に人工的に作った犬とちがって、自然に交尾して生まれた犬は強い親のDNAをちゃんと受け継いでいるケースが多いのだ。ゆえに、管理人は雑種を積極的にお薦めする。

まっ、雑種にはそれなりのリスクもあるが。親がわからないケースも多いからどんな大きさになるか見当もつかない。たとえばツチノコ兄弟のような一代Mixでも、どっちの親の特徴が出るかはわからないので、ある意味賭けに出る部分も多いのだ。ましてや数代に渡って色んな犬種が掛け合わさっている生粋のド雑種の場合は、正直、どんな犬になるか想像もつかない。ゆえに確かにリスクはある。だが、そのびっくり箱みたいな予想のつかないところが、雑種愛好家が雑種にはまる理由でもある。

まっ、近ごろは純血種と言っても、予想のつかない犬は山ほどいるがね(-。-) ぼそっ

気の弱いジャックとか、臆病なダックスとか、人見知りのプードルなんてざらに見かけるこのご時世だ。そう考える雑種のリスクも純血種とは大してちがわない気もするのだがね。

でもやっぱり雑種はイマイチ人気がない。いつでも里親募集中でも長期にわたって掲載されているコの多くはすっかり育ってしまった成犬の雑種がほとんどなのだよ(ため息)。

成犬で雑種で、なおかつデカイときたら、まず数ヶ月で飼い主が決まることなんてありえない。思えば、姫もそうやっていつでも里親募集中に載っていたところを見つけたんだった。いつ見てもずっと残っていて、遂に半年が過ぎた時点で、我慢できなくなってお問い合わせボタンを押しちまったのさ。一般ピープルにはウケないが、姫のような犬はマニアにとっては涎もんの逸材だ。

ダックスだチワワだジャックだところころ人気犬種が変わるこのペット大国の、ワンコちゃんが大好き♪という人々にさ、管理人としてはもっと雑種の良さをわかってもらいたいなと思うのだ。何たって、あなた、天下の皇居で飼われている愛犬は雑種でっせ? 雑種飼ってるってカッコイイことじゃん。「それなんですか?」ってしょっちゅう道で呼び止められるよ。珍しい犬を飼いたい人には、雑種ほど珍しい犬種は他にない。

だから管理人としては雑種というブランドの良さを、もっと世間に広めたいのだ。ゆえに「良いコいない?」って訊かれるたびに、思わずマニアックなド雑種を熱心に薦めてしまう管理人なのである。
20090111a

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

雑種と言い切るきみが好きだ♪

姫さんも自分のブログで喜びの声を上げていたが、オバマさんちがどんな犬を飼うのか、いまやアメリカのマスコミはこの話で持ちきりだ。

犬種選びに次期大統領が頭を悩ませているのはね、娘のひとりがアレルギー体質だからなのだそうだ。だから、そういう人でも影響が出にくい、hypoallergenic(低刺激性)の犬種を探しているというのだが、つまりはプードルに代表される毛が抜け落ちにくい犬種を選ぶことになるのだが、同時に、どうせならばシェルターに保護されている犬から選びたいとも明言した。

良い奴じゃん、バラク。

管理人の中でいまやバラク・オバマの好感度は80%アップである。

ただ、管理人が気にくわないのは日本のマスコミの報道の仕方だ。

マリアさんの持つアレルギーを誘発しにくく、また動物保護の観点から遺棄されて引き取り手のない犬から選ぶ方針を表明。ただ、遺棄された犬はアレルギーを引き起こす可能性もあり、二つの条件を満たすのは「難しい」と語った。

 毎日新聞 2008年11月8日 『オバマ次期大統領:飼育予定の犬は「緊急課題」?

誤解を生む表現だね(-。-) ぼそっ

「遺棄された犬はアレルギーを引き起こす可能性」があるのは、シェルターにいる犬の多くは純血種ではなく雑種で(純血種は、アメリカの場合各ブリードごとのレスキュー団体があるので、そっちに引きとられることが多いのだ。だからシェルターに残るのは雑種が多いってこと)、雑種はどちらの親の性質を引き継ぐかがわからないので、たとえばプードルのクロスブリードであっても、毛が抜け落ちにくい性質が遺伝しているかどうかは保証されないということなのだ。

別にシェルターにいる犬がアレルギー物質だらけだって意味じゃないんだけど。でも、これを読んで、何も知らない人はきっと誤解するのだよ。

やっぱり飼育放棄されるような犬は、汚いからアレルギーの元になるのね!

それ、大きすぎる誤解だから……ね。

毎日新聞に抗議メールを送りつけてやろうかとも思ったが、めちゃくちゃ忙しいので(おまけに、風邪もぶり返している)自分の弱小サイトで吠えるだけに留めておくことにする。

だけど、保護されたシェルターにいる犬たちを偏見の目で見ないでね。だって、その多くはさ、飼育放棄した人間側の問題で、そういう場所に連れてこられたアンラッキーな犬たちなのだから。

ちなみに、管理人がオバマ氏を多いに賞賛したいのは、

「シェルターに持ちこまれる犬の多くは、ぼくと同じで雑種」

だから是非、そこから1頭を選びたい、とはっきり言い切ったからなのだ。ミックスでもなければ、クロスブリードでもないmutt(雑種)という、人によっては差別用語ともとられかねない単語を敢えて使った彼の気概に管理人としては敬意を表したい。

○○家の出だとか、祖先がどうのとか、お血筋云々にこだわる人間にとっては理解できないことかもしれないが、雑種には雑種のプライドがあるのだよ。じっさい、色々な血統が巧く混じり合うことで、優れた点も多く見られる。犬の場合は病気に強いとか、まったく正反対の二つのことが、両方得意技になったりとか、管理人のように雑種を好んで飼う人間がいるのも、そこにちゃんとメリットがあるのを知っているからだ。

人間でも同じことが言えるのだ。オバマ氏だって、あの独特の個性や人間的な魅力は、父親から受け継いだ肌の色と、母方の祖母に育てられた(つまり白人家庭で大きくなった)という特異な体験からきたものだと管理人は思うのだ。

雑種を侮っちゃいかんぜよ。雑種には、純血種にはない良いところがいっぱいある。

なにしろ、雑種だって世界一の大国の大統領になっちゃうんだから♪ 生まれや血筋は関係ないのよ、要は本人(犬)の問題なんだから。

ホワイトハウスの次代マスコット犬に、とびっきりイケテル保護犬上がりの雑種の犬が選ばれる日を、ワクワクしながら待っている管理人なのである。
20081108a
揃いも揃って雑種ですけど
それが何か?

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。